【「OASIS」で桜花賞を勝てる情報をゲット!】

先週の31日(土)、1日(日)も絶好調の予想が公開!!

331

41

このように高配当馬券が毎週のように的中する新サイト!「OASIS」のご紹介です。

この情報を「嘘」だと思い込んでしまう方は損をしてしまいますよ・・・。

このサイトの魅力は「シンプル」です。

「とにかく当たること。」 
そもそも、これ以外の魅力って必要ですか?

いつも高配当の3連単を少点数で的中させることができるのが凄いです!

OASISを参考にされた方は最高の週末となるでしょうね(^^♪

ご興味ある方は以下のリンクから無料登録をしてみてください。
無料会員登録ページ
※メールアドレスを入力するだけで無料登録の完了です!

桜花賞 全頭考察③!

本日も当ブログをご覧いただきましてありがとうございます。
今週はメチャクチャ疲れました。
最近、緊張感のある毎日を送っています。
だから朝、目が覚めるのですよね。緊張から。
なんか・・・生きているって感じがしますね。

それでは桜花賞の全頭考察③を書きたいと思います。

【リリーノーブル】父ルーラーシップ(川田)55㎏
【考察】
新馬戦、白菊賞を連勝して臨んだ阪神ジュベナイルフィリーズは2着に好走。
中2週という押せ押せの厳しいローテーションでしたが、しっかりと好走するあたりにこの馬の強さを感じます。
ルーラーシップ産駒らしく前につけて粘り込む競馬ができるタイプです。
前走のチューリップ賞は道中で折合いを欠くところを見せましたが、これは休み明けの影響があったかもしれませんね。一度、叩いた今回は前走よりは折り合うと思います。
阪神ジュベナイルフィリーズからチューリップ賞を好走してきた王道ローテの馬は軽視されるべきではないでしょうね。

【割引材料】
気になるのは今の阪神競馬場の馬場ですね。
非常に時計が速い馬場となっており、これはこの馬の適性にフィットしておりません。
金曜日に非常に多くの雨が降るようですが、どこまで馬場が重くなるかがこの馬にとっては重要でしょう。
1分33秒台の決着になると不安材料の方が大きくなります。

ちなみにこの馬はかなり気になる最悪データに該当しております。
この最悪データに該当した馬の成績は以下のようになっております。

成績:0-0-1-22
勝率:0.0% 複勝率:4.3%
単勝回収値:0 複勝回収値:4


確かに何かわかる感じがするデータですね。
この最悪データに関しては競馬ブログランキングにて公開中です!ぜひ、ご確認を!

中央競馬 ブログランキングへ
(現在10位前後)
※競馬ブログランキングの見方がわからない方はこちらをご覧ください!
http://blog.livedoor.jp/ganma1123/archives/50063069.html


【リバティハイツ】父キングカメハメハ(北村友)55㎏
【考察】
前走のフィリーズステークスでは8番人気ながら1着に好走。
しかし、私にはどこが強いのか全くわからないレース内容でした。
ソツのないタイプの馬ですね。器用なタイプです。
こういう馬は強く見えないのですが、実は強いということが多く非常に怖い存在です。
鞍上の北村友騎手は現在リーディング5位と絶好調なのも気になるところです。

【割引材料】
鬼門の内枠に入ってしまったことは不運ですね。
この馬は今まで2桁馬番の枠にしか入ったことがない馬です。
内枠で馬群を捌くことができるか・・・ここがポイントですね。
北村友騎手は確かに絶好調なのですが、実は阪神競馬場での成績は今年もよくありません。
面白い馬だとは思いましたが、鬼門の内枠を撥ね退けるだけの力はないかなと思っております。

【レッドサクヤ】父ディープインパクト(松山)55㎏
【考察】
エルフィンステークスを勝利して、この舞台へ駒を進めてきました。
重賞は今回が初挑戦となります。さすがに厳しいでしょうね。
買える要素がディープインパクト産駒であることぐらいです。

【割引材料】
持ち時計が遅いのは気になります。G1で戦えるレベルの馬かどうか・・・。
馬券になったのは全て平坦コースの京都競馬場です。
阪神競馬場への適性は未知ですが、坂がないコースの方がいいのでしょうね。

【ハーレムライン】父マンハッタンカフェ(大野)55㎏
【考察】
新馬戦、未勝利戦となかなか初勝利をあげられなかった馬が一気に3連勝でこのレースへ駒を進めてきました。
何気に持ち時計も優秀であり、意外にも侮れない存在であります。
前につけて、逃げ馬を捕まえ、そのまま勝ち切る強さがこの馬にはあります。
桜花賞で好走率が高い社台ファーム生産馬であるのもいいですね。

【割引材料】
好走しているレースが中山競馬場に集中しているのは嫌ですね。
初輸送もあり、阪神競馬場で好走できる保証はないでしょう。
前につける馬には厳しいのが桜花賞というレースです。
あくまでも買うとすれば穴馬の1頭という感じがベストかもしれませんね。

【デルニエオール】父ステイゴールド(池添)55㎏
【考察】
私の格言を覚えている方はいらっしゃいますでしょうか。
「ステイゴールド産駒の軽量牝馬は3歳春まで」です。買うとすれば今回が最後で良いと思います。
ラッキーライラックがオルフェーヴルの娘なら、この馬はオルフェーヴルの妹です。
叔母さんと姪っ子が同じレースに出るわけですね。
フィリーズレビューこそは3着に敗れましたが、この時の勝ち馬であるリバティハイツには500万下クラスで快勝しております。
リバティハイツを買うならば、この馬への評価も忘れないで欲しいですエ。
桜花賞で数々の穴を開けてきた、池添騎手が騎乗するのも面白いですね。

【割引材料】
倒してきた相手があまり強くないのは気になるところです。
過去4戦して3戦が内回りコースとなっています。
桜花賞とは求められる適性が違いそうですね。
母オリエンタルアートは有名な繫殖牝馬になっておりますが、実は牝馬ではあまり強い馬を輩出できておりません。
この馬への過度な期待は禁物かと思います。

以上が桜花賞の全頭考察③でした!
今回の全頭考察は全部で4部作となっております。
残りの3つも見て頂けたらと思います。

【もう趣味の競馬はやめませんか?】
「真実の情報」を知れば競馬は「実益」になる!~

active

新サイト「ACTIVE」はもうご確認されましたか?
「ACTIVE」のモットーは以下の通りです「楽しんで稼ぐ」ことです。

言葉

重要なのは「ただ勝つだけでは終わらない」ことです。
このサイトを活用すれば「本物の競馬力」が身につくことでしょう。

さらに無料メルマガ会員になれば以下のコンテンツも全て無料で利用し放題!

無料コンテンツ

「桜花賞(G1)」がある今週からぜひ、こちらのサイトをお役立てください!
無料メルマガ登録ページ
※メールアドレスを入力するだけで無料登録の完了です!

もし良かったら邪推師とつながりませんか?

ブログの更新通知はもちろん、馬券に役立つようなポイントを見つけた時は即座につぶやきたいと思います。
https://twitter.com/GANMA71879454