【競馬で勝ちたいという方!新たな方法を試してみませんか?】
~あなたが勝つにはあと一工夫が足りないだけかもしれません?~

こらぼ

こんな予想がバシバシと決まるのが「うまコラボ」というサイトの実力であり、
驚愕の高的中率がこのサイトの特徴です。

korabo

あなたの予想に勝つための最後の一工夫!
「うまコラボ」をお役立てください!

登録はコチラからどうぞ!
京都記念_うまコラボ01
※メールアドレスを入力するだけで無料登録の完了です!

<東京新聞杯回顧>

本命は◎クルーガーでした。結果は8着。
4角で上手く内を回ったのはいいのですが、前につけた馬がかなり粘ったため、直線では進路を確保することができませんでした。ここが痛かったですね。別にそこまでインにこだわるべき馬ではないと思うのですが、浜中騎手には何か考えがあったのでしょう。
そして今回のこの馬の上がり3ハロンは34.0でした。
これはマイルでこの馬が出せる最速の上がりです。これ以上を求められると厳しいですね。
34秒前半から半ばが上がり3ハロンで上位になるような馬場や展開ではないと好走できない可能性がありますね。覚えておきたいと思います。

では追って回顧を行っていきます。

1着のリスグラシュー
勝ち味に遅かったハーツクライ産駒が突き抜けて勝利しました。
これがどういう意味かは私の古くからの読者の方はわかると思います。
そうです。「覚醒」ですね。
間違いなくヴィクトリアマイルは◎か〇で良いと思います。
今回は中団につける競馬が上手くできました。折り合いもしっかりついていました。
今年の4歳牝馬でG1を勝ったことがある馬はモズカッチャン、ソウルスターリング、ディアドラとおりますが、この馬に私は最も伸びしろがあると思っています。
今後の活躍に期待です。
あ、桜花賞馬レーヌミノルもいましたね。ミノルファンの方々、すみません。

2着のサトノアレス
上手く内を突いてきましたね。これはラッキーだったと思います。
内に飛び込もうか悩んでいた騎手と、最初から内を突くしかないと思っていた柴山騎手の差が出たと思います。
腹を括った騎乗は見事でしたね。
今回、2着に好走しましたが、最高に上手く乗れての結果であることは忘れてはならないと思います。
ちなみにこの馬は良馬場だとそこまで崩れていません。
買うタイミングは良馬場でしょうね。さすがは藤沢厩舎です。

3着のダイワキャグニー
やはり左回りでの安定感は高い馬です。
終始、外を回る結果になり、そのロスが響いての3着という感じですね。
2着だったら馬連が当たっていたのに・・・もう。
この馬の買い時は左回りです。1600m~2000mぐらいですかね。
それ以外は買わなくていいかもしれません。
クラレントのような馬ですね。

4着のデンコウアンジュ
古馬牡馬相手にここまでやれれば十分でしょう。
東京1600mは合いますね。この馬に。
ずっと左回りを使われていなかった理由はわかりませんが、ヴィクトリアマイルでは印をつけるべき馬だと思っています。

5着のディバインコード
東京競馬場の馬場は乾き始めてくると内有利となります。
そこを上手く活かしての好走でした。
重賞では厳しいと思いますが、OP特別なら十分に戦える馬だと思います。
重賞では買いません。

6着のハクサンルドルフ
最後方から外を回しての追込でしたが、この走りは今の東京競馬場では届きません。
スローからのキレ勝負に強いタイプですね。改めてそう感じました。

7着のベルキャニオン
良い競馬ができておりましたね。
やはり東京の舞台は合うのでしょう。
ただ石橋騎手×堀厩舎の馬は重賞では買わないようにしたいと思います。
この組み合わせかつ重賞では好走が期待できません。
2015年から今回の東京新聞杯での成績は0-1-0-15となっております。
唯一、2着になったことがある馬はどの馬かわかりますか?
あの世代最強馬ですよ。

9着のグレーターロンドン
位置を取っての競馬に驚きましたね。
しかし、川田騎手はレース後に「後ろからの方が良い馬なのかと思います」とコメントしております。「はい。知っています」とお返ししたいですね。
溜めてナンボという感じの馬ですね。
安田記念に出てきたら厚い印をつけたいとまだ思っています。

10着のストーミーシー
穴馬として期待しておりましたが、完全に力負けですね。残念です。
重賞では足りないのかな。

11着のダノンプラチナ
最後方から外を回しての追込でしたが、この走りは今の東京競馬場では届きません。
この馬は出負けがデフォルトですからね。これだと厳しいですね。

12着のアドマイヤリード
渋った馬場でのスローからのキレ勝負に強いタイプです。
今回は鞍上も弱体化しておりましたしね。簡単に乗りこなせるタイプではないのでしょう。トップ騎手が騎乗した時に買いたい馬ですね。
ちなみに休み明けは0-0-1-5という馬です。これは買えないですね。

以上が東京新聞杯の回顧でした。

安田記念、そしてヴィクトリアマイルにつながるレースです。
このレースの結果と内容はしっかりと把握しておきたいと思います。
安田記念で買いたい馬はグレーターロンドンですね。ダイワキャグニーはまだ怖いです。
ヴィクトリアマイルはリスグラシュー、デンコウアンジュは買いたい馬です。

【京都記念でアルアインに該当する最悪データをご存知ですか?】

今週の日曜日には京都記念(G2)が行われます。
そこで上位人気が想定されているアルアインに該当する最悪データを見つけてしまいました。

その最悪データに該当した馬の成績は以下の通りです。

成績:0-0-0-13
勝率:0.0% 複勝率:0.0%
単勝回収値:0 複勝回収値:0


このアルアインに該当する最悪データ競馬ブログランキングにて公開中です!

ぜひ、その目でご確認ください!

中央競馬ランキングへ
(現在9位前後)
※競馬ブログランキングの見方がわからない方はこちらをご覧ください!
http://blog.livedoor.jp/ganma1123/archives/50063069.html


【穴馬の共通点を発見!】京都記念&共同通信杯を当てる!

うまこらぼ2

こんな的中率を持った指数データを使った検証結果、
11日(日)の京都記念&共同通信杯で3連単を的中させるための共通点が見つかりました。

以下のデータを見てみてください。




まず前提として、この指数は「数字が小さいほど走る馬を示しています。」
ここを間違えないようにしてください。

そして、この指数から出る上位6頭が、平場含め全レースで総合的に走る馬を示しています。その6頭で馬券を組み立てると、2018年2月4日の様な3連単45.8%という高い的中率誰にでも出せます。

このデータを知っている人か知らない人かの差は
競馬で儲かっている人と儲かっていない人の差につながっています。
ぜひチェックしてみてください。
無料会員登録ページ

■共同通信杯
指数1位~3位がほぼ馬券を独占しているのがわかります。

指数は過去データの蓄積で、どんどん精度が上がるので2015年万馬券で指数2位しか馬券に絡んでませんが、2016年は9万馬券になりながらも指数1位と4位が馬券に絡む精度となりました。

さらに、指数値メモをみてください。
「指数値メモ=コラボ@指数」というものの数字です。
このコラボ@指数の数字が小さい程、走る馬を示しているという事です。

要するに、
【共同通信杯2014年~2017年まで4年間すべて、コラボ@指数30以下で馬券決着】が狙い目です。

■京都記念
指数1位~3位がほぼ馬券を独占しているのがわかりますが、2016年だけ悲惨な成績です。
ですが、ここも最少点数で3連単を取るために見てもらいたいのは、指数順位ではなく、
【京都記念2014年~2017年まで4年間すべて、コラボ@指数32以下で馬券決着】が狙い目です。

ぜひ参考にしてみてください。
無料会員登録ページ
※メールアドレスを入力するだけで無料登録の完了です!

ブログの更新通知はもちろん、馬券に役立つようなポイントを見つけた時は即座につぶやきたいと思います。
https://twitter.com/GANMA71879454