もし良かったら邪推師とつながりませんか?

ブログの更新通知はもちろん、馬券に役立つようなポイントを見つけた時は即座につぶやきたいと思います。
Twitterボタン
Twitterブログパーツ

LINE@でも読者の方とも交流を深めたいと思います!
ぜひ、お気軽に!
友だち追加

さて今週は古馬マイルG1のマイルチャンピオンシップです!
G1といえばこれ!GANMAの邪推シリーズです!
初めての方もいらっしゃるかもしれませんので一応、説明しておきます!
この記事は各関係者への取材を基に書いている記事…ではありません。
だって私は普通のサラリーマン。そのような人脈はありません。
ゆえに「邪推」なのです。「もしかしたらこうなんじゃないのかな~」といったようなイメージで書いております。しかし、このコーナーは読者様からの反響が最も大きいコーナーなので張り切って書いてしまいます。

ちなみに過去の邪推はこちらです。
http://blog.livedoor.jp/ganma1123/archives/cat_1258169.html

先週のエリザベス女王杯の邪推では「1番人気のマリアライトがどれだけ危ない馬なのか」について記載しましたが、見事にマリアライトは6着となりました。
最近は読者の方から「邪推楽しみにしています!」というLINEやメールが増えてきて嬉しい限りです!(これ、めっちゃ大変なんですけどね笑)

では早速、邪推をしていこうと思いますが、その前に以下の邪推シートをご覧ください。
マイルCS 邪推

これが私の邪推の基礎になるデータです。ただの出馬表ではありません。
シンプルなようで実は深いのです!

色を塗っているところが私の邪推のもとになるところです。
では邪推に入ります。

【最高峰の舞台であるG1においてマイル重賞未勝利という実績で大丈夫なのか!?】
今年の上位人気馬には少し気になるデータがあります。
想定オッズで5番人気以内に推されている5頭のうち以下の3頭がマイル重賞で未勝利となっているのです。

<1番人気> サトノアラジン
<2番人気> イスラボニータ
<5番人気> ネオリアリズム


マイルG1といえば当然ながらマイルを主戦場としている馬たちのフィールドであり、最高峰の舞台と言えます。それにも関わらずマイルG1とは言わなくてもG2~G3ですら勝利もしていない馬が好走できるのか・・・そう不安にならないでしょうか?

そこで調べてみたのです。以下の表をご覧ください!
マイル実績

この表は過去5年間のマイルCSにおいて馬券になった馬のマイル重賞実績を調べたものです。
その結果、15頭中7頭というほぼ半数の馬がマイル重賞を未勝利にも関わらず馬券になっておりました。
勝ち馬もサダムパテック、トーセンラーと2頭おり、どうやらマイル実績はあまりいらないようです・・・と最初は思いました。
しかし、調べてみたところ、さすがにマイルでの勝利実績はなくても、2着の実績は必要のようです。
馬券になった馬はどの馬も2着に入った経験がある馬でした。
そして注目すべきはその7頭中フィエロ以外は全頭1600mから±200mの重賞での勝利経験のある馬でした。

そこで今回、出走を予定している馬はどうでしょうか。
邪推シートの1番右の項目にマイル実績を記載しております。

今回の出走馬の中でマイル重賞が未勝利であり、2着までの経験がない馬は以下の5頭となっております。

・ディサイファ ※1800mの重賞 1着経験あり
・スノードラゴン
・サトノルパン
・ダコール
・ネオリアリズム


この5頭の中でディサイファのみ1800mの重賞(エプソムC)において勝利経験があります。
それ以外の4頭にはそういった傾向はなく、特に5番人気と上位に推されているネオリアリズムは厳しい結果が待ち受けているかもしれません。


【神様!仏様!ムーア様!ムーアが乗ったら過剰人気に・・・】
さてそもそもなぜネオリアリズムは人気になっているのでしょうか。
考察にも書きましたが、札幌記念でモーリスとレインボーラインを倒しているから・・・という理由もあると思いますが、それよりもやはりムーア騎手が騎乗するということが大きいのではないかと思います。

「ムーアが乗ると、どんな馬でも何とかしてきそうで怖い」

これが我々、馬券購入者の共通の認識ではないでしょうか。
実際、今年はデムーロ騎手、ルメール騎手の通年免許取得により、外人騎手の能力の高さをはっきりと見せつけられた1年だったのではないでしょうか。まだ1年、終わっていませんけど。
元々、日本人騎手より圧倒的に外人騎手の方が腕は良いと考えてきた私としては今年の活躍により、外人騎手を買う妙味がなくなってしまい「外人騎手を買う喜びを知りやがって!」と憤りを感じているところです。
しかし、今は逆に外人騎手だから人気になる傾向を逆手に取ってやろうと考え始めています。

「さてムーアは今回、好走できるのか!」

同い年だから親しみを込めて呼び捨てにさせてもらいますが、私はさすがにムーアと言えども今回は厳しいのではと思っております。

まずこちらの表をご覧ください。
ムーア場所

これはムーア騎手の芝重賞の成績を競馬場別に記載したものです。
いかがでしょうか!
この京都競馬場の成績の良さ!
重賞を3勝もしており、単勝回収値も153と大きくプラスになっております。
ただこの成績を紐解いてみると・・・このようになっております。
ムーア京都

わかりづらいと思いますので、マイルCSだけに絞ったものがこちらです。
ムーアマイルCS

つまりムーア騎手の好成績はエリザベス女王杯で底上げをされたものだったのです。
というかスノーフェアリーですね。
スノーフェアリーをご存知ない方はYou tubeでも何でもいいので、エリザベス女王杯のレースをご覧ください。
もう異次元の強さですよ。馬ではなくガソリンで走っている最新鋭の戦車みたいな馬でした。

そうは言っても「過去のマイルCSでムーアは人気馬に乗っておらず、強い馬に乗ったら勝てるのでは?」と思われる読者の方もいると思います。
はい。私もそうだと思います。マイルCSでも強い馬に乗ったら圧勝すると思います。
モーリスのような馬なら間違いないでしょう。
ただ人気と実力はリンクしません。人気は我々、馬券購入者が作り出すものです。
ネオリアリズムが強いのかどうか。そこがムーア騎手でも好走させることができるかどうかがポイントでしょう。


【マイルCSは高速決着!?脚の速い馬が好走する!】
京都競馬場は他の競馬場と比べても非常に時計が速いのが特徴です。
過去のマイルCSも同様の傾向が出ております。以下の表は過去5年間における1着~3着の馬のタイムを示しております。
高速

先週の結果を見ても1000万下条件の三年坂特別においてマサハヤドリームが1.33.5という時計で勝利しており、G1クラスになると勝ち馬は1.32秒台の決着になることが想定できるのではないでしょうか。
特に今回は大外枠にミッキーアイルが入りました。
この馬は前傾ラップでガンガン逃げて、後方勢の脚を溜まらなくさせるタイプの逃げ馬であり、ここのところスプリント戦に使われていることから、速いペースで逃げることが想定されます。というか抑えたくても抑えられないでしょうね。
ヤングマンパワー、イスラボニータも内の良いポジションを取りたいと思うのである程度は出していくかもしれません。ウインプリメーラの動向も気になりますね。

そうなると注目すべきはそれぞれの馬の脚の速さではないでしょうか。
脚の速さ

こちらの表は京都1600mにおいて5着以内に入った時のタイムを速い順に記載したものです。
もちろん、この上位の馬がそのまま馬券になるとはいいません。
その時のペース、展開、馬場状況で時計は大きく変わるからです。
私が言いたいのは今回と似た「ペース」「馬場状況」「想定するタイム」で好走できる馬を探すことが重要だということです。
実はこの訓練を今年は結構しておりました。最初はこれを見てもピンとこないかもしれませんが慣れるとここから穴馬が見えることがあります。

見える!私には見えるぞ!(シャア・アズ○ブル風)

あと話を戻しますが、ムーア騎手騎乗のネオリアリズムは果たして脚の速い馬と言えるでしょうか。
マイル経験がなく、好走したレースの時計は決して速くないような気がしております。
そもそもネオユニヴァースですからね。少し時計がかかるような馬場でこその馬な感じがしておりますが、どうでしょう。

あとは土曜の雨もちょっと気になるところです。あまりにも馬場が荒れるようだと時計が出なくなりますからね。そうなると状況が好転する馬がいると思います。それはその時に考えます。
私は多少の雨が降っても今週の京都は時計が速いと想定しております!(根拠は特になし)

では邪推の最後に穴馬推奨です。
マイルCSの展開が想定通り、ハイペースからの高速決着となった際、好走が期待できると思える馬を紹介したいと思います。土曜の夜までの限定公開です!
その馬の名前を競馬ブログランキング(邪)で公開しております。
ぜひ、ご参考にして頂けたらと思います。

中央競馬 ブログランキングへ
(現在2位)

以上がマイルCSにおける私の邪推です。
お楽しみいただけたでしょうか。
スプリンターズステークスは回収率408%!秋華賞は回収率389%!天皇賞秋は回収率221%!
そして先週のエリザベス女王杯は289%と絶好調!
マイルCSも当てますよ!

この記事が面白かった!役に立ったと思えた方はぜひ、クリックをお願いします!

中央競馬ランキングへ


【もう今年はマイナス確定!そう諦めるのはまだ早い!】

GANMAは面白そうな競馬サイトを見つけると、とりあえず無料登録を済まします。皆さんが思ってるほどこういうサイトは怖くないですからね。
もちろん、登録は普段使っているアドレスではなく、yahooなどで新規で取得した競馬サイト専用アドレスを使用。

そこで今回、オススメしたいサイトは「Site」というサイトです。
キャラクターを使ってかわいい感じのサイトになっていますが、
予想のこととなると、結構ガッチリです(笑)
このサイトは重賞だけではなく毎週末多くのレースを無料で提供してくれます!

【他の競馬サイトと大きく違う特徴】
1、週末の無料提供レースが5レース以上ある。
2、各買い目やレースごとに予想担当が存在し、複勝~3連単まで無料で提供してくれる。


以下が先週の無料予想の一部です。

【複勝担当】スピード指数第一優先
■11月12日東京2R 2歳未勝利 的中!
払戻金額:27,000円
提供点数 1点

【3連複担当】三連複の極
■11月12日福島3R 2歳未勝利 的中!
払戻金額:39,100円
提供点数 12点

【馬連担当】時計・適正完全データ派
■11月12日京都2R 2歳未勝利 的中!
払戻金額:32,500円
提供点数 5点

■11月12日東京3R 2歳未勝利 的中!
払戻金額:60,000円
提供点数 5点

■11月13日福島6R 3歳上500万円以下 的中!
払戻金額:157,500円
提供点数 6点

そして極めつけは・・・
【3連単担当】ダート専門の予想家
10月15日 京都1R 2歳未勝利 
払戻金額:5,685,500円
提供点数 15点

この実績に勝る無料予想的中はなかなか出てこないですね!

よくある有料予想サイトと比較しても
siteの無料予想の方がクオリティーは高いですよ!

siteの実力をぜひ無料で試してみて下さい。
http://umakuru.com/pad/?0977

自分で予想するから競馬は楽しいんだ!という方もいるでしょう。
私もそうだと思います。しかし投資金がもちません(笑)

まずはこのサイトでガッツリ稼いでからでも遅くはないのでしょうか。

そして今週は、通常の無料予想の提供の他に、
11月20日(日) [京都11R] マイルチャンピオンシップ(GI)の買い目も無料公開予定です!
まずはノーリスクの無料予想からお試し下さい。
↓↓
http://umakuru.com/pad/?0978