気づきましたか?
秋の天皇賞に毎日王冠の覇者であるエアソミュールが出走していません。
その理由は大人の事情です。
この馬が出走しないことにより出走できる社台の馬がいるのです。
この流れはやや怖いところ。その馬の名前を記載しておきます。
ぜひ、ご覧ください。

人気ブログランキング 趣味・ホビーへ
(現在60位前後)


おはようございます。
さてG1戦線が続くと疲れ切ってしまう私です。
ただ秋の天皇賞は特に当てたいレースの1つです。
今回のメンバー層は例年よりは厚い感じがします。非常に楽しみです。

天皇賞秋
東京競馬場 芝2000m G1 定量

【過去の傾向】
2009年 ミドルペースからの上がり勝負。差し、追込馬が馬券になるも2着は先行馬
2010年 やや重 ミドルペースからの上がり勝負。1,2着馬は差し、追込馬
2011年 シルポートが原因のハイペース。最後はやはり上がり勝負に
2012年 シルポートが原因のハイペース。差し、追込馬が1,3着に 2着は先行馬
2013年 ミドルペースからの上がり勝負。1,3着馬は差し、追込馬で2着は先行馬
1,3着馬が差し、追込馬であるものの2着には先行馬が残ることが多い

【前日の馬場状態(10/26)】
7レースが行われる
1枠の馬は1度も馬券に絡まなかった
3枠~6枠の馬の成績が良い(6-5-3)
逃げ、先行馬が勝ち、2着には差し、追込馬が馬券になっている
中距離に関してはサンデー系がとりわけ好走しているわけではない

【コース傾向】
2角ポケットからスタート。外枠の先行馬は必ずロスが発生
ディープインパクトとステイゴールドが双璧。見落としなく
上級条件では、テン・中盤速く、スタミナ・持続力必要

【枠】重視度B
(東京芝2000m実績)
スタートしてすぐにコーナーがあるため外枠不利
×7枠~8枠
特に8枠で先行する馬は厳しい

(天皇賞秋実績)
過去5年
1枠~4枠(3-3-4)※4枠の成績が良いが、2,3着が多い
5枠~8枠(2-2-1)※7,8枠の馬が馬券になっていないが人気馬もいない

【血統】重視度B
(東京芝2000m実績)
◎◎ディープインパクト
○ステイゴールド、ゼンノロブロイ

(天皇賞秋実績)
意外にも父サンデー系の勝利が少ない(2-4-1)2着が多い
3着馬の母父は4頭がナスルーラ系で特異的な傾向 ※母父トニービンに注意
1着馬に目立った傾向はない

【騎手】重視度B
◎内田、横山典、蛯名、戸崎

【人気】重視度A
過去5年
1番人気の馬は安定感が高い(1-2-1-1)※馬券外はブエナビスタの4着
2番人気の馬の安定感もまずまず(0-1-2-2)
3番人気の馬の安定感は低い(0-0-1-4)
7番人気までの馬が馬券になる 15頭/15頭

【脚質】重視度B
勝ち馬は差し馬(5-1-1-32) 2,3着は先行(0-3-1-14)、追込(0-1-3-22)
逃げは絶望的(0-0-0-5)

【上がり】重視度S
上がりの速さは極めて重要
上がり1位(3-1-3)
上がり1位~3位(5-3-4)

【馬体重】重視度D
馬体重とレースでの好走に関連性はなさそう

【性別】重視度B
過去5年
6頭が出走して好成績(1-1-1-3) ブエナビスタ、ジェンティルドンナ、ウオッカ

【年齢】重視度B
過去5年
馬券の中心は4歳、5歳 
4歳(2-2-1-13)5歳(2-1-3-18)
3歳馬もまずまず(0-2-0-7)
6歳以上は基本的には厳しい(1-0-1-36)

【前走】重視度A
前走1着(4-3-5-36)
前走2着(5-2-2-24)

【東京実績】重視度A
過去10年
東京芝1800m以上のG1、G2での最高着順成績
1着(8-6-4-20)

以上がデータ分析です。

好走条件をまとめると以下の通りになります。
・スローでもミドルでも差し馬が台頭する
・1,3着馬は差し、追込馬でも2着には先行馬がくる
・7,8枠の馬が過去5年で1度も馬券になっていない
・父サンデー系の好走率が高いわけではない
・1,2番人気の安定感はまずまずだが、勝ち馬は4番人気~7番人気から出る
・8番人気以降の馬は好走していない
・上がり勝負になる可能性が高い
・4歳、5歳が馬券の中心
・前走、1,2着馬が好走することが多い
・東京1800m以上のG1、G2実績が欲しい

上記のデータを総合的に判断して本命はこの馬です。
KLANのサイトの馬柱に◎をつけておきますのでぜひ、ご参照ください。
圧倒的な末脚の速さはこのレースの好走条件に該当しています。
やや騎手は不安なところがありますが、注目したい馬だと思います。
http://klan.jp/r20140504091101?userid=5767#prediction

気づきましたか?
秋の天皇賞に毎日王冠の覇者であるエアソミュールが出走していません。
その理由は大人の事情です。
この馬が出走しないことにより出走できる社台の馬がいるのです。
この流れはやや怖いところ。その馬の名前を記載しておきます。
ぜひ、ご覧ください。
(現在60位)

※競馬ブログランキングへのアクセス方法は以下の「このブログに投票する」をクリックしていただきますと競馬ブログランキングのトップページに移動します。
そこからお手数ですが私のブログの順位のところをご確認ください。
そこの説明文に書いておきます。