【2月こそ勝ちたいという方!新たな方法を試してみませんか?】
~あなたが勝つにはあと一工夫が足りないだけかもしれません?~

コラボ

こんな予想がバシバシと決まるのが「うまコラボ」というサイトの実力です。
驚愕の高的中率がこのサイトの特徴です。

こらぼ

あなたの予想に勝つための最後の一工夫!
「うまコラボ」をお役立てください!

登録はコチラからどうぞ!
東京新聞杯_うまコラボ01
※メールアドレスを入力するだけで無料登録の完了です!

東京新聞杯 全頭考察①!

本日も当ブログをご覧いただきましてありがとうございます。
このごろ、色々とあって、落ち着かない日々が続いております。
私はあまりテンションに変化が少ないタイプなのですが・・・。
とりあえずコードギアスを観て、心を落ち着かせています。
ギアスっていいなぁ・・・使いたいなぁ。

さて、今日は東京新聞杯の全頭考察①を書きたいと思います。

【ダノンプラチナ】父ディープインパクト(田辺)56㎏
【考察】
デビューからずっと騎乗していた蛯名騎手から田辺騎手へのスイッチとなりました。
蛯名騎手は同じレースでデンコウアンジュに騎乗します。
今回は、蛯名騎手に先約があったのだと思います。
一応、忘れている方がいるかもしれませんので、書いておきますがこの馬はG1馬です。
朝日杯フューチュリティステークスを勝利しております。
ただそこから脚元の調子が悪い状態が続き、なかなかレースに使い続けることができていません。
復帰してからは重賞でも好走しておりますので、今回のようなG3クラスのレースでは力は上位と見ていいと思います。
前走のニューイヤーSですが見た目以上の完勝ですね。OP特別ぐらいなら軽い通過点ということでしょう。
東京1600mのコースとも相性は良いのも推せる材料の1つですね。

【不安材料】
まずこの馬はスタートでの出負けがデフォルトです。後方からの競馬となる可能性は高いと見ています。
田辺騎手もそこはもう仕方ないとして腹を括る競馬をしてくるでしょう。
問題はペースです。先行勢が全滅するような展開になればこの馬は馬券になるでしょう。
しかし、前につけた馬に有利な展開となれば、この馬にとっては厳しい結果が待っているかもしれません。
そのあたりの見極めが重要なポイントになるでしょうね。

そしてこの馬が非常に厳しいデータに該当しているのも気になるところです。
この厳しいデータに該当した馬の成績は過去5年間で以下のようになっております。

成績:0-1-0-20
勝率:0.0% 複勝率:4.8%
単勝回収値:0 複勝回収値:37


過去の上位人気馬もこのデータに該当して凡走しております。見逃せないデータだなと思っています。
このダノンプラチナに該当する厳しいデータに関しては競馬ブログランキングにて公開中です!ぜひ、ご確認を!

中央競馬 ブログランキングへ
(現在6位前後)
※競馬ブログランキングの見方がわからない方はこちらをご覧ください!
http://blog.livedoor.jp/ganma1123/archives/50063069.html


【クルーガー】父キングカメハメハ(浜中)56㎏
【考察】
この馬もダノンプラチナ同様、体調面の問題から使い続けることができなかった馬です。
過去の戦績を見る限り、状態さえ万全ならば間違いなく実力は上位であると見ています。
前走の京都金杯は2着に好走。
G1では通用しないかもしれませんが、今回のG3ぐらいなら面白いと思います。
あまり好走しても人気にならないタイプですね。上手く付き合っていくことが出きれば良い関係を築いていくことができると思います。
前走は57.5kgを背負って好走しておりますが、今回は斤量が減って56㎏での出走です。
これは狙いたくなる条件が揃っていますね。

【不安材料】
この馬の最大の武器は上がり3ハロンが常に上位となる末脚です。
上がり3ハロンが上位の馬が好走するレースならば買いたくなるのですが、このレースはそこまで上がりの速さを求められないレースです。
まぁ、これは展開によるのですが。
後方からの競馬をする馬なのでダノンプラチナのところでも書きましたが、圧倒的な前残り決着になると凡走する可能性があると思います。
怖いのはそこだけですね。

シンクタンク:東京新聞杯1080_200

【サトノアレス】父ディープインパクト(柴山)57㎏
【考察】
忘れがちですが、この馬も朝日杯フューチュリティステークスを勝利したG1馬です。
そのため57kgの出走となってしまったのは残念なところです。
朝日杯フューチュリティステークスの勝利は展開が思いっ切りハマったところにあります。
あの時のレースは後方から4角で大きく外を回した馬が好走する傾向があるレースでした。
実力がないわけではありませんが、そういった後押しがあっての好走だったことを忘れてはいけないと思います。
ただ末脚を活かすレースこそこの馬のストライクゾーンです。
差し馬による瞬発力勝負の展開になればこの馬の好走の可能性は高いと見ています。
週末は晴れ予想なので良馬場でレースができるのもいいですね。
今のところ想定オッズでは7番人気です。この人気なら狙ってみる価値はありそうです。

【不安材料】
普通に早熟である可能性は十分にあります。
3歳になってからは重賞で全く好走できず。
古馬になって、しかも57㎏を背負わされて果たして好走できるのでしょうか。
さらには鞍上もルメール騎手から柴山騎手へ乗り替わっております。
これは少し残念なところですね。
旬の過ぎたディープインパクト産駒は買いにくいです。

【カデナ】父ディープインパクト(福永)56㎏
【考察】
この馬は何だかサトノアレスに似ていますね。
弥生賞までは非常に強い競馬をしていたのですが、皐月賞から何かが切れてしまったように凡走を続けております。
弥生賞ではダンビュライトに勝利しているのですが、今は完全に逆転した印象ですね。
スローからのキレ勝負ならまだ買えるかなとは思っているのですが・・・。

【不安材料】
そのスローからのキレ勝負がこの馬の得意条件だと思うのですが、距離短縮で果たして脚が溜まるかどうかが気になります。
先ほども書きましたが、旬の過ぎたディープインパクト産駒ほど買いにくいものはありません。復活があるかどうか・・・ないかな。

【ディバインコード】父マツリダゴッホ(北村宏)56㎏
【考察】
前目につけて粘り込む競馬ができるのがこの馬の最大の長所です。
とにかくレースセンスが高く、安定感があります。
非常に強い馬が相手でもそれなりに走れるところがあり、弱い相手でも取りこぼすのがこの馬の特徴です。
今回も圧倒的に前有利の展開となった時、こっそり3着に紛れ込む可能性は十分にあると思います。

【不安材料】
この馬を語る上で重賞なのはNHKマイルカップでの10着という惨敗です。
なぜ、ここまで負けたのか・・・それはこの馬があまり強くないからです。
G1ではセンスだけでは戦えません。
今回、G1ではありませんがそこそこメンバーレベルが高い馬による戦いです。
この馬の力では太刀打ちできない可能性は非常に高いと見ております。
展開に異常なまでに恵まれない限りは厳しいと思います。

以上が東京新聞杯の全頭考察①でした!
今回の全頭考察は全部で4部作となっております。
残りの3つも見て頂けたらと思います。

【馬券になる馬は意外にわかりやすかった!】
荒れる東京新聞杯と安定のきさらぎ賞


東京新聞杯、きさらぎ賞のある指数データの結果です。



■東京新聞杯の見解
2014年~2017年までの結果をみると一見、大荒れのように見えます。

しかし、2017年と2016年の結果だけで十分です。
指数というのはデータの蓄積。年々精度が上がります。

2017年万馬券、2016年30万馬券、2015年と2014年は10万馬券ほどの決着です。
注目点は【指数1位~4位まで】

年々精度は上がり、2016年は30万馬券になりながらも指数3位4位が1着2着と好成績。

これは精度が上がってきている証拠です。
2017年は万馬券決着でしたが、指数1位~4位でしっかりと3連単を的中させてきています。

東京新聞杯の指数は日曜当日昼、無料公開されますのでお楽しみに。
→ 無料会員登録ページ

■きさらぎ賞の見解
このレースは安定的中です。
堅いのでそこまで配当に期待はできませんが、注目点は【指数1位~3位】

2017年4着は指数1位、2014年4着は指数3位。
指数1位~3位が2014年から毎年4着まで占めている結果となっています。

2017年1着だった単オッズ17.2倍、6人気アメリカズカップ。
距離適性はどう見ても1800m。きさらぎ賞にばっちりハマっていた馬でした。
こんな穴馬が今年の出走馬にもいたら、買い目にプラスしてもいいかもしれません。

きさらぎ賞の安定的中の3連単買い目はコチラから
無料会員登録ページ

実は先週、このデータの的中精度について話をしました。

【三連単的中率平均40%。東京は50~70%まで飛躍】

先週の27日土曜日結果、その通りになりました。やっぱり東京に強い

12レース中7レース3連単的中で的中率58.3%
6頭BOXの120点で買っても
回収率125.3%(36,560円勝ち)
5頭BOXの60点でも東京は
回収率250.7%(108,560円勝ち)



ぜひ注目してみてください。
→ 無料会員登録ページ
※メールアドレスを入力するだけで無料登録の完了です!

もし良かったら邪推師とつながりませんか?

ブログの更新通知はもちろん、馬券に役立つようなポイントを見つけた時は即座につぶやきたいと思います。
https://twitter.com/GANMA71879454