【競馬で勝ちたいという方!新たな方法を試してみませんか?】
~あなたが勝つにはあと一工夫が足りないだけかもしれません?~

こらぼ

こんな予想がバシバシと決まるのが「うまコラボ」というサイトの実力であり、
驚愕の高的中率がこのサイトの特徴です。

korabo

あなたの予想に勝つための最後の一工夫!
「うまコラボ」をお役立てください!

登録はコチラからどうぞ!
京都記念_うまコラボ01
※メールアドレスを入力するだけで無料登録の完了です!

京都記念 全頭考察③!

本日も当ブログをご覧いただきましてありがとうございます。
実はここにきてTwitterのフォロワーが一気に増えてきております。
ありがたい限りです。せっかくフォローしてくれているのですから、ブログの更新のほかに何かお役に立つ情報を発信したいと思っています。
思いついたら不定期でいきなりツイートします!笑
ご興味のある方はぜひTwitterのフォローしてください!
https://twitter.com/GANMA71879454

それでは京都記念の全頭考察③を書きたいと思います。

【レイデオロ】父キングカメハメハ(バルジュー)57㎏
【考察】
去年のダービー馬です。そしてジャパンカップ2着馬です。
ここでは格が違いますね。
唯一、馬券外になった皐月賞(5着)は休み明けかつ展開が向かなかったところが敗因でしょう。参考外で良いと思います。
ダービーはルメール騎手の好騎乗がありました。1000m通過タイム63.2という歴史に残るスローペースを制しての勝利でした。
そして圧巻だったのは神戸新聞杯です。今までは後ろからの競馬しかできなかったこの馬がまさかの先行策からの圧勝劇。
この時の2着馬が後の菊花賞馬キセキであることを考えれば、その強さは簡単に理解できるでしょう。
そしてジャパンカップですが、このジャパンカップはスタートで後手を踏み、中団からの競馬となりました。おそらくこれは無理だろうなと思えた位置取りから、2着に迫った末脚は見事だったと思います。
このレースは後方からの競馬をした馬には厳しいレースだったと思います。
どこをどう切り取ってみてもこの馬は強いですね。

【割引材料】
割引材料はありますよ。ちゃんと。

この馬はある最悪データに該当しているのが気になります。
この最悪データに該当した馬の成績は過去5年間で以下のようになっております。

成績:0-0-1-4
勝率:0.0% 複勝率:20.0%
単勝回収値:0 複勝回収値:22


なぜ、こういう成績になるのかはわかりません。
ハープスター、ジェンティルドンナといった馬もぶっ飛んでおります。
この嫌なデータに関しては競馬ブログランキングにて公開中です!ぜひ、ご確認を!

中央競馬 ブログランキングへ
(現在6位前後)
※競馬ブログランキングの見方がわからない方はこちらをご覧ください!
http://blog.livedoor.jp/ganma1123/archives/50063069.html


こういうデータがあるから「勝って当たり前の馬」と世間が評価している馬でもこのレースは危ないのです。
このデータに該当した馬はまさに今のレイデオロと重なりますね。
もう一度だけ言いますが、ジャパンカップを2連覇したあのジェンティルドンナもぶっ飛んだ京都記念です。(おっと!福永騎手の悪口はそこまでですよ)

【クリンチャー】父ディープスカイ(藤岡佑)55㎏
【考察】
菊花賞2着は評価に値するでしょう。
ただこの時の菊花賞は極悪馬場でのレースでした。
この馬は典型的なディープスカイ産駒です。キレないがバテない末脚がこの馬の長所です。
こういった適性が活かせる展開になれば面白いのですが・・・ならない気がします。
今の時計のかかる京都の馬場はこの馬の適性にフィットするでしょう。

【割引材料】
このレースは上がりの速さを求められるレースです。持続的な末脚が求められます。
上がり3ハロンで上位になるような馬が好走するレースであって、この馬のように粘り込みを図るタイプには厳しいレースだと思います。

シンクタンク:京都記念1080_200

【ケントオー】父ダンスインザダーク(小牧)56㎏
【考察】
ちょっと重賞では通用する感じがしませんね。
10着でも130万円、9着でも180万円が貰えますからね。
無事に帰ってきて欲しいというところでしょうか。

【割引材料】
能力的に厳しいと見ています。

【アクションスター】父アグネスタキオン(太宰)56㎏
【考察】
この馬もG2の常連ですね。
10着でも130万円、9着でも180万円が貰えます。
無事に帰ってきて欲しいですね。

【割引材料】
能力的に厳しいと思っています。

以上が京都記念の全頭考察③でした!
今回の全頭考察は全部で3部作となっております。
残りの2つも見て頂けたらと思います。

【穴馬の共通点を発見!】京都記念&共同通信杯を当てる!

うまこらぼ2

こんな的中率を持った指数データを使った検証結果、
11日(日)の京都記念&共同通信杯で3連単を的中させるための共通点が見つかりました。

以下のデータを見てみてください。




まず前提として、この指数は「数字が小さいほど走る馬を示しています。」
ここを間違えないようにしてください。

そして、この指数から出る上位6頭が、平場含め全レースで総合的に走る馬を示しています。その6頭で馬券を組み立てると、2018年2月4日の様な3連単45.8%という高い的中率誰にでも出せます。

このデータを知っている人か知らない人かの差は
競馬で儲かっている人と儲かっていない人の差につながっています。
ぜひチェックしてみてください。
無料会員登録ページ

■共同通信杯
指数1位~3位がほぼ馬券を独占しているのがわかります。

指数は過去データの蓄積で、どんどん精度が上がるので2015年万馬券で指数2位しか馬券に絡んでませんが、2016年は9万馬券になりながらも指数1位と4位が馬券に絡む精度となりました。

さらに、指数値メモをみてください。
「指数値メモ=コラボ@指数」というものの数字です。
このコラボ@指数の数字が小さい程、走る馬を示しているという事です。

要するに、
【共同通信杯2014年~2017年まで4年間すべて、コラボ@指数30以下で馬券決着】が狙い目です。

■京都記念
指数1位~3位がほぼ馬券を独占しているのがわかりますが、2016年だけ悲惨な成績です。
ですが、ここも最少点数で3連単を取るために見てもらいたいのは、指数順位ではなく、
【京都記念2014年~2017年まで4年間すべて、コラボ@指数32以下で馬券決着】が狙い目です。

ぜひ参考にしてみてください。
無料会員登録ページ
※メールアドレスを入力するだけで無料登録の完了です!

ブログの更新通知はもちろん、馬券に役立つようなポイントを見つけた時は即座につぶやきたいと思います。
https://twitter.com/GANMA71879454