【「OASIS」で桜花賞を勝てる情報をゲット!】

先週の31日(土)、1日(日)も絶好調の予想が公開!!

331

41

このように高配当馬券が毎週のように的中する新サイト!「OASIS」のご紹介です。

この情報を「嘘」だと思い込んでしまう方は損をしてしまいますよ・・・。

このサイトの魅力は「シンプル」です。

「とにかく当たること。」 
そもそも、これ以外の魅力って必要ですか?

いつも高配当の3連単を少点数で的中させることができるのが凄いです!

OASISを参考にされた方は最高の週末となるでしょうね(^^♪

ご興味ある方は以下のリンクから無料登録をしてみてください。
無料会員登録ページ
※メールアドレスを入力するだけで無料登録の完了です!

【邪推師GANMAが桜花賞を邪推する!】

さて、今週は今年、最初のクラシックレース!桜花賞があります!
そしてG1といえばこれ!GANMAの邪推シリーズです!
初めての方もいらっしゃるかもしれませんので一応、説明しておきます!
この記事は各関係者への取材を基に書いている記事…ではありません。
だって私は普通のサラリーマン。そのような人脈はありません。
ゆえに「邪推」なのです。「もしかしたらこうなんじゃないのかな~」といったようなイメージで書いております。
このコーナーは読者様からの反響が最も大きいコーナーなので張り切って書いてしまいます。

ちなみに過去の邪推はこちらです。
http://blog.livedoor.jp/ganma1123/archives/cat_1258169.html

先週の大阪杯では「現4歳世代が非常に強いこと」をデータによって紹介しました。
結果は4歳馬が馬券内を独占!
今週の邪推もご期待ください!

では早速、邪推をしていこうと思いますが、その前に以下の邪推シートをご覧ください。

邪推シート桜花賞

これが私の邪推の基礎になるデータです。ただの出馬表ではありません。
シンプルなようで実は深いのです!

色を塗っているところが私の邪推のもとになるところです。
では邪推に入ります。

【桜花賞に存在する「死に枠」!ラッキーライラックは本当に飛ぶのか?】

皆さんが最も注目していることはこの部分ではないかと思います。
桜花賞の枠順が発表になった際、多くの方から「ラッキーライラックが終わりましたね」というような内容のLINEを頂きました。

果たしてそうでしょうかね。
私はずっとラッキーライラックが内枠に入ることを祈っておりました。

実際、桜花賞における「1枠~2枠の馬」の成績は非常に悪いです。
もう見るだけで「消しだな」と思える数字です。

1998年~2017年の20年間までデータを引っ張ってみました。
1枠~2枠の馬の成績は以下の通りです。

成績:0-0-4-74
勝率:0.0% 連対率:0.0% 複勝率:5.1%
単勝回収値:0 複勝回収値:22


1枠のみの成績はもっと酷いですよ。

成績:0-0-1-38
勝率:0.0% 連対率:0.0% 複勝率:2.6%
単勝回収値:0 複勝回収値:19


これはダメですね。ラッキーライラックを消しましょう。
・・・とならないのが、GANMAブログです。

過去20年間、
1枠の馬に1番人気~2番人気の馬は何頭いると思いますか?


過去20年間、
1枠の馬に阪神JFとチューリップ賞を勝利して4戦4勝という無敗の馬は何頭いると思いますか?


答えは・・・「ゼロ」です。

ではここからいくつかのデータを紹介したいと思います。
最初にこちらのデータをご覧ください。

桜花賞枠別

これは今、書いてきたことをまとめたものです。
過去10年間ではありますが「1枠~2枠の馬の成績は絶望的」となっております。

ちなみにここで桜花賞における馬券のセオリーを書きたいと思います。
それは「前走チューリップ賞の馬を買え」です。

桜花賞で馬券になる馬の大半は「前走チューリップ賞」となっております。
過去10年間で見ると馬券になった30頭中17頭が「前走チューリップ賞」です。
過去5年間で見ると馬券になった15頭中12頭が「前走チューリップ賞」となっております。
近年、その傾向はより顕著となっております。

ではここで質問です。
過去10年間、1枠~2枠に入った馬で「前走チューリップ賞」だった馬は何頭いたでしょうか。答えはこちらです。

1枠~2枠前走レース名

ご覧のようにわずか4頭しかおりません。
しかも唯一、馬券になった馬がおり、複勝回収値は200近い数字となっております。
ちなみにこの4頭は以下の馬たちです。

前走チューリップ賞1枠~2枠

特筆すべきことは以下の点でしょうか。

・3番人気以内の馬がいない
・凡走は実力では?と思える馬がいる


どうでしょうか。これらの馬の凡走・・・果たして枠のせいですか?

そもそもなぜ、桜花賞だけ「1枠~2枠」「死に枠」となるのでしょうか。

ということで調べてみました。
過去3年間の阪神1600mで行われた牝馬限定芝重賞の枠別成績です。

阪神芝1600m枠別

それぞれの枠の人気を揃えるために5番人気以内に限定してみました。
すると・・・枠があまり関係ないことがわかります。

確かに内枠はプラスではありません。
ただ絶対的なマイナスでもないと私は思います。

「内枠だからラッキーライラックを軽視する」というのは非常に危険だと思います。

それよりも私が気になるのは以下のデータです。こちらをご覧ください。

桜花賞過去5年1番人気馬成績

ご存知の方も多いでしょうが、桜花賞というレースは断然人気の馬が凡走する傾向にあります。
過去5年間の1番人気の馬をまとめてみました。

単勝1倍台の馬が多くいる中、結果は大変厳しいものとなっております。
原因はなぜか。

上の表の一番、右の「前走の4角位置」をご覧ください。
考察で何度も記載しておりますが「桜花賞は逃げ、先行馬にとって厳しいレース」なのです。

ラッキーライラックの前走4角位置は「3番手」です。
今回の枠だと前につけないと包まれるリスクがあるので、前走のように先行することは間違いないでしょう。そうなると怖いのです。

私の見解としては今のところ、
「ラッキーライラックは馬券内にはくるが、頭までは厳しいかも」ですね。


【阪神の馬場を読み解け!好走する馬は○○○○な馬!】

恒例の邪推奨馬を書きたいと思います。これを楽しみにしてくれている方が多いですからね。
高松宮記念ではナックビーナス(10番人気3着)を推奨できました。
今回もご期待ください。

実は今の阪神競馬場の外回りコースにはある特異なバイアスがあります。
こちらをご覧ください。

Bコース上がり順位別

今の阪神競馬場の外回りコースはある程度の末脚の速さがないと馬券になれません。
前目につけて粘り込む競馬は通用しません。

このデータを見るとこう思われる方がいるかもしれません。

「後方から末脚で勝負する馬がいいな」

実はこれも違うのです。こちらのデータをご覧ください。

Bコース脚質別

ご覧のように追込馬が苦戦しております。
後方から一気に末脚を繰り出すような走りでは届かない馬場状態となっております。

・・・アーモンドアイ、大丈夫でしょうかね。

さて、そういった馬場傾向を踏まえて、私が密かに狙っている馬をご紹介したいと思います。
前走は前有利の展開の中、中団からキレキレの末脚で突っ込んできました。
今回の鞍上もこのレースでは買える騎手であり、末脚を活かす競馬をさせたら日本でもトップクラスではないでしょうか。意外と評価しているのですよ。私は。

その馬の名前は「邪推奨馬」としてブログにて公開する予定です。
競馬ブログランキングにて公開中です!ぜひ、ご確認を!

中央競馬 ブログランキングへ
(現在10位前後)
※競馬ブログランキングの見方がわからない方はこちらをご覧ください!
http://blog.livedoor.jp/ganma1123/archives/50063069.html


以上が今回の邪推でした。
高松宮記念ではナックビーナス(10番人気3着)をバシッと推奨したこの邪推。
今回の桜花賞でも面白い馬を狙っております。
ぜひ、今回の「邪推奨馬」をご確認ください!

【もう趣味の競馬はやめませんか?】
「真実の情報」を知れば競馬は「実益」になる!~

active

新サイト「ACTIVE」はもうご確認されましたか?
「ACTIVE」のモットーは以下の通りです「楽しんで稼ぐ」ことです。

言葉

重要なのは「ただ勝つだけでは終わらない」ことです。
このサイトを活用すれば「本物の競馬力」が身につくことでしょう。

さらに無料メルマガ会員になれば以下のコンテンツも全て無料で利用し放題!

無料コンテンツ

「桜花賞(G1)」がある今週からぜひ、こちらのサイトをお役立てください!
無料メルマガ登録ページ
※メールアドレスを入力するだけで無料登録の完了です!

もし良かったら邪推師とつながりませんか?

ブログの更新通知はもちろん、馬券に役立つようなポイントを見つけた時は即座につぶやきたいと思います。
https://twitter.com/GANMA71879454