邪推師GANMAのフレキシブル馬券法〜重賞で勝てる無料競馬予想ブログ〜

かつての競馬好き少年が、社会人になり東京競馬場の近くに住んだことで競馬熱が再燃! 競馬を始めたばかりの方に競馬を好きになってもらいたいという思いからブログを書いております。 メール:amagi_fafnar23@yahoo.co.jp twitter:@GANMA71879454

2014年07月

クイーンステークス 全馬分析!

おはようございます。
今週は土日ともに仕事でしっかりと分析する時間を取れないと思いますので、今日と明日でしっかりと分析をしていこうと思います。

そういうわけで今日はクイーンステークスの全馬診断を使用と思います。
16頭なのでちょっと大変ですが。

では1頭ずつコメントしていきたいと思います。あいうえお順です。
全頭、好走に必須のG1で6着以内の経験(9-6-4-37)、マイル重賞で6着以内の経験(8-8-4-46)の2つも確認していこうと思います。

・アイスフォーリス
G1で6着以内の経験:○
マイル重賞で6着以内の経験:×
父ステイゴールド、母父クロフネと力のいる馬場は大丈夫そう。
前走はマーメイドステークスで4着も斤量が52kgとかなり恵まれていたところは否めないと思います。この馬は左回りの2000m以上での好走が目立つ馬なので、少し適性とはずれている感があります。

・アロマティコ
G1で6着以内の経験:○
マイル重賞で6着以内の経験:×
父キングカメハメハ、母父サンデーサイレンはコース適性が非常に高いですが、このレースに限っては父ミスプロ系がイマイチです。
前走の巴賞は牡馬をねじ伏せての勝利も最内を突いた三浦騎手の好騎乗の結果でしょう。
上がりが速くいつも人気になる馬ですが展開に大きく左右される馬で、人気を裏切ってばかりです。おそらくここでも人気になるでしょうが、疑ってかかる必要はあるでしょう。
ただ平坦コースはプラス。G3の成績は0-0-1-5となっているのも注意が必要です。ちなみに3着はマーメイドステークス(2013年阪神1800m)

・アンアヴェンジド
G1で6着以内の経験:×
マイル重賞で6着以内の経験:×
前走、前々走はいい競馬をしていましたが、いずれもダートでの話。
今までの芝の成績は1-0-0-3。勝ったのは新馬戦でのもの(中山2000m重馬場)
正直、いきなりの重賞挑戦は厳しいと思います。馬体も550kgと明らかにダート体系。

・オツウ
G1で6着以内の経験:×
マイル重賞で6着以内の経験:×
父ハーツクライのコース適性は高い方です。
今までダートを使っていましたが、芝を使って2連勝。いよいよ本格化かといったところでしょう。ハーツクライ産駒の成長力をなめてはいけません。
ただ重賞での経験がなく、過剰人気するようであれば嫌ってみたいところです。
現時点では6番人気の8.4倍です。
ちなみにこの馬の馬主はジャスタウェイと同じ馬主です。ジャスタウェイもそうですが、この馬の名前の由来も漫画の銀魂のキャラクターです(笑)
前走のかもめ島特別(牝馬限定)で0.0秒差と辛勝なのが気になるところです。
まだ買うのはここではないかなというのが、私の意見です。

・キャトルフィーユ
G1で6着以内の経験:○
マイル重賞で6着以内の経験:○
父ディープインパクトの成績はこのコース実績が非常に高いです。
前走はヴィクトリアマイル。正直、G1では足りないところを見せてしまいましたが、同じ条件の牝馬G3なら話は別。ここでは能力が上な気がします。
ただ勝ち切れない馬なので注意は必要です。左回りよりは右回りの方が得意そうな印象です。スムーズに先行できる枠がいいでしょう。ただ平坦なコースでの成績は少し悪め。

・ケイアイエレガント
G1で6着以内の経験:○
マイル重賞で6着以内の経験:○
父キングカメハメハはコース適性が高いです。
ただこのレースでの父ミスプロ系はイマイチ。
脚質は逃げ・先行であり、この馬がレースを引っ張る可能性が高そうです。
この馬の買いどころはスムーズに逃げることができるかどうか。競る馬などがいると厳しいところです。今回はそこまで逃げに固執する馬が他にはプロクリスとかでしょうか。この馬の動向次第では面白い馬になりそうです。

・ケイティバローズ
G1で6着以内の経験:×
マイル重賞で6着以内の経験:×
ダートで2連勝してきました。いきなりの芝重賞は厳しいと思います。
ここは消しでしょう。

・コスモバルバラ
G1で6着以内の経験:×
マイル重賞で6着以内の経験:×
父ロージズインメイの好走率は低め。
前走の七夕賞、前々走のマーメイドステークスは斤量50kgでの出走。
マーメイドステークス好走の理由は軽斤量が要因でしょう。
普通なら厳しい1頭だと思います。

・サンシャイン
G1で6着以内の経験:×
マイル重賞で6着以内の経験:×
父ハーツクライのコース適性は高いです。
なかなか不調な時期が続いていましたが、前走のマーメイドステークスでは5着と好走。ただ斤量が軽かったところは否めません。同じ55kgになってさぁどうか。
G3の成績が0-1-0-7とふるわないところも買いにくいところです。
正直、切って良い馬だと思っています。

・スマートレイアー
G1で6着以内の経験:○
マイル重賞で6着以内の経験:×
父ディープインパクトのコース敵は異常に高いです。
気になる点は洋芝初挑戦ということでしょう。おそらく1番人気になる馬で、未知の可能性があるのは怖いところです。
前走のヴィクトリアマイルはスタートが良すぎてしまったのが敗因でしょう。
ゆったりと脚を溜める競馬がベストだと思います。
小回りの1800mはもしかするとこの馬のベスト条件なのかもしれません。
繰り返しますが洋芝への適性がどうかでしょう。

・ディアデラマドレ
G1で6着以内の経験:×
マイル重賞で6着以内の経験:×
父キングカメハメハ、母父サンデーサイレンはコース適性が非常に高いですが、このレースに限っては父ミスプロ系がイマイチです。
前走は強い競馬でしたが、メンバーが全く揃っていなかった重賞を軽斤量で勝利しただけです。騎手も藤岡康太騎手と危ない臭いがプンプンしますね。
現時点では3番人気。危ない人気馬な気がしてなりません。

・トーセンベニザクラ
G1で6着以内の経験:×
マイル重賞で6着以内の経験:×
ダイワメジャー産駒のコース実績はまずまずです。
この馬に関しても前走、前々走は軽めの斤量を背負って6,7着。
重賞ではほとんど馬券になっていません。ここも厳しいような気がしますが、前走でアロマティコより先着していることは忘れてはなりません。

・フィロバトール
G1で6着以内の経験:×
マイル重賞で6着以内の経験:×
父ジャングルポケットは複勝率が高い。
1800m、2000mの直線の短いコースがこの馬のベスト距離であり、小回りの競馬場で良績が集中しています。
洋芝適性がまだ不明ですが、重賞馬としての格という見方をすれば、厳しいと思いますが血統的背景から3着までは面白いかなと思います。

・プロクリス
G1で6着以内の経験:×
マイル重賞で6着以内の経験:×
父キングカメハメハ、母父フレンチデュピュティのコース実績は非常に良い。
しかし、このレース父ミスプロ系の成績はイマイチです。
3歳馬が好走するのがこのレースですので面白い存在だとは思いますが、好走する3歳馬にはG1で好走していたという条件があります。
この馬はG1には出走していないので、そのあたりをどう評価するかが重要だと思います。
洋芝実績は問題なさそうです。

・マコトブリジャール
G1で6着以内の経験:×
マイル重賞で6着以内の経験:×
父ストーミングホームのコース実績は不明です。
この馬に関しては前走の勝ちっぷりが見事でしたが、OPで結果が出ないあたり重賞馬としての格が足りていないのかなと感じています。
消しでいいのかなという気がしてなりません。

・マーブルカテドラル
G1で6着以内の経験:○
マイル重賞で6着以内の経験:○
父ダイワメジャーの成績はまずまず
上記の好走必須条件をクリアしています。しかも好走する可能性が高い斤量の軽い3歳馬です。桜花賞7着、オークス6着と決して崩れていません。
思わぬ好走もあるかもしれません。

現時点で穴っぽいところの馬を2頭あげておきます。
3着以内というか3着は取れそうな穴馬です。
競馬ブログランキングに記載しておきます。
以下の「このブログに登校する」をクリックしていただき、私の順位があるところをご覧ください。そこに記載しております。

アイビスサマーダッシュ データ分析

おはようございます。
実は今週の土日は両方とも仕事でブログの更新ができるか不安でなりません。
まぁ、先週も土曜は仕事だったんですけどね。
前もって更新できるように頑張ってみます。

さて、今日はアイビスサマーダッシュのデータ分析を行います。

アイビスサマーダッシュ
新潟競馬場 芝1000m G3 別定

【注意点】
直線競馬
2009年は重馬場での施行
以前ほど、外枠の有利は数字に出てこない。内枠だと減点という感覚で
出走間隔が開きすぎると信頼度下がる。しきい値は16週
穴馬のキーワードは大型馬or前走ダートor前走先行

【枠】重視度A
(新潟芝1000m実績)
1枠は絶望的
2枠~3枠はやや不利
6枠から外がやはり良い

(アイビスサマーダッシュ実績)
外枠に良績が集中している
過去5年 
1枠~4枠(1-1-2)※2枠以外は馬券になったことなし。4枠は人気で飛んでいる
5枠~8枠(4-4-3)※5枠はイマイチ(1-0-0-9)7枠、8枠は人気薄で馬券になる

【血統】重視度B
(新潟芝1000m実績)
◎マンハッタンカフェ、スターオブコジーン、アドマイヤムーン
○アフリート、ファルブラヴ、フサイチコンコルド

(アイビスサマーダッシュ実績)
父サンデー系は壊滅状態(0-0-1)※フジキセキ産駒3着1回
父ミスプロ系、フォーティナイナー系が好走(3-2-1)
母父ミスプロ系も好走(2-0-2)
サクラバクシンオー産駒にも注目(1-1-1)
母父ノーザンダンサー系も2着に好走(0-4-1)

【騎手】重視度B
◎村田、蛯名、内田、福永
○吉田隼

【人気】重視度B
波乱傾向が強い
過去5年
1番人気にそれほどの安定感はない(2-0-0-3)
2番人気も厳しい(0-0-1-4)
3番人気の安定感はそこそこ(1-2-0-2)
1番人気~3番人気(3-2-1-9)と波乱気味
2桁人気馬の好走は2度(0-0-2)

【脚質】重視度B
逃げ(1-2-0-2)、先行(2-2-2-9)、差し(2-0-3-33)が馬券になる
激しい叩き合いで脚質も何もない

【上がり】重視度B
上がりの速さと馬券への関連性は強い
上がり最速馬はほとんど馬券になっている(3-1-0-1)
上がり2位(1-1-0-3)上がり3位(0-1-0-4)とイマイチ

【馬体重】重視度B
460kg以上は必須(4-5-5)
意外と500kgなくても馬券になっている

【性別】重視度B
過去5年
牝馬も牡馬同等に馬券になる(3-1-3)
ただ459kg以下の牝馬は消してよい

【年齢】重視度A
過去5年
4歳馬が好走(2-1-1-4)
3歳馬は人気で飛ぶ(0-0-0-6)※1番人気2頭、3番人気1頭
5歳、6歳も好走傾向 5歳(2-3-3-20)6歳(1-1-1-19)
5歳馬が穴を開ける 6歳馬は穴をあけるも、人気でも飛ぶ

【斤量】重視度C
特に特筆すべきことはない

上記のデータを総合的に判断するとまずミスプロ、フォーティナイナー系の血が入っていること、そして外枠に位置していることがポイント。4歳馬で好走しそうな馬を見分けつつ、5,6歳馬をからめていきたい。
そうなれば本命はこの馬。
KLANのサイトの馬柱に◎をつけておきますのでぜひ、ご参照ください。
http://klan.jp/r20140402021101?userid=5767#prediction
牝馬で5歳、しかも直線競馬が最も得意という不思議な馬。
今回は休み明けではあるが、必ず陣営はこのレースに合わせて調整を行ってきたはず。
直線競馬なのでかかる心配もなく、思い切ったレースをしてくれれば面白い。
しかも、持ちタイムが1位であることからスピードも豊富と思えます。

また「危険な人気馬(仮)」のコーナーです。
このコーナーでは上位人気確実な馬で馬券外になりそうな馬を記載しています。
競馬ブログランキングにて公表しておりますので、以下の「このブログに投票する」から私の順位をご確認してください。ここであげる馬は本当に人気で飛んでいるのでぜひ、ご覧ください。

クイーンステークス データ分析

おはようございます。
今週も土曜日に重賞がなく、日曜に2つある日程ですね。
この日程はあまり好きじゃないです。
今日はクイーンステークスについてのデータ分析を行います。

クイーンステークス
札幌競馬場 芝1800m G3 別定

【注意点】
2013年は函館での施行であり、データ対象外とする
2009年~2012年の過去4年は良馬場での施行
内枠有利(なぜか2枠は×)。外枠は逃げるか先行できるタイプ以外は信頼度が下がる
ディープインパクト、キングカメハメハが双璧。2歳限定の人気馬は相当に崩れない
前走札幌組は期待値低い。開催が進んだら、他馬からの臨戦馬に目を向けたい

【枠】重視度B
(札幌芝1800m実績)
若干、内枠が有利
1枠~3枠が○

(クイーンステークス実績)
過去4年
牝馬戦らしく揉まれない外枠が有利な傾向
1枠~4枠(1-2-1)※内枠が少し人気で飛んでいる
5枠~8枠(3-2-3)※人気薄でも馬券になることが多い

【血統】重視度B
(札幌芝1800m実績)
◎◎ディープインパクト、ゼンノロブロイ
◎キングカメハメハ
○シンボリクリスエス、アグネスタキオン、ステイゴールド、フジキセキ

(クイーンステークス実績)
過去4年
父サンデー系はヒモが多い(1-3-2)
ゼンノロブロイ産駒とフジキセキ産駒の好走傾向が目立つ
父ミスプロ系はいまいち(0-0-1)母父ミスプロ系は好走(1-2-1)

【騎手】重視度B
◎横山典、岩田
○三浦、藤田、池添

【人気】重視度B
過去4年
ヒモ荒れが顕著
1番人気の安定感は高い(2-1-0-1)
2番人気の安定感は低い(1-0-0-3)
3番人気はまずまず(0-1-1-2)
1番人気~3番人気(3-2-1-6)
2桁人気の馬も好走する(1-2-0)
6番人気以内の馬か2桁人気の馬が馬券になる

【脚質】重視度A
過去4年
先行、差しが明らかに有利
先行(2-2-0)差し(2-1-4)
逃げは絶望的
勝ち馬は4角で5番手以内が3勝
3着馬の4角でのポジションは7~9番手(1-1-4)
後方からの直線一気は基本的には厳しい

【上がり】重視度A
過去4年
上がりの速さと着順の良さにそこまで関連性はない
上がり最速馬だけが必ず馬券になる(1-2-1)
上がり2位~3位(0-0-1)
34秒台後半~35秒台前半の脚を使うことができればいい

【馬体重】重視度D
過去4年
馬体重と好走に関連性は少ない

【性別】
牝馬限定レース

【年齢】重視度B
過去4年
3歳馬が異常に馬券になっている(3-0-1)
4歳(0-1-2)、5歳(1-3-1)もまずまず成績が良い

【斤量】重視度A
3歳の軽量牝馬が好走傾向にある
52kg以下(3-0-1)

【G1好走暦】重視度A
過去10年
G1で6着以内に入った経験
ある(9-6-4-37)
なし(1-4-6-63)

【洋芝適性】重視度B
過去10年
函館か札幌での優勝経験
ある(7-7-6-38)
なし(3-3-4-62)

【距離適性】重視度A
過去10年
マイル重賞で6着以内となった経験
あり(8-8-4-46)
なし(2-2-6-54)

以上がクイーンステークスのデータ分析です。
傾向がはっきりしているので分析しやすいと思います。
まずは外枠が有利。1番人気は人気どおりの決着になることが多く、先行と差しが有利。上がりの最速馬が馬券になりますが2,3位の馬は馬券にならない。あきらかに3歳牝馬が有利であり、3歳牝馬はG1での好走暦があるとなお良いというところです。
洋芝適性、マイル以下の距離適性があるとなお良いと思います。
現時点での本命馬をKLANサイトにて公開しております。
ぜひ、ご確認いただけたらと思います。
人気どころではありますが、父のコース適性、能力を考えると仕方ないのかなというところです。騎手が誰になるかは気になるところですが。
http://klan.jp/r20140101041101?userid=5767#prediction

また「危険な人気馬(仮)」のコーナーです。
このコーナーでは上位人気確実な馬で馬券外になりそうな馬を記載しています。
競馬ブログランキングにて公表しておりますので、以下の「このブログに投票する」から私の順位をご確認してください。ここであげる馬は本当に人気で飛んでいるのでぜひ、ご覧ください。

中京記念 回顧 ~秋以降マジェスティハーツは覚醒する~

続いて中京記念のレース回顧を行います。

中京記念の私の予想はこちらです。
http://klan.jp/r20140703081101?userid=5767#prediction

私の本命のマジェスティハーツは3着でした。
戦前の予想では最後方から追い込んでくるマジェスティハーツの脚質とマイルという距離の短さが厳しいのではとの予想でしたが、さすが森騎手でした。
私の期待通りのライディングを見せてくれました。
外をまわすだけの騎乗だけではなく、馬場状態を見極めての内目を通ったスパートでした。
勝利まであとわずか。非常に惜しかったですね。
マジェスティハーツはまだ4歳ですが、今年の秋か来年ぐらいには覚醒すると思います。
ぜひ、今後に注目して欲しいと思います。

それでは順を追って回顧を行っていこうと思います。

まず勝ち馬のサダムパテックついて。
ほぼ最後方からの位置で大外をぶん回しての勝利って、この馬はどれだけ強いのでしょうかね。全く好走レンジがわかりません。
誰か知っている人、教えてください。この馬は絶対にヒモには入れなくてはいけない馬でしょう。
ただ1ついえるのはG1に出ていた馬が次走にG3に出たらそれは買いということです。
そのセオリーを私は忘れていました。反省。

2着のミッキードリーム。
▲予想でした。今回のような少し渋った馬場ならキングカメハメハ産駒の出番ということでしょうか。それに陣営もこのレースに念頭をおいたスケジュール管理を徹底していたのでしょう。前年の好走馬はとりあえず抑える、これもセオリーでしょう。

4着のブレイズアトレイル。
重賞ではワンパンチ足りないとはまさにこのことでしょう。残念ですね。
道中は少し折り合いを欠いていたように見えました。

5着のオリービン。
この馬も重賞ではワンパンチ足りないタイプでしょう。

7着のサトノギャラント。
危険馬として推奨していました。やはり凡走しましたね。
原因は最後方からの脚質でしょう。北村騎手も森騎手みたいに工夫すればいいのにと素人目線では思ってしまいますが、シンボリクリスエス産駒のこの馬には厳しいのでしょうね。きっと。

8着クラレント。
やや重が響いたのと最内枠でずっと荒れた芝を走らされたのが敗因でしょう。
今日は度外視で良さそうです。

10着のフラガラッハ。
位置取りが後ろ過ぎでさらに大外分回しではこの結果になるでしょう。
もともとこの馬の単勝や頭固定は絶対にダメな買い方だと思っていました。
理由は競馬ブログランキングに載せておきますのでご参照ください。
以下のリンク先にある「このブログに投票する」をクリックしていただき、私のブログの順位のところを見てください。そこの説明文のBという言葉の後ろに載せておきます。
B:フラガラッハの1着がないと感じていた理由


11着のダイワマッジョーレ。
斤量でしょう。57.5kgはこの馬には厳しいです。57kgまでが良いでしょう。

サダムパテックには何度、煮え湯を飲まされたことでしょうか。
ただこの馬、最後方からの競馬が新境地になるかもしれませんね。あれだけの末脚を使えるとは思いませんでした。ただこの馬はムラッ気が激しいので、人気になった時は危ないです。そこにはぜひ、気をつけて欲しいと思います。

エルムステークス 回顧 ~復活劇もメンバーの質に疑問も~

おはようございます。
昨日は僅差で万馬券を逃したということで非常に悔しい夜を過ごしてしまいました。
外れたので偉そうなことは言えませんが、ギリギリまで読めていたと自分を納得させることにしました。

さて今週は重賞が2つでしたので、それらのレースの回顧を行って参ります。
まずはエルムステークスからです。

エルムステークスの私の予想は以下の通りです。
http://klan.jp/r20140101021101?userid=5767#prediction

本命はソロルでした。結果は7着と惨敗。
敗因は何か正直、わかりません。向こう正面ですでにいっぱいになっていました。あまりの雨にやる気をなくしてしまったのかもしれません。またはちょっと渋った馬場が良くて、あまりグチャグチャだとダメなタイプなのかもしれません。雨というポイントを頭に入れすぎてしまった予想でした。すいません。

それでは順を追って回顧をして参ります。

まずは1着のローマンレジェンド。
骨折明けに58kgを背負わされてのこの強さ。感服します。
ただ道中は周りに馬がいなくスムーズに進めたのが大きいと思います。
非常に強い勝ち方をしましたが、ここでのダートの一線級はあまりいないので、実際タルマエなどと比較するとどうなのかなというところがあります。

2着のクリノスターオー。
この馬は強いです。前走の勝ち方があまりにも強かったのでマークしておりましたが、ここでもこのような強い競馬を見せるとは思っていませんでした。
まずはスムーズに先行できる素直さが武器です。そしてそこから直線でいい脚を使えます。このようなタイプは大崩れしないのが特徴です。
ただG1では馬券になるのは現時点では厳しいかなと思います。あとは軽い砂質がベスト。重いとどうなるかはまだわからないので、阪神や中山のダートでは疑いたいところです。

続いて3着のインカンテーション。
この馬もずっと強いと思っていました。実際、週の初めの分析では本命にしていましたが、最後の最後で変えてしまいました。情けなく思います。
今回は長期休養明けにも関わらず、これだけのパフォーマンスを見せてくれました。
実は4歳ダートはレベルの高い馬が多い中、私はこの馬が一番、強いと思っていました。この馬にとっての試金石は次のレースでしょう。

6着のジェベルムーサ
今日のような前残りの馬場状態でまくりの脚質では厳しかったということでしょう。
仕方のないところです。今回は参考外でしょう。

9着のフリートストリート
内枠よりは外枠の方がいいと思います。なんだか明らかにやる気を失っているように見えます。外枠になった時に買いたい馬です。

10着のブライトライン。
道中で物凄く折り合いを欠いていました。この馬にはこのような欠点があります。
休み明けは注意が必要かもしれません。次走は期待です。もしこの惨敗で人気を落とすようなら次は思い切って買いたい馬です。

12着のアスカクリチャン、13着のアンコイルド。
まぁ、単純にダートが合わなかったということでしょう。アスカクリチャンには期待していたのですが、やはりそう甘くはないようですね。

このレースは札幌競馬場で観戦していたのですが、なかなか盛り上がっていました。
また、今後のダートG1戦線にとっても参考となるレースだと思います。
不良馬場であることを考慮に入れて今後の分析に役立てたいと思います。

また競馬ブログランキングに4着となったグランプリブラッドの好走要因を書いておきます。ぜひ見てください。以下のリンク先にある「このブログに投票する」をクリックしていただき、私のブログの順位のところを見てください。そこの説明文のAという言葉の後ろに載せておきます。
A:4着グランプリブラッドの好走要因について

アクセスカウンター