【先週も高額的中予想が公開されておりました!】

24日(土)に90万円を超える予想が提供されておりました!

224


25日(日)に40万円を超える予想が提供されておりました!

225

このように高配当馬券が毎日のように的中する新サイト!「OASIS」のご紹介です。

このサイトの魅力は「シンプル」です。

「とにかく当たること。」 
そもそも、これ以外の魅力って必要ですか?

いつも高配当の3連単を少点数で的中させることができるのが凄いです!

OASISを参考にされた方は最高の週末となるでしょうね(^^♪

ご興味ある方は以下のリンクから無料登録をしてみてください。
無料会員登録ページ
※メールアドレスを入力するだけで無料登録の完了です!

本日も当ブログをご覧いただきありがとうございます。
カーリング女子の「そだねージャパン」が大活躍です。
とても喜ばしいことなのですが、我々のような道産子のサラブレッドは当たり前のように「そだねー」を使います。
今、流行にだからと思われるのが嫌で「そだねー」を使わないように意識しています。

チューリップ賞
阪神競馬場 1600m G3 馬齢
(2013年~2017年の5年間)


【過去の傾向】
ハイペースになることはなく、中団につけた馬による上がり勝負
道中はインにこだわる必要はない
4角では外を回してでも末脚を活かすことが重要
逃げ馬は粘り通して馬券になることが多い

【コース傾向】
スローペースになりやすいコースで、展開の読みが常に重要
先行馬と差し馬はほぼ互角だが追込馬だけは割引が必要
一定した速いスピードを持続させるのが得意な馬にも歓迎なコース形態
枠順の有利・不利はあまりない

【所属】重視度C
5番人気以内かつ関東馬(2-1-1-1)
5番人気以内かつキャロットファーム(2-0-1-2)

【枠】重視度B
(阪神1600m実績)
枠順に有利不利はない

(チューリップ賞実績)
1枠~2枠(0-1-0-14)※5番人気以内(0-0-0-3)6番人気以下(0-1-0-11)
3枠~6枠(3-2-3-29)※5番人気以内(3-1-2-8)6番人気以下(0-1-1-21)
7枠~8枠(2-2-2-15)※5番人気以内(2-1-1-4)6番人気以下(0-1-1-11)

【血統】重視度A
(阪神1600m実績)勝率-連対率-複勝率(単勝回収値、複勝回収値)
回収率重視:ハービンジャー 9.6%-19.2%-26.0%(172、94)
好走率重視:ディープインパクト 14.1%-26.7%-36.7%(73、81)

(チューリップ賞実績)
5番人気以内かつ父サンデー系×母父ノーザンダンサー系(3-1-1-3)
6番人気以下かつ父サンデー系×母父ノーザンダンサー系(0-1-2-6)
6番人気以下かつ父非サンデー系(0-0-0-20)
6番人気以下かつ母父サンデー系(0-0-0-11)
6番人気以下かつ母父ネイティヴダンサー系(0-1-0-11)

【騎手】重視度B
(阪神1600m実績)勝率-連対率-複勝率(単勝回収値、複勝回収値)
回収率重視:浜中 17.0%-30.4%-39.3%(142、93)
好走率重視:ルメール 21.5%-43.1%-55.4%(75、97)

【人気】重視度B
1番人気(2-1-0-2)2番人気(1-0-2-2)3番人気(1-0-0-4)
1番人気~3番人気の安定感はまずまず(4-1-2-8)
2桁人気馬(0-0-1-27)

【脚質】重視度B
逃げ(1-0-2-2)先行(0-1-2-13)差し(2-1-1-24)追込(2-3-0-19)
5番人気以下かつ4角5番手以内(2-0-2-1)
6番人気以下かつ4角10番手以下(0-1-0-13)

【上がり】重視度A
上がりの速さと成績の良さに関連がある
上がり1位(2-3-0-1)上がり1位~2位(5-3-0-2)
5番人気以内かつ上がり2位以内(5-1-0-1)
5番人気以内かつ上がり4位以下(0-0-2-10)
6番人気以下かつ上がり1位(0-2-0-0)

【馬体重】重視度C
5番人気以内かつ460kg以上(4-1-1-4)
5番人気以内かつ459kg以下(1-1-1-14)

【生月】重視度D
好走との関連性は乏しい

【キャリア】重視度D
好走との関連性は乏しい

【前走】重視度A
<5番人気以内>
継続騎乗(4-1-1-7)
間隔4週以下(0-0-0-9)
間隔10週以上(4-1-3-3)
前走阪神ジュベナイルフィリーズ(4-0-3-3)
前走京都競馬場の非重賞(1-0-0-8)

<6番人気以下>
前走6着以下(0-0-0-17)
前走0.3秒以上の負け(0-0-1-25)
前走6番人気以下(0-1-0-16)
前走440kg以上(0-1-0-29)
前走上がり6位以下(0-0-1-15)
前走4角3番手以内(0-0-1-16)
前走未勝利~500万下(0-0-1-24)
前走京都競馬場(0-1-0-29)
前走東京or 中山競馬場(0-1-2-5)
前走1400m以下(0-1-0-15)

以上がチューリップ賞のデータ分析です。
好走のポイントをまとめると以下の通りになります。

(好走条件)
5番人気以内かつ関東馬(2-1-1-1)
5番人気以内かつキャロットファーム(2-0-1-2)
5番人気以内かつ父サンデー系×母父ノーザンダンサー系(3-1-1-3)
6番人気以下かつ父サンデー系×母父ノーザンダンサー系(0-1-2-6)
5番人気以下かつ4角5番手以内(2-0-2-1)
5番人気以内かつ上がり2位以内(5-1-0-1)
6番人気以下かつ上がり1位(0-2-0-0)
5番人気以内かつ460kg以上(4-1-1-4)
5番人気以内かつ継続騎乗(4-1-1-7)
5番人気以内かつ間隔10週以上(4-1-3-3)
5番人気以内かつ前走阪神ジュベナイルフィリーズ(4-0-3-3)
6番人気以下かつ前走東京or 中山競馬場(0-1-2-5)

(割引条件)
1枠~2枠(0-1-0-14)
6番人気以下かつ父非サンデー系(0-0-0-20)
6番人気以下かつ母父サンデー系(0-0-0-11)
6番人気以下かつ母父ネイティヴダンサー系(0-1-0-11)
2桁人気馬(0-0-1-27)
6番人気以下かつ4角10番手以下(0-1-0-13)
5番人気以内かつ上がり4位以下(0-0-2-10)
5番人気以内かつ459kg以下(1-1-1-14)
5番人気以内かつ間隔4週以下(0-0-0-9)
5番人気以内かつ前走京都競馬場の非重賞(1-0-0-8)
6番人気以下かつ前走6着以下(0-0-0-17)
6番人気以下かつ前走0.3秒以上の負け(0-0-1-25)
6番人気以下かつ前走6番人気以下(0-1-0-16)
6番人気以下かつ前走440kg以上(0-1-0-29)
6番人気以下かつ前走上がり6位以下(0-0-1-15)
6番人気以下かつ前走4角3番手以内(0-0-1-16)
6番人気以下かつ前走未勝利~500万下(0-0-1-24)
6番人気以下かつ前走京都競馬場(0-1-0-29)
6番人気以下かつ前走1400m以下(0-1-0-15)

上記のデータを踏まえて現時点での本命馬はラッキーライラックです。
過去10年間のデータによると阪神ジュベナイルフィリーズの1着馬の成績は3-2-1-1です。よほどではない限り馬券外はないでしょう。
前走も素晴らしい末脚での快勝でした。
ここも好走は間違いないでしょうね。

【チューリップ賞には6つの必勝データが存在した!】

過去5年間におけるチューリップ賞のデータを分析したところ6つの必勝データを発見してしまいました。
その必勝データとは以下のものです!

・父サンデー系or 父ネイティヴダンサー系
・1月~4月生まれ
・間隔5週以上
・前走4番人気以内
・前走未勝利以外
・前走1600m


この必勝データの全てに該当している馬の成績は3-2-4-3であり複勝率は75.0%、複勝回収値は190となっております。

この必勝データの全てに該当している馬は今回のメンバーではラッキーライラック、リリーノーブルといった人気馬の他に面白そうな穴馬が該当しております。
この馬は未知の魅力がある馬ですね。
この馬をどう扱うかが今回のレースのポイントでしょう。

この馬の名前に関しては競馬ブログランキングにて公開しております。ぜひ、ご覧ください!

中央競馬 ブログランキングへ
(現在6位前後)

ではここで簡単に上位人気馬について考察を書いていきたいと思います。

【1番人気】ラッキーライラック
上述した通りです。現時点では逆らうべき馬ではないと思っています。

【2番人気】リリーノーブル
阪神ジュベナイルフィリーズではラッキーライラックに敗れましたが、ローテにゆとりがありませんでした。
しっかりと立て直しての再戦であれば負けないと思われている方も多いでしょうね。
ルーラーシップ産駒らしい前目につけて粘り込む競馬が今回のレース展開に向くかどうかですね。
スローになったら危ないかもしれません。

【3番人気】マウレア
前走のクイーンカップは人気を背負いながらも5着に敗戦。賞金を加算できず。
本来はここを使いたくなかったでしょうね。
瞬発力に乏しい馬なので包まれない外枠が欲しいですね。
前走はペースが速く、脚が溜まらなかったのも敗因でしょう。
ゆったりとしたペースからの瞬発力勝負ならまだわかりませんよ。

【4番人気】シグナライズ
結構、強い馬だと思うのですが結果が出ておりませんね。
前走も負けすぎです。ちょっと買いづらいですね。
溜める競馬が合うと思います。
【5番人気】サラキア
前走は直線で馬群を縫って抜けてくる器用さを見せてくれました。
倒した相手もそこまでレベルは低くありません。
だからといってここでいきなり通用するポテンシャルを見せたかというと・・・。
ディープインパクト産駒というのは非常に良いですね。

以上が上位人気馬の考察でした。
ラッキーライラック、リリーノーブルの2頭が抜けているような気がします。
展開利を考えるとやはりラッキーライラックでしょうか。
相手探しになると思いますが、きっちりと考えていきたいと思います。

【重賞3レース予想】3連単を狙いやすいのは弥生賞

24日~25日

<2月24日(土)~2月25日(日)>
三連単・三連複41.7%、単勝85%以上という高水準の的中率を叩き出しました。

このデータを使って、3月最初の重賞「オーシャンS」「チューリップ賞」「弥生賞」をひも解いて行きたいと思います。

無料会員になれば誰でも今週から見れるデータなので、チェックしてみてください。
こちら

それでは、各レースをこのデータ予想の過去結果から分析していきます。

■弥生賞



今週末の的中が期待できるレースです。

過去4年1着から3着までのほとんどに指数上位4頭が馬券に絡んでいます。

最も取りたいのは3連単。
週末までにじっくり研究したいと思いますが、現時点でわかっていることは過去4年間、1着から3着まで【すべて指数値30以下で馬券決着】しています。ここに注目です。

また、弥生賞の予想は無料公開されますので楽しみにしてみてください。
こちら

■チューリップ賞



弥生賞同様、今週末の的中が期待できるレースです。
同じように指数1位~3位の馬がほぼ来ています。
指数1位から3位で馬券を組み立てるだけで安定的に勝てますね。

■オーシャンS



オーシャンSの予想は難しいですね。
弥生賞の予想で言った通り注目は【指数値30以下】ですが、
様々な指数の良い所を合わせて弾き出された数値をオーシャンSでは逆に裏切ってくる馬が来るのではないかと予想します。その法則を週末までに見つけたいですね。

データを見ているだけで楽しいのでぜひ隅々までチェックしてみてください。

今週末は重賞3鞍。
3月最初の重賞もぜひ、この指数を参考にして「最少点」で獲りに行きましょう。
こちら
※メールアドレスを入力するだけで無料登録の完了です!

もし良かったら邪推師とつながりませんか?

ブログの更新通知はもちろん、馬券に役立つようなポイントを見つけた時は即座につぶやきたいと思います。
https://twitter.com/GANMA71879454