iPhoneをお持ちの方は必見です!
このアプリは無料で活用できるアプリですが、特徴は口コミアプリということです。
競馬で勝つために重要なのは「当たる情報」を手に入れることです。
ただどの競馬サイトが「当たる情報」なのかはわかりません。
そこで口コミなのです。口コミは使った人の意見がダイレクトに反映されて、信頼性が高いものもあります。
グルメサイトや家電販売サイトでもそうですよね。最も重要視するのは口コミ欄だったりしますよね。
https://click.adzcore.com/1.0.cd83bdc73383a3fc239a2e1a60a3448bc?pt_gid=911119
ご興味ある方はぜひ、上記のリンクをクリックしてアプリをインストールしてみてください!


<高松宮記念 回顧>

高松宮記念の私の予想はこちらです。
http://klan.jp/r20160702061101?userid=5767

本命は◎ビッグアーサーでした。結果は1着。
中京競馬場は土曜日から異常なまでの高速馬場でした。
展開も逃げ馬が多く締まるとスプリンター適性が問われると思いこの馬を本命にしました。
結果的には勝利ということで判断は間違っていなかったのだなと感じております。
この馬に関しては過剰人気などと言われておりましたが、単勝3.9倍は私の中では過剰人気ではありませんね。十分、ついた方だと思いました。
何番人気かが重要ではなく、単勝オッズがどれぐらいついているのかというところを重視していくことを何かのレースで学びましたね。(マーティンポロが1番人気で勝ったレースだったような)
あと上位人気の福永騎手は逆らわない方が得策ですね。データ的にも。
勝ち切るまでは言い切れませんが。

では追って回顧を行っていきます。

2着のミッキーアイル(△)
スプリンター適性を考慮していたので評価を少し下げてしまいました。
まぁ、スプリントG1で好走しているので適性があるに決まっているだろと怒られてしまいそうですが、マイル実績もありますし、ディープ産駒と考えるとちょっと推しづらかったです。すみません。
ただコレジャナイ感馬にはできませんけどね。今のこの馬を消すのは危険でした。
あきらかに充実期。そしてメイチ仕上げ。
それにしても強いですね。今回はハナに立ちませんでしたが、リズムよくは走れておりました。やはりこの馬はリズムよく走らせることが重要ですね。


3着のアルビアーノ(▲)
この馬を高く評価したのは短距離適性が高そうだということと、前走での走りですね。
前走は明らかに叩きの走り方で今回へ照準を合わせてきておりました。
あとドバイがあったのでデムーロ騎手がいません。そうなるとルメール騎手を買わないわけにはいかないでしょう。
重賞のデムルメは今年のトレンドですからね。


4着のアクティブミノル(無)
まさかの末脚で驚きました。アルビアーノが差されていたらまずかったです。
まぁ、この馬も生粋のスプリンターなので適性は十分だったということでしょう。
今回、差す競馬ができたのは収穫だったと思いますが、ペースがペースなので。
控える競馬ができるようになったと判断するのは時期尚早でしょう。


5着のエイシンブルズアイ(△)
最後はいい脚で突っ込んできているのですが、いかんせん位置取りが後ろ過ぎました。
前走、溜めていい結果を出していたので気持ちはわかるのですが、溜めすぎです。
前走よかったことを今回も同じように試すという騎乗だとG1は無理でしょう。


6着のティーハーフ(無)
最後方から一気に内を突いてきました。
これは池添騎手らしい騎乗ですね。この馬もスプリント適性に秀でた馬なのでここでの好走は納得ですね。夏場にまたお世話になりたい馬だと思います。


7着のスノードラゴン(△)
高速馬場はマイナス材料でした。残念ながら。
ただ7着と地力はまだ残しています。秋は侮れないかもしれませんね。


8着のレッツゴードンキ(無)
控えたのか、追走できなかったのかはわかりませんが、ハナを切れないことにはこの馬の好走はないと思っています。今回は展開が合いませんでした。
1200mも短すぎる印象があります。


9着のウリウリ(危険馬推奨)
スプリント適性が他の馬よりはないですからね。
堂々の無印&危険馬推奨をさせてもらいました。
中京で2戦2勝、同条件のCBC賞を55.5㎏で勝っている、藤原厩舎にノーザン、金子オーナーなど、推せる材料があったようですが、それ以上に消し材料があったということです。
4番人気ですが、上位3頭が1番人気~3番人気なので、推奨するとしたらこの馬しかいませんでしたね。


10着のアースソニック(無)
出遅れが癖になっているのでしょうか。今回も少し出負けしました。
高速馬場もマイナス条件でしょうし、G1では少し荷が重いですね。


11着のハクサンムーン(△)
あれだけのペースを演出した馬の1頭ですからね。この惨敗は仕方ないと思います。


12着のヒルノデイバロー(無)
この馬はいつか穴をあけると思っていますが、高速馬場では1円もいらなかったですね。
適性外のレースだったので参考外でいいと思います。


13着のウキヨノカゼ(△)
ちょっと心配になるほど、レースからは置いてかれてました。
精神的にやる気がなくなってしまっている可能性もあるかもしれません。6歳ですしね。
今後は精神面にも注意したいところです。


14着のプラヴィッシモ(△)
普通に惨敗でした。1200mというよりは1400mに適性のある馬ですし、能力的にも足りなかったというところでしょうか。


15着のスギノエンデバー(無)
能力的に厳しいですね。G1というか重賞は。


16着のローレルベローチェ(○)
素晴らしいレース見せてくれました。見ていて気持ちが良かったですね。
スローばかりだと面白くありません。
この馬のスタイルはこれなので貫くべきだと思います。
またどこかで穴をあけるタイプの馬ですね。


17着のサクラゴスペル(無)
適性には合わないこの高速馬場で先行したら潰れるでしょうね。
今回は参考外でいいでしょう。


18着のサトノルパン(△)
メンタルは1200mが合うのですが、能力は違います。
ごまかしが利かない展開でしたからこの着順は納得ですね。
もう少し脚が溜まる展開なら違っていたでしょうが。


以上が高松宮記念の回顧でした。

予想記事も書きましたが、「1200mもこなせる馬」には厳しいと思っていました。
「1200mがベストの馬」から勝負していきましたが、的中となってよかったと思います。
できればもう少し荒れてほしかったですが。


今週は注目の重賞である産経大阪杯があります。
出走馬を見渡すと好メンバーですね!G1馬も多くいます。
今回、紹介するのは過去5年で3-4-5-20という馬券になった馬の約90%が持つ共通点です。
この共通点に該当する馬は今年のメンバーでは3頭しかおりません。
注目のショウナンパンドラ、アンビシャスといった馬には該当していないデータとなっております。
その共通点とは何かに関しては競馬ブログランキング(B)にて公開しております。
ぜひ、ご覧ください!

中央競馬ランキングへ
(現在25位前後)


■65%以上の確率で的中するので、100%満足出来るとお約束します
http://www.hicchu.net/tekichu/step/?ad_id=3313


【今週の注目レース】

産┃経┃大┃阪┃杯┃
━┛━┛━┛━┛━┛

堅い決着が多い産経大阪杯(G2)ですが・・・


《今年は波乱率90%強!》


2010年に3連単10万馬券が出た時と同じ、
『ある共通点』が今回のレースにも存在した!


今年は絶対的と言い切れるだけの素材はなく、
ドングリの背比べな状態。

関係者が口を揃えて言うほどの「難解」な1鞍!

ただ、今年の産経大阪杯出走馬の『ある特徴』を見ると、
勝ち馬がすんなり見えてきます!

そんなココでしか知る事の出来ない、
今週限定の秘蔵情報を“期間限定無料公開中”


■見るだけタダ!見て損しない無料競馬情報はコチラから
http://www.hicchu.net/tekichu/enjoy/?ad_id=3313