【競馬で勝ちたいという方!新たな方法を試してみませんか?】
~あなたが勝つにはあと一工夫が足りないだけかもしれません?~

こらぼ

こんな予想がバシバシと決まるのが「うまコラボ」というサイトの実力であり、
驚愕の高的中率がこのサイトの特徴です。

korabo

あなたの予想に勝つための最後の一工夫!
「うまコラボ」をお役立てください!

登録はコチラからどうぞ!
京都記念_うまコラボ01
※メールアドレスを入力するだけで無料登録の完了です!

京都記念 全頭考察②!

本日も当ブログをご覧いただきましてありがとうございます。
「コードギアス」を観ているのですが、そこにこういうセリフがありました。

「間違っていたのは俺じゃない。世界の方だ。」

こんなこと堂々と言える人間になりたいです(笑)

ということで今日は京都記念の全頭考察②を書きたいと思います。

【モズカッチャン】父ハービンジャー(M.デムーロ)54㎏
【考察】
ローズステークスで馬券外になってしまいましたが、それ以外は安定した成績を残せております。
ローズステークスでの敗因は秋華賞を見据えた緩々の仕上げと時計の速い決着でしょう。
この馬はある程度、タフな馬場と時計でこそ力を発揮するタイプです。
そういう意味では今の時計のかかる京都競馬場の馬場はこの馬にとってプラス材料でしょう。
ハービンジャー産駒が好走するために必要な条件は「内枠」と「名手」です。
デムーロ騎手は間違いなく名手なので、あとは内枠を取るだけですね。
内枠を取る競馬ができればこの馬の好走率は非常に高くなると見ています。

さらにこの馬は好走データに該当しているのも評価できるところです。
この好走データに該当した馬の成績は過去5年間で以下のようになっております。

成績:6-4-2-9
勝率:28.6% 複勝率:57.1%
単勝回収値:151 複勝回収値:121


ご覧のように好走率だけではなく、回収値が高いのもいいですね。
このモズカッチャンに該当する好走データに関しては競馬ブログランキングにて公開中です!ぜひ、ご確認を!

中央競馬 ブログランキングへ
(現在6位前後)
※競馬ブログランキングの見方がわからない方はこちらをご覧ください!
http://blog.livedoor.jp/ganma1123/archives/50063069.html


【不安材料】
ローズステークスのことがあるだけに休み明けは怖いですね。
今回は間違いなく調整でしょう。また緩々の仕上げだった場合が怖いです。
あとは上がり3ハロンが33秒台になるようなレース展開や馬場になった場合は飛ぶ可能性があります。
ここをしっかりと見極めて予想する必要があるでしょうね。

【ディアドラ】父ハービンジャー(福永)54㎏
【考察】
この馬もハービンジャー産駒ですね。
とにかく速い上がりを使えるタイプの馬です。
ここまで15戦しておりますが、新馬戦以外の14戦で上がり3位以内となっております。
京都競馬場のように持続的に末脚を活かす舞台はこの馬も得意なコースですね。
想定オッズの段階ではありますが、少し人気が落ちている理由は前走のエリザベス女王杯での12着という大敗でしょうか。
秋華賞でタイトな競馬をして、エリザベス女王杯ではお釣りが残っていなかったというのが明確な敗因でしょう。
あとは昨年のエリザベス女王杯は圧倒的に前につけた馬に有利な流れでした。
4角17番手からの競馬では到底、届くことはないでしょう。参考外で良いと思います。
後方から競馬をするタイプなので少頭数はプラス材料でしょう。

【不安材料】
気になるのはエリザベス女王杯で後方からの競馬となってしまった理由ですね。
岩田騎手はレース後にこう話しております。
「スタートから全然前へ進んで行きませんでした。なぜなのか分かりません」
牝馬は使い詰めると燃え尽きるところがあります。
メンタル面で問題が出てきているならば怖いところです。
G1も勝ったし、もうお嫁さんになりたいと思っているかもしれませんね。

シンクタンク:京都記念1080_200

【プリメラアスール】父スペシャルウィーク(酒井)54㎏
【考察】
重賞になるとワンパンチ、いやツーパンチ足りない馬ですね。
ハナに立つ競馬をする必要がある馬であり、おそらく今回もハナを切るのはこの馬でしょう。
ペースのカギを握る馬ですね。この馬の役割はこれだけだと思っています。

【不安材料】
そもそも根本的に力が足りていないと見ています。
逃げ馬が有利なレースではありませんからね。思い切った大逃げなんてやってみると面白いかもしれません。
予想がしづらくなるのでこちらとしては辞めて欲しいのですが。

以上が京都記念の全頭考察②でした!
今回の全頭考察は全部で3部作となっております。
残りの2つも見て頂けたらと思います。

【穴馬の共通点を発見!】京都記念&共同通信杯を当てる!

うまこらぼ2

こんな的中率を持った指数データを使った検証結果、
11日(日)の京都記念&共同通信杯で3連単を的中させるための共通点が見つかりました。

以下のデータを見てみてください。




まず前提として、この指数は「数字が小さいほど走る馬を示しています。」
ここを間違えないようにしてください。

そして、この指数から出る上位6頭が、平場含め全レースで総合的に走る馬を示しています。その6頭で馬券を組み立てると、2018年2月4日の様な3連単45.8%という高い的中率誰にでも出せます。

このデータを知っている人か知らない人かの差は
競馬で儲かっている人と儲かっていない人の差につながっています。
ぜひチェックしてみてください。
無料会員登録ページ

■共同通信杯
指数1位~3位がほぼ馬券を独占しているのがわかります。

指数は過去データの蓄積で、どんどん精度が上がるので2015年万馬券で指数2位しか馬券に絡んでませんが、2016年は9万馬券になりながらも指数1位と4位が馬券に絡む精度となりました。

さらに、指数値メモをみてください。
「指数値メモ=コラボ@指数」というものの数字です。
このコラボ@指数の数字が小さい程、走る馬を示しているという事です。

要するに、
【共同通信杯2014年~2017年まで4年間すべて、コラボ@指数30以下で馬券決着】が狙い目です。

■京都記念
指数1位~3位がほぼ馬券を独占しているのがわかりますが、2016年だけ悲惨な成績です。
ですが、ここも最少点数で3連単を取るために見てもらいたいのは、指数順位ではなく、
【京都記念2014年~2017年まで4年間すべて、コラボ@指数32以下で馬券決着】が狙い目です。

ぜひ参考にしてみてください。
無料会員登録ページ
※メールアドレスを入力するだけで無料登録の完了です!

ブログの更新通知はもちろん、馬券に役立つようなポイントを見つけた時は即座につぶやきたいと思います。
https://twitter.com/GANMA71879454