実は桜花賞後、池添騎手に偶然お会いしまして、オークスでクルミナルはもっと良くなると話してくれました。
実はそのクルミナル。過去5年で9頭中6頭が馬券になった好データに該当しております。
複勝率67%というデータです。
その好データとは何か。ぜひ、ご覧ください。

中央競馬ランキングへ
(現在25位前後)

おはようございます。
私のブログの読者様でヴィクトリアマイルの3連複を当てた方がいらっしゃるようです。
素晴らしいですね。正直、驚きました。
私のブログが少しでもお役に立てているのであれば嬉しい限りです。

さて今日はオークスのデータ分析を行います。

オークス
東京競馬場 芝2400m G1 定量

【過去の傾向】()カッコ内の順位は上がりの速さ
(2010年)やや重 17、18→2
テンは馬場が渋っている割に速いが、その後、一気に緩み、最後は上がり勝負に。
1着:【位置取り】中団の外【4角】大外ぶん回し【直線】真ん中(1位)
1着:【位置取り】中団の外【4角】大外ぶん回し【直線】内目(2位)
3着:【位置取り】番手の中【4角】内を回る【直線】内(7位)

(2011年)良 4→18→12 ※発表は良馬場だが良馬場とは思えない馬場レベル
テン、道中、終いと全てミドルペースどおりに流れ、消耗戦になる
1着:【位置取り】中団の中【4角】ロスを最小限に【直線】内(4位)
2着:【位置取り】逃げ【4角】逃げ【直線】内(10位)
3着:【位置取り】中団後方の内【4角】ロスを最小限に【直線】内目(1位)

(2012年)良 14→9→3
逃げ馬が軽快に飛ばし、縦長の展開になり、最終的にはやはりあがり勝負に
1着:【位置取り】中団の外【4角】外を回して【直線】大外(1位)
2着:【位置取り】先頭集団の中【4角】ロスを最小限に【直線】真ん中(3位)
3着:【位置取り】先頭集団の内【4角】ロスを最小限に【直線】内(6位)

(2013年)良 3→13→5
逃げ馬が凄いペースで逃げるも、後ろのペースは速くなく、最後は上がり勝負に
1着:【位置取り】先頭集団の内【4角】内を回る【直線】外(1位)
2着:【位置取り】先頭集団の外【4角】やや外を回る【直線】外(1位)
3着:【位置取り】後方の外【4角】やや外を回る【直線】外(3位)

(2014年)良 9→10→5
テン、道中、終いとミドルペースで流れ、最後は上がり勝負になる展開
1着:【位置取り】中団の内【4角】ロスを最小限に【直線】真ん中(3位)
2着:【位置取り】後方の中【4角】大外ぶん回し【直線】大外(1位)
3着:【位置取り】先頭集団の内【4角】ロスを最小限に【直線】内(4位)

(まとめ)
バカ逃げする馬がいると縦長になるが、基本はミドルペースからの上がり勝負
決め手がある馬はぶん回しでも馬券になるが、勝つにはロスなく回りたい
勝ち馬は直線では基本、真ん中ぐらいを突き抜けてくるイメージ。

【コース傾向】
ペース次第で差し馬でも間に合う。展開予想をしっかり。
3歳戦では距離適性より能力・スピードを重視
特注血統はディープインパクトとゼンノロブロイ

【枠】重視度B
(東京芝2400m実績)
内枠有利
特に1枠、2枠はかなり成績が良い
6枠、7枠の成績が悪いが8枠は少しだけ良くなる

(オークス実績)
内枠がやや有利
過去5年 
1枠~4枠(2-0-4)※2枠の馬が穴を開けている
5枠~8枠(4-3-1)※外枠は人気馬が順当に馬券になっている

【血統】重視度S
(東京芝2400m実績)
◎ディープインパクト、ハーツクライ、ゼンノロブロイ
○キングカメハメハ

(オークス実績)
父サンデー系の好走傾向が異常に強い(5-3-4)
父サンデー系×母父ノーザンダンサー系が好走傾向(4-2-1)
母父にノーザンダンサー系の血が入っている(5-3-1)
ディープインパクト産駒(4-3-1-8)

【騎手】重視度B
◎◎蛯名
◎内田、岩田、横山典、三浦

【人気】重視度B
やや荒れ模様
過去5年
1番人気の安定感はまずまず(0-2-1-2)
2番人気の安定感もまずまず(1-1-1-2)
3番人気の安定感は低い(1-0-1-3)
1番人気~3番人気(2-3-3-7)と安定感としては低め
2桁人気馬の好走は1度もない

【脚質】重視度A
差しの好走傾向が非常に高い
差し(5-2-4-32)
逃げ(0-1-0-4)先行(0-0-1-18)追込(1-1-0-21)
追込で馬券になったのはジェンティルドンナとハープスターといった名牝のみ
4角での理想的な位置取りは6番手以降(6-3-4)

【上がり】重視度S
上がりの速さと馬券への関連性は非常に高い
上がり1位(2-3-1)
上がり1位~3位以内(5-3-2)
34秒台後半の上がりが必要

【馬体重】重視度C
460kg~479kgの馬が好走傾向にある(4-2-0-13)
440kg~479kg(6-2-3-43)
勝ち馬に関しては重すぎても軽すぎてもダメ

【前走】重視度A
過去10年
桜花賞(8-6-4-58)
フローラS(1-3-4-32)
その他(2-0-2-59)
※桜花賞4着以内(6-5-4-16)
※桜花賞5着以下(2-1-0-42)

以上がオークスのデータ分析です。

このデータをまとめると以下のようになります。
・1枠~4枠(2-0-4)5枠~8枠(4-3-1)
・父サンデー系(5-3-4)父サンデー系×母父ノーザンダンサー系(4-2-1)
・母父ノーザンダンサー系(5-3-1)
・1番人気~3番人気(2-3-3-7)2桁人気馬の好走は1度もない
・差し(5-2-4-32)逃げ(0-1-0-4)先行(0-0-1-18)追込(1-1-0-21)
・4角で6番手以降(6-3-4)
・上がり1位(2-3-1)上がり1位~3位以内(5-3-2)34秒台後半の上がりが必要
・440kg~479kg(6-2-3-43)
・桜花賞(8-6-4-58)※桜花賞4着以内(6-5-4-16)、5着以下(2-1-0-42)
・フローラS(1-3-4-32)その他(2-0-2-59)

上記のデータから現時点で気になっている馬はこの馬です。
例のごとくKLANサイトにて◎をつけております。ぜひ、ご覧ください。
http://klan.jp/r20150502101101?userid=5767#prediction
もう現時点からも何もこの馬が出てくるレースは全てこの馬が本命です。
この馬しか見えません。この馬が世代トップクラスと私は信じています。
…輸送による激ヤセとかはもうやめてくださいね。


実は桜花賞後、池添騎手に偶然お会いしまして、オークスでクルミナルはもっと良くなると話してくれました。
実はそのクルミナル。過去5年で9頭中6頭が馬券になった好データに該当しております。
複勝率67%というデータです。
その好データとは何か。ぜひ、ご覧ください。
(現在25位前後)
※競馬ブログランキングの記載内容の見方はこちら!
http://blog.livedoor.jp/ganma1123/archives/41735573.html
※競馬ブログランキングへのアクセス方法は以下の「このブログに投票する」をクリックしてください。



ここからは上位人気馬の考察を行ってまいります。

【1番人気】ルージュバック
前走は初めての多頭数のレースに戸惑った感じでした。
一度、経験できたのはプラスになったかと思います。
私はずっと言っていました。
桜花賞はミッキークイーンが勝っても、オークスはルージュバックに負けるかもしれないと。
それだけこの馬はオークスの適性が高いと思います。
距離延長が最もプラスになるのはこの馬でしょう。
気になるのは前走の敗戦からのショックでしょう。

【2番人気】レッツゴードンキ
距離延長がプラスになるとは思えない馬の1頭です。
父キングカメハメハというのはやや割り引きたくなるところです。
キングカメハメハには気持ち距離が長い気がします。
しかし、どのレースでも崩れていないのがこの馬の特徴です。
ここでも馬券内に入ってくる可能性は大きいと思います。
ただこの馬に関して気になる点があります。
それは2戦連続で「逃げ」を選択したことです。
桜花賞でもスタート後にすごく行きたがる素振りを見せました。
もう控えることは難しいのかもしれません。

【3番人気】ミッキークイーン
なぜこの馬がここまで人気しているのでしょう。
これははっきり言って過剰人気です笑
だって重賞未勝利馬ですよ。
他にもいいディープ産駒いますよ。
この馬を買うのはオススメしません。ぜひ、違う馬を買ってください。
なお、私がこの馬に全力勝負するのは秘密にしておきますね。

【4番人気】クルミナル
冒頭にも書きましたが、池添騎手がこの馬はオークスで良くなると非常に期待されておりました。私もそう思います。
スローからのキレ勝負しか経験しておりませんが、どのような展開にも対応できる素質が備わっていると思います。
本当に素晴らしい馬です。唯一の欠点は重馬場への対応でしょう。
馬場が渋るようであれば少し危ないかなと思います。

【5番人気】ココロノアイ
この馬に関しては簡単です。
馬場が渋れば必要であり、馬場がパンパンなら能力的に足りないかなと言うところでしょう。今のところ、私はそう思っています。

以上が上位人気馬の考察です。
ミッキークイーンの人気がもう少し落ちるのを期待したいところです笑