追い切り激走馬としてヴィブロスとカイザーバルを評価していたサイトがあった!
秋華賞でヴィブロスとカイザーバルを買えなかった人は必見!です。
今回、GANMAがお勧めしたいのは伝説の予想家 大川慶次郎氏の関係者が運営しているサイトです。
そこの無料コンテンツである【大川流 追い切り心眼】というコーナーは必見です。
毎週、数頭の追い切りの考察が書かれているのですが、秋華賞ではきっちりそのヴィブロスとカイザーバルについての記載がありました。
IMG_0893

考察の中でカイザーバルのように中穴馬の記載があったときはチャンスです!
その馬をとりあえず抑えておくだけで回収率の向上が期待できると思います。
今週は菊花賞の追い切り激走馬の公開があります!中穴馬が記載されたら積極的に買うべきでしょう!
ご興味のある方はぜひ、以下のリンクからメールアドレスを登録してください!

名前や住所などの個人情報を入れる必要は一切ありません。メールアドレスだけで無料登録ができます。
ちなみにGANMAは無料会員で、無料で得られる情報だけを上手く活用させてもらっています!(笑)


<秋華賞 回顧>

秋華賞の私の予想はこちらです。
http://klan.jp/r20160504041101?userid=5767#prediction

本命は◎ヴィブロスでした。結果は1着。
前回のスプリンターズステークスでビッグアーサーに乗っていた騎手と同じ騎乗とは思えませんね。今回は本当に上手く乗り、この馬の力を最大限に活かしてくれたと思います。
このレースは終始、ヴィブロスの動きを見ておりましたが、印象として強く残ったのは「完全に他馬からノーマークに近い存在だった」ということですね。
馬群に揉まれることもなく、外から張られることもありませんでした。
そして、直線でも前が塞がることなく、今まで何のロスもなかったので、追えば追うほど伸びる伸びる。
今回、どの騎手もビッシュやジュエラーに意識が向きすぎたところがあったのかもしれません。福永騎手はその馬の力の80%~100%を引き出す天才だと思っています。120%を引き出すことはできません。今回は本当に上手く乗ってくれたと思います。
ちなみにデータ分析を火曜日に終えた時点から本命はヴィブロスになるだろうと思っておりました。
なぜならば福永騎手の好走傾向に該当しているからです。次の4項目をご覧ください。

・福永騎手
・重賞レース(芝)
・前走上がり3ハロンを3位以内
・今回1番人気~3番人気


2011年1月1日~先週までのデータですが、この4項目に該当した際の成績は以下のようになっております。

成績:23-22-13-33
勝率:25.3% 連対率:49.5% 複勝率:63.7%
単勝回収値:94 複勝回収値:100


ポイントは異常なまでの好走率とそれに比べて高くない回収値でしょう。
ただ軸にするには最適な数字だと思います。
ちなみに普通の新聞やネットでは「前走上がり3ハロンの順位」を調べることは難しいと思います。
私が活用している無料競馬情報ソフトKLANは馬柱にその情報を載せてくれています。
このデータって素晴らしいと思います。私はお金取るべきデータなのに運営がその価値に気づいていないのでは?とすら思っています。
ご興味のある方はぜひ、KLANに登録してみてください。本当に無料で笑えてきますよ。こんなサイトあったのかってね。
ちなみにGANMAはKLANのヘビーユーザーです。
ユーザーブログランキングで2年以上、1位を獲得しております!



では追って回顧を行っていきます。

2着のパールコード
「邪推師の隠し玉」として穴馬推奨をしておりました。
2枠の2頭は展開次第でどちらかが飛び込んでくると思っておりました。
そもそもこの秋華賞というレースは内枠に伏兵馬が潜んでいることが多い傾向にあります。京都内回りですからね。当たり前といえば当たり前かもしれません。
この馬もヴィブロス同様、理想的な競馬ができた1頭だと思います。
直線を迎えるまで誰にも邪魔をされず、ロスを最小限に抑えた競馬ができたと思います。
最後は決め手の差でヴィブロスに敗れましたが、よく頑張ったと思います。
それにしても重賞未勝利のこの馬が4番人気とは・・・みなさま、お目が高い。

3着のカイザーバル
道中では完全に折り合いを欠きました。制御不能といったところです。
ただそれだけロスのある競馬をしながらもジュエラーの追撃を防ぎ、3着を確保できたのはこの馬の力があった証拠ではないかと思います。
この馬は中枠~内枠から前に馬を置いて走らないと折り合い面の不安がモロに出ますね。
かかって位置を上げていってしまったのはペースが遅い時であり、位置を上げてからはそれなりにレースが流れ、そこから落ち着けたのは良かったと思います。
ポテンシャルの高い馬ですね。ただこの気性はもう直らないと思いますが・・・。
ちなみに私の「全頭考察(前編)」で以下のような記載があったのをご存知でしょうか?
ブログ内記事

一部、伏せられている項目は前走が阪神競馬場で5着以内というものです。
今回、これに該当しているのはこのカイザーバルとミエノサクシードだけでした。
これが気になってしまい、私はカイザーバルに何とか印をつけることができました。
こういったことも週中のブログでは書かせてもらっています。ぜひ、これからもこのブログを読んでいただけたらと思います。

4着のジュエラー
危険馬推奨をしておりました。
先行すると会見では言っていたのに、中団待機するとは卑怯だと思いました(笑)
直線の勢いを見る限りではやられたかなとすら思ってしまいました。
ただその勢いもラスト100mで薄れ、差し切れずの4着でした。
結果的には位置取りが後ろ過ぎたのが敗因でしょう。
直線で位置を確保するために力を余計に使う必要がありました。
枠に恵まれることができなかったのも残念です。中枠から外枠ぐらいならこの馬の着順はもっと上だったかなと思っています。

5着のレッドアヴァンセ
ビッシュをマークするような走りでした。
直線ではいい脚を使うことができましたが、この馬に関しても位置取りがやや後ろ過ぎました。
しかし、武豊騎手が話していたように京都競馬場は合うタイプですね。
この競馬場の時は普段より評価を上げる必要があると思います。

6着のクロコスミア
私が思っていたよりも粘りました。
馬場が渋っていればまだまだ戦える馬だと思います。
渋っていなければ今回、好走するのは難しかったですね。
勝ち馬のタイムが1分58秒6であり、この馬にはこのタイムは出ないと思います。
馬場次第で買うべきかどうかを見極めたい馬ですね。わかりやすくて好きです。

7着のパーシーズベスト
最後方からの競馬では届かないでしょう。
ルメール騎手のコメントによると京都2000mは速くて忙しかったとのことです。
最後は良い脚を使えているので、エリザベス女王杯に出ることができれば面白いとは思いますが・・・。
末脚は確実なのでそれが活きる展開になるようなレースならば積極的に買いでしょう。
内回りはちょっと嫌ですね。

8着のミエノサクシード
鞍上が川島騎手ですからね。
外枠からそのまま外を追走して脚を使い、馬券外になるというのは目に見えておりました。
この馬は今までのレースもずっとこういったレースでした。
G1であり、さらに京都2000mという舞台。この競馬では馬券になれないでしょう。
穴人気しておりましたが、軽視して良かったと思います。
川島騎手がレベルアップするか、騎手を変えない限り、この馬は出世できないと思います。

9着のデンコウアンジュ
出遅れて位置が後ろになってしまいました。
そして4角は大外を回す競馬。これでは無理です。
そもそも私はこの馬を左回り専用機と見ております。
手前を上手く変えられていないような気もするのですがいかがでしょうか。

10着のビッシュ
戸崎騎手は敗因不明と言っておりますが、確かに敗因らしい敗因がありません。
あえて言うならばレースが始まってからずっと馬群の外を追走していたことでしょうか。
これは瞬間的なロスではありませんが、ずっとこれが続くとさすがに大きなロスになると思います。
その分、直線で脚が鈍ったように見えます。
基本は大箱競馬場の馬だと思います。小回り適性はさほど高くないと見ています。
前走の紫苑ステークスの勝ち方は強かったですが、言い方を変えれば雑な競馬でした。
小回り適性を疑うには十分な根拠だったと思います。

11着のキンショーユキヒメ
大外枠ではありましたがロスのない競馬をしようと一生懸命でしたね。松若騎手はよくやったと思います。この馬の力を引き出す騎乗でした。この走りを見て川島騎手は何かを感じないといけません。
ただ直線に入ると上位勢との力の差がはっきりと見える結果になりました。
これは力負けですね。G1で戦える力はなかったということでしょう。

12着のウインファビラス
この馬にとっては最高の競馬ができたと思います。
ただG1レベルの今回は通用しませんでした。
来年の夏ぐらいに洋芝の平場を軽斤量で走っていたら買いたくなる馬です。
それぐらいの馬だと思っています。

13着のゲッカコウ
G1はおろか、重賞でも好走は難しいと思います。
力のいる馬場で内枠に入り、上がりの速さを問われない展開で買いたい馬です。

14着のフロンテアクイーン
内に1度も入れずに終わりました。
蛯名騎手は関東とロンシャンが得意であり、関西はやや落ちるというのが私の見立てです。まぁ、馬も内枠でこその馬であり、この馬に少しばかり印を回した自分を呪いたいと思います。

15着のダイワドレッサー
枠と騎手を見て軽視しておりましたが、一瞬、まずいかなと思えるような位置取りでした。
ただレースのペースが少し落ち着いたのはこの馬にとって展開が向かなかったところです。消耗戦になって、前目で粘り込む競馬がこの馬の長所です。
そういった競馬になりそうな時には積極的に買いたいですね。

16着のエンジェルフェイス
なぜ逃げなかったのでしょうか。
スプリンターズステークスもそうですが、今回もちょっと目を疑う騎乗でした。
この枠から逃げないでどうするのでしょうか。
エージェントの関係でデムーロ騎手やルメール騎手のお下がりが与えられる最高のポジションを持っているというのがこの騎手の最大の魅力ですが、それを脱却できるような活躍を祈っております。私、期待している騎手には厳しくなってしまいます。

17着のネオヴェルザンディ
18着のワンダービルエット
ここで戦える器ではありませんでした。それだけですね。

以上が秋華賞の回顧でした。

土曜の馬場傾向を見て「前残りだ!」と考えるのは悪くないプロセスだと思います。
ただそういった馬場傾向においても差し馬が好走するのがこのレースです。
難しいですよね。競馬って。
競馬専門紙の記者やランキング上位ブロガーにもそういう解答を出してしまった人もいるぐらいですから間違ってはいないプロセスなのでしょう。
私は前日の馬場傾向で確認するのはタイムぐらいです。高速馬場なのかどうか。
それが正しいのか、間違っているのかはわかりせんが、通用しているうちは自分のスタイルとしてこだわっていきたいと思います。


菊花賞(G1)でディーマジェスティは凡走します!
スプリンターズステークスでビッグアーサーが飛ぶと書いたのが先々週ですが、秋華賞でビッシュが飛ぶと書いたのが先週です。
過去10年間の菊花賞においてある条件に該当した馬は0-0-2-42という壊滅的なデータがあり、何とこれにディーマジェスティが該当するのです。
ディーマジェスティを買うには非常に危険なデータだと思います。
このディーマジェスティにとって嫌なデータは競馬ブログランキング(B)にて公開しております。
ぜひ、ご覧ください。

中央競馬ランキングへ
(現在5位前後)


【回収率の高い無料予想が多くあるサイトを発見!】

GANMAは面白そうな競馬サイトを見つけると、とりあえず無料登録を済まします。皆さんが思ってるほどこういうサイトは怖くないですからね。
もちろん、登録は普段使っているアドレスではなく、yahooなどで新規で取得した競馬サイト専用アドレスを使用。

そこで今回、オススメしたいサイトは「Site」というサイトです。
キャラクターを使ってかわいい感じのサイトになっていますが、
予想のこととなると、結構ガッチリです(笑)

他の競馬サイトと大きく違う特徴は以下の3点です!
1、週末の無料提供レースが複数ある!
2、複勝~3連単と様々な無料予想を提供してくれる!
3、各買い目やレースごとに予想担当が存在している!


そして以下が先週の無料予想の的中例の一部です!

【複勝担当】スピード指数第一優先
■10月2日 阪神1R 2歳未勝利 的中!
払戻金額:14,000円
提供点数 1点

【馬連担当】時計・適正完全データ派
■10月1日 阪神1R 2歳未勝利 的中!
払戻金額:34,500円
提供点数 3点

【3連複担当】
■10月1日 中山8R 3歳上500万下 的中!
払戻金額:11,600円
提供点数 21点 

よくある有料予想サイトと比較しても
siteの無料予想の方がクオリティーは高いですよ!

自分で予想するから競馬は楽しいんだ!という方もいるでしょう。
私もそうだと思います。しかし投資金がもちません(笑)

まずはこのサイトでガッツリ稼いでからでも遅くはないのでしょうか。

ご興味のある方はぜひ、こちらのリンクから無料登録をしてください!
「Site」
http://site-invest.net/c/sti13

変なサイトに登録して時間を無駄にするよりは、このサイトに登録した方が絶対得ですよ!


【今週の菊花賞(G1)で買ってはイケない実力馬とは!?】

★★━━━━━━━━━━━━━━★★
    第77回 菊花賞(G1)

 3000Mという特殊な距離が
      実力馬の脚を鈍らせる!

  ◎買っていい実力馬
  ×買ってはいけない実力馬


 『果たしてその違いとは!?』

菊花賞で必須の情報を完全無料で公開します。
http://www.hicchu.net/tekichu/geter/?ad_id=3479 
★★━━━━━━━━━━━━━━★★



《 第77回 菊花賞(G1) 》

3000Mの長距離が未体験の馬も多く、
実力よりも適性が勝敗を左右するこのレース。

出走馬の適性を見ていくと・・・

実力馬でも凡走する可能性大の馬
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
過小評価されている伏兵馬の存在が判明!

 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

適性のスペシャリストが見極めた、
今年の菊花賞と好走馬とは!?

そんな貴重な菊花賞の情報を、
今週は『無料で公開』しています!
 ↓  ↓  ↓  ↓  ↓
http://www.hicchu.net/tekichu/geter/?ad_id=3479


もし良かったら邪推師とつながりませんか?

ブログの更新通知はもちろん、馬券に役立つようなポイントを見つけた時は即座につぶやきたいと思います。
Twitterボタン
Twitterブログパーツ

LINE@でも読者の方とも交流を深めたいと思います!
ぜひ、お気軽に!
友だち追加