【先週は絶好調すぎて怖いぐらいの予想が提供されていた!】

3日(土)~4日(日)に200万円、100万円を超える予想が提供されておりました!

OASIS

日曜日OASIS

このように高配当馬券が毎日のように的中する新サイト!「OASIS」のご紹介です。

この情報を「嘘」だと思い込んでしまう方は損をしてしまいますよ・・・。

このサイトの魅力は「シンプル」です。

「とにかく当たること。」 
そもそも、これ以外の魅力って必要ですか?

いつも高配当の3連単を少点数で的中させることができるのが凄いです!

OASISを参考にされた方は最高の週末となるでしょうね(^^♪

ご興味ある方は以下のリンクから無料登録をしてみてください。
無料会員登録ページ
※メールアドレスを入力するだけで無料登録の完了です!

当ブログをご覧頂きましてありがとうございます。
私、自分でも驚くぐらい忘れていたのですが、ここから重賞ラッシュですね。
3月も4重賞/週が2回もあったとは・・・。
来週から地獄のような天国ですね。ん?天国のような地獄かな。

さて今日は金鯱賞のデータ分析を行います!

金鯱賞
中京競馬場 芝2000m G2 別定
(2013年~2017年の5年間)


【過去傾向】
コース傾向通り、スローまたはミドルペースとなる
道中は内にこだわる必要がない
4角では意外にも大外ぶん回しが通用するほど甘くはない

【コース傾向】
前半のペースがかなり遅くなり、スローペースの上がり勝負が格段に増えた
ペースが落ち着くと逃げ馬を中心に前で残る確率が高まる
平均ペースであれば先行馬が有利でその際の逃げ馬と差し馬は互角
枠順は8枠だけが不利で、その他はフラット
多頭数での16番ゲートよりも外はかなり厳しい。

【所属】重視度C
6番人気以下かつ関東馬(0-0-1-11)
6番人気以下かつ社台F&ノーザンF生産馬(0-1-1-21)

【枠】重視度C
(中京芝2000m実績)
1枠の馬の成績がやや見劣る程度

(金鯱賞実績)
1枠~2枠(1-1-1-11)※5番人気以内(1-1-1-3)6番人気以下(0-0-0-8)
3枠~6枠(1-2-5-29)※5番人気以内(1-1-2-10)6番人気以下(0-1-3-19)
7枠~8枠(3-2-0-16)※5番人気以内(3-0-0-2)6番人気以下(0-2-0-14)

【血統】重視度C
(中京芝2000m実績)勝率-連対率-複勝率(単勝回収値、複勝回収値)
回収率重視:キングカメハメハ 14.0%-24.3%-32.4%(132、117)
好走率重視:ディープインパクト 9.5%-22.7%-32.2%(53、72)

(金鯱賞実績)
キングカメハメハ産駒(2-1-1-6)
5番人気以内かつディープインパクト産駒(1-2-2-3)
6番人気以下かつディープインパクト産駒(0-0-0-8)

【騎手】重視度B
(中京芝2000m実績)勝率-連対率-複勝率(単勝回収値、複勝回収値)
※出走馬が確定次第、記載いたします。
回収率重視:  .%-.%-.%(、)
好走率重視:  .%-.%-.%(、)

【人気】重視度B
1番人気(2-1-0-2)2番人気(0-0-2-3)3番人気(1-0-0-4)
1番人気~3番人気(3-1-2-9)
2桁人気馬(0-0-1-26)

【脚質】重視度C
逃げ(0-1-0-4)先行(1-3-1-11)差し(4-1-5-21)追込(0-0-0-20)
5番人気以内かつ4角7番手以内(5-2-3-7)
6番人位以内かつ4角3番手以内(0-3-0-8)
6番人気以下かつ4角10番手以下(0-0-1-18)

【上がり】重視度C
上がりの速さと好走の因果関係は少ない
上がり1位~上がり3位(3-1-3-13)
5番人気以内かつ上がり3位以内(3-1-1-4)

【馬体重】重視度C
5番人気以内かつ500kg以上(3-1-3-7)
6番人気以下かつ479kg以下(0-0-0-15)
6番人気以下かつ520kg以上(0-0-2-4)

【性別】重視度C
牝馬(0-0-1-6)と厳しい

【年齢】重視度B
6番人気以下かつ6歳以上(0-0-1-28)

【前走】重視度A
<5番人気以内>
継続騎乗(5-1-2-7)
乗り替わり(0-1-1-8)
前走2.0秒以上の負け(0-0-0-5)
前走55kg以下(0-0-0-4)
前走4角3番手以内(4-0-0-2)
前走天皇賞秋(1-2-1-3)

<6番人気以下>
前走6着以下(0-0-1-31)
前走1.0秒以上の負け(0-0-0-13)
前走5番人気以内(0-2-2-8)
前走6番人気以下(0-1-1-33)
前走479kg以下(0-1-0-14)
前走上がり6位以下(0-1-0-26)
前走4角10番手以下(0-0-1-14)
前走東開催(0-0-1-23)

以上が金鯱賞のデータ分析です。
好走のポイントをまとめると以下の通りになります。

(好走条件)
<共通人気>キングカメハメハ産駒(2-1-1-6)
5番人気以内かつディープインパクト産駒(1-2-2-3)
5番人気以内かつ4角7番手以内(5-2-3-7)
6番人位以内かつ4角3番手以内(0-3-0-8)
5番人気以内かつ上がり3位以内(3-1-1-4)
5番人気以内かつ500kg以上(3-1-3-7)
6番人気以下かつ520kg以上(0-0-2-4)
5番人気以内かつ継続騎乗(5-1-2-7)
5番人気以内かつ前走4角3番手以内(4-0-0-2)
5番人気以内かつ前走天皇賞秋(1-2-1-3)
6番人気以下かつ前走5番人気以内(0-2-2-8)

(割引条件)
6番人気以下かつ関東馬(0-0-1-11)
6番人気以下かつ社台F&ノーザンF生産馬(0-1-1-21)
6番人気以下かつディープインパクト産駒(0-0-0-8)
2桁人気馬(0-0-1-26)
6番人気以下かつ4角10番手以下(0-0-1-18)
6番人気以下かつ479kg以下(0-0-0-15)
6番人気以下かつ6歳以上(0-0-1-28)
5番人気以内かつ乗り替わり(0-1-1-8)
5番人気以内かつ前走2.0秒以上の負け(0-0-0-5)
5番人気以内かつ前走55kg以下(0-0-0-4)
6番人気以下かつ前走6着以下(0-0-1-31)
6番人気以下かつ前走1.0秒以上の負け(0-0-0-13)
6番人気以下かつ前走6番人気以下(0-1-1-33)
6番人気以下かつ前走479kg以下(0-1-0-14)
6番人気以下かつ前走上がり6位以下(0-1-0-26)
6番人気以下かつ前走4角10番手以下(0-0-1-14)
6番人気以下かつ前走東開催(0-0-1-23)

上記のデータを踏まえて現時点での本命馬はスワーヴリチャードです。
ここは軽い通過点にしか過ぎないでしょうね。
私はこの世代の最強馬はスワーヴリチャードだと思っています。
ただちょっとだけ今回は距離が短いですね。
左回りの2400mがこの馬のベスト条件だと思っています。

【金鯱賞には5つの必勝データが存在した!】

過去5年間における金鯱賞のデータを分析したところ5つの必勝データを発見してしまいました。
その必勝データとは以下のものです!

・6歳以下
・前走勝利or 前走1.9秒以内の負け
・間隔5週以上
・前走480kg~519kg
・前走中央4場


この必勝データの全てに該当している馬の成績は3-3-4-5であり複勝率は66.7%、複勝回収値は198となっております。

この必勝データの全てに該当している馬は今回のメンバーではスワーヴリチャードといった人気馬の他に絶対的にここで狙うべき馬が該当しております。
実は私、少し危ないな と思っていたのですが・・・。
必勝データに該当したならば軽視するのは危険かなと感じています。

この馬の名前に関しては競馬ブログランキングにて公開しております。ぜひ、ご覧ください!

中央競馬 ブログランキングへ
(現在9位前後)

ではここで簡単に上位人気馬について考察を書いていきたいと思います。

【1番人気】スワーヴリチャード
上述した通りです。
ここでは普通に狙うべき馬です。嫌うべきではないでしょう。

【2番人気】サトノダイヤモンド
凱旋門賞は惨敗に終わってしまいましたが、国内復帰初戦で恥ずかしいレースはできないでしょうね。
状態がどこまで整っているかを見極める必要はありそうです。

【3番人気】ヤマカツエース
今年、勝利すれば金鯱賞3連覇となります。
そもそも2連覇できたのはこのレースへの適性の高さ故でしょう。
ここ2年はスローからのキレ勝負を制してのものです。
同じような展開ならばまた好走できる可能性は高いでしょう。

【4番人気】メートルダール
Mr.レフティーです。左回りの競馬場でこその馬ですね。
ただG3をようやく勝つような馬がG1級の馬を相手にどこまで戦えるかですね。
格としてこの馬が通用するかどうか。見極める必要があるでしょう。

【5番人気】トリオンフ
前走の小倉大賞典は非常に強い競馬を見せてくれました。
今までつけてきた着差を見ると、ここでも通用するのではないかと思ってしまいます。
ただ斤量も増えておりますし、相手も強化されております。
直線が平坦コースでの好走が集中しているのも気になりますね。

以上が上位人気馬の考察でした。
データ分析を行いましたが、実施した月も違い、今回は大阪杯のステップレースにとしての意味合いが強いことから、データがどこまで通用するかですね。
データよりはそれぞれの馬の強さと適性をしっかりと把握する方が重要だと思います。

【重賞4レース予想】3連単を狙いやすいのは阪神スプリングジャンプ

3334

ご覧のように抜群の的中率を誇っています!
3月3日(土)~4日(日)は三連単・三連複44.4%~55.6%、単勝80%以上という高水準の的中率を叩き出しました。

このデータを使って、今週の重賞「中山牝馬S」「阪神スプリングジャンプ」「フィリーズレビュー」「金鯱賞」をひも解いて行きたいと思います。
無料会員になれば誰でも今週から見れるデータなので、チェックしてみてください。
⇒ こちら

各レースの過去4年分をまとめてみました。
このデータで狙いやすいと分かるレースは「阪神スプリングジャンプ」です。



過去4年では指数上位馬が馬券に絡んでいます。
やはり、最も取りたいのは3連単ですよね。

週末までにじっくり研究したいと思いますが、現時点でわかっていることは過去4年1着から3着まで2014年の3着を除いて【すべて赤文字の指数で馬券決着】している点。ここに注目です。

また、週末4重賞のうち「フィリーズレビュー」の予想は、無料公開されますので楽しみにしてみてください。
⇒ こちら

毎日、データを確認しながら指数をうまく使って週末4重賞を「最少点」で的中させましょう。

あなたの予想に最後のひと工夫を加えてみませんか?
このデータを参考に最少点で的中できたらいいですね。
collabo_fillys
※メールアドレスを入力するだけで無料登録の完了です!

もし良かったら邪推師とつながりませんか?

ブログの更新通知はもちろん、馬券に役立つようなポイントを見つけた時は即座につぶやきたいと思います。
https://twitter.com/GANMA71879454