【オークスはあの人気薄馬の激走の可能性が高い!それに気づいていますか?】
G1で勝ちたい方は…ぜひ!!



このサイトの無料予想コーナーである<重賞請負人>では
高松宮記念(G1)で716,400円を獲得!
さらに大阪杯(G1)で280,000円獲得!と絶好調!


「Site」が他の競馬サイトと大きく違う特徴は以下の3点です。
1、週末の無料提供レースが5レース以上ある。
2、各買い目やレースごとに複勝・馬連・三連複・三連単の予想担当が存在し、無料で提供してくれる。
3、的中実績として無料提供は数万円以上、有料提供は数十万円以上をコンスタントに積み上げている。


よくある数万円もする有料予想会社と比較しても、試してみれば差は一目瞭然ですが、
siteの「無料予想の方が」レベルが高いと思います。
G1で勝ちたい方は…ぜひ!!

【オークスの予想を無料で確認!爆勝ちしてダービーに向かいましょう!】
「今回は予想を見るだけ!ここで当たればダービーで買う!」というのも賢い利用方法かもしれませんね。
http://umakuru.com/pad/?1024
※メールアドレスを登録するだけでOKです。
※住所、氏名、電話番号を聞かれることはありません


<ヴィクトリアマイル 回顧>

ヴィクトリアマイルの私の予想はこちらです。
http://klan.jp/r20170502081101?userid=5767#prediction

本命は◎ミッキークイーンでした。結果は7着
この馬と心中すると決めていたので後悔はありませんが、さすがにショックでしたね。
この馬のことスーパーホースだと信じ切ってしまいました。それが敗因です。
どのような展開、馬場でも馬券になるわけがありません。この馬にとって厳しい要素があったレースだったと思います。

①加速力の低さ
これはわかっていました。この馬は加速があまり速くありません。昔からエンジンのかかりがいいわけではありませんでしたが、最近は明らかに落ちてきています。
これが今回は大きくマイナスに働いたレースでした。
今回、加速し始めたところでレッツゴードンキとデンコウアンジュに挟まれる形となりました。これが痛かったですね。そこからさらに加速していく馬なのでここがスムーズならば2着~3着はあったのではないでしょうか。

②上がり3ハロンの限界
今回、レース後に各馬の上がり3ハロンのタイムを見て驚きました。
1着が33秒4、2着が33秒2、3着が33秒6です。
そしてミッキークイーンは33秒8でした。もし、上記のような不利がなくても33秒2が出たでしょうか。この馬の上がり3ハロンのベストタイムは33秒3であり、瞬発力には限界のある馬です。今回のようなスローからのキレ勝負はこの馬に決してフィットしていませんでしたね。

この馬が馬券になる可能性は高いとは思っていました。
それをわかっていたのか蛯名騎手のデンコウアンジュが上手かったですね。
上手く進路を塞がれてしまいました。
馬券はハズレで構いません。この馬のファンとしては良馬場でもう一度、レースを見て欲しいなと思います。
あと予想に関しては「愛の温度調節」を心掛けていきたいですね。熱くなりすぎました。

では追って回顧を行っていきます。

1着のアドマイヤリード
大口が入ったとブログで紹介した馬です。
参考にして最低限の印はつけてくれましたでしょうか。
土曜の時点でのG1の大口は侮れません。
ただこの馬は恐ろしいですね。
今の東京は内を空けて回る馬が多い中、その馬場の悪いところを通ってきました。
ルメール騎手は最初からそこを狙っていましたね。
この馬の重馬場適性というのを強く感じる走りでした。
この馬は元々、素質のある馬でしたが、諸般の事情でデビューを早められたことが力を出し切れなかった理由でしょう。
今回の上がりの速さを見る限り、決して重馬場専用機とは思えません。
これからは牝馬のトップホースになる存在かもしれないと思っています。

2着のデンコウアンジュ
この馬が飛び込んできたことが最もショックでした。
私が推奨穴馬の隠し玉として紹介した馬です。
ただ信じ切れませんでした。
左回りでこその馬だとずっと思っていましたが、なぜかずっと左回りを使ってきませんでした。
陣営は何を考えていたのでしょうか。この馬の買い時は来年のヴィクトリアマイルだと思っています。もう穴人気して馬券的な妙味は薄いですがね。
今回、馬場が渋って時計勝負にならなかったのも良かったのかもしれません。
前半でゆったりと流れ、脚も溜まり切りましたね。
ただ好走するタイミングは決して多くない馬だと思います。ハマったら強いというところでしょうか。

3着のジュールポレール
渋って力を必要とされるような馬場になったのが大きかったですね。
ただ力は明らかにつけています。旬なディープインパクト産駒は要注意と考察に書きましたが、まさにその通りですね。
初輸送もきっちりとこなしてきました。
この馬の今後の課題は高速馬場に対応できるようにすることでしょうね。
時計勝負にならないレースならば好走できることがわかりました。

4着のスマートレイアー
1枠でなければ…というところでしょうか。
今の東京競馬場は1枠の馬には厳しい傾向があります。
この馬の力は出し切ったと思います。渋った馬場も問題にしません。
前につける競馬をしてから安定感も出ています。
ただマイルは少し短いですね。1800m~2200mといったところでしょうか。
G1は惜しいところまでいくが、勝てないタイプと見ています。

5着のソルヴェイグ
この馬のベストな走りはできたと思います。
今回の舞台で5着なら立派ではないでしょうか。
先頭には立って、淡々と自分のペースで走ることができたのが好走要因でしょう。
先頭だとさらに馬場のいいところを選んで走ることもできますからね。
ただ気になるのは…逃がしてよかったのか?ということです。
もう逃げないとダメな馬になってしまわないか心配です。
まぁ、スプリントならそこまで悪影響は少ないでしょうが。

6着のクイーンズリング
デムーロ騎手としては通りたくないところを通らされたというところでしょうね。
内で脚を溜め、ロスなく回ってグリーンベルトを通りたいと思っていたところ、なかなかそこが開かず仕方なしに内を回ったという感じがします。
ちなみに同じところを通ったのがアドマイヤリードです。
荒れた馬場への適性の差が今回の着順の差になったと思います。
この馬も決して適性がないわけではないのですがね。

8着のフロンテアクイーン
レースに参加できていませんでしたね。
この馬が馬券になるには積極的に前につけるしかありませんでした。
外枠なのでロスを覚悟にです。そこを引くと今回のような結果になるでしょう。
どの馬も内を空けて回るレースにおいて大外ぶん回し。何の工夫もない騎乗でした。
この馬は内枠なら面白いと思っていました。でもきっと内枠からでも同じ競馬をしたのでしょうね。

9着のウキヨノカゼ
どの馬も内を空けて回るレースにおいて大外ぶん回しでは届くものも届きません。
こういう競馬しかできない馬ですから仕方ないのですがね。
完全に詰んでいましたね。走り方からして。
最後は良い脚を使っているのですが。またどこか

10着のルージュバック
危険馬推奨をしておりました。
高速馬場かつスローペースからの瞬発力勝負がこの馬が好走できる条件です。
スローからの瞬発力勝負にはなりましたが、後方からの競馬では届かないレースでした。
どの馬も内を空けて回るレースにおいて大外ぶん回しでは届くものも届きません。
この馬も完全に詰んでおりましたね。

11着のレッツゴードンキ
まさかの先行策でした。スプリントでは追込馬なのですがね。
先行したらかかります。追い込んだら4角で外を回すので届きません。
やはりこの馬も完全に詰んでいたと言えるでしょう。
ただ岩田騎手はチャレンジをしたということですね。

12着のアットザシーサイド
荒れてどの馬も空けた内枠に飛び込んできた馬です。
そして道悪適性に乏しい馬です。だからこの着順になります。
簡単ですよね。ただ勝負に出た鞍上を非難することはできません。
何の工夫もせずに大外ぶん回しを選ぶ騎手よりずっと良いと思います。
自分が馬主なら納得ができる走りです。
まぁ、私、中央の馬主資格を取れるほどの収入は絶対的にないのですけどね。

13着のアスカビレン
この馬の騎手も狙っていましたね!一発を。
ただ普段より前目の位置で競馬をするというのは馬の適性を無視するという側面もあります。でもこれでいいと思いますがね。人気薄馬は。
読者の方が教えてくれたのですが、アスカという名前の馬がレースに出る時は明日花キララさんが大口を入れるとのことです。あったのかな。今回。
土曜の時点ではありませんでした。(※確認済み)

14着のヒルノマテーラ
荒れた内に直線で突っ込む走りをしました。ナイスガッツ!
でも無理でした。この馬も追込が絶対条件なので詰んでいましたね。
これは仕方ないと思います。

15着のクリノラホール
どの馬も内を空けて回るレースにおいて大外ぶん回しでは届くものも届きません。
何の工夫もない競馬でした。G1は厳しいですがG2~G3ならまた買いたい馬です。
少し追いかけたい馬ですね。

16着のリーサルウェポン
思い切った先行策を見せてくれるようになりました。
ただG1で好走できる器ではありませんでした。

17着のオートクレール
G1というレースは出走させることができるだけで凄いことです。
馬主さんが楽しめたなら私はそれでいいと思います。

以上がヴィクトリアマイルの回顧でした。

このレースとオークスを当てて、「G1を4週連続的中」という実績でダービーに臨みたかったのですが、そんなに簡単ではありませんでした。
まさかのミッキークイーンの凡走…ただ、今になって考えると危ない部分もいくつかありました。
今回、馬券になった馬はどの馬も気になっていた馬ばかり。
ボールは見えるのだが、バットに当てられない。そんなレースでしたね。

オークスでソウルスターリングは凡走します!
今週は3歳牝馬クラシックの第2弾。オークスが開催されます!
そしてG1ということでGANMAの恒例企画「○○○○は凡走します!」に該当する馬を紹介したいと思います!
ここに名前を書かれた馬は凡走するという不思議な傾向があります。
以下が私に名前を書かれた可哀想な馬達です。
高松宮記念:メラグラーナ(3番人気10着)
大阪杯:マカヒキ(2番人気4着)
桜花賞:ミスパンテール(4番人気16着)
皐月賞:ファンディーナ(1番人気7着)
NHKマイルカップ:カラクレナイ(1番人気17着)
ヴィクトリアマイル:レッツゴードンキ(2番人気11着)
これぞ・・・まさにデスブログ。
このデスブログから逃れられた馬は天皇賞春のサトノダイヤモンドですが、それでも過去最低の着順である3着に終わりました。
やっぱり力はあるぞ。このデスブログ。
さてオークスでも上位人気に推されるだろうソウルスターリングに気になる嫌なデータを見つけてしまいました。
そのデータに該当した馬の成績は過去5年間で1-1-1-33であり勝率2.8%、複勝率8.3%、複勝回収値31となっております。
このデータにソウルスターリングが該当するのです。
このデータに関しては競馬ブログランキングにて公開しております。ぜひ、ご覧ください。

中央競馬ランキングへ
(現在2位~3位)
※競馬ブログランキングの見方がわからない方はこちらをご覧ください!
http://blog.livedoor.jp/ganma1123/archives/50063069.html



【あ~!今回の穴馬!気になっていたのに…買えなかった!】
~ダービーまで続くG1戦で他者と大きく差をつけましょう!~




「あ~、あの馬、人気薄だけど気になっていたんだよな」

<最後の最後に気になった人気薄を切ってハズしてしまった>
という方に知ってもらいたいサイトがあります。

<いいところまで予想できているのに当たらない>
という方に知って欲しいサイトがあります。

上記のような高い的中率を誇る「うまコラボ」というサイトを使ってみませんか?

このサイトに載った予想をそのまま買う?・・・それは誤解です。
うまコラボはサイト内の指数を参考にして買う馬をあなたが選ぶサイトです。
あたなの実力をさらに増加させる競馬予想サイトなのです。

ご存知ですか?実は春の重賞は穴馬が馬券に絡みまくっています!

04月02日(日) 大阪杯(G1)
→7番人気ステファノス 2着
04月08日(土) ニュージーランドT(G2)
→12番人気ジョーストリクトリ 1着
04月09日(日) 桜花賞(G1)
→8番人気レーヌミノル 1着
04月16日(日) 皐月賞(G1)
→4番人気ペルシアンナイト 2着
04月23日(日) フローラS(G2)
→10番人気ヤマカツグレース 1着

もはや穴馬を見抜けなければ的中できないのが、この春の重賞です!
でも、こんな穴馬どうやって見抜けばいいのか?
実はうまコラボではサイト内で見ることができる“競馬指数”で上記の穴馬を完全に見抜いているのです!

スピード指数や適正指数、統計データ、血統理論まで、ありとあらゆるデータをまとめあげたこの指数だからこそ

オッズに左右されず、真に強い馬を見抜く事ができるのです。

さすがに全レース無料というわけにはいかないのですが、無料で半分は見ることができます。
この穴馬を見抜ける精度をあなたも体験してみませんか?

ぜひ、ご興味のある方は以下のサイトから無料登録をしてみてください。!
オークスそしてダービーで勝利したいという向上心のあるあなたにぜひ!
http://collabo-n.com/lp/ahead/?ad_id=3321
※メールアドレスを登録するだけでOKです。
※住所、氏名、電話番号を聞かれることはありません



もし良かったら邪推師とつながりませんか?

ブログの更新通知はもちろん、馬券に役立つようなポイントを見つけた時は即座につぶやきたいと思います。
Twitterボタン
Twitterブログパーツ

LINE@でも読者の方とも交流を深めたいと思います!ぜひ、お気軽に!
友だち追加