スマートウィンの無料情報が先週の土曜日に大的中!
このサイトに無料登録をすると毎週土日に無料情報のレース予想を見ることができます。そしてこの予想が驚くほど当たります!
まずはこちらをご覧ください!
スマートウィン

そして実際の結果は・・・大的中!
結果


この印を信用して3連単を買ったとすれば9,510円の払戻が得られました!

繰り返しになりますが、この予想は無料で見ることができます。
もし、興味がある方がいらっしゃいましたら以下のリンクから無料登録を試してみてください。
【スマートウィンへの無料登録はコチラ】 http://swin.jp/x1928
無料なんだから損することはまずありません。しつこい勧誘もありません。
yahooなどのフリーアドレスでも登録可能です!なお、GANMAは無料会員です(笑)


<日本ダービー 回顧>

日本ダービーの私の予想はこちらです。
http://klan.jp/r20160502121001?userid=5767#prediction

本命は◎スマートオーディンでした。結果は6着。
朝からずっと外差し馬場に変わることを祈っておりましたが、馬場がやはり味方してくれませんでした。
今回のような馬場ならば後方一気は不可能であり、そうなるとある程度は出していかなくてはなりません。結果的に脚が溜まりませんでした。
直線では前がふさがるという位置取りのミスもあったと思います。
決してコンビプレイとは思わないのですが、イモ―タルが完全に邪魔でした。
私のイメージでは32秒台の末脚で突っ込んでくると思っていたので残念です。
ディープインパクト産駒やキングカメハメハ産駒に一泡吹かせてほしかった・・・。

では追って回顧を行っていきます。

1着のマカヒキ
川田騎手、ダービー初制覇ですね。
ダービーというのは不思議なもので早めに勝っておかないとずっと勝てないレースですね。これで川田騎手はこれから何勝もできる騎手になるかもしれません。
しかし、今回はマカヒキという名馬をあてがわれての勝利です。
ダービーを勝たせてもらった騎手ではなく、ダービーを勝ち取る騎手になってほしいですね。なぜ、こういうことを言うかというと私は川田騎手のファンだからです。
今日、読者の方に「川田騎手のこと好きすぎ」と言われ、初めて自分の気持ちに気づきました。
さてマカヒキについてですが、4角から直線にかけて好位の馬混みに入れたことは大きなポイントだったと思います。
血統面からこの馬は馬混みが得意ですからね。一瞬のキレで抜け出すだけの操作性と瞬発力があります。本来は後方待機よりもこういった競馬の方が良いタイプだと思います。
結果を出していた後方一気という今までの脚質にこだわらなかったのが今回の勝因だったと思います。友道先生の指示でしょうが、人馬ともによく頑張りました。

2着のサトノダイヤモンド
日曜の馬場傾向を見てこの馬が馬券に絡むような気がしておりました。
買うなら2,3着固定がいいなと思いましたが、やはり勝ち切れませんでした。
何なのでしょうね。サトノの呪いは本当にあるのでしょうか。
聞くところによれば落鉄していたようです。この大一番で落鉄って・・・。
とにかくこの馬は強いのですが、ワンパンチ足りないというのが正直なところだと思います。古馬になってもっとよくなる感じもしますので、古馬G1戦線を勝ちまくる姿も目に浮かぶところですが、また大事なところで落鉄しなきゃいいですね。
里見オーナーの馬はなぜかG1を勝てない。不思議なものです。

3着のディーマジェスティ
最後はジリジリと差を詰めているのですが、直線でサトノダイヤモンドが邪魔で思うように追えませんでした。
これはこの馬がマカヒキよりも操作性と瞬発力が劣っていたからです。
トップスピードはこの馬の方が上というのは皐月賞で分かったと思いますが、操作性と瞬発力は劣っているということでしょう。
展開と枠順、馬場の伸びどころ次第で1着~3着は入れ替わると思います。
それぐらい3頭に差はありませんでした。この馬も今後のG1戦線を賑わせてくれる馬になると思います。

4着のエアスピネル
生まれた時代が悪かった。もうそう言うしかないかもしれません。
今回の武騎手の騎乗は完璧でした。何も悪いところはありません。
馬場も展開も味方したと思います。位置取りも良かったです。
しかし、大きく離されました。不思議です。この馬は決して弱くはないのです。
今後は1600m~2000mの路線に進んだ方がいいでしょうね。
どう頑張っても天才たちには敵いそうにありません。
才能の違いをまざまざと見せられた結果だったと思います。
凡人の私には見ていて切なくてたまりません。

5着のリオンディーズ
返し馬の時点で終わっていました。
この気性難ではどうしようもありませんね。逆に大人しくなったら弱くなるのでしょう。
あれだけイレコミが激しければ中団後方にならざるを得ません。
しかし、その位置では今の東京競馬場の馬場では届きません。
上がり最速の末脚で一応の格好はつけましたが、課題の残る走りでした。
この馬もマイル路線に転向すべきかもしれませんが、そういう問題でもないかもしれませんね。

7着のマウントロブソン
出負けは想定外でした。しかし、4角では腹を括って最内を回り、強い競馬を見せてくれました。ベリー騎手のナイスライディングでした。
この馬はまだ実が入っていないというのが私の印象です。
何度も書いておりますが、来年のジャパンカップで買いたい馬ですね。
私は馬体を見ることができませんが、この馬の馬体を見ると「幼児体型」という印象を持ちます。これからもっと良くなることを信じたいですね。

8着のレインボーライン
内枠の利を活かしての競馬でしたが、8着は大健闘かもしれません。
路線として低レベルのマイル路線では活躍できてもこの路線ではこれが限界でしょう。
マイルでまた見たい馬です・・・でも古馬になると厳しいかな。

9着のレッドエルディスト
今の馬場で後方待機からの大外ぶん回しです。正気ですか!?と問いたくなりますが、四位騎手はこれでいいと思います。
実際、通用すると思ってなかったのでしょう。
ただこの馬は古馬になればもっと良くなります。というかその前に菊花賞で面白い存在になるかもしれません。今後が楽しみです。

10着のプロディガルサン
積極策に出ましたが、残念な結果に終わりました。
田辺騎手らしい騎乗でしたね。
兄のリアルスティールのような成績を残すことはできませんでしたが、血統がいい馬ですからね。今後に期待したいところです。
ただ兄より優れた弟など存在しないかもしれません(ジャギのセリフより引用)

11着のロードクエスト
今回はいつもより前目の位置で競馬をしておりました。
さすがは岩田騎手です。新味を試そうとしたのでしょう。
ただ直線に入ると手応えが・・・デキも悪かったかもしれませんが、やはりスタミナ面でしょうかね。2400mは長い。
今後はマイル路線に集中してほしいと思います。

12着のアジュールローズ
自分の競馬はできておりました。力が足りませんでした。

13着のヴァンキッシュラン
ちょっと理解できないのですが、なぜここまで負けたのでしょうか。
調べてみましたが、この馬の今回の上がり3ハロンは34秒7です。
そして青葉賞の上がり3ハロンは34秒5です。納得。
出せるスピードに限界があるタイプかもしれませんね。

14着のアグネスフォルテ
自分の競馬はできましたね。力が足りませんでした。

15着のイモ―タル
噂されていたラビットはありませんでした。
まぁ、ラビットなんてそうそう決まらないです。
ただスマートオーディンの邪魔になっておりましたね。
芋がおでんの邪魔をしました。具材のくせに。

16着のマイネルハニー
自分の競馬はできておりましたが、距離が長過ぎました。1800m~2000mと守備範囲は狭そうです。

17着のプロフェット
自分の競馬はできておりました。騎乗としては完璧でしたが、弱かっただけでした。
京成杯組は評価できませんね。

18着のブレイブスマッシュ
ダービーでやる気のない騎乗ができるメンタルがすごいですね。

以上が日本ダービーの回顧でした。

1年間の重賞レースの中でも数回しかない1番人気~3番人気までの馬による馬券内独占でした。素直な人が勝つレースですね。私では勝てません。名前が邪推師ですから。
しかし、思わぬ収穫がありました。私は川田騎手が好きだったようです。
何だか恥ずかしいですね。自分でも気づいておりませんでした。
いつも厳しいことをここに書いていたのは「好きな子にこそ意地悪しちゃう小学生のアレ」的なものだったということでしょうか。


今週は安田記念ですね。
安田記念は2桁人気馬が多くからむ波乱の多いレースです。
過去5年間で6頭の2桁人気馬が馬券に絡んでおりますが、そのうちの3頭には簡単な共通点 があります。
そしてその共通点に該当する馬が今回は2頭です。
その共通点については競馬ブログランキング(B)にて公開しております。
ぜひ、ご覧ください。

中央競馬ランキングへ
(現在20位前後)


※超注目※安田記念『アノ馬』だけは抑えるべし!

◆━━━━━━━━━━━━━━━◆
 多種多様な馬が交差する
      解読が難解なレース
   
そんな中、高確率で好走する馬とは!?
◆━━━━━━━━━━━━━━━◆


  東京競馬場 第11レース
 ━━第66回 安田記念(G1)━━

人気馬がことごとく飛ぶ安田記念(G1)

それもそのはず。

マイルという適性が少ない1600Mの距離で、
更には、芝の状態も悪い中で行われるのですから。

まさに、荒れる代名詞とも言える名物重賞です。

大荒れ必至と言われている中、

『アノ馬』だけは抑えておけと言われる馬が!

その理由は●●●●●●●にあり!

来たる安田記念。
人気フル無視でブッコンデ来る馬とは!?
▼ ▼ ▼
http://www.hicchu.net/tekichu/geter/?ad_id=3313

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
実は当てやすいレースって知ってました?
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

確かに安田記念は難しいレースかもしれません。

難しいといわれる理由は、
多種多様な馬が出走するために、

  “考える条件が多すぎる”から。

ですが、
逆に考えてください。

条件が多いという事は、

────────────────
「勝つ馬」と「負ける馬」の
判別がつきやすいという事なんです。
────────────────


3歳以上の戦いなので、
ある程度のデータは揃っていますしね。

つまり、絞り込みさえすれば、

『人気薄でも簡単に捕えれます』


それでは、
安田記念の『絶対に押さえるべきポイント』
わかりやすくお伝えします!

っと、
本当はここでお伝えしたいのですが、、、

ちょっと今回の情報はトッテオキの情報なので、
下のURLから期間限定の公開とさせてください…(汗)

コチラから全て『無料』でお伝えしますので、
どうぞ一度ご覧ください!
↓ ↓ ↓
http://www.hicchu.net/tekichu/geter/?ad_id=3313