【有馬記念で飛ぶ上位人気馬がいる・・・どの馬かわかりますか!?】

■━━━━━━━━◆━━━━━━━━■
   2016年総決算
     第61回 有馬記念(G1)
■━━━━━━━━◆━━━━━━━━■


昨年も1着8番人気をドンピシャで的中!

信頼度抜群の予想家が導く、2016年のグランプリホースとは!?
そして今年は2頭のスターホースが凡走の可能性大!?

 ↓有馬記念(G1)はコレで獲れる↓
http://www.hicchu.net/tekichu/geter/?ad_id=3479

 ※今年も実力馬が惨敗する可能性大※

まず、今年も有馬記念(G1)は波乱になるでしょう。
それはどういうことかというと『実力馬が飛ぶという事』です

有馬記念(G1)で人気になりそうな馬といえば、
「キタサンブラック」「サトノダイヤモンド」「ゴールドアクター」
この3頭。ですがこの内、
2頭は惨敗する可能性が非常に高いのです。

あなたはどの馬かわかりますか?
もし、わからなければ有馬記念(G1)を獲るために必須のこの情報を今すぐごらんください!

↓こちらで無料公開しています↓
http://www.hicchu.net/tekichu/geter/?ad_id=3479


  ◆毎週、大穴をブチ当てる◆
    奇跡のおっさん!?


有馬記念(G1)ももちろん注目すべきですが、今、業界から大注目を浴びているのが、

  ~~~~~~~~~~~
  大穴職人、馬券師大五郎
  ~~~~~~~~~~~


この馬券師大五郎の大穴予想のおかげで、
毎週、特大馬券を獲得している人が後を断ちません。
大五郎の魅力はなんといっても、
人気薄のハチャメチャな穴馬を高確率で当てるところ。

例えば・・・

12月10日(土)
阪神8R 3歳以上1000万下


このレースの決着は、
1着(9番人気)→2着(13番人気)
馬単で26万9,340円の配当がつきました。

これを何点で当てたと思いますか?
20点?10点?4点?
いえいえ、、、『わずか2点です』

穴馬予想とは思えないこの精度。
しかも、無料で穴馬予想を公開してるって言うんですから。夢を追う競馬ファンにとって、参考にしない理由はないでしょう!

何かと物入りな年末・・・
「高配当を勝ち獲り、気持ち良い競馬納めをしてください!」

 ↓ 大穴予想はこちらから ↓
http://www.hicchu.net/tekichu/free/?ad_id=3479


<朝日杯フューチュリティステークス 回顧>

朝日杯フューチュリティステークスの私の予想はこちらです。
http://klan.jp/r20160905061101?userid=5767#prediction

本命は◎タガノアシュラでした。結果は14着。
ペースは多少、速くなっても自分の走りさえできれば強い馬と思って本命にしました。
自分の走りとは逃げることです。
結果はスタートからいきなり控えてしまい、惨敗。
良いところが何もない競馬でした。
なぜ控えたのか気になるところですが、出負けをしてしまっており、あのスタートでは逃げることはできなかったかもしれません。
陣営も内枠をあまりよく思っておりませんでしたがそういうことだったのでしょう。
先行争いが激しくなるG1ではすんなり逃げることもできませんでした。
能力はある馬なので今後も期待できるとは思いますが、ストライクゾーンの狭い馬ということでしょう。

では追って回顧を行っていきます。

1着のサトノアレス
データ分析の際に本命としており、考察(前編)では穴馬ピックアップ法に該当する馬として紹介しておりました。
しかし、私のよくある悪癖により無印としていまい、痛い目を見てしまいました。何度目でしょうか。この悪癖。
どの騎手もあまり想定していなかった可能性のあるスローペースにより、ほとんどの馬がかかっていました。
そういった状況の中、後ろで折り合いに専念した馬が好走したレースであり、その中で最も良い末脚を繰り出すことができたのがこの馬だったということです。
さすがはディープインパクト産駒。阪神マイルの申し子ですね。
四位騎手らしい大外ぶん回しの競馬も今回ばかりは上手くハマりました。
私、個人の感想としてはこの馬が今後のクラシック戦線において中心となっていく気がしません。朝日杯だけを勝った馬となるような気もしております。今後の成長がどうなるかによりますが。

2着のモンドキャンノ
阪神マイルの距離をこなせるか心配でしたが、今回のようなスローからの瞬発力勝負なら問題なかったということでしょう。
折り合いは確かに欠いておりましたが、前目につけて馬群に揉まれながら折り合いを欠いた馬よりはマシだったということでしょう。
最後の末脚は見事でした。あれだけキレる末脚を見せられると改めて1400mまでの馬だなと思えてしまいます。NHKマイルカップに出るべきだと思うのですがどうでしょうか。

3着のボンセルヴィーソ
デイリー杯2歳ステークスと同じ競馬ができました。
スローで逃げることができれば能力はある馬です。
他馬を怖がる部分があり、逃げることしかできない馬です。
トラストが少し絡んできましたが許容範囲だったということでしょう。
正直、この馬を本命にしようか悩んだのですが、タガノアシュラが逃げることを想定すると本命にできませんでした。無念。

4着のミスエルテ
危険馬推奨をしておりました。
土曜の馬場傾向を見る限り、上がり3ハロンで33秒台は出ないような馬場でした。
素軽いタイプよりは重厚なタイプの方が好走する馬場であり、牝馬のこの馬の出番はないのではと思い危険馬推奨であるコレジャナイ感馬として指名しました。
川田騎手のことなのでハープスター乗りをしてくると思ったのですが、中団につける競馬をしてきました。今回ばかりは後方待機の方がハマったかもしれませんね。
ただこういう部分に川田騎手の成長を感じます。
桜花賞に関してですが、馬場が軽ければミスエルテ、馬場が重めだったらソウルスターリングで良いのではないかと思います。
気になる点は馬体重が減り続けていることです。チューリップ賞を使うと思いますが、馬体重が増えていなければ少し嫌な感じがしますね。

5着のトラスト
この馬の競馬は出来ていたと思いますが、スローからのキレ勝負になるとやや分が悪いですね。ペースが速く流れるようなレースの方が良いのでしょう。
結構、面白いとは思っていたのですが残念ですね。

6着のトリリオネア
土曜日に70万円ほど複勝に大口投票があった馬です。
4角で10番手以降の馬に有利なレースだったというのがこの馬の走りでわかると思います。
レース展開がまともならここまで好走できるようなタイプではありません。
今後の成長がどこまで見込めるかというところでしょう。さてどうでしょうか。

7着のクリアザトラック
積極的に前に付けるデムーロ騎手ならではの競馬でした。
ただ折り合いを欠いてしまったところがあり、キャリアの浅さが悪い方に出てしまいました。
血統的な背景では3歳の春ぐらいに力を発揮する傾向にある馬だと思いますので、今回はまだまだ成長途上であると見ています。今後に期待ですね。
あとは小回りの方があうタイプだと思います。弥生賞に出走してくれれば全力買いしたいですね。

8着のレッドアンシェル
道中は非常にテンションが高く、力が入りすぎている走りでした。これでは好走は難しいでしょう。多少、前が詰まってしまっているところもありましたが、あまり着順には大きく関係しないでしょう。
この馬もこれからの成長が楽しみなタイプです。この経験を糧にして欲しいと思います。
マイルは少し長いのかもしれませんね。

9着のアメリカズカップ
出遅れましたが、持ち直して先団へ。
あまり良いレースではないですね。松若騎手。
出してしまった分、かかってしまいましたし、外枠だったこともあり、常に外を回る不利な展開となってしまいました。
直線は良い感じで迎えましたが、すでに脚が上がっていました。
ちょっとチグハグな競馬でしたね。

10着のビーカーリー
直線までは良い競馬ができていましたが、そこからは完全に力負けでした。
G1の舞台で好走できるほどの馬ではなかったということでしょう。

11着のダイイチターミナル
スタミナ面の不安があったのか下げる競馬を選択してきました。
能力的に劣る馬は前につけてなんぼと思っていたのですが。
着狙いの走りに徹したが、着すら拾えなかったという感じですね。

12着のアシャカリアン
後方からの競馬でしたが、全く通用しませんでした。
地力が低いですね。

13着のダンビュライト
この敗戦は意外でした。
ルメール騎手によると展開が向かなかったということでした。
良い脚を長く使うタイプの馬なので、直線での瞬発力勝負になると分が悪いですね。
最後は流してしまったのでこの順位。
この馬に関しては左回りかつ馬場が渋った時に走るというわかりやすい特徴しかまだつかめていません。

15着のトーホウドミンゴ
能力的に厳しかったですね。まだこのクラスで戦えるだけの力がありません。

16着のリンクスゼロ
内を突く勝負の競馬に出ましたが、馬自体が全く足りていませんでした。

17着のレヴァンテライオン
ボンセルヴィーソが好走したならこの馬も好走しなければならない位置取りでしたが、この馬もどちらかというと瞬発力勝負は苦手なタイプでしょう。
もう北海道以外では買う必要のない馬だと思っています。

18着のブルベアバブーン
ここで好走できる馬ではなかったということでしょう。
ダートで適性を活かして今後は頑張って欲しいと思います。

以上が朝日杯フューチュリティステークスの回顧でした。

3番人気以内の馬が全て馬券外になるという珍しいレースでした。
里見オーナーは全くG1が勝てませんでしたが、今年、2勝です。
これからサトノの時代がくるのかもしれませんね。
有馬記念はサトノダイヤモンドが出走します。果たしてどうでしょうか。
そしてこのレースは来年のクラシックに直結するのか。そこも楽しみですね。
個人的な見解ではクラシック級で通用するのはミスエルテ、クリアザトラック、ギリギリでサトノアレスという感じですね。


有馬記念(G1)でキタサンブラックは凡走します!
完全にデスブログと化している私のこのコーナー!
G1において8週連続で上位人気馬の凡走を予想しておりましたが・・・ソウルスターリング、モンドキャンノと連続好走。
しかし!最後の有馬記念こそやってやろうと思います!
以下が過去に凡走すると予想した人気馬の結果です!
・スプリンターズステークスでビッグアーサー
・秋華賞でビッシュ
・菊花賞でディーマジェスティ
・天皇賞秋でエイシンヒカリ
・エリザベス女王杯でマリアライト
・マイルCSでサトノアラジン
・ジャパンカップでゴールドアクター
・チャンピオンズカップでコパノリッキー
今回、有馬記念に出走を予定しているキタサンブラック過去5年間で0-0-1-8という連対絶望データに該当しています。
キタサンブラックを信じて買うには非常に危険なデータだと思います。
ちなみにこのデータは過去にブエナビスタ、ジャスタウェイ、エピファネイア、ラブリーデイ、トーセンジョーダンといった名馬にも該当していたデータです。
この気になる嫌なデータについては競馬ブログランキング(B)にて公開しております。
ぜひ、ご覧ください。

中央競馬ランキングへ
(現在3位)
※競馬ブログランキングの見方がわからない方はこちらをご覧ください!
http://blog.livedoor.jp/ganma1123/archives/50063069.html



【3連単の的中ラッシュで今年のマイナスを一気に消しませんか?】
11月実績100万オーバー4週連続毎週的中達成!12月も継続的中!
今年の競馬の収支は大丈夫ですか?プラスへの最後のチャンス!
なんて事を言う予想サイトがあったので、先月から実戦しています!
そのサイトは7月から的中率がすごい勢いで右肩上がりになったと噂になり評価が上がってきているスマートウィンというサイトです。
無料予想ではとことん的中率を追い求めています。

ここでスマートウィンの3連単予想、先週の高配当ベスト3を紹介します。
※レース開催日の的中速報メルマガの内容をまとめました※

■ 先週のベスト3 ■
--------------------
3位
2016年12月10日(土)
中京9R 3歳上500万下 3連単8-11-13
924,500円獲得!
--------------------
2位
2016年12月11日(日)
阪神8R 3歳上500万下 3連単7-16-14
1,058,900円獲得!
--------------------
1位
2016年12月10日(土)
中京10R 長良川特別 3連単11-15-9
1,462,100円獲得!
--------------------
※1点1,000円購入の際の獲得金額となります。

先週も100万オーバーが2本でました!
そして90万オーバーが1本!30万オーバーが2本!
という結果でした!

まだまだこのサイトは乗りに乗っていますよ!

【絶好調のスマートウィンはコチラから!】
 ↓↓
http://swin.jp/x2500


もし良かったら邪推師とつながりませんか?

ブログの更新通知はもちろん、馬券に役立つようなポイントを見つけた時は即座につぶやきたいと思います。
Twitterボタン
Twitterブログパーツ

LINE@でも読者の方とも交流を深めたいと思います!
ぜひ、お気軽に!
友だち追加