【2018年!いきなりの大的中の連続!】
~次のターゲットは日経新春杯<G2>~


2018年のスタートはいかがだったでしょうか。

「思ったような結果が出せなかった・・・」

そういう方にオススメなのが、今回ご紹介するサイト『池江道場』です。
このサイト・・・新年からバシバシと予想を的中させております。

的中実績

特にフェアリーステークスは46万6400円という払戻しがありました!
しかも買い目はわずか「8点」という少点数での的中でした!

今週は・・・
日経新春杯<G2>も3連単少点数で取る!

池江

競馬に対して向上心のある方はぜひコチラからご確認ください!


<シンザン記念 回顧>

本命は◎ファストアプローチでした。結果は4着。
デムーロ騎手の新年一発目の出遅れには参りました。
キレる脚を使える馬ではないので、前につけることが好走条件だと思います。
デムーロ騎手はこれがあります。これを覚悟で買っているので仕方ないところはありますが。
出遅れをリカバリーするために序盤で脚を使ったのも厳しかったですね。
そして今の京都競馬場は最内が伸びません。ここを攻めるしかなかったのでこれも仕方ないですね。
まぁ、出遅れが全てです。今回は。
ちなみにデムーロ騎手によると飛びの大きい馬なので渋った馬場はあまり良くないと話しております。力の要る馬場は得意でも、渋った馬場は苦手な可能性を否定できないですね。

追って回顧を行っていきます。

1着のアーモンドアイ
この馬は化け物です。強すぎます。
この馬場、そして前有利の展開で後方から一気に差し切ってきました。
前日の夜に競馬仲間とこう話しておりました。

「シンザン記念で好走した牝馬はジェンティルドンナ、マルセリーナ、ジュエラー。
このレースは牝馬が好走するレースではなく、好走した牝馬はその後、G1でも活躍できる馬となる。だから、牝馬はその後にG1でも好走できそうな素質の馬を買わないといけない」

アーモンドアイは私の抜群の好走率を誇る対抗馬として評価。
見事、期待に応えてくれましたね。
上述した通り、この馬のことを今後はG1級の馬と見て付き合っていきたいと思います。
フサイチパンドラもようやく素晴らしい子供出しましたね。

2着のツヅミモン
渋った馬場で粘り通す走りができそうと判断して印をつけました。
あ、この馬も牝馬ですね・・・この馬もG1級?
いや、さすがにそれは・・・。
展開に恵まれての好走でした。ストロングリターン産駒って珍しいですね。

3着のカシアス
距離不安は確かにありましたが、阪神競馬場と違い、ゴール前に坂がないことは大きなプラス材料でしたね。
あとはレースの流れ、展開に恵まれたところがありました。
ロス、負担の少ないレースができたことが好走の要因ですが、やはり最後に差されているあたり、1400mまでがベストの馬という見立てができると思います。

5着のカフジバンガード
昨秋から続いていた「秋のハービンジャー祭り」は終わってしまったようです。
ハービンジャー産駒の好走条件は「内を活かすこと」と「一流騎手が騎乗すること」です。
藤岡康騎手には荷が重かったかもしれませんね。残念。

6着のスターリーステージ
危険馬推奨をしておりました。
親の七光りならぬ、兄の七光りで人気になっていましたが、倒した相手が非常に弱いことが気になっていました。雨で渋った馬場も苦手そうでした。
お兄さんが偉大なだけに可哀想なところがありますが、ここまででしょうね。この馬は。

以上がシンザン記念の回顧でした。

出世レースとして名高いシンザン記念。
ペルシアンナイト、ジュエラー、ミッキーアイルといった馬が最近にはおりますが、私としてはやはりオルフェーヴルですね。
オルフェーヴルも後方からあり得ない末脚で2着に好走しておりました。
今回のアーモンドアイも驚きの末脚を繰り出しての勝利。共通する部分がありますね。
今後に期待したいと思います。


【日経新春杯でミッキーロケットに該当する最悪データをご存知ですか?】

今週の日曜日には日経新春杯(G2)が行われます。
そこで上位人気が想定されているミッキーロケットに該当する最悪データがあります。

その最悪データに該当した馬の成績は以下の通りです。

成績:0-0-2-33
勝率:0.0% 複勝率:5.7%
単勝回収値:0 複勝回収値:22


このミッキーロケットに該当する最悪データ競馬ブログランキングにて公開中です!

日経新春杯に出走する他の有力馬にも該当してしまうデータです。
ぜひ、その目でご確認ください!

中央競馬ランキングへ
(現在8位前後)
※競馬ブログランキングの見方がわからない方はこちらをご覧ください!
http://blog.livedoor.jp/ganma1123/archives/50063069.html


【単勝も当てます!】日経新春杯(G2)、京成杯(G3)、愛知杯(G3)

このデータが一般公開されたのが2014年。
年々的中精度が上がってきていて、使い勝手が良い頃合いになってきました。



日経新春杯(G2)データは無料公開が決定しています。
このデータを参考に馬券を組み立ててみてはいかがでしょうか。
→ 無料会員登録ページ

また、今年最初の重賞結果です。

<指数1位馬順位>
1/6(土)中山金杯(G3)1着(単勝250円)
1/6(土)京都金杯(G3)1着(単勝640円)
1/7(日)フェアリーS(G3)1着(単勝460円)

しかも、京都金杯については指数1位~3位の馬3連単11,480円が的中しています。



年々的中精度が上がってきている競馬データ。
日経新春杯(G2)データは無料公開が決定しています。

このデータを参考に馬券を組み立ててみてはいかがでしょうか。
→ 無料会員登録ページ
※メールアドレスを登録するだけで無料登録の完了です!

もし良かったら邪推師とつながりませんか?

ブログの更新通知はもちろん、馬券に役立つようなポイントを見つけた時は即座につぶやきたいと思います。
https://twitter.com/GANMA71879454