今回、1番人気確定のミッキーアイル。
そして2番人気濃厚のフィエロ。
この馬には致命的な弱点があります。これを知ると軸にはしにくいでしょう。
その弱点については競馬ブログランキングに掲載いたします。
ぜひ、ご覧ください。
http://klan.jp/r20140804081101?userid=5767#prediction
(現在60位前後)

おはようございます。
昨日は吹雪の中、高速道路を運転しましたが、前が全く見えない状態でした。
ずっと「センターラインが見えねぇ!」と騒ぎながら運転しました。
あっ、私の走っている高速道路はセンターにポールがおいてあるだけの高速なのです。
うっかり見えなくてハミ出したら…即死でしょうね。

さて今日はスワンステークスのデータ分析を行います

スワンステークス
京都競馬場 芝1400m G2 別定

【過去の傾向】
2009年はミドルペースからの前残り 1,2着馬が先行馬で3着が差し馬
2010年は途中でゆるむややスローペース 1,2着馬は上がり勝負を制した馬。3着は逃げ。
2011年は異常なハイペース 最後の2Fは緩むも前に言った馬2頭が1,2着。3着は追込
2012年はミドルペースも勝った馬は上がり最速の差し馬 2,3着は逃げ、先行馬
2013年はミドルペースからの前有利 後ろ過ぎる馬は馬券にならず。
(結論)
ミドルペースが多く、前にいる馬が馬券に絡むことが多い。ただ馬券内の全てが先行勢といったことはなさそう。

【前日の馬場状況(10/26)】
6レースの施行
4レースが内回りでの施行
内回り、外回りともに極めて内枠が有利
6レース中6枠以降は2着が1回あったのみ
内をロスなく先行できた馬、脚を溜められた馬が有利
500kg以上の馬は馬券にならず
父サンデー系と父ネイティブダンサー系が馬券になる
短距離に関してはアドマイヤムーン産駒に注目

【コース傾向】
コーナーまでの距離が十分にあるので、枠順にこだわる必要はなし
展開次第で差し馬も届くが穴は逃げ馬。近走逃げ経験は必ずチェック
特注血統はクロフネ、フレンチデピュティ。他にもダート血統が好走

【枠】重視度B
(京都芝1400m実績)
勝率は外枠なほど上がる
連対率は内枠の馬がやや良い

(スワンステークス実績)
過去5年
極めて外枠が有利
1枠~4枠(1-1-2)※人気馬が少ない、人気薄でも馬券になる
5枠~8枠(4-4-3)※7枠は人気馬が飛んでいる

【血統】重視度B
(京都芝1400m実績)
◎サクラバクシンオー、アドマイヤムーン
○ディープインパクト

(スワンステークス実績)
父サンデー系は好走傾向(4-3-3)
※ダンスインザダーク、フジキセキ、マンカフェ、ダイワメジャーあたり 

【騎手】重視度B
◎武豊
○浜中、秋山、福永

【人気】重視度B
過去5年は荒れ傾向
1番人気の安定感は低い(1-0-0-4)
2番人気の安定感は最悪(0-0-0-5)
3番人気の安定感は高い(2-1-1-1)
1番人気~2番人気の馬の成績が最悪
2桁人気馬は過去5年で4頭馬券になる(0-1-3)ヒモ荒れ注意

【脚質】重視度A
逃げ馬が強い 逃げ馬天国
逃げ(1-2-1-1)先行(2-1-1-16)差し(2-1-2-25)追込(0-1-1-22)

【上がり】重視度A
過去5年
上がりの速さはそこまで好走とリンクしないが、上がり1位の馬は好走する
上が1位(2-0-3)
上がり2位~3位(2-0-0)
上がりの速い馬は勝利する傾向がある

【馬体重】重視度B
短距離らしく馬格のある馬の好走が目立つ
520kg~539kg(2-1-2-7)

【性別】重視度B
過去5年で11頭が出走しているが苦戦(0-0-1-10)

【年齢】重視度A
3歳~6歳が中心
3歳(1-1-0-9)4歳(2-2-2-11)5歳(0-2-2-21)6歳(2-0-1-17)
7歳以上は大きく割引

【4角位置】重視度S
4角を3番手以内で通過して優勝した経験
あり(10-10-9-106)
なし(0-0-1-31)

上記がデータ分析です。
好走ファクターをまとめると以下のようになります。
・内枠がきわめて有利な馬場状況
・アドマイヤムーン産駒のヒモ荒れに注意
・父サンデー系がよく馬券になる
・1番人気~2番人気はあてにならない
・逃げ馬天国
・勝ち馬は速い上がりを使うが、2,3着に上がりの速さはいらない
・牝馬はやや苦しい
・7歳馬以上も苦しい
・4角を3番手以内で通過して勝った馬というのが好走必須条件

上記のファクターを総合的に判断して本命はこの馬。
何より斤量の恩恵が大きい。56kgはこの馬にとっては何も乗っていないようなものです。重賞も4勝しており、現時点での評価は低すぎるといわざるを得ない。
今回、一発があるタイプと見ている。
その馬の名前をKLANのサイトで◎をつけておきますので、ぜひ、ご参照ください。


今回、1番人気確定のミッキーアイル。
そして2番人気濃厚のフィエロ。
この馬には致命的な弱点があります。これを知ると軸にはしにくいでしょう。
その弱点については競馬ブログランキングに掲載いたします。
ぜひ、ご覧ください。
(現在60位前後)

※競馬ブログランキングへのアクセス方法は以下の「このブログに投票する」をクリックしていただきますと競馬ブログランキングのトップページに移動します。
そこからお手数ですが私のブログの順位のところをご確認ください。
そこの説明文に書いておきます。


ここからは人気上位馬分析です。
簡単にですが、書かせて頂きます。

【1番人気】ミッキーアイル
まずこの馬がレースを引っ張る形になる。
最も懸念となるデータは競馬ブログランキングにて公開しています。
その他にもまず57kgという斤量。そして1400mという初めての距離。
この2つの未知の条件があるにも関わらず1番人気はどうしたものか。
ただ圧倒的に逃げ馬が有利なレースであり、その側面では評価をしたいところ。
またこのメンバーではG1馬が2頭しかおらず、その面で格は上ということができる。

【2番人気】フィエロ
この馬の最も懸念となるデータは競馬ブログランキングにて公開しています。
前走は不良馬場の安田記念で度外視できる内容。
もともとはレコードを出したワールドエースと0.2秒差しか違わないという実力の持ち主。高速馬場になれば出番はあるだろう。
この馬に関しては1400mの経験もあり、ミッキーアイルよりは買える。
ただ気になるのは脚質が中団よりやや後ろにつける脚質であること。
先行有利なレースでどこまで好走できるか。

【3番人気】ベルカント
53kgというのが最も大きな買い材料。
同型馬がおりますので、おそらく番手に控える競馬をしそう。
このレースに関しては牝馬の好走が少ないのも特徴です。
前走のスプリンターズステークスはあわやのものであったが、
あの時と今の京都競馬場の馬場は違いすぎるところが気になる

【4番人気】サダムパテック
買ったらこない、買わなかったらくる困った馬。
最近の好走ポイントは少し渋った馬場です。
また、あまりにも速いタイムには対応できない可能性があります。

【5番人気】オリービン
戦績や血統を見ると買いたくなるタイプではあるが、重賞ではどうしてもワンパンチ足りない印象です。