【競馬で勝ちたいという方!新たな方法を試してみませんか?】
~あなたが勝つにはあと一工夫が足りないだけかもしれません?~

こらぼ

こんな予想がバシバシと決まるのが「うまコラボ」というサイトの実力であり、
驚愕の高的中率がこのサイトの特徴です。

korabo

あなたの予想に勝つための最後の一工夫!
「うまコラボ」をお役立てください!

登録はコチラからどうぞ!
京都記念_うまコラボ01
※メールアドレスを入力するだけで無料登録の完了です!

本日も当ブログをご覧いただきましてありがとうございます。
今週は久しぶりに3重賞ですね。まだ今週は良いのですが・・・。
3日間開催のあとにG1を含む4重賞を用意してくるJRAを私は嫌います。
日程が鬼がかっていますね。

さぁ、共同通信杯のデータ分析を行いたいと思います。

共同通信杯
東京競馬場 芝1800m G3 別定
(2013年~2016年の5年間)


【過去の傾向】
ペースはスロー~ミドルで最後方からの競馬では厳しい
道中はじっくりとインを回った馬が有利というわけではない
4角で外を大きく回してという馬の好走は少ない。ロスなく回りたい

※詳細は以下のブログに記載しております
http://blog.livedoor.jp/ganma1123/archives/52917714.html

【コース傾向】
前半と中盤のペースが遅く、後半の3ハロンが速いという典型的な上がり勝負
重賞クラスのメンバーでも超スローの上がり勝負になることはめずらしくない
脚質的には仮柵の位置を問わず逃げ、先行馬の好走が多い
小回りのローカルを得意としているような馬は苦しい
逃げ・先行馬は真ん中から内枠を引いた方が、すんなりインコースに潜り込みやすい

【所属】重視度B
5番人気以内かつ関西馬(3-1-3-6)
5番人気以内かつサンデーR(1-1-1-2)
5番人気以内かつノーザンファーム生産馬(2-4-3-4)

【枠】重視度C
(東京芝1800m実績)
1枠の好走率&回収率が高い
それ以外の枠に差はない

(共同通信杯実績)
1枠~2枠(2-1-0-7)※5番人気以内(2-1-0-4)6番人気以下(0-0-0-3)
3枠~6枠(2-1-4-20)※5番人気以内(1-1-3-4)6番人気以下(1-0-1-16)
7枠~8枠(1-3-1-15)※5番人気以内(1-2-1-5)6番人気以下(0-1-0-10)

【血統】重視度B
(東京芝1800m実績)勝率-連対率-複勝率(単勝回収値、複勝回収値)
回収率重視:該当馬なし
好走率重視:ディープインパクト 13.8%-24.4%-36.5%(69、85)

(共同通信杯実績)
ディープインパクト産駒(2-1-4-8)
5番人気以内かつ父サンデー系(4-2-4-10)
6番人気以下かつ父サンデー系×母父ロベルト系(1-0-1-0)

【騎手】重視度B
(東京芝1800m実績)勝率-連対率-複勝率(単勝回収値、複勝回収値)
回収率重視:武豊 16.0%-24.0%-34.0%(92、94)
好走率重視:ムーア 27.3%-36.4%-45.5%(124、65)

【人気】重視度A
1番人気(1-1-1-2)2番人気(1-1-1-2)3番人気(1-1-1-2)
1番人気~3番人気(3-3-3-6)安定している
2ケタ人気馬(0-0-0-12)7番人気以下(0-0-1-26)

【脚質】重視度A
逃げ(0-0-0-6)先行(3-3-4-8)差し(1-2-0-14)追込(1-0-1-14)
5番人気以内かつ4角4番手以内(3-2-3-3)
6番人気以下かつ4角3番手以下(1-0-0-22)

【上がり】重視度A
上がり最速(2-2-0-1)上がり3位以内(5-4-1-7)
5番人気以内かつ上がり6位以下(0-0-2-9)

【馬体重】重視度C
5番人気以内かつ500kg以上(2-1-2-4)

【性別】重視度D
牝馬(0-0-0-3)とデータが少ない

【キャリア】重視度B
キャリアと好走に関連性は少ない

【生月】重視度D
好走と関連性が乏しい

【前走】重視度B
<5番人気以内>
前走3着以内(4-3-4-9)
前走上がり1位(3-1-1-4)
前走京都競馬場(1-0-0-4)
前走東京スポーツ杯2歳ステークス(2-0-1-2)

<6番人気以下>
前走乗り替わり(0-1-0-21)
前走上がり5位以内(0-0-0-17)
前走4角4番手以下(0-0-0-20)
前走非重賞(0-1-0-16)

以上が共同通信杯のデータ分析です。
好走のポイントをまとめると以下の通りになります。

(好走条件)
5番人気以内かつ関西馬(3-1-3-6)
5番人気以内かつサンデーR(1-1-1-2)
5番人気以内かつノーザンファーム生産馬(2-4-3-4)
ディープインパクト産駒(2-1-4-8)
5番人気以内かつ父サンデー系(4-2-4-10)
6番人気以下かつ父サンデー系×母父ロベルト系(1-0-1-0)
1番人気~3番人気(3-3-3-6)
5番人気以内かつ4角4番手以内(3-2-3-3)
上がり最速(2-2-0-1)
5番人気以内かつ500kg以上(2-1-2-4)
5番人気以内かつ前走3着以内(4-3-4-9)
5番人気以内かつ前走上がり1位(3-1-1-4)
5番人気以内かつ前走東スポ杯2歳S(2-0-1-2)

(割引条件)
7番人気以下(0-0-1-26)
6番人気以下かつ4角3番手以下(1-0-0-22)
5番人気以内かつ上がり6位以下(0-0-2-9)
5番人気以内かつ前走京都競馬場(1-0-0-4)
6番人気以下かつ前走乗り替わり(0-1-0-21)
6番人気以下かつ前走上がり5位以内(0-0-0-17)
6番人気以下かつ前走4角4番手以下(0-0-0-20)
6番人気以下かつ前走非重賞(0-1-0-16)

上記のデータを踏まえて現時点での本命馬はステイフーリッシュです。
中京競馬場の新馬戦では2着馬を大きく離す圧勝でした。左回りは全く苦にしませんね。
ホープフルステークスでは後方からの競馬となりましたがグイグイと末脚を伸ばし3着を確保しました。
前走の中山2000mよりは今回の東京1800mの方がレースはしやすいタイプでしょうね。
皐月賞出走のためには賞金加算が必須です。勝負度合いも強いと思います。

【共同通信杯には5つの必勝データが存在した!】
過去5年間における東京新聞杯のデータを分析したところ5つの必勝データを発見してしまいました。
その必勝データとは以下のものです!

・前走500万下クラス以上
・前走3着以内
・キャリア4戦以内
・上がり5位以内
・前走京都競馬場以外


この必勝データの全てに該当している馬の成績は2-3-4-3であり複勝率は75.0%、複勝回収値は124となっております。

この必勝データの全てに該当している馬は今回のメンバーではゴーフォザサミット、ステイフーリッシュといった人気馬の他に穴馬が該当しております。
この馬は前々走の内容が非常に良いですね。
今の人気は間違いなく過小評価となっている馬だと思います。

この馬の名前に関しては競馬ブログランキングにて公開しております。ぜひ、ご覧ください!

中央競馬 ブログランキングへ
(現在8位前後)

ワールド:共同通信杯490-160

ここからは簡単にですが上位人気馬の考察を書いていきたいと思います。

【1番人気】グレイル
ホープフルステークスの勝ち馬であるタイムフライヤーに勝利している馬であり、現在は2戦2勝の無敗です。人気になるのは当然でしょう。
気になるのは過去2戦ともに京都2000mであり、平坦かつ内回りコースだったことです。
東京1800mとは求められる適性が違います。
ここを勝つことができればクラシックでも主役級の存在になりますね。

【2番人気】ステイフーリッシュ
上記の通りです。期待しております。

【3番人気】ゴーフォザサミット
今回と同じ東京コースで勝利しているのは推せる材料ですね。
現在、2勝しておりますが、倒した相手があまり強くないのは気になるところです。

【4番人気】サトノソルタス
前走の新馬戦は不良馬場にもかかわらず強い競馬を見せてくれました。
東京1800mの舞台を経験し、勝利しているのは好感が持てますね。
ただデムーロ騎手だから勝てたような気もします。
気性面にも幼さを感じます。外枠だと怖いですね。

【5番人気】カフジバンガード
直線の長い東京コースはこの馬の適性にフィットするでしょう。
ただ重賞になると惜しい競馬が続いております。
重賞で馬券になるだけの力がないかもしれませんね。
ただ今回は内田騎手が騎乗します。これは良いかもしれませんね。

以上が上位人気馬の考察でした。
このレースは堅いレースなので、上記の馬を中心に馬券を組み立てることになるかもしれませんね。

【穴馬の共通点を発見!】京都記念&共同通信杯を当てる!

うまこらぼ2

こんな的中率を持った指数データを使った検証結果、
11日(日)の京都記念&共同通信杯で3連単を的中させるための共通点が見つかりました。

以下のデータを見てみてください。




まず前提として、この指数は「数字が小さいほど走る馬を示しています。」
ここを間違えないようにしてください。

そして、この指数から出る上位6頭が、平場含め全レースで総合的に走る馬を示しています。その6頭で馬券を組み立てると、2018年2月4日の様な3連単45.8%という高い的中率誰にでも出せます。

このデータを知っている人か知らない人かの差は
競馬で儲かっている人と儲かっていない人の差につながっています。
ぜひチェックしてみてください。
無料会員登録ページ

■共同通信杯
指数1位~3位がほぼ馬券を独占しているのがわかります。

指数は過去データの蓄積で、どんどん精度が上がるので2015年万馬券で指数2位しか馬券に絡んでませんが、2016年は9万馬券になりながらも指数1位と4位が馬券に絡む精度となりました。

さらに、指数値メモをみてください。
「指数値メモ=コラボ@指数」というものの数字です。
このコラボ@指数の数字が小さい程、走る馬を示しているという事です。

要するに、
【共同通信杯2014年~2017年まで4年間すべて、コラボ@指数30以下で馬券決着】が狙い目です。

■京都記念
指数1位~3位がほぼ馬券を独占しているのがわかりますが、2016年だけ悲惨な成績です。
ですが、ここも最少点数で3連単を取るために見てもらいたいのは、指数順位ではなく、
【京都記念2014年~2017年まで4年間すべて、コラボ@指数32以下で馬券決着】が狙い目です。

ぜひ参考にしてみてください。
無料会員登録ページ
※メールアドレスを入力するだけで無料登録の完了です!

ブログの更新通知はもちろん、馬券に役立つようなポイントを見つけた時は即座につぶやきたいと思います。
https://twitter.com/GANMA71879454