夏競馬で一気に儲けたい!と言う方は必見!
このサイトに無料登録することで見ることができる無料予想が 驚くほど安定して当たります!
以下が無料配信された6月18日(土)の予想です。
印の公開だけではなく、なぜこの馬に印をつけたのかの詳細な説明もあります。
IMG_0466

そして実際の結果は・・・大的中!
印

払戻額

配信された予想を参考に◎を1着固定にして△に流す3連単だと点数はわずか20点。
その少数点で3連単16,630円の万馬券的中!レース回収率は800%超となっております。20点という少数点なので1点の金額を増やすと利益は相当なものになったでしょう。
繰り返しになりますが、この予想は無料で見ることができます。
もし、興味がある方がいらっしゃいましたら以下のリンクから無料登録を試してみてください。
【スマートウィンへの無料登録はコチラ】 http://swin.jp/x1928
このサイトにはもちろん有料の部分もありますが、有料へのしつこい勧誘はありません。
無料のところだけを美味しく活用するのが最も賢い方法でしょうね!
このサイトへの登録はyahooなどのフリーアドレスでも可能です!なお、GANMAは無料会員です(笑)


本日も当ブログをご覧頂きましてありがとうございます。
今日は1つの重賞回顧です。

<宝塚記念 回顧>

宝塚記念の私の予想はこちらです。
http://klan.jp/r20160903081101?userid=5767#prediction

本命は◎シュヴァルグランでした。結果は9着。
中団の内をピッタリと回っており、そのあたりから少し嫌な予感はしておりました。
縦の位置は良いのですが、横の位置がいかにも詰まりそうな位置。
結果的に先団につけながらバテてしまったワンアンドオンリーとアンビシャスに進路をふさがれてしまい、不完全燃焼の競馬となってしまいました。
ペースは稍重にも関わらず、速いペースで流れ、どの馬も上がり3ハロンのタイムは36秒以上かかっています。こういうタフな流れはこの馬に持ってこいの展開と思ったのですが、非常に残念でした。
直線で前が詰まるのは福永騎手のお家芸でもあり、本命にする側にとっては覚悟しなくてはなりません。その覚悟がなければ福永騎手の馬を本命にできません。
今回は残念な結果に終わってしまいましたが、この馬の力を私は信じています。
次はジャパンカップで期待したいと思います。

では追って回顧を行っていきます。

1着のマリアライト
先週の日曜日、そして金曜日に穴馬推奨をした馬です。
毎日、私のブログを見てくれた方は何らかの印をつけてくれた人もいるかもしれませんね。
この馬は今回のような馬場はベスト条件だったと思います。
2つ上の兄にクリソライトを持ち、力のいる馬場は合うでしょう。
1つ上の兄にリアファルを持ち、スタミナ面に関しては問題ないでしょう。
そして牝馬最強の血統、ディープインパクトを配合したのがこの馬です。
非根幹距離に強く、前走は56㎏を背負いながら余裕残しの仕上げで好走しております。
有馬記念では惜しい競馬もできており、今回は買い材料が多くありましたね。
おそらく次に向かうG1がエリザベス女王杯なら確勝級でしょう。
その後の有馬記念は非常に面白いと思います。ただ今回の人気で買えるのはもう最後でしょうね。残念です。

2着のドゥラメテンテ
4角を過ぎたあたりでは絶望的な位置におりました。
それが最後は2着まで食い込んできております。やはり馬力が違いますね。
ドバイ帰り、初めての関西遠征、ベストではない右回り、初の58㎏と懸念材料はいくつかありましたが、最も懸念しなければならなかったのはデムーロ騎手の不調だったかもしれませんね。
確かに今の日本最強馬はこの馬かもしれません。
ただここで取りこぼすあたり、そこまでずば抜けてはいないでしょうが。
馬券的にはこの馬を対抗評価し、3連単の2着固定を推奨できました。
「当たらなければどうということはない」という名言もありますが、そこだけは正しかったなと自分を慰めたいと思います。

3着のキタサンブラック
強いですね。本当に。
稍重の今回の馬場で1000mの通過タイムが59.1でした。
全馬の通過順位を見ると先行勢が壊滅状態です。なぜ、この馬だけが残るのでしょうか。
今回の結果の意味合いは大きいです。
潰しに行くと自分の馬が死ぬということが他の陣営にも伝わるでしょう。
もうこれからはこの馬の後ろのポジショニングをいかにキレイに取るかが重要になるでしょう。これで今まで以上に展開に恵まれる馬になります。
今後のG1すべてにおいてこの馬を軽視するのは危険でしょう。
今までこの馬を軽視してきた人もこれからは常に信じ続けた方が良いと思います。
はい。私がその1人です。

4着のラブリーデイ
この馬は何も弱くなっていないし、衰えがあるわけでもありません。
なぜなら今回、自分より先着した馬は昨年の春~秋にかけて対戦相手にはいなかったのですから。
繰り返しになりますがこの馬が弱くなったのではありません。
それにしてもレースセンスがいい馬ですよね。
中団につけて乗り手の指示にスムーズに従う操作性の高さはピカイチです。
ただ阪神2200m、しかも今回の馬場では厳しかった。
ベスト条件の天皇賞秋は馬券になるでしょう。
それ以外は掲示板が精一杯でしょう。今の私の評価はこの程度です。

5着のステファノス
この馬も最後はピタッと止まってしまいました。
やはりベスト距離は1800m~2000mといったところでしょう。
阪神2200mは少し長かったですね。しかも今回のような馬場ではなおさらです。
左回りの小回りレースがあれば面白いのですが・・・。
この馬はもう少しやれると思います。
まだまだ見限らない方がいいでしょう。今後に期待。

6着のサトノクラウン
馬場の恩恵を受けての好走でしたが、上位陣とは地力の違いでしょうね。
良馬場では厳しいでしょう。
好走するには今回ほどタフな馬場となる必要があります。
もっと雨が降り続き、開催後半の重馬場~不良馬場になると面白いでしょう。
逆に良馬場では軽視してもいいと思います。

7着のラストインパクト
川田騎手が渾身の騎乗を見せました。
臨戦態勢さえまともなら面白かったと思います。
私はこの馬はもっと強い馬だと思います。
この馬もドバイ帰りですからね。今年の秋のG1戦線では侮れない存在になると思います。

8着のサトノノブレス
G1ではこんなものでしょう。
和田騎手は重馬場よりもパンパンの良馬場の方がいいと言っておりますが、良馬場でもG1では歯が立たないと思います。
「G3で買って、G2で疑い、G1では切る。」これがこの馬との正しいお付き合いの方法でしょう。

10着のヒットザターゲット
後方からの競馬でした。今回の競馬に参加していないですよね。
前半も勝負をしていない。後半も勝負になっていない。
ただ馬を消耗させる意味のないレースでした。
これなら出ない方が良かったと思います。
「G3とG2で買って、G1では切る」これがこの馬との正しいお付き合いの方法でしょう。

11着のカレンミロティック
この馬に穴として期待された方もいるかもしれませんが、致命的に道悪馬場が下手くそですね。
この馬は持ち前の先行力を活かしてどうかという馬ですが、前半の速いペースについていくことすらできませんでした。苦手な展開になったと言えるでしょう。
あと先週までのベリー騎手の阪神成績がまた買いにくいですね。
先週までの阪神成績は0-0-0-0でした。つまり初阪神。
確かに今日、阪神1600mで穴をあけましたが、内回りではありません。
このあたりも加味すると厚い印をつけることができない馬だったと思います。
オッズ的な妙味はあったのですがね。
「前半が速くならないでスムーズに先行できるレース」というのがこの馬の好走条件かもしれません。

12着のタッチングスピーチ
このコース、この馬場で最後方待機からの大外ぶんまわしはないでしょう。
ディープインパクト産駒の牝馬が好走するレースですが、さすがに今回は敷居が高かったかもしれません。
あまり器用な競馬ができないタイプでもあり、現時点では大箱競馬場がベストでしょう。
牡馬混合というよりは牝馬限定のレースで買いたいタイプです。
加速も時間がかかるので京都競馬場が良いでしょうね。
ストライクゾーンの狭い馬だと思います。

13着のヤマカツエース
池添騎手の話では馬場がまったく合わなかったとのことです。
ただ福島記念では重馬場で好走もしております。
確かにここは少し敷居が高かったかもしれませんね。
所詮はG3レベルの馬かもしれません。格の見極めが重要ですね。

14着のワンアンドオンリー
先行勢は全滅でした。そのうちの1頭がこの馬。
もう復活は厳しいかもしれません。
まだ試していない走りは広い競馬場での最後方待機からの大外一気です。
実は皐月賞からこういった走りを試していません。
なぜ、かつての良い脚質を再現しないのでしょうか。
この馬のファンなのでそこだけが気になります。

15着のトーホウジャッカル
全滅した先行勢の1頭です。
4コーナーですでに一杯になっていました。
私の見立てではあまり重馬場は得意ではないような気がします。
パンパンの良馬場で見たい馬ですね。
それにしても判断が難しい馬です。どこで好走するのか・・・。

16着のアンビシャス
全滅した先行勢の1頭です。
距離が長かったですね。加えて58㎏も初めてでした。
横山典騎手が珍しくレース後にコメントを残しております。
「まだまだ返し馬から元気良く、子供っぽい感じでした。長い目で見てやって欲しいですね」とのことです。
この馬主の時にはいつもしっかりとしたコメントを残します。
相当、怖いのでしょうかね。近藤英子氏は。
またはこのアンビシャスに惚れ込んでいるのか。
ちゃんと言い訳しとかないと自分自身が長い目で見てもらえないですからね。
正しい判断だと思います。

17着のフェイムゲーム
この馬は先行していないのに全くダメでした。
距離が短いというのもありますが、チークピーシーズがマイナスに出た可能性があります。
調教では良くても実践ではダメだったかもしれませんね。
今の時代には珍しいステイヤータイプで出られるレースがないですね。
ハンデ戦は斤量を相当背負うでしょうし。
ジャパンカップがまだ合いそうな気がするのでそこまで買うのは我慢でしょうかね。

以上が宝塚記念の回顧でした。

上半期最後のG1を的中で締めくくることができませんでした。
週中に評価していた馬を信じきれない私の悪癖が出てしまいました。
ここ2年は荒れておりましたが、宝塚記念というのはそもそも荒れないレースです。
ちょっと手広く買い過ぎましたね。反省です。
下半期はもう少し役に立てるように頑張りたいと思います。


ラジオNIKKEI賞にて全滅データが存在!
残念ダービーともいえるこのレースにおいて過去5年間で0-0-0-21という壊滅的データが存在します。
今やspan style="color: #FF0000;">競馬予想において非常に重要なファクターである条件の馬が全く通用しておりません。
今回の出走メンバーの中で最低でも6頭に該当する可能性があります。
この条件に関しては競馬ブログランキング(B)にて公開しております。
ぜひ、ご覧ください。

中央競馬ランキングへ
(現在25位前後)


今週、見逃すと大損するレースとは!?

 ◇─────◇─────◇
    福島の開幕週には、
高確率で的中を出せる秘訣が!

    その中でも・・・

このレースは特に見逃し厳禁です!
     ▼   ▼
  7月5日(日)福島11R
   ラジオNIKKEI賞(G3)

http://www.hicchu.net/tekichu/geter/?ad_id=3313
  【無料買い目提供アリ】
 ◇─────◇─────◇

さて、
ビールが美味しい季節になってきましたね。

宝塚記念は終わったし競馬は一休み・・・
土日は昼間からビールでも飲んでゴロゴロするか~

ってまさかまさかまさか
そんな事考えて、、、ないですよね!?

それはもったいない!!
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

夏競馬は美味しいレースがゴロンゴロン
転がっているのですから!

夏競馬はクラス編成があり事で、
「実力の差が大きい組み合わせになることが多く」
「馬主や調教師の思惑も読みやすいんです!」


つまり・・・

  \\\\\ /////
  絶好の稼ぎ時(本当に…)
  ///// \\\\\

現に、プロ予想家の中には、
夏競馬だけで稼ぐ人もいるくらいですから。

そして・・・

今週のラジオNIKKEI賞(G3)

このレースは開幕週という事と、
“ある秘訣”を組み合わせると


【高確率で的中が出せるレースに化けます】


ビールとアタリメを持ちながらでもいいので、
私達の情報をチラ見してみてください。

他にも夏競馬ならではの美味しい情報
余す事なく全てお伝えします!

私達の情報で夏競馬の旨みを全部吸い出してください!
↓ ↓ ↓
http://www.hicchu.net/tekichu/gets/?ad_id=3313