【G1に特に強い!これから続くG1戦線で勝利の祝杯をあげませんか?次週のNHKマイルカップも無料で当てます!】

自信のある時しか予想を出しません!出た時は的中を確信!

高松宮記念(G1)で716,400円の獲得!
大阪杯(G1)で280,000円の獲得!

無料でここまで的中していいのか!?
siteの無料予想コーナー「重賞請負人」の予想が熱い。

【三連単担当】重賞請負人

■04月02日阪神11R 大阪杯(G1) 的中!
提供点数 1点 獲得:280,000円

■03月26日中京11R 高松宮記念(G1) 的中!
提供点数 6点 獲得:716,400円

本当に無料で提供中!NHKマイルカップも爆勝ちしましょう!
http://umakuru.com/pad/?1024
※メールアドレスを登録するだけでOKです。
※住所、氏名、電話番号を聞かれることはありません



<天皇賞春 回顧>

天皇賞春の私の予想はこちらです。
http://klan.jp/r20170803041101?userid=5767#prediction

本命は◎キタサンブラックでした。結果は1着
私は考察でこの馬はすでにディープインパクト、オルフェーヴル級と書きました。
このことに関して「はぁ?」って思った方も今回のレースでその意味がわかってくれたかもしれませんね。
もしかするとこの2頭を超えた存在かもしれない、そう思わせてくれる馬です。
今回は展開に恵まれたところもありました。
逃げ馬が大逃げしてくれたことで、この馬は普通に逃げていると同じ感覚でレースを進めることができました。私の体内時計では1000mの通過タイムは1分ちょうどぐらいでしょうかね。確かにペースは速いのですが、この日の京都競馬場はとにかく前が止まらない傾向があり、天皇賞春で4着以内に入った馬は全て前につけた馬でしたね。
この馬の最大の長所は考察で書いた通りです。何度も書きません。見てください!笑
http://blog.livedoor.jp/ganma1123/archives/51157945.html
一言で述べると「常に自分の強い展開に持ち込める力がある」でしょうか。
凱旋門賞に出走するとのことですが、非常に楽しみですね。
日本文化のトップにいる方の馬に武豊騎手が騎乗して、母父サクラバクシンオーという日本臭い血統で凱旋門賞を制す。これは夢ですね。
それにしても父ブラックタイド×母父サクラバクシンオーって…前にも書きましたが完全に亜種ですよね。もしかしたらブラック×バクシンオーというニックスがあったりして。
調べてみましたが、全部で6頭いますね。
調べてわかりましたが、やはりキタサンブラックは完全に亜種でした。
2匹目のどじょうはいません。

では追って回顧を行っていきます。

2着のシュヴァルグラン
福永騎手は事前に立てたレースプラン通りの競馬ができたのではないでしょうか。
サトノダイヤモンドを倒したことに意義がありますね。
やはり京都外回りの長距離レースにおいては抜群の安定感を示しました。
操作性もハーツクライ産駒の中ではいい方ですし、そもそも福永騎手はハーツクライ産駒に乗せるといい仕事をしますね。
今回は完璧に仕上げてのものであり、宝塚記念は距離も短く、適性としても怪しいので買いづらいなとは思っています。
この馬をもう一度、G1で買うとすればジャパンカップになるでしょうかね。

3着のサトノダイヤモンド
危険馬推奨をしておりましたが、惜しくも4着。
この馬が馬券外に飛んでくれたら目立てたのに!涙
サトノダイヤモンドを「消し」にしたブログはあまりないと思います。
今回ばかりはこのダイヤモンドは砕けると本気(でもちょっと弱気)で思っていました。
結果は少しだけヒビが入っただけであり、砕けたのは目立ちたいという私の甘い思惑だけでした。
今回、ルメール騎手は本当に上手く乗りました。
8枠というロスを最小限に抑える騎乗でした。
枠が内だったら2着はあったとのことですが、その可能性はあります。
3200mという舞台ではキタサンブラックに有利であっただけで、2400mならどうなるかわかりません。
この馬も凱旋門賞に行くと思いますが、心から期待したいと思います。
キタサンブラックとのワンツーフィニッシュとかだったら興奮してしますね。

4着のアドマイヤデウス
私の邪推を読んでくれた方はこの馬の激走の理由がわかると思います。
『キタサンブラックの真後ろを取る』これは人気薄馬が好走する条件の1つです。
今回、真後ろのポジションを取ったのはこの馬でした。
確かにこの馬は昨年の京都大賞典でキタサンブラックと僅差の競馬をした馬です。
京都外回りがこの馬のベストなのでしょうね。
ただこの馬は何度も言うようにG2大将です。これでG1の成績は0-0-0-10となっています。
買い時は間違いなくG2。これを今後も意識したいですね。

5着のアルバート
5着ではありますが、大きく離れた5着です。
長距離適性は高い馬ですが、前につけることができないという致命的な弱点を持っています。
今回はいつもより前目ではありましたが、できればもう1列だけ前につけることができれば良かったですね。
天皇賞春以外の3000mを超えるレースは常に本命でいいと思います。
この馬の買い時もはっきりしていますね。

6着のディーマジェスティ
この馬の適性を高く引き出す良い騎乗だったと思います。
この馬はキレはないが持続力が高い末脚を繰り出すことができるタイプです。
今回、外から一気に位置を上げる競馬をしてきましたが、そういう走りがこの馬には合っていますね。
ただ好走するには先行勢が全滅する必要があります。
つまり今回のような前が残る馬場では好走は不可能と見ていいと思います。
「ハイペースで前が潰れて、後ろから長く良い末脚を使えたこの馬が飛び込んでくる」
こういったレースでこそ活きる馬ですね。
ただ、そのような展開は滅多にありません。

7着のゴールドアクター
スタートで全てが終わったということです。
やはりメンタルの部分がマイナスに働き、厳しい結果となりましたね。
横山典騎手でダメならもうキ○タマを取るしかないと思います。
グランプリホースだから取りにくいかもしれませんがね。
横山典騎手でダメならあとはルメール騎手ぐらいですかね。可能性があるのは。
もう一回だけ横山典騎手でダメならルメール騎手に変えるか、キン○マを取るかのどっちかでしょうね。

8着のトーセンバジル
もしかしたら3着はあるかなと思っていましたが、さすがに無理でした。
そして位置取りが後ろ過ぎます。
ただ今回のような速いペースで、いつも後ろの馬がいきなり前につけられるかと言われると難しいでしょうね。
馬場が向かなかったというところでしょう。あとG1が良い経験になったと思います。

9着のシャケトラ
出負けしました。でもすぐにリカバーをして前目につけました。
ただ、位置を上げるために加速したためにかかりました。
前につけなければどうしようもならない馬場なので仕方ないですね。
初めてのG1ということを考えるとよく頑張ったと思います。
これからの馬ですね。この馬は。
有馬記念あたりで実は私、期待していますよ。

10着のファタモルガーナ
ディープインパクト産駒が苦手とする長距離レースでいつも頑張っていた馬です。
ディープインパクト産駒でも長距離は戦えると教え続けてくれた馬です。
いわばサトノダイヤモンドの先輩だと思います。
そして後輩のサトノダイヤモンドが天皇賞春で馬券になりました。
今までの走りには敬意を表したいと思います。
私、結構、この馬のこと好きですよ。

11着のワンアンドオンリー
覇気がないと和田騎手に怒られていました。
私も考察でもそう書きました。もうこの馬は買えませんね。

12着のレインボーライン
スタミナに心配のあるこの馬が8枠になると後方待機しかできませんよね。
ただ後方の馬は馬券にならない馬場状態。完全に詰んでいましたね。
この馬はそこまで長距離適性がある馬と思えません。
ただ前半はゆったりと走らせるべき馬なのかなと思います。2400mぐらいがいいのかもしれませんね。宝塚記念がスローになるのであれば面白い1頭だと思います。

13着のタマモベストプレイ
14着のスピリッツミノル
16着のプロレタリアト
17着のラブラドライト
ここで好走できるだけの力はありませんでした。
重賞でもよほどハンデに恵まれない限りは厳しいと思いますが。

15着のヤマカツライデン
この馬の力は出し切ったと思います。
たまに穴を開けてきた典型的な逃げ馬としてシルポート先輩やネコパンチ先輩がいます。
この域に達することができるかでしょうね。
普通に走れば重賞では好走できません。

以上が天皇賞春の回顧でした。

ディープインパクトの持っていたレコードが破られてしまいました。
日本競馬の最高傑作ともいえるディープインパクト。
それをディープインパクトの兄のブラックタイド産駒が破ったのです。
兄は弟のように目立つ存在ではありませんでした。
ただ兄にも弟のようなスーパーホースを輩出する資質があったのです。
その弟のディープインパクト産駒の現時点での牡馬最高傑作はサトノダイヤモンドでしょうか。
今後もこの従兄弟同士の戦いは目を見張るものがありますね。
凱旋門賞という舞台で最高の戦いを見ることが楽しみでなりません。
そして私、あまり好きな馬がいないのですが…キタサンブラックを好きになってきています。私に何度も苦汁を飲ませた男。抗うことができなくなった私は好意を持つようになりました。もうお手上げです。


NHKマイルカップでカラクレナイは凡走します!
今週はNHKマイルカップが開催されます!
そしてG1ということでGANMAの恒例企画「○○○○は凡走します!」に該当する馬を紹介したいと思います!
ここに名前を書かれた馬は凡走するという不思議な傾向があります。
以下が私に名前を書かれた可哀想な馬達です。
高松宮記念はメラグラーナ(3番人気10着)
大阪杯はマカヒキ(2番人気4着)
桜花賞はミスパンテール(4番人気16着)
皐月賞はファンディーナ(1番人気7着)
これぞ・・・まさにデスブログ。
このデスブログから逃れられた馬は天皇賞春のサトノダイヤモンドですが、それでも過去最低の着順である3着に終わりました。
やっぱり力はあるぞ。このデスブログ。
さて、NHKマイルカップでも上位人気に推されるだろうカラクレナイに気になる嫌なデータを見つけてしまいました。
そのデータに該当した馬の成績は過去5年間で0-0-1-17であり勝率0.%、複勝率5.6%、単勝回収値0、複勝回収値36となっております。
このデータにカラクレナイが該当するのです。
このデータに関しては競馬ブログランキングにて公開しております。ぜひ、ご覧ください。

中央競馬ランキングへ
(現在2位)
※競馬ブログランキングの見方がわからない方はこちらをご覧ください!
http://blog.livedoor.jp/ganma1123/archives/50063069.html



信頼できる競馬予想サイトを厳選してご紹介します!



皆様こんにちは。今回競馬予想サイトをPRさせて頂く吉田と申します。

今回は、私が実際に様々な競馬予想サイトを利用した経験をもとに、

本当に使えるサイトを厳選して皆様にご紹介したいと思います。



正直な話、私は何度も騙された過去があります。笑

現状数多くの競馬予想サイトがある中でどれを信頼したらいいのかわからない!

そんな状態でいろんなサイトに登録していろんな情報を仕入れていました。

それがかえって逆効果になり負けを繰り返す過去もありました。




ただ、たくさんの予想サイトに登録したおかげもあって、

本当に使える競馬予想サイトがどこなのか解るようになったんですよね!
 
今では信頼できるサイトの情報のみを活用しバンバン利益を出しています。

まさに過去の失敗があったからこそ今の自分があります。




そして今回は私のような過ちを皆様におかして欲しくないと考え、
 
私なりに厳選した信頼できる競馬予想サイトをランキング式で紹介します!

正直今回紹介するサイトはどのサイトもかなり使えるので

順位をつけるのに数時間迷ったほどです。

全て無料で登録可能なので一度無料で全部試してみるのもいいかもしれません。




【第1位】 ファースト

オススメ度 ★★★★★


競馬=ギャンブルではなく「投資」として捉え、

馬主・厩舎関係者・牧場関係者・騎手から
 
普通では得ることの出来ない貴重な情報を利用して

投資として利益を出し続けるサイト。




【第2位】 アクティブ

オススメ度 ★★★★★


無料メルマガ会員になれば、

重賞の予想のみでなく平場の厳選の一鞍や

中央競馬だけでなく地方競馬の注目馬情報、

そしてWIN5対象レースの注目馬まで無料で見れちゃうんです!




【第3位】 ベストレコード

オススメ度 ★★★★☆


無料で使えるコンテンツは全部で7種類!

正しい情報を基に形成する為、完全部署すり合わせシステムにて

徹底的に情報を精査し高配当を連発するサイト。

週末の無料買い目ももちろんありますのでオススメです。




とにかく今の時代は「信頼度」が全てです!

今回私が紹介したサイトはどのサイトも信頼できるサイトです。

全て無料でメールアドレスを登録するだけで情報が手にはいるので

試さないと勿体無いです。ポイントプレゼントもあるくらいですからね。



オススメの登録方法はフリーアドレスを取得して全サイトに登録してみること。

その後で本当に信頼できると思えば、メインアドレスで受信すればOK!

このチャンス・・・逃さないでくださいよ!!!


もし良かったら邪推師とつながりませんか?

ブログの更新通知はもちろん、馬券に役立つようなポイントを見つけた時は即座につぶやきたいと思います。
Twitterボタン
Twitterブログパーツ

LINE@でも読者の方とも交流を深めたいと思います!ぜひ、お気軽に!
友だち追加