「フェブラリーステークスでベストウォーリアを買えなかった・・・」という方は必見!!!
フェブラリーステークスで5番人気ながら2着となったベストウォーリアに厚い印をつけることはできましたでしょうか?
この馬は休み明けの成績は良いのですが叩き2走目による状態面が気になるポイントでした。
そこで今回、GANMAがお勧めしたいのは伝説の予想家 大川慶次郎氏の血縁者が運営しているサイトです。
ここの無料コンテンツである【大川流 追い切り心眼】というコーナーはまさに必見
毎週、数頭の追い切りの考察が書かれているのですが、フェブラリーステークスではきっちりベストウォーリア(5番人気2着)についての記載がありました。

IMG_1030

ご覧のように調教の動きからも今回は買い時だったということでしょう。
このサイトを参考にするだけで回収率の向上が期待できると思います。
今週末もその追い切り激走馬の無料公開があります!ぜひ、参考にしてみてください!!
ご興味のある方はぜひ、以下のバナーからサイトに入ってメールアドレスを登録してください!

名前や住所などの個人情報を入れる必要は一切ありません。メールアドレスを登録するだけで無料で利用できます。
ちなみにGANMAは無料会員で、無料で得られる情報だけを上手く活用させてもらっています!(笑)


<フェブラリーステークス 回顧>

フェブラリーステークスの私の予想はこちらです。
http://klan.jp/r20170501081101?userid=5767#prediction

本命は◎ゴールドドリームでした。結果は1着。
出遅れさえなければ馬券内は堅いと思って本命にしましたが少し出負けしました。
これには焦りましたよ。
ただそこからのリカバリーが上手く、序盤は中団で脚を溜め、4角の時点では外を回って進路を確保して、直線は伸びるだけという競馬でした。
抜け出した時に物見をする悪癖があるようですが、デムーロ騎手が上手く導いてくれたと思います。
やはりデムーロ騎手はG1でこその騎手ですね。勝負強さがあります。
現在、サトノダイヤモンドを中心に4歳世代が最強と言われておりますが、これでダートの世界も4歳馬が制しました。この世代、非常に楽しみです。

では追って回顧を行っていきます。

2着のベストウォーリア
古豪が頑張ってくれました。
本当にこの馬は安定感がありますね。3着以内に入る確率は非常に高いと思っていました。
前走の根岸ステークスは斤量差が2㎏あり、カフジテイクに屈しました。
しかし、今回の東京ダート1600mはダート1400mよりも追込が決まりにくいコースであり、さらに斤量が同じになります。これは逆転の可能性がありますよね。
ゴールドドリームには敗れましたが、この馬の強さを再確認できたレースだったと思います。

3着のカフジテイク
津村騎手は責任を感じているようですが、これは想定された結果だと思います。
馬券内に入ることはあるが、取りこぼす可能性が高いというのが私の想定でした。
この馬は1番人気ということもあり、後方から外を回す競馬しかできません。
「もう少し前につけていれば・・・」と話しておりますが、それをすると4着以下もあったと思います。
津村騎手は何も悪くありません。今まで末脚で勝負してきた馬が今回も末脚で勝負しただけです。ナイスライディングですよ。

4着のエイシンバッケン
この馬の猛追には肝を冷やしました。
ただ上述したように東京ダート1600mは1400mほど追込が決まりません。
前走より着順が良くなることはないと見ていました。
ただ思ったより上位に来たなというのが正直な感想です(笑)

5着のニシケンモノノフ
最も私が驚いたのがこの馬の好走です。
スムーズに先行して、直線では最高のタイミングで抜け出してきました。
横山典騎手の見事な騎乗ですね。
ただ最後は脚が止まっています。距離が200m長かったということでしょう。
これだけの競馬ができているのに5着というのは仕方ないですね。

6着のケイティブレイブ
外枠からの先行馬は好走率が高いですが、十分な結果と言えるのではないでしょうか。
この馬もまだ4歳です。今後に期待したいですね。
この経験は活きると思います。今後の重賞戦線を背負う1頭になると思います。

7着のノンコノユメ
中団からの競馬になりました。去勢したことによりこういった位置から競馬ができるようになったのは良いですが、肝心の末脚が衰えてしまいました。
この馬は若くから活躍していますからね。ここらで衰えが出てきても不思議ではありません。G1ではもう買いにくい馬になっていますね。残念。

8着のサウンドトゥルー
やはり芝スタートは嫌がっている感じがありましたね。
最後方からの競馬になることは想定しておりました。
マイルも短いでしょうね。この馬には。思いっきり無印に出来て良かったと思います。
邪推記事に張った動画を見れば、この馬が芝スタートで絶対に買ってはいけない馬というのがわかると思います。
7番人気というのを見ると勝負したくなるのはわかりますが、それは狙い過ぎだと思います。

9着のホワイトフーガ
牝馬なりに頑張っていると思います。
地方の牝馬限定レースでクイーンになれるように頑張って欲しいと思います。
今回の舞台への挑戦には称賛を送りたいと思います。

10着のブライトライン
もうG1で好走するには力が足りないと思います。

11着のキングズガード
根岸ステークスよりも位置取りが前でした。
その位置取りを根岸ステークスでやれよと思いました。
チグハグな競馬ですね。本当に。
G1では普通に力不足の馬でした。買えないですね。

12着のモーニン
危険馬推奨をしておりました。
揉まれ弱いところが悪い方向に出たということですが、ムーア騎手は悪くないと思います。
考察で書きましたが、ヘニーヒューズ産駒は燃え尽き症候群を発症するタイプの馬が多いです。1度負けたら疑った方がいいと思います。負け続けますから。
この馬、もう復活はないと見ています。

13着のインカンテーション
かつてのファンだった馬がこの舞台に帰ってきてくれたのは嬉しいです。
しかもハナを切るという想定外の競馬でした。
この馬がハナを切らなければ結果は変わっていたかもしれませんね。

14着のコパノリッキー
スタートも切れましたし、特に何かの馬に妨害されるというようなことはありませんでした。力負けでしょうか。そうなると復活は厳しいかもしれませんね。

15着のアスカノロマン
ちょっと期待していたのですが、残念でした。
直線で他馬が密集して来たのでやる気を失ったように見えました。
この馬はチャンピオンズカップでも買いたいですね。穴を開けるタイプの馬だと思います。雨が降って欲しいですね。

16着のデニムアンドルビー
まぁ、さすがに無理だったということです。
初ダートがG1でいきなり好走・・・そんな馬、ほぼいませんよ。

以上がフェブラリーステークスの回顧でした。

勝ったゴールドドリームは確かに強かったですが、東京競馬場以外はどうなのでしょうか。
そこは気にするポイントだと思います。
さて今年、最初のG1を当てることができて嬉しく思います。
多くの読者の方からコメントやLINEをいただきました。
当たらない時は優しく接してくれ、そして当たった時は称賛してくれる。
本当に感謝です。的中ラッシュでそのご恩に応えたいと思います。頑張ります!


中山記念で上位人気確実のアンビシャスに嫌なデータが!?
今週は古馬の王道G2 中山記念があります!有力馬が続々と出走しますね。
今回、上位人気確実のアンビシャスに該当する嫌なデータを見つけました。
そのデータに該当した馬は0-0-1-15で複勝率6.3%、単勝回収値0、複勝回収値12と厳しい結果となっております。
このデータを知っているのと知っていないのでは大きく予想が変わるのではないでしょうか。
このデータに関しては競馬ブログランキング(B)にて公開しております。ぜひ、ご覧ください。

中央競馬ランキングへ
(現在3位)
※競馬ブログランキングの見方がわからない方はこちらをご覧ください!
http://blog.livedoor.jp/ganma1123/archives/50063069.html



http://site-invest.net/

【当たる無料予想は「site」がオススメ!今週こそSiteで競馬に勝ちましょう!】

重賞だけではなく毎週末多くのレースを無料で提供してくれ、幅広い的中実績を積み重ねてきている。
レース考察などのメールも為になると多くのユーザーから支持を受けている競馬サイト!

それが「Site」というサイトです!

先週の無料予想コーナーでは重賞もしっかりと的中!

【3連単担当】重賞請負人
■02月11日東京11R デイリー杯クイーンカップ 的中!
提供点数 36点 獲得:68,200円

■02月11日京都11R 洛陽ステークス 的中!
提供点数 12点 獲得:127,600円

【siteの実力を「無料で」試してみて下さい!】
http://site-invest.net/c/sti21


もし良かったら邪推師とつながりませんか?

ブログの更新通知はもちろん、馬券に役立つようなポイントを見つけた時は即座につぶやきたいと思います。
Twitterボタン
Twitterブログパーツ

LINE@でも読者の方とも交流を深めたいと思います!
ぜひ、お気軽に!
友だち追加