邪推師GANMAのフレキシブル馬券法〜重賞で勝てる無料競馬予想ブログ〜

かつての競馬好き少年が、社会人になり東京競馬場の近くに住んだことで競馬熱が再燃! 競馬を始めたばかりの方に競馬を好きになってもらいたいという思いからブログを書いております。 メール:amagi_fafnar23@yahoo.co.jp twitter:@GANMA71879454

2015年09月

シリウスステークス データ分析&上位人気馬考察

シリウスステークスは堅い決着が多いレースですが09年、11年と2年間で人気薄が絡んでおります。その人気薄の馬にはしっかりと共通点があります。
実は久しぶりにその共通点をもつ馬が出走を予定しております。
その共通点を競馬ブログランキングに載せてありますので、ぜひご参照ください。

中央競馬ランキングへ
(現在25位前後)


本日も当ブログをご覧頂ありがとうございます。
今週は土曜、日曜と重賞が1つずつという私が最も好む日程です。
私はメインのみに全力投球するタイプなので1日に2レースの予想は大変。
だからこういう日程が大好きなのです。
では土曜重賞のデータ分析を行ってまいります。

シリウスステークス
阪神競馬場 ダート2000m G3 ハンデ

【過去の傾向】()カッコ内の順位は上がりの速さ
(2010年)良 9→10→2 勝ちタイム:2.04.4 ラップ:35.8-51.6-37.0
レース動画を見ることができませんでした…。

(2011年)良 4→5→11 勝ちタイム:2.04.3 ラップ:35.0-52.7-36.6
テンは速いものの、道中はペースが緩み、前につけた馬が有利な展開に
1着:【位置取り】番手の中【4角】内を回る【直線】内(3位)
2着:【位置取り】中団の外【4角】まくりで外を回る【直線】真ん中(2位)
3着:【位置取り】先頭集団の外【4角】やや外を回る【直線】内(5位)

(2012年)良 2→13→10 勝ちタイム:2.03.3 ラップ:35.7-50.6-37.0
テンは平均ペースも道中のペースが速くなり、前目につけて速い上がりを使った馬が好走
1着:【位置取り】中団の内【4角】外を回る【直線】外(1位)
2着:【位置取り】先頭集団の外【4角】外を回る【直線】真ん中(2位)
3着:【位置取り】中団の外【4角】外を回る【直線】真ん中(5位)

(2013年)良 2→13→11 勝ちタイム:2.03.4 ラップ:34.8-51.8-36.8
テンのペースはやや速いもののそこからは一度、緩め、最後は上がり勝負に
1着:【位置取り】後方の内【4角】外を回る【直線】外(1位)
2着:【位置取り】中団の外【4角】外を回る【直線】真ん中(2位)
3着:【位置取り】先頭集団の中【4角】ロスを最小限に【直線】内(3位)

(2014年)良 4→10→7 勝ちタイム:2.03.8 ラップ:36.4-51.6-35.8
テン、道中と遅いペースで流れ、持続的な末脚が要求されるような展開
1着:【位置取り】先頭集団の中【4角】ロスを最小限に【直線】内(4位)
2着:【位置取り】先頭集団の外【4角】ロスを最小限に【直線】内(4位)
3着:【位置取り】中団の中【4角】ロスを最小限に【直線】真ん中(2位)

(まとめ)
どのようなペースになっても前につける競馬をした馬が好走傾向にある
道中の位置取りにおいて内でジッとしている馬の好走は少ない

【コース傾向】
1枠の勝率が非常に悪い反面、外枠の先行馬は抜群に良い
内で包まれると挽回が効きにくい。1角までの展開取り予想を慎重に
逃げ馬の単勝回収値が100円を切る異質なコース

【枠】重視度B
(阪神ダート2000m実績)
1枠がとにかく悪い
5枠~7枠の成績が良い

(シリウスステークス実績)
全体的には外枠が有利な傾向
1枠~4枠(4-0-1)※勝ち馬は内枠に集中
5枠~8枠(1-5-4)※5枠と8枠が人気で飛ぶ

【血統】重視度B
(阪神ダ2000m実績)勝率-連対率-複勝率(単勝回収値、複勝回収値)
特注血統:ゼンノロブロイ    20.0%-40.0%-44.0%(152、114)
好走血統:シンボリクリスエス   8.0%-22.0%-30.0%(186、116)

(シリウスステークス実績)
父サンデー系がかなり苦戦(1-1-3)
ナスルーラ系が入っている馬は厳しい(0-0-2)
父ミスプロ系が猛威を奮う(3-4-2)

【騎手】重視度B
(阪神ダ2000m実績)勝率-連対率-複勝率(単勝回収値、複勝回収値)
特注騎手:福永  23.3%-33.3%-43.3%(223、112)
好走騎手:福永  23.3%-33.3%-43.3%(223、112)

【人気】重視度B
やや堅い傾向
1番人気(2-0-1-2)2番人気(1-0-1-3)3番人気(0-3-0-2)
1番人気~3番人気(3-3-2-7)
2桁人気馬は馬券にならない(0-0-0-25) 
1番人気~5番人気の成績が良い(5-5-2-13)

【脚質】重視度A
逃げ馬が全滅も先行馬は好調
先行(3-5-2-11)差し(2-0-3-22)
追込も決してよくない(0-0-0-15)
特に4角では2~4番手以内の馬の好走率が高い(3-5-2)

【上がり】重視度A
上がりの速さと好走の因果関係は高い
先行しながら速い上がりを使える馬が良い
上がり1位~3位(4-3-3)

【馬体重】重視度D
馬体重に決まった傾向はない

【性別】重視度D
出走経験なし

【年齢】重視度C
様々な年齢の馬が好走している
4歳(1-1-2-6)5歳(2-1-1-16)6歳(1-2-2-17)

【斤量】重視度C
58kg以上の馬も好走している

【前走】重視度B
エルムステークス(1-1-1-4)
非重賞(2-0-4)とヒモ荒れに期待

以上がこのレースのデータ分析です。

好走ファクターをまとめると以下のようになります。
・1枠~4枠(4-0-1)5枠~8枠(1-5-4)
・父サンデー系(1-1-3)ナスルーラ系(0-0-2)父ミスプロ系(3-4-2)
・1番人気~3番人気(3-3-2-7)2桁人気馬は馬券にならない(0-0-0-25) 
・1番人気~5番人気の成績が良い(5-5-2-13)
・先行(3-5-2-11)差し(2-0-3-22)追込はよくない(0-0-0-15)
・4角では2~4番手以内の馬の好走率が高い(3-5-2)
・先行しながら速い上がりを使える馬が良い
・上がり1位~3位(4-3-3)
・前走がエルムステークス(1-1-1-4)非重賞(2-0-4)とヒモ荒れに期待

上記のファクターを総合的に判断して現時点での本命はこの馬。
ここ2戦のパフォーマンスを見るともう1戦を期待してしまいます。
ダートで底が割れておらず、ここで賞金を加算したいというのが陣営の考えでしょう。
例のごとくこの馬の名前にKLANサイトにて◎をつけて公開してありますので、ぜひご覧ください。
http://klan.jp/r20150604091101?userid=5767#prediction


シリウスステークスは堅い決着が多いレースですが09年、11年と2年間で人気薄が絡んでおります。その人気薄の馬にはしっかりと共通点があります。
実は久しぶりにその共通点をもつ馬が出走を予定しております。
その共通点を競馬ブログランキングに載せてありますので、ぜひご参照ください。
(現在25位前後)
※競馬ブログランキングの記載内容の見方はこちら!
http://blog.livedoor.jp/ganma1123/archives/41735573.html
※競馬ブログランキングへのアクセス方法は以下の「このブログに投票する」をクリックしてください。



ここからは上位人気馬についてコメントしていきたいと思います。

【1番人気】ダノンリバティ
正直、1番人気は驚きでした。意外です。
ここ2戦のパフォーマンスを見るとまだ底が割れておらず面白い存在だと思います。
ただ、内枠に入ったら非常に危ないです。
今までのレース、ずっと砂をかぶらないように配慮されてのレースでした。
凡走するとしたらそこでしょう。

【2番人気】ナムラビクター
乗り難しいタイプの馬なので騎手が誰になるかは重要でしょう。
G1で2着になっている馬なので、ここでは当然マークが必要といえるでしょう。
斤量58kgも問題ありません。昨年の2着馬であり、軸にしても問題ないと思います。

【3番人気】アウォーディー
ジャンポケ産駒というのが非常に嫌ですね。
ただこのレースは芝での好走暦のある馬が好走する傾向があるので、マークしたいところですが。
それにしても3番人気はやや過剰人気といえるかもしれません。

【4番人気】ランウェイワルツ
OPでようやく通用するといタイプの馬です。
果たして重賞戦線ではどうでしょう。やや過剰人気かな。
上がりの速さがある馬なのでそれを活かせる展開になれば面白いと思います。

【5番人気】キクノソル
先行できるというのは強みです。
マーチSの内容が非常に良かったと思います。
今回は斤量にも恵まれましたね。ヒモ候補です。

荒れないレースですが、私はそれでも荒れると思って人気薄を買います。
荒れるレースというのは誰も荒れると思っていないので荒れるのです。
さぁ、どうなるでしょう。楽しみですね。

スプリンターズステークス データ分析&上位人気馬考察

ツイッター始めました。ぜひ、フォローをお願いします。
@GANMA71879454(邪推師と検索しても出てきます)

ビッグアーサー、ベルカントといった有力馬が人気を集めていますが、実はデータ的には非常に買いにくい2頭といえます。これはもうデータなので仕方ないとしか言えません。
このデータがある限り、上記の2頭は買いづらくなってしまいますが、ご了承いただけたらと思います。
そのデータは競馬ブログランキングに載せておきますのでぜひ、ご参照ください。

中央競馬ランキングへ
(現在25位前後)


本日もブログをご覧頂き、ありがとうございます。
いよいよ今週はG1の週ですね。G1の週は心が踊ってしまいます。
私、確か、G1は得意だったような…。
http://blog.livedoor.jp/ganma1123/archives/43947577.html
昨年のように頑張ります!

さて今日はG1のスプリンターズステークスのデータ分析を行います。

スプリンターズステークス
中山競馬場 芝1200m G1 定量

【過去の傾向】()カッコ内の順位は上がりの速さ
(2010年)良 7→14→3 勝ちタイム:1.07.4 ラップ:33.3-34.1
テンのペースがやや速く、差し有利も勝ち馬が強く逃げ切った
1着:【位置取り】番手の内【4角】内を回る【直線】内(6位)
2着:【位置取り】中団の外【4角】外を回る【直線】外(3位)
3着:【位置取り】後方の内【4角】内を回る【直線】内(2位)

(2011年)良 10→3→14 勝ちタイム:1.07.4 ラップ:33.0-34.4
テンのペースが速いが、前が止まらない展開で上がりの速さは必要なし
1着:【位置取り】中団の外【4角】外を回る【直線】外(2位)
2着:【位置取り】逃げ【4角】内を回る【直線】内(12位)
3着:【位置取り】先頭集団の外【4角】やや外を回る【直線】真ん中(6位)

(2012年)良 16→14→3 勝ちタイム:1.06.7 ラップ:32.7-34.0
テンからのペースが非常に速いため、二列目の馬に有利な展開になる
1着:【位置取り】中団の外【4角】外を回る【直線】外(2位)
2着:【位置取り】先頭集団の外【4角】外を回る【直線】外(6位)
3着:【位置取り】中団の中【4角】内を回る【直線】真ん中(4位)

(2013年)良 10→7→5 勝ちタイム:1.07.2 ラップ:32.9-34.3
道中のペースが速いが、やはり後方よりは二列目の馬に有利な展開になる
1着:【位置取り】先頭集団の中【4角】ロスを最小限に【直線】真ん中(5位)
2着:【位置取り】逃げ【4角】内を回る【直線】内(12位)
3着:【位置取り】先頭集団の内【4角】内を回る【直線】内(8位)

(2014年)⇒新潟競馬場での施行のため参考外

(まとめ)
後方からの競馬は基本的には厳しそう
前が止まらないトラックバイアスがある可能性を考慮することが重要
強い馬は外を回ってくるので、上がりの速さが必要

【コース傾向】
4コーナーまで緩やかなコーナーと下り坂でスピードがつきやすい
ゴール前の急坂により、平坦コースを前で押し切るタイプは軽視
多頭数での外枠は距離損が大きく、差し馬は内枠の差し馬狙い

【枠】重視度B
(中山芝1200m実績)
1枠の成績が良い
それ以外はそこまで差がない

(スプリンターズステークス実績)
勝ち馬に関しては外枠が若干、有利か
1枠~4枠(1-2-3)※2枠の差し馬は人気薄で馬券になる傾向がある
5枠~8枠(3-2-1)※外枠の人気馬は大崩れしない

【血統】重視度B
(中山芝1200m実績)勝率-連対率-複勝率(単勝回収値、複勝回収値)
特注血統:サクラプレジデント 17.5%-25.0%-32.5%(277、110)
好走血統:サクラプレジデント 17.5%-25.0%-32.5%(277、110)

(スプリンターズステークス実績)
父サンデー系が壊滅的にイマイチ(0-1-0-8)
父ターントゥ系もイマイチ(0-1-2-12)
好走しているのはノーザンダンサー系(1-1-2-8)とネイティブダンサー系(2-2-0-10)
父サクラバクシンオーは全くダメ(0-0-0-11)

【騎手】重視度B
(中山芝1200m実績)勝率-連対率-複勝率(単勝回収値、複勝回収値)
特注騎手:横山典 20.7%-28.1%-41.5%(119、97)
好走騎手:横山典 20.7%-28.1%-41.5%(119、97)

【人気】重視度B
1番人気(1-1-0-2)2番人気(1-1-0-2)3番人気(1-1-0-2)
1番人気~3番人気(2-2-0-8)とヒモ荒れが顕著
2桁人気馬も馬券になる(1-0-1)

【脚質】重視度B
差しと先行が好走条件
差し(3-2-2-18)先行(1-1-1-11)
追込はペースが速くなっても厳しい(0-0-1-19)

【上がり】重視度C
上がり1位(0-0-0)上がり2位~3位(2-1-1)
外を回る必要がある馬は上がりの速さが必要(外枠の馬は特に)

【馬体重】重視度C
馬体重が480kg~499kgの馬が好走傾向にある(3-2-2-15)

【性別】重視度B
まずまず馬券にはなっている(1-1-1-9)
馬券になる牝馬は4,5歳まで

【年齢】重視度B
4歳(2-2-2-5)、5歳(1-1-1-14)が馬券内を占めている

【前走レース】
セントウルステークス(2-3-2-18)
馬券になっている7頭のうち5頭が4着以内の馬

以上がスプリンターズステークスのデータ分析です。
これらのデータをまとめると以下のようになります。

・1枠~4枠(1-2-3)5枠~8枠(3-2-1)
・父サンデー系(0-1-0-8)父ターントゥ系(0-1-2-12)
・ノーザンダンサー系(1-1-2-8)ネイティブダンサー系(2-2-0-10)は良い
・父サクラバクシンオー(0-0-0-11)
・1番人気~3番人気(2-2-0-8)とヒモ荒れが顕著、2桁人気馬も馬券になる(1-0-1)
・差し(3-2-2-18)先行(1-1-1-11)追込はペースが速くなっても厳しい(0-0-1-19)
・上がり1位(0-0-0)上がり2位~3位(2-1-1)
・外を回る必要がある馬は上がりの速さが必要(外枠の馬は特に)
・馬体重が480kg~499kgの馬が好走傾向にある(3-2-2-15)
・牝馬(1-1-1-9)※馬券になるのは4,5歳まで
・4歳(2-2-2-5)、5歳(1-1-1-14)が馬券内を占めている
・前走がセントウルステークス(2-3-2-18)馬券になっている7頭のうち5頭が4着以内の馬

上記のファクターを考慮した結果、現時点で本命として期待しているのはこの馬です。
http://klan.jp/r20150604091101?userid=5767#prediction
例のごとくKLANサイトにて◎をつけております。
内枠を取れればと思っています。
2枠に入れば◎で勝負しようと思います。前走は明らかに太め残しの調整レースでした。
今回は、ここを本気で取りに来ているローテーションだと思います。
侮れない1頭だと思います。ぜひ、KLANサイトをご覧ください。


ビッグアーサー、ベルカントといった有力馬が人気を集めていますが、実はデータ的には非常に買いにくい2頭といえます。これはもうデータなので仕方ないとしか言えません。
このデータがある限り、上記の2頭は買いづらくなってしまいますが、ご了承いただけたらと思います。
そのデータは競馬ブログランキングに載せておきますのでぜひ、ご参照ください。
(現在25位前後)
※競馬ブログランキングの記載内容の見方はこちら!
http://blog.livedoor.jp/ganma1123/archives/41735573.html
※競馬ブログランキングへのアクセス方法は以下の「このブログに投票する」をクリックしてください。



ここで簡単に上位人気馬考察を行いたいと思います。

【1番人気】ウリウリ
気になるところが多くあり、私は本命にはしにくい馬だと思います。
やはりもっとも気になる点は追込という脚質です。
このレースは追込馬の成績が非常に悪いのです。あまり人気馬がいなかったというのもありそうですが。

【2番人気】ストレイトガール
この馬は完全にここを目指してのローテーションでした。
前走がただの叩きだとしたら、今回のここは勝負というところでしょう。
もっと人気すると思いますが、どうでしょうか。

【3番人気】ベルカント
この馬はもう買えないデータを見つけることができました。
買えないデータは競馬ブログランキングにて公開しております。
ぜひ、ご覧ください。

中央競馬ランキングへ
(現在25位前後)

【4番人気】ミッキーアイル
血統構成と実績を見る限り、次のマイルCSが本気仕上げのような気がしてなりません。
ここが本気ならこの前にレースを使ってくるはずなんですよね。
怪しいですね。

【5番人気】ティーハーフ
この馬の末脚の鋭さは部類のないキレ味となっております。
ただ気になるのは1分7秒台の基準タイムがないということです。

以上が上位人気馬の考察でした。
亜季のG1戦線の初戦を何とかものにしたいところです。

オールカマー 回顧 ~中山競馬場こそ牝馬の方が良い~

ツイッター始めました。ぜひ、フォローをお願いします。
@GANMA71879454(邪推師と検索しても出てきます)

今週、行われるスプリンターズSには過去5年で3-1-1-5という極めて高い好走条件があります。
馬柱を5秒見るだけでわかるほどの簡単で注目したい条件です。
やはりこのレースはここを見ないわけにはいかないでしょう。このレースへの強い思い入れがあるのだなと感じてしまいます。
この好走条件を競馬ブログランキングにて公開しております。
ぜひ、ご覧ください。

中央競馬ランキングへ
(現在25位前後)


続いてオールカマーのレース回顧を行います。

オールカマーの私の予想はこちらです。
http://klan.jp/r20150604071101?userid=5767#prediction

私の本命は◎ミトラでした。結果は3着。
良くやってくれたと思います。
先週の日曜日に馬柱を見た瞬間にこの馬で勝負することを決めていました。
この馬、明らかに強くなってきております。
G2やG3程度なら十分に馬券に絡みますね。
今回は7番人気となかなか人気を集めないのもいい感じです。
なぜ人気を集めないのか。それは「これといった特徴がないから」です。
この条件なら好走するといったものが見つけられないのです。
もうこの馬はG2、G3なら常に抑え続けてもプラスになるのではと思っています。
人気薄なら特にそうするべきですね。

では順を追って回顧を行っていきます。

1着のショウナンパンドラ(▲)
やはり内枠のショウナンパンドラは抑える必要がありますね。
近親にステイゴールドがいるようですので、非根幹距離が得意というのもわかる気がします。
ということで次にこの馬を買うとしたらどこでしょう。
私は有馬記念だと思います。
ちなみに次走は天皇賞秋とのことです。ここは軽視で良いと思います。


2着のヌーヴォレコルト(○)
やはり1番人気のハーツクライ産駒は危ないですね。取りこぼします。
今回も勝ちに行って最後、甘くなるといういつものパターンでした。
それにしても岩田騎手は上手いですね。絶望的な位置だと思っていましたが、上手くインを突いてきました。ここには驚きです。
次走はエリ女なのか天皇賞秋なのかわからないですが、私は天皇賞秋とJCを目指して欲しいと思います。


4着のロゴタイプ(△)
明らかに距離が長かったですね。
Mデムーロが最短距離で上手く乗りましたが、最後は脚が止まってしまいました。
ただ中山2000mまでは買わないといけない馬ですね。
今回のような外回りよりは内回りの方が良いタイプといえそうです。


5着のマリアライト(▲)
休み明けの馬体重増を見るとこの条件でよくやったなと感じます。
ディープ産駒なのでエリ女に向かったほうがいいとは思います。
京都競馬場は初めてのようですが、むしろ買いですね。
牝馬同士の中ではトップクラスだと思います。


9着のマイネルフロスト(△)
久しぶりのレースなのでここを叩いてどれだけ上積みがあるかと言ったところでしょうか。
この馬は内枠の方が好走条件がいいタイプです。
重賞でも「キレ勝負にならない内枠」という条件なら今後も飼う必要があると思います。
いつかまたどこかで穴を空けるタイプだとは思っています。


10着のサトノノブレス(無)
上位ブロガーでこの馬を評価している人が何人かおり、私としては自信がゆらぎそうになりました。
私ほど「父ディープ×母父トニービン」の配合の悪さを言い続けており、さらにこの血統が好走できる条件を言い続けている人間もいないのではないかと思います。
私のブログを昔から見てくれている読者の方は即消しできたと思います。
今回の条件、ありえません。


11着のマイネルミラノ(危険馬推奨 4番人気)
この馬は速い流れを逃げ切れない馬なのです。
前半よりも後半が速い後傾ラップの時に強さを発揮する逃げ馬です。
つまり今回のように明らかにスローに落とせないような場合は厳しいと思って危険馬推奨をしました。
重賞ではなかなかそういった恵まれたペースにならなそうですよね。


14着のレッドレイヴン(△)
あまりにも状態が良く、さらに柴田善騎手がこのコースを得意としている背景から印をつけてしまいましたが、この馬はOP大将です。
重賞ではほぼいりません。印をつけたことを後悔しております。

以上のように回顧を行いました。

牝馬の強さが目立つレースとなりました。
実は最近、感じていることなのですが、中山競馬場は牝馬の方が強いのではと思っております。上手く立ち回りを活かすタイプが多いので。
昨年の有馬記念のジェンティルドンナはまさにそれですね。
中山の牝馬は注目していきたいと思います。


今週、行われるスプリンターズSには過去5年で3-1-1-5という極めて高い好走条件があります。
馬柱を5秒見るだけでわかるほどの簡単で注目したい条件です。
やはりこのレースはここを見ないわけにはいかないでしょう。このレースへの強い思い入れがあるのだなと感じてしまいます。
この好走条件を競馬ブログランキングにて公開しております。
ぜひ、ご覧ください。
(現在25位前後)
※競馬ブログランキングの記載内容の見方がわからないかたはこちらをご参照願います。
http://blog.livedoor.jp/ganma1123/archives/41735573.html
※競馬ブログランキングへのアクセス方法は以下の「このブログに投票する」をクリックしていただき、私のブログの順位のところをご確認ください。そこの説明文に書いておきます。

神戸新聞杯 回顧 ~思ったより売れていない時は不安と感じよう~

ツイッター始めました。ぜひ、フォローをお願いします。
@GANMA71879454(邪推師と検索しても出てきます)

今週、行われるスプリンターズSには過去5年で3-1-1-5という高い好走条件があります。
馬柱を5秒見るだけでわかるほどの簡単で注目したい条件です。
やはりこのレースはここを見ないわけにはいかないでしょう。このレースへの強い思い入れがあるのだなと感じてしまいます。
この好走条件を競馬ブログランキングにて公開しております。
ぜひ、ご覧ください。

中央競馬ランキングへ
(現在25位前後)


本日も当ブログをご覧頂きましてありがとうございます。
日曜日はレース前に私がハーフマラソンに出るという重大イベントが…笑
実にレースは78週という長期休み明け、馬体重も増えている中、休み明けとしては十分なタイムでゴールすることができました。
ちなみに今、歩様に乱れが出ております。

それでは神戸新聞杯の回顧から行います。

神戸新聞杯の私の予想は以下の通りです。
http://klan.jp/r20150904071101?userid=5767#prediction

私の本命は◎アルバートドックでした。結果は7着。
正直、馬券内は外さない自信がありました。頭すらあると思っておりました。
ペースが遅すぎました。遅いことで前が有利になったというのではなく、遅すぎて広報にも関わらず折り合いを欠いてしまったというのが今回の敗因でしょう。
その分、直線での爆発力もイマイチ。非常に残念な結果でした。
ツイッターでもコメントしたのですが、週中、この馬は2番人気でした。
しかし、結果的には4番人気。明らかに売れすぎていなかった印象をうけました。
たまにこういった印象を持つ時があるのですが、そういう馬は必ず凡走しますね。
今後はそのあたりの感覚も大事にしていきたいと思います。


では追って回顧を行っていきます。

1着のリアファル(危険馬推奨 3番人気)
危険馬に推奨した馬に勝たれるとちょっと恥ずかしいですね。
完全に見当違いでした。
このレースは上がり3Fの速い馬が好走するので基本、逃げ馬は軽視していたのですが、ペースが遅かったため、この馬もしっかりと上がり3Fを2位というタイムでした。
ここがすでに予想外。
確かに今までダート路線を走っていて、前走で重馬場を上手く内を回って好走したとはいっても同レースに重賞古馬のアズマシャトルを破っての勝利でしたので、さすがに危険馬推奨はなかったなと反省しております。
さて菊花賞ですが、前が残る京都なら面白い存在になるのではと感じております。


2着のリアルスティール(▲)
福永騎手の安心、安定の2着です。
これといってレース振りに悪いところはありませんでした。
実に平均的な騎乗ですね。これができるのは福永騎手の魅力です。
ペースが遅かった分、相手を捕まえることができなかったというところですが、個人的な見解としては距離が少し長いような気がします。
スローからの上がり勝負でこの馬、33秒台の末脚を繰り出していないのが気になります。
休み明け?距離?骨折?どの影響なのかは知りませんが、ちょっと菊花賞は4着とかになりそうなイメージを持ってしまいました。
春の天皇賞は違うのですが菊花賞はステイヤーが好走するレースです。
距離不安がある馬は軽視する必要があると思います。


3着のトーセンバジル(△)
この馬がこの人気というのが以外でした。
距離が伸びて良くなるハービンジャー産駒において、さらに末脚特化型なのでこのレースで好走する下地はありました。
しかも四位騎手×藤原厩舎という組み合わせです。
この組み合わせはかなり意外な組み合わせなのです。関係が良好になった理由を知りたいところです。


4着のバイガエシ(無)
このレースはトニービンを内包している馬が好走するレースなので父ジャンポケのこの馬が気になってはいたのですが、見事な好走を見せてくれました。
今まで、小回りにレースが集中していたのはなぜなのでしょうか。
しっかりと外回りでも結果を出してきたと思います。
ただ重賞ではワンパンチ足りない印象を持ちました。


5着のジュンスパーヒカル(無)
内を上手く回っての好走でした。人気よりは力があったかもしれません。


8着のタガノエスプレッソ(○)
かかってしまいました。休み明けの影響下と言いたいところですが、この馬はもともとかかり癖があります。ペースが遅くなると厳しいですね。
外からジワジワと伸びてきてはいるのですが、最後は脚が止まっていました。
距離が長いのかもしれません。


11着のティルナノーグ(無)
勝ち馬と同じような位置にいながらこの着順は苦しいですね。
やはり重賞クラスになると見劣りするというところでしょう。
常に人気を集めやすいタイプなので見限るポイントが重要だと思います。


13着のマッサビエル(△)
全く伸びませんでした。
奇しくもタイムは前走の勝利の時と同じようなタイムでした。
この馬、時計がほとんどなかったので、もしかすると「ただ弱い」可能性も否定できないなと思います。
今日のところは騎手が話すように休み明けの影響が大きかったというように認識しておきたいと思います。


14着のキロハナ(△)
久々のレースで、初めての重賞&阪神競馬場&多頭数という状況でした。
悩んでいたのですが、こちらを危険馬にすべきでした。
ただ金子オーナーの馬で、池江調教師が有力馬2頭をセントライト記念に回してまで出走させた背景を知ると…難しい判断でした。
今回、良い経験になり、今後の糧となる可能性はあると思います。

以上が神戸新聞杯の回顧でした。

リアルスティールは休み明けでここを叩いてさらなる上積みが菊花賞で期待できる…これは正直、どうかなと思います。
菊花賞は適性外だと思っています。全幅の信頼をおける馬ではないのかなと思っています。


今週、行われるスプリンターズSには過去5年で3-1-1-5という極めて高い好走条件があります。
馬柱を5秒見るだけでわかるほどの簡単で注目したい条件です。
やはりこのレースはここを見ないわけにはいかないでしょう。このレースへの強い思い入れがあるのだなと感じてしまいます。
この好走条件を競馬ブログランキングにて公開しております。
ぜひ、ご覧ください。
(現在25位前後)
※競馬ブログランキングの記載内容の見方はこちら!
http://blog.livedoor.jp/ganma1123/archives/41735573.html
※競馬ブログランキングへのアクセス方法は以下の「このブログに投票する」をクリックしてください。

今週の予想結果

ツイッター始めました。ぜひ、フォローをお願いします。
@GANMA71879454(邪推師と検索しても出てきます)

来週はいよいよ秋のG1シリーズ開幕戦のスプリンターズステークスが行われます。
現時点でダンゼンの本命候補はこの馬です。人気になるでしょうが。
明らかにここを狙っての出走であり、能力的に優れていると思います。
その馬の名前を競馬ブログランキングに記載しておきます。ぜひ、ご覧ください。

中央競馬ランキングへ
(現在25位前後)

さて今週末の予想を振り返っていきます。
今週、予想した重賞レースは2レースでした。

(日曜日)
中山11R オールカマー(3連複5,030円的中!)
◎9ミトラ(7番人気)3着
○4ヌーヴォレコルト(1番人気)2着
▲3ショウナンパンドラ(3番人気)1着
▲14マリアライト(4番人気)5着
△6ロゴタイプ(2番人気)4着
△12マイネルフロスト(9番人気)9着
△7レッドレイヴン(6番人気)14着
コレジャナイ感…マイネルミラノ(4番人気)11着

(推奨買い目)
3連複
◎○-○▲▲-▲▲△△△ 計19点

(レース結果は以下の通り)
http://klan.jp/r20150604071101?userid=5767#prediction

阪神11R 神戸新聞杯(不的中)
◎7アルバートドック(4番人気)7着
○10タガノエスプレッソ(13番人気)8着
▲5リアルスティール(1番人気)2着
▲12サラトガスピリット(11番人気)10着
△9トーセンバジル(7番人気)3着
△4レッドアルティスタ(12番人気)12着
△15マッサビエル(2番人気)13着
△8キロハナ(5番人気)14着
コレジャナイ感…リアファル(3番人気)1着
(推奨買い目)
3連複
◎-○▲▲△△△△-▲▲△△△△ 計21点


(レース結果は以下の通り)
http://klan.jp/r20150904071101?userid=5767#prediction

(今週の結果)
的中率50%
回収率126%


オールカマーについて。
得意の5連複達成ですね。これで何度目でしょうか笑
このレースはミトラに◎をつけておりましたが、見事に期待に応えてくれました。
最後はヒヤヒヤもの。
しかし、やはりハーツクライ産駒は1番人気で取りこぼしますね。
これはなぜなのでしょう。
そしてツイッターでもつぶやきましたが、ロゴタイプが馬券になるときはディープ産駒が馬券にならないのです。今回の勝ち馬がディープ産駒のショウナンパンドラなので、こうなると逆にロゴタイプは馬券にならないですね。相反するタイプの馬といえるでしょう。

神戸新聞杯について。
こちらの取りこぼしは騎手の方ですね。福永騎手は本当に2着の多い騎手だと思います。
そしてコレジャナイ感馬に指定したリアファルが見事な勝利。
これに関しては私の見当違いでした。反省です。
キロハナとマッサビエルの3頭のどれかをコレジャナイ感馬にしようと思ったのですが、最後の選択で間違ったということでしょう。
しかし、リアファルは強いですね。

来週はいよいよ秋のG1シリーズ開幕戦のスプリンターズステークスが行われます。
現時点でダンゼンの本命候補はこの馬です。人気になるでしょうが。
明らかにここを狙っての出走であり、能力的に優れていると思います。
その馬の名前を競馬ブログランキングに記載しておきます。ぜひ、ご覧ください。
(現在25位前後)
※競馬ブログランキングの記載内容の見方はこちら!
http://blog.livedoor.jp/ganma1123/archives/41735573.html
※競馬ブログランキングへのアクセス方法は以下の「このブログに投票する」をクリックしてください。

アクセスカウンター