【2月こそ勝ちたいという方!新たな方法を試してみませんか?】
~あなたが勝つにはあと一工夫が足りないだけかもしれません?~

コラボ

こんな予想がバシバシと決まるのが「うまコラボ」というサイトの実力です。
驚愕の高的中率がこのサイトの特徴です。

こらぼ

あなたの予想に勝つための最後の一工夫!
「うまコラボ」をお役立てください!

登録はコチラからどうぞ!
東京新聞杯_うまコラボ01
※メールアドレスを入力するだけで無料登録の完了です!

東京新聞杯 全頭考察④!

本日も当ブログをご覧いただきましてありがとうございます。
実はここにきてTwitterのフォロワーが一気に増えてきております。
ありがたい限りです。せっかくフォローしてくれているのですから、ブログの更新のほかに何かお役に立つ情報を発信したいと思っています。
思いついたら不定期でいきなりツイートします!笑
ご興味のある方はぜひTwitterのフォローしてください!
https://twitter.com/GANMA71879454

それでは東京新聞杯の全頭考察④を書きたいと思います。

【グレーターロンドン】父ディープインパクト(川田)56㎏
【考察】
重賞では1度も連対していない馬がG1馬を抑えての1番人気。想定オッズですが。
これをどう見るかですね。
まず評価したいのはこの馬の1600mへの適性の高さです。
1600mの成績は5-0-0-1となっており、唯一の着外は安田記念の4着です。
何よりもこの安田記念4着の成績は評価されるべきですね。
後方からグイグイと末脚を活かす競馬が得意なタイプであり、明らかに東京のマイルという舞台はフィットするでしょう。
前走のディセンバーSは3着と取りこぼしておりますが、少し大事に乗りすぎたような印象を持ちます。
今回は川田騎手への乗り替わりです。
サトノアラジンのようなイメージで乗れば、好走でいる可能性は高いと見ています。

【割引材料】
金曜の雪で馬場が重くなると不安ですね。
上がり33秒台の豪快な末脚でグイグイと追い込んでくるのがこの馬の最大の武器です。
どちらかというとパンパンの良馬場の方がフィットするでしょうね。
さらに使い詰めなところも気になるところです。
あの極悪馬場の天皇賞秋を使っておりますからね。
ディセンバーステークスで末脚がイマイチだったのはこのダメージがあるからかもしれません。
安田記念に安心して出走させるには賞金の加算が絶対です。
ここのところのローテを見ていると無理をさせているような感じがしてしまいます。

さらにこの馬は嫌なデータに該当しているのも気になるところです。
この嫌なデータに該当した馬の成績は過去5年間で以下のようになっております。

成績:0-0-1-9
勝率:0.0% 複勝率:10.0%
単勝回収値:0 複勝回収値:18


「あまり相性が良くないのかな・・・」という感じがしますね。
この嫌なデータに関しては競馬ブログランキングにて公開中です!ぜひ、ご確認を!

中央競馬 ブログランキングへ
(現在6位前後)
※競馬ブログランキングの見方がわからない方はこちらをご覧ください!
http://blog.livedoor.jp/ganma1123/archives/50063069.html


【ベルキャニオン】父ディープインパクト(石橋)56㎏
【考察】
重賞では足りない馬ですが、前走のディセンバーステークスではグレーターロンドンと僅差の競馬をしております。ここは推せる材料ですね。
好走が東京1600mに集中しているのも好感が持てるところです。
得意条件でどこまで戦えるかという感じですね。

【割引材料】
重賞で馬券になるほどの力を持っていないように思えます。
さらに堀厩舎×石橋騎手の成績は重賞では極めて厳しいものになっており、データとしても買いづらい1頭ですね。

シンクタンク:東京新聞杯1080_200

【マイネルアウラート】父ステイゴールド(柴田大)57㎏
【考察】
2016年の東京新聞杯では3着、2017年の東京新聞杯では4着とこのレースとは非常に相性が良いですね。
スムーズに前につけることができる馬であり、前につけた馬が好走するレース展開になれば面白い存在ではないかと思います。
とにかくこの馬が好走できるのは東京マイルのこの舞台です。
いつも今一歩の成績が続いておりますが、今回こそは・・・という考えが陣営にはあるでしょう。
馬券を買う側としてもこの人気なら・・・という感じはありますね。

【割引材料】
ここのところ5レースで4レースが2桁着順となっております。これは厳しい。
前につけた馬に有利な展開と書きましたが、それはこのレースではペースがゆったりと流れた時です。
今回はトウショウピストがおりますからね。そんなペースにはならないと見ています。

以上が東京新聞杯の全頭考察④でした!
今回の全頭考察は全部で4部作となっております。
残りの3つも見て頂けたらと思います。

【馬券になる馬は意外にわかりやすかった!】
荒れる東京新聞杯と安定のきさらぎ賞


東京新聞杯、きさらぎ賞のある指数データの結果です。



■東京新聞杯の見解
2014年~2017年までの結果をみると一見、大荒れのように見えます。

しかし、2017年と2016年の結果だけで十分です。
指数というのはデータの蓄積。年々精度が上がります。

2017年万馬券、2016年30万馬券、2015年と2014年は10万馬券ほどの決着です。
注目点は【指数1位~4位まで】

年々精度は上がり、2016年は30万馬券になりながらも指数3位4位が1着2着と好成績。

これは精度が上がってきている証拠です。
2017年は万馬券決着でしたが、指数1位~4位でしっかりと3連単を的中させてきています。

東京新聞杯の指数は日曜当日昼、無料公開されますのでお楽しみに。
→ 無料会員登録ページ

■きさらぎ賞の見解
このレースは安定的中です。
堅いのでそこまで配当に期待はできませんが、注目点は【指数1位~3位】

2017年4着は指数1位、2014年4着は指数3位。
指数1位~3位が2014年から毎年4着まで占めている結果となっています。

2017年1着だった単オッズ17.2倍、6人気アメリカズカップ。
距離適性はどう見ても1800m。きさらぎ賞にばっちりハマっていた馬でした。
こんな穴馬が今年の出走馬にもいたら、買い目にプラスしてもいいかもしれません。

きさらぎ賞の安定的中の3連単買い目はコチラから
無料会員登録ページ

実は先週、このデータの的中精度について話をしました。

【三連単的中率平均40%。東京は50~70%まで飛躍】

先週の27日土曜日結果、その通りになりました。やっぱり東京に強い

12レース中7レース3連単的中で的中率58.3%
6頭BOXの120点で買っても
回収率125.3%(36,560円勝ち)
5頭BOXの60点でも東京は
回収率250.7%(108,560円勝ち)



ぜひ注目してみてください。
→ 無料会員登録ページ
※メールアドレスを入力するだけで無料登録の完了です!

もし良かったら邪推師とつながりませんか?

ブログの更新通知はもちろん、馬券に役立つようなポイントを見つけた時は即座につぶやきたいと思います。
https://twitter.com/GANMA71879454