春のG1戦線で思うような結果が出なかった・・・。
そういう方にお勧めの競馬情報サイト、競馬スピリッツの無料予想がすごい!
無料公開された先週の土曜日の欅ステークスの予想をご覧ください。
IMG_0418 IMG_0419

そして結果は・・・ 大的中で+143,700円!

20160528_tokyo11_kuriyama_umatan

20160528_tokyo11_kuriyama_sanrentan

参考になる無料予想を上手く活用して宝塚記念に向けての資金を確保しましょう!
無料予想に関しては毎週土日のメイン1レースの公開です。
もし、興味がある方がいらっしゃいましたら以下のリンクから無料登録を試してみてください。
競馬スピリッツへの無料登録はコチラ!
※メールアドレス入力後、返ってきたメールアドレスに記載されたURLをクリックして登録を完了させてください。
無料なんだから損することはまずありません。しつこい勧誘もありません。
yahooなどのフリーアドレスでも登録可能です!なお、GANMAは無料会員です(笑)


<安田記念 回顧>

安田記念の私の予想はこちらです。
http://klan.jp/r20160503021101?userid=5767#prediction

本命は◎サトノアラジンでした。結果は4着。
直線でのエンジンのかかりが遅かったように見えますが、これはペースがほとんど流れなかったことに起因していると思います。
直線ではどの馬も同じような脚を使ったため、この馬の武器の末脚が目立ちませんでした。
4角で取るべきポジションをフィエロに取られてしまったのが痛かったです。
もう少し外を回ることを考えていたら3着も有りえたのではないかと思います。
川田騎手は先週のダービーで行った騎乗が頭の片隅に残っていたのでしょう。
安易に外へ出す騎乗では確かに勝てません。勝ちに行く競馬をできるようになったからであり、このあたりは仕方ないところですね。

では追って回顧を行っていきます。

1着のロゴタイプ
1頭は伏兵が馬券に絡んでくることを期待しており、この馬に印はつけていましたが、頭までくるとは参りました。
東京競馬場の午前中の芝状況は稍重であり、徐々に回復して昼過ぎには良に変わりました。
東京競馬場は排水システムの影響で内から馬場が乾いていく傾向があります。
良馬場になったとはいえ9レースではまだまだ内は死んでいました。
しかし、10レースで回復の傾向があり、11レースの安田記念の時間帯では内の馬場の状態が非常に良くなっていた可能性があると思います。
もちろん、田辺騎手の思い切りのよい好判断も今回の勝因の1つでしょう。
スタートして2ハロン目のタイムが11秒0であり、どの騎手も今回はペースが速いと錯覚を起こしてしまった恐れもあり、さらに3ハロン目から5ハロン目のタイムが11秒7、12秒0、12秒1とここで上手くペースを落とすことができました。
ここでモーリスとリアルスティールは折り合いを欠きますが、ここでかかっている有力馬2頭を見てさらに「2頭が折り合いを欠いて前にいっている!一緒にいったら自滅する!」と後続の騎手の判断を誤らせた可能性もあると思います。
今回の私の予想記事のサブタイトルは「最強馬を倒すには魔法をかけるしかないだろ」であり、もちろん本命馬のサトノアラジンを意味してそう記載したのですが、実際に今回のレースでは「馬場マジック」「ペースマジック」という2つの魔法がかかっての結果でした。
ロゴタイプはこれでG1を3勝目です。ダビスタなら殿堂入りですね。立派です。
田中先生も言っておりましたが、中山2000mと東京1600mの2つがこの馬のベスト条件とのことです。ただの中山専用機ではなかったということですね。

2着のモーリス
調教過程は確かに怪しかったですが、状態はまずまずだったと思います。
ただ問題は身体面ではなく、精神面にありましたね。
あそこまでかかるモーリスは初めて見ました。
騎手の折り合いの腕の問題かはわかりませんが、ガツンとかかってしまい、その分の消耗が最後の結果となって現れたのかもしれません。
あとやはりスクリーンヒーロー産駒の傾向通り、左回りが下手という可能性もあります。
右手前に替わってから迫力がさほどありませんでした。
まぁ、今回はベストの状態ではなく、そういった中でも2着というのは立派ですがね。

3着のフィエロ
安田記念はリピーターの多いレース。
ならば昨年の4着馬を軽視するのはナンセンスだったということでしょうか。
この馬の戦績は非常にきれいであり、国内で馬券外なったレースを見ると安田記念が目立ちます。ここが必要以上に悪く見えてしまいましたね。
「戦績マジック」に私もかかってしまっていたようです。

5着のイスラボニータ
蛯名騎手が話しているように内枠なら結果は違っていたとのことです。
私もそう思います。4角で外を回って直線でグイグイ伸びるというイメージがこの馬には湧きません。
イスラボニータを東京で買うときは内枠がいいと思います。

6着のディサイファ
勝ち馬と0.3秒差の6着。上出来ではないでしょうか。
この馬の力は十分に出し切ったと思います。
この馬はG2大将です。G1ではいつもこの程度。
次にG1で買いたくなるのは天皇賞秋でしょうか。馬券になるのは難しいと思いますが。

7着のダノンシャーク
一瞬だけ夢を見させてくれる走りができました。
上がり3ハロンは33秒7です。この馬は高速馬場でこその馬でしょう。
雨の影響が最も響いたのではないかと思います。

8着のクラレント
行くつもりだったが、二の脚がつかなかったということですが、レース映像を見るとその通りですね。1枠という枠も難しかったかもしれません。
もう少し枠が違えば前につけることもできたと思いますが。
スローからのヨーイドンには向いていない馬なので直線で離されるのも仕方ないでしょうね。

9着のロサギガンティア
デムーロ騎手、お得意の出無―ロが起きてしまいまいた。
G1のマイル戦でこれはいけません。力が抜けているわけではないので、普通に惨敗でしょう。

10着のレッドアリオン
せっかく外枠を取ることができたのに、先行しませんでした。
私はこの馬が外から先行すると思っていたので非常に残念でした。
控えて勝てる、好走できる馬ではないと思います。G1では。
指示なら仕方ありませんが、川須騎手の判断なら理解しがたいですね。

11着のリアルスティール
モーリスの前で競馬すると話しておりましたが、あれだけモーリスが前にいって、さらにペースが流れなかったらどうしようもないでしょうね。
折り合いを欠いてしまい、その消耗が最後の直線で出てしまったということでしょう。
スローとはいえ、マイルの流れで外枠から先行させる経験をつけてしまいました。
もし中距離に戻っても折り合いが今までのようにつくのかは疑問ですね。
今回の走りの代償は大きいかもしれませんよ。

12着のコンテントメント
直線でのヨーイドンは最も苦手とする戦いでしょう。
日本の馬場も合いませんでした。

以上が安田記念の回顧でした。

断然人気のモーリスが取りこぼす結果となりました。
確かに危うさは秘めておりましたが・・・。
G1はもちろん重賞で1倍台の馬がいる時は疑ってかかるのが定石ですね。
勇気がいりますが。
勝ったロゴタイプは馬の力というよりも田辺騎手の好騎乗があってのものですね。
本当に見事な騎乗でした。田辺騎手は常に不気味な騎手ですが、信頼するとこない、軽視するとくるという悩ましい騎手と感じている方も多いのではないかと思います。


今週のエプソムカップで異常値ともいえるデータを発見です!
過去5年間で2-3-1-1と複勝率85.7%、複勝回収値181という好データです。
過去10年間でも2-4-2-4と複勝率66.7%、複勝回収値130となっております。
確かにサンプル数は少ないかもしれませんが、非常に気になるデータですね。
今回該当している馬は1頭だけです。
その異常データと該当馬の名前については競馬ブログランキング(B)にて公開しております。
ぜひ、ご覧ください。

中央競馬ランキングへ
(現在20位前後)


スマートウィンの無料情報で大的中!
このサイトに無料登録をすると毎週土日に無料情報のレース予想を見ることができます。そしてこの予想が驚くほど当たります!
まずはこちらをご覧ください!
スマートウィン

そして実際の結果は・・・大的中!
結果


この印を信用して3連単を買ったとすれば9,510円の払戻が得られました!

繰り返しになりますが、この予想は無料で見ることができます。
もし、興味がある方がいらっしゃいましたら以下のリンクから無料登録を試してみてください。
【スマートウィンへの無料登録はコチラ】 http://swin.jp/x1928
無料なんだから損することはまずありません。しつこい勧誘もありません。
yahooなどのフリーアドレスでも登録可能です!なお、GANMAは無料会員です(笑)