【夏競馬を味方につけろ!
今年の負けを一気に取り返す
チャンス!】


いつも大当たりを連続的中させた新サイトの「OASIS」のご紹介です。

このサイトの魅力は
「シンプル」
です。


「とにかく当たること。」 
これ以外の魅力って必要ですか?

oasis

oasis2

ご興味ある方は以下のリンクから無料登録をしてみてください!
苦手な夏競馬を味方につける大チャンスですよ!
http://www.successoasis.net/?code=jsi01


本日も当ブログをご覧頂きましてありがとうございます。
今日は1つの重賞回顧です。

<函館記念 回顧>

函館記念の私の予想はこちらです。
http://klan.jp/r20170202041101?userid=5767#prediction

本命は◎ナリタハリケーンでした。結果は7着。
道中はインでジッとしており、4角でもロスなく回り、直線でも伸びているのですが、位置取りが後ろ過ぎたところがありますね。
今回、馬券になった馬の4角の位置は全て3番手以内でした。
ただテンから出していけない馬ですし、この位置取りは仕方ないのかなと思います。
藤岡康騎手が悪いわけではありませんね。
今回は雨で馬場が渋り、時計が遅くなるというこの馬にとっては理想的な状況でした。
それだけに残念ですね。
今後も力の必要とする馬場の時は買ってみたい馬だと思います。
芝レースに再転向して2戦目、そして初めての重賞です。
この馬にとっては良い経験になったと思います。

では追って回顧を行っていきます。

1着のルミナスウォリアー
4角から直線にかけての手応えがあまりにも良く、これは突き抜けるなと思って見ておりましたが、見事な勝ちっぷりでした。
大口の記事でも紹介しましたが、この馬にはある時間帯において複勝で99万円が入っており、怖いなとは感じていました。
ただ今回は過去のデータ通り、馬番11番から外は買わないことを決めておりました。
この馬が10番以内に入っていれば、間違いなく買っていた馬だと思います。そして当然、そういう方は多いと思います。
AJCCで4着、金鯱賞で5着とG2クラスでも十分な強さを見せております。
ただこの馬は器用な競馬ができません。いつも外を回す競馬で取りこぼしておりました。
そして今回も4角では同じような競馬でしたが、大きなポイントだったのは最後方からの競馬ではなく、好位につける競馬ができたことでしょう。
今回は4角である程度、前にいないと勝負にならない馬場と展開でした。
2着、3着の馬はインを上手く回っての競馬でしたが、この馬は違います。
それでも差し切るのですから、今回は力が抜けていたとみることができるでしょう。
低レベルなメンバーの中、終わってみればこの馬だけ格が違った…そういう感じがします。

2着のタマモベストプレイ
スタートから積極的な競馬が功を奏したという感じですね。
この馬もルミナスウォリアーと同様、G2で4着、5着と好走していた馬です。
まぁ、3000m以上のレースにおいてですが。
この馬は過去36戦において1度しか良馬場以外を経験していない馬です。
重馬場適性については完全に未知でした。
この馬について言えるのは脚が遅いことです。
2000mという速い流れではついていけない可能性がありましたが、ラッキーなことに馬場が渋って時計がかかり、かつペースが落ち着いたため、前につけた馬に有利な展開となりました。
そして上がりの速さも全く求められないレースになり、何から何まで上手くいったことが好走のポイントだと思います。
この馬が過去に重賞で馬券になった京都大賞典も同じように前有利の展開利を活かしてのものでした。
今回の結果で次も2000mで買うと痛い目を見ると思っております。

3着のヤマカツライデン
過去に出走した重賞は全てG2であり、格落ちするG3なら面白いと思っておりましたが、見事な好走でした。
今回は同型馬がおりましたが、ハナに立つことを宣言していたため、上手い牽制となりましたね。
この馬がハナに立とうとした時に、併せてタマモベストプレイも競っていきました。
さらにはパリカラノテガミも一気に加速して、競りかけたため、ハイペースになるなと感じました。ここがポイントでしたね。
道中は馬場レベルを考慮してもある程度、落ち着いた流れに落とすことができています。
思えば「シンボリクリスエス産駒の買い時は外枠」という考えもありました。
かつ函館記念は前につけた馬に有利なレース。
ただ内枠に強いこだわりを持っていた私としては買えない馬でしたね。無念でござる。

4着のアングライフェン
単勝で3番人気、複勝で2番人気になっておりましたが、これは人気になり過ぎだと思います。
ただ枠も良かったですし、人気になってしまうのは仕方ないです。
北村友騎手によれば今回のような渋った馬場はさほど苦にしていなかったようです。
これは改めて今後の参考材料にしたいですね。
今回は申し分のない競馬ができておりました。惜しくも4着。
今後、重賞で馬券になるチャンスはあるのでしょうか。
この馬も最近はG2で揉まれてきた馬でしたね。

5着のケイティープライド
惜しい5着でした。52kgの軽量ハンデをフルに活かしての好走だと思います。
私がいつも好んで推している血統構成の馬ですが、やはりこういった小回りや内回りで力を発揮する馬ですね。内枠ならなお良しという感じでしょうか。
今回はローテーションに不安がありましたが、特にそれを感じませんでしたね。
そして今回のような渋った馬場も鮫島克騎手によれば問題なかったとのことです。
52kgだといつも勝ち馬と差のない競馬をしてくる面白い馬ですね。
52kg以外だとどうなのか。私は小回り&内回りなら買ってもいいと思います。
「52kgだから好走できた」
このイメージが強い馬なので逆らってみたいですね。

6着のサトノアレス
危険馬推奨をしておりました。結構、自信もありました。
こちらは予想記事に書いた文面です。

アレスコレジャナイ

これはどういうことかというと、藤沢厩舎の馬は極端に渋った馬場に弱い傾向があります。それをまとめてみました。

藤沢

過去10年間、過去5年間で見ておりますが、重馬場以上になると本当に厳しいですよね。
なぜ、藤沢厩舎の馬が重馬場で走らないのか。私にはわかりません。

ちなみにいつも私のブログ更新の通知を優しい笑顔で許してくれるLINE@の登録者の方には感謝の意味を込めて事前にこの表を送らせて頂きました。

Screenshot_2017-07-17-01-18-26-1

送った後に「サトノアレスとスーパームーンを切ります」と多くの方に返事を頂きました。(ぶっちゃけ、サトノアレスが馬券になったらどうしようとビビっていました。)
少しでも私のブログがお役に立てたら幸いです。

LINE@に登録したい方はブログの文末にリンクを貼っております。
今のところ5,000人までしか登録者を募らないつもりでいます(維持費が5,000円/月から20,000円/月になってしまう!笑)
今、登録者は3,936人です。あと1,000人ですね。お早めにどうぞ。

サトノアレスについてですが、上記のように重馬場が合わないという部分の他に古馬重賞で戦うにはまだまだ力が足りないという印象を持ちました。
朝日杯FSも展開が向いて勝てただけと見ています。
同世代の中でも7,8番手ぐらいのイメージですね。もっと下かもしれませんが。

9着のサクラアンプルール
完全に空気でしたね。
今回の馬場と展開で後方からの競馬は厳しいでしょう。
この馬は中山巧者です。そして休み明けは得意ではないタイプです。
スローからのキレ勝負に強い馬です。買い時はここでしょうね。

10着のツクバアズマオー
この馬も空気でした。
今回のメンバーレベルなら好走できなくてはならない馬です。
稍重での好成績もあります。
吉田豊騎手は馬場を敗因としておりますが、別にあると思います。
状態があまり良くなかったか、あるいは普通に弱いのか。
直線での手応えが皆無でしたね。

11着のマイネルミラノ
逃げなくてはならない馬です。
これに限りますね。同型馬がいる時は消しでいいでしょう。
番手で控えるなんて甘いことは許せない馬ですね。

15着のステイインシアトル
2000mを速い時計でバンバン好走している馬です。
そういうことを考えれば今回の時計のかかる馬場は厳しかったでしょうね。
あとは控える競馬ができるとはいえ、逃げた方がいい馬です。
前走の鳴尾記念は開幕週と楽逃げの恩恵があってのものです。
あまり高く評価しすぎるのも良くなかった馬ですね。

16着のスーパームーン
藤沢厩舎の馬なので重馬場はダメでしょう。
条件戦では走るのですが、重賞になるとダメ。不思議な特徴ですね。

以上が函館記念の回顧でした。

過去5年間、馬番11番~16番の馬が馬券になったのはわずか1頭でした。
それが今年は3頭全てが外枠の馬。これは難しかったですね。
今回は枠というよりも、位置取りがより重要視されるレースでした。
外枠でも内枠でも前目につけられた馬が有利なレースでした。
中団から後方につけた馬は内枠の馬の方が好走しております。
来年も内枠を狙い撃つレースでしょうね。今年は仕方ないと割り切るしかないですね。


荒れる中京記念!簡単に勝てるデータを発見!
過去5年間の中京記念のデータ分析を行ったところ絶対に抑えるべきデータを見つけてしまいました。
このデータに該当した馬の成績は2-1-2-2 となっており、勝率28.6%、複勝71.4%、複勝回収値305と抜群の成績となっております。
今回、出走を予定しているメンバーではわずか2頭しか該当していないデータです。
今回のデータは馬柱を見れば2秒でわかる簡単なデータです。
このデータに関しては競馬ブログランキングにて公開しております。
サトノアレスの取捨選択に悩んでいる方はぜひ、ご覧ください!

中央競馬ランキングへ
(現在6位前後)
※競馬ブログランキングの見方がわからない方はこちらをご覧ください!
http://blog.livedoor.jp/ganma1123/archives/50063069.html



【夏競馬!負けっぱなしでいいのですか?
登録者が急増している競馬サイトのご紹介です!】


画像①


世に多くある競馬情報サイト。「どれを信じたら良いのかわからない!」という方も多くいると思います。
しかし、本当に良いサイトは口コミで高評価が得られるものです。

画像②

今回、紹介する「ファースト」というサイトはこのように有名口コミサイトでも高評価が得られています。

競馬情報サイトで重要なのはよく当たることです。
このファーストというサイトは誰でも無料で見ることができる無料予想でもきっちりと結果を残してくれます!

画像④


さらに毎日更新される無料コンテンツも豊富です!

画像③

数ある競馬情報サイトでも無料コンテンツがここまで充実しているサイトはないでしょう!
以下のURLをクリックしてメールアドレスを入力するだけで無料登録が完了です。
それ以外の情報は何もいりません!ぜひ、夏競馬で勝ちたいという方は参考にしてみてください!
http://first-one.biz/?r=cpt01

もし良かったら邪推師とつながりませんか?

ブログの更新通知はもちろん、馬券に役立つようなポイントを見つけた時は即座につぶやきたいと思います。
Twitterボタン
Twitterブログパーツ

LINE@でも読者の方とも交流を深めたいと思います!
ぜひ、お気軽に!
友だち追加