【先週は絶好調すぎて怖いぐらいの予想が提供されていた!】

3日(土)~4日(日)に200万円、100万円を超える予想が提供されておりました!

OASIS

日曜日OASIS

このように高配当馬券が毎日のように的中する新サイト!「OASIS」のご紹介です。

この情報を「嘘」だと思い込んでしまう方は損をしてしまいますよ・・・。

このサイトの魅力は「シンプル」です。

「とにかく当たること。」 
そもそも、これ以外の魅力って必要ですか?

いつも高配当の3連単を少点数で的中させることができるのが凄いです!

OASISを参考にされた方は最高の週末となるでしょうね(^^♪

ご興味ある方は以下のリンクから無料登録をしてみてください。
無料会員登録ページ
※メールアドレスを入力するだけで無料登録の完了です!

<弥生賞 回顧>

本命は◎ワグネリアンでした。結果は2着。
ホッとしました。私はこの馬に惚れ込んでおります。
非常に強い馬だと思っておりましたが、もしかしたら、盛大な勘違いだったらどうしようと思っていました。
こんなたくさんの方が見てくれるブログで盛大な勘違いを披露するわけにはいきません。
それにしても最後の伸び脚は見事でしたね。
スローからのキレ勝負になると強いのはわかっておりました。きっちりと私の期待に応えてくれて本当に嬉しいです。
ちなみに今回の買い目ですが、私はワグネリアンを1着固定にした馬券は1円も買っていません。2着固定、あるいは3着固定の馬券でした。
今の中山競馬場は圧倒的に前につけた馬に有利な馬場傾向があります。
そうです。私は勝つと思っていませんし、ここでは勝たなくていいと思っていました。
「後ろから差してくるも届かず2着」という想定をしておりました。
鞍上が福永騎手というのも絶対的な信頼がありますね。2着に対して。
そもそも私は無敗馬が嫌いなのです。無敗馬はいつか大事なところでポカをすると思っています。
「失敗は成功のマザー」という格言もあるように、負けることは重要です。
もちろん狙いはダービーです。皐月賞はこの馬にとってコースと時期が悪いですね。
ダービーは狙えると思いますよ。もちろん、鞍上を替えたらですけどね。

追って回顧を行っていきます。

1着のダノンプレミアム
強いですね。いつも驚かされますが、今回も脱帽です。
折り合い面に不安がありましたが、今回は及第点でしたね。しっかりとこのあたりを修正してくるあたりはさすがだなと思いました。
これは皐月賞でも良い競馬ができると思います。
弥生賞はスロー、皐月賞はスローではないため、弥生賞の結果が素直に皐月賞に結びつかないことがありますが、この馬はむしろスローの方が怖かったタイプです。
ある程度、ペースが速い方が折り合いもつきますし、この馬にとっては理想的でしょう。
あとはペースが速くなってもスタミナが持つかどうかですが、2000mまでなら大丈夫だと思います。
確かに前有利のトラックバイアスが今回はありましたが、それが無くても勝っていると思います。完成度に関しては世代トップですね。

3着のジャンダルム
スローからのキレ勝負ならばスタミナはもちましたが、速いペースになるとどうかわかりません。この馬は皐月賞では非常に買いにくいですね。
今回は内枠であり、少頭数ということでロスのない完璧な競馬ができておりました。
最後、ワグネリアンに差されているように、本質的にはマイルぐらいの馬かなと思っています。

4着のサンリヴァル
危険馬推奨をしておりました。
前につける馬が有利としてこの馬を買った方がいるかもしれませんが、ルーラーシップ産駒が本質的に合うレースではないと思います。
やはりタフな競馬を前で粘り込む走りこそ、この産駒の真骨頂でしょう。
この傾向をしっかり掴むことが大事だと思います。
この馬はダンビュライトのようなタイプですね。来年の1月にAJCCを勝つのではないでしょうか。
とりあえず今年は静観してみましょう。

5着のリビーリング
「行く馬がいなければ行こうと考えていましたが、外の馬の方が速かったです」と戸崎騎手はコメントしておりますが、これはいけません。
ここは絶対に行くべきでした。そもそもスローからのキレ勝負で好走できるタイプではないと思います。
今までそういう競馬をしてきましたが、ここでその走りをしては強い相手に勝てません。
強い相手に勝つには「虚」を突く必要があります。
戸崎騎手はいつも強い馬にしか乗らないから、わからないのかもしれませんね。
弱者が強者に一矢を報いるとすればどうしたら良いのかを。

7着のオブセッション
この馬を無印にできたのは大きいですね。
今回は4角で外に膨らんでしまいました。これは痛いですね。
ルメール騎手は「返し馬の時に待避所に入れていたことで、レース中に馬がそこへ行くのだと勘違いしてしまいました。外に膨れたのはそれが原因だと思います」とコメントしておりますね。
以前、ルメール騎手が同じような走りをした小牧騎手へ言ったセリフを少し変えるとこうなりますね。「4コーナーでルメールさんは船橋法典駅に行きました」
この馬が評価されていた理由は前走のレコード勝ちでしょう。
ただこの時の阪神競馬場は超高速馬場でした。あまりそこは評価する必要がないかなと思っていました。
あとはスタートが良くないことですね。短所よりも長所を伸ばす陣営の教育ではスタートは良くならないでしょう。後方からの競馬では厳しいのは今の中山競馬場の傾向です。
このあたりを考えるとあまり厚い印をつけられないなと思っておりましたが、今回はその判断が上手くいって良かったです。

以上が弥生賞の回顧でした。

弥生賞の結果と皐月賞はリンクしないことが多いです。
それは上述したようにペースの違いが大きいですね。あとは馬場の変化もあるでしょう。
ただ今年は違うと思います。ダノンプレミアムは皐月賞でも好走するでしょうね。
逆に実はワグネリアンに不安材料を抱えています。
ワグネリアンは好きな馬ですが、正当な評価と判断を下していきたいですね。

【金鯱賞でサトノダイヤモンドに該当する最悪データをご存知ですか?】

今週の日曜日には金鯱賞(G2)が行われます。
そこで上位人気が想定されているサトノダイヤモンドに該当する最悪データを見つけてしまいました。

その最悪データに該当した馬の成績は以下の通りです。

成績:0-1-1-16
勝率:0.0% 複勝率:11.1%
単勝回収値:0 複勝回収値:56


このサトノダイヤモンドに該当する最悪データ競馬ブログランキングにて公開中です!
ぜひ、その目でご確認ください!

中央競馬ランキングへ
(現在10位前後)
※競馬ブログランキングの見方がわからない方はこちらをご覧ください!
http://blog.livedoor.jp/ganma1123/archives/50063069.html


【重賞4レース予想】3連単を狙いやすいのは阪神スプリングジャンプ

3334

ご覧のように抜群の的中率を誇っています!
3月3日(土)~4日(日)は三連単・三連複44.4%~55.6%、単勝80%以上という高水準の的中率を叩き出しました。

このデータを使って、今週の重賞「中山牝馬S」「阪神スプリングジャンプ」「フィリーズレビュー」「金鯱賞」をひも解いて行きたいと思います。
無料会員になれば誰でも今週から見れるデータなので、チェックしてみてください。
⇒ こちら

各レースの過去4年分をまとめてみました。
このデータで狙いやすいと分かるレースは「阪神スプリングジャンプ」です。



過去4年では指数上位馬が馬券に絡んでいます。
やはり、最も取りたいのは3連単ですよね。

週末までにじっくり研究したいと思いますが、現時点でわかっていることは過去4年1着から3着まで2014年の3着を除いて【すべて赤文字の指数で馬券決着】している点。ここに注目です。

また、週末4重賞のうち「フィリーズレビュー」の予想は、無料公開されますので楽しみにしてみてください。
⇒ こちら

毎日、データを確認しながら指数をうまく使って週末4重賞を「最少点」で的中させましょう。

あなたの予想に最後のひと工夫を加えてみませんか?
このデータを参考に最少点で的中できたらいいですね。
collabo_fillys
※メールアドレスを入力するだけで無料登録の完了です!

もし良かったら邪推師とつながりませんか?

ブログの更新通知はもちろん、馬券に役立つようなポイントを見つけた時は即座につぶやきたいと思います。
https://twitter.com/GANMA71879454