【競馬で勝ちたいという方!新たな方法を試してみませんか?】
~あなたが勝つにはあと一工夫が足りないだけかもしれません?~

こらぼ

こんな予想がバシバシと決まるのが「うまコラボ」というサイトの実力であり、
驚愕の高的中率がこのサイトの特徴です。

korabo

あなたの予想に勝つための最後の一工夫!
「うまコラボ」をお役立てください!

登録はコチラからどうぞ!
京都記念_うまコラボ01
※メールアドレスを入力するだけで無料登録の完了です!

京都記念 全頭考察①!

本日も当ブログをご覧いただきましてありがとうございます。
何の気なしに川本真琴の「1/2」を久しぶりに聴きましたが・・・。
声が甘いなぁ・・・。
実は私、結構な声フェチです。

さて、今日は京都記念の全頭考察①を書きたいと思います。

【アルアイン】父ディープインパクト(川田)57㎏
【考察】
ご存知でしょうが昨年の皐月賞馬です。
先週のきさらぎ賞で愚弟のダノンマジェスティが恥ずかしいところを見せてしまっただけに兄としては負けられないレースになりますね。
ただ皐月賞を勝利してからは不甲斐ない結果が続いております。
ダービー5着、セントライト記念2着、菊花賞7着で未勝利に終わっています。
それぞれ明確な敗因はあります。致し方無いところもあるのは事実。
ただ私はアルアインにそこまでの強さを感じておりません。
ハマればG1を勝利できる程度の馬という感じですね。G1戦線で常に勝ち負けするような馬ではないと見ています。
加速があまりスムーズではない馬なので、瞬発力勝負は危険です。
京都外回りのコースで向こう正面から持続的に脚を使う競馬はフィットするかもしれませんね。
今の京都競馬場は適度に時計のかかる馬場です。タフなレース展開でこそ力を発揮できる馬なのでここもこの馬に向きそうだなと思っています。

さらにこの馬は好走データに該当しているのも評価できるところです。
この好走データに該当した馬の成績は過去5年間で以下のようになっております。

成績:5-3-4-14
勝率:19.2% 複勝率:46.2%
単勝回収値:247 複勝回収値:118


ご覧のように好走率だけではなく、回収値が高いのもいいですね。
このアルアインに該当する好走データに関しては競馬ブログランキングにて公開中です!ぜひ、ご確認を!

中央競馬 ブログランキングへ
(現在6位前後)
※競馬ブログランキングの見方がわからない方はこちらをご覧ください!
http://blog.livedoor.jp/ganma1123/archives/50063069.html


【不安材料】
気になるのは菊花賞の負け方ですね。
7着に敗れておりますが、この時の鞍上のルメール騎手によれば直線で走るのをやめたとのことです。
ただのスタミナの枯渇による失速ならばいいのですが、もし、メンタルが原因の失速であれば、いきなり立て直すのは難しいかもしれません。

【クロコスミア】父ステイゴールド(岩田)54㎏
【考察】
「軽量ステイゴールド産駒の牝馬は3歳春まで」という私のセオリーを潰してくれた馬です。ちなみに私がミッキークイーンの翌年に気に入ったのがこのクロコスミア。
ここまで強くなってくれて嬉しいです。
特にここのところの数戦は好走を何度も続けております。
とにかく力をつけております。今までは渋った馬場でこその馬と思っていたのですが、前走のエリザベス女王杯では良馬場でも2着に好走。
モズカッチャンとは差のない競馬ができ、ミッキークイーン、ヴィブロス、スマートレイアーを倒しております。
前につけた馬が極端に不利なレースでとならなければこの馬が好走する可能性は決して低くないと思います。
しかも土曜日の天候は雨。翌日の京都記念でもその雨の影響が残っていればこの馬は面白い存在になるかもしれません。

【不安材料】
重賞において古馬牡馬と戦ったことがありません。
牡馬に有利であるタフな流れになった時、小柄な女の子のこの馬が太刀打ちできるのでしょうか。
エリザベス女王杯は確かに2着に好走しておりますが、前につけた馬が圧倒的に有利な流れの中の好走でした。
思い切って軸にするというよりは、◎の相手またはヒモに加えるぐらいがいいような気もしますが・・・。

シンクタンク:京都記念1080_200

【ミッキーロケット】父キングカメハメハ(松若)56㎏
【考察】
なかなか休ませてもらえないですね。可哀想に。
昨年の京都記念は4着に好走しております。この時は出負けしており、スムーズなスタートを切れていれば馬券内もあったかなと思っています。
京都競馬場の重賞レースは過去に5戦しておりますが、すべてG2以上です。
それでいて1度も掲示板を外していないのですから、非常に相性の良い舞台であると言えます。
今回は久しぶりに56kgで出走できるのは良いですね。
もし、この馬が斤量負けする馬ならば、56kgに戻る今回は買い材料かもしれませんね。

【不安材料】
使い詰めなのは気になるところです。
あとはこの馬はどちらかというと軽い馬場の方が良いタイプだと思います。
今の時計のかかる京都競馬場はこの馬にとってプラス材料ではないかもしれません。
鞍上も和田騎手から松若騎手になるのはちょっと気になりますね。

以上が京都記念の全頭考察①でした!
今回の全頭考察は全部で3部作となっております。
残りの2つも見て頂けたらと思います。

【穴馬の共通点を発見!】京都記念&共同通信杯を当てる!

うまこらぼ2

こんな的中率を持った指数データを使った検証結果、
11日(日)の京都記念&共同通信杯で3連単を的中させるための共通点が見つかりました。

以下のデータを見てみてください。




まず前提として、この指数は「数字が小さいほど走る馬を示しています。」
ここを間違えないようにしてください。

そして、この指数から出る上位6頭が、平場含め全レースで総合的に走る馬を示しています。その6頭で馬券を組み立てると、2018年2月4日の様な3連単45.8%という高い的中率誰にでも出せます。

このデータを知っている人か知らない人かの差は
競馬で儲かっている人と儲かっていない人の差につながっています。
ぜひチェックしてみてください。
無料会員登録ページ

■共同通信杯
指数1位~3位がほぼ馬券を独占しているのがわかります。

指数は過去データの蓄積で、どんどん精度が上がるので2015年万馬券で指数2位しか馬券に絡んでませんが、2016年は9万馬券になりながらも指数1位と4位が馬券に絡む精度となりました。

さらに、指数値メモをみてください。
「指数値メモ=コラボ@指数」というものの数字です。
このコラボ@指数の数字が小さい程、走る馬を示しているという事です。

要するに、
【共同通信杯2014年~2017年まで4年間すべて、コラボ@指数30以下で馬券決着】が狙い目です。

■京都記念
指数1位~3位がほぼ馬券を独占しているのがわかりますが、2016年だけ悲惨な成績です。
ですが、ここも最少点数で3連単を取るために見てもらいたいのは、指数順位ではなく、
【京都記念2014年~2017年まで4年間すべて、コラボ@指数32以下で馬券決着】が狙い目です。

ぜひ参考にしてみてください。
無料会員登録ページ
※メールアドレスを入力するだけで無料登録の完了です!

ブログの更新通知はもちろん、馬券に役立つようなポイントを見つけた時は即座につぶやきたいと思います。
https://twitter.com/GANMA71879454