【驚異の的中率を誇る「うまコラボ」をご存知ですか?】
先週は48レース中21レースで3連単が的中!

安田記念の予想も無料で公開予定!
無料登録はこちら!

以下の的中画像はその一部にしか過ぎません!!!

2627

先週の土日も抜群の的中率を残しております!

土日

安田記念を当てたい!競馬で勝ちたい!
という方は以下のリンクから無料登録をどうぞ!

無料登録はこちら!
umacollabo_new_banner_yasuda
※メールアドレスを入力するだけで無料登録の完了です!


安田記念 全頭考察②

本日も当ブログをご覧いただきましてありがとうございます。
読者の方から「直前大口は有料でも買います!」と言って頂けることが増えてきました。
それだけインパクトがあるのでしょうね。(有料化はしません)
日本ダービーではエポカドーロを堂々と指名!
全頭が単勝4番人気以下にも関わらず、直近の重賞10レースで「直前大口」の指名馬が4-2-2-2という成績です。これって凄いですよね。
そしてTwitterのフォロワー数が激増しております。
Twitterに登録すると「直前大口」の更新が配信されるのでメリットはあると思います。
ご興味のある方はぜひTwitterで私をフォローしてください!
https://twitter.com/GANMA71879454

ということで今日は安田記念の全頭考察②を書きたいと思います。

【ペルシアンナイト】父ハービンジャー(川田)58㎏
【考察】
昨年のマイルチャンピオンシップの勝ち馬であり、マイルG1の2連勝がかかっております。
そのマイルチャンピオンシップは「大外枠」「3歳」というデータとしては絶望的な状態であるにも関わらずの快勝に度肝を抜かれました。
今やハービンジャー産駒の牡馬のエースとして君臨しております。
今年初戦の中山記念こそは展開で不利があり、5着に敗れましたが前走の大阪杯では2着に好走。6番人気という低評価を覆す形となりました。
その大阪杯は道中で折り合いを欠きながらのレースではありましたが、福永騎手の手腕(というか癖)が活きたレースでした。
大阪杯はどの馬も早めに仕掛けたスワーヴリチャードを追いかけたレースであり、前のめりの展開になってバテたところを遅れて仕掛けたペルシアンナイトが一気に抜き去るという展開でした。この仕掛けのタイミングを私は「福永ゾーン」と呼んでおり、これが功を奏しての好走でした。
大阪杯では時計の速い馬場でも好走しており、今の東京競馬場の高速馬場にも対応できるタイプです。昨年のマイル王を無理に嫌うのは少し怖い感じがしますね。

【不安材料】
中山記念の敗戦は別にどうでもいいのですが、負け方が気になりました。
後方から長く末脚を使う走りとなりましたが、最後は伸びあぐねての敗戦でした。
そして昨年の富士ステークスも2番人気に支持されながら5着に敗れております。
デムーロ騎手はこの時の敗因を馬場としておりますが、持続力のある末脚を使えない可能性があるかもしれません。
そうなると東京競馬場でこの馬を買うのはどうにも怖い印象を持ってしまいますね。

なお、この馬は以下の最悪データに該当しているのも気になるところです。
この嫌なデータに該当した馬の成績は以下のようになっております。

成績:0-0-0-23
勝率:0.0% 複勝率:0.0%
単勝回収値:0 複勝回収値:0


このデータを見るとゾッとしますね・・・買いにくくなります!笑
このペルシアンナイトが該当する最悪データに関しては競馬ブログランキングにて公開中です!ぜひ、ご確認を!

中央競馬 ブログランキングへ
(現在7位前後)
※競馬ブログランキングの見方がわからない方はこちらをご覧ください!
http://blog.livedoor.jp/ganma1123/archives/50063069.html


【リアルスティール】父ディープインパクト(岩田)58㎏
【考察】
福永騎手がダービーを勝ったという報告を聞いてこの馬はどう思ったでしょうか。
馬だからわからないか。
ドバイこそG1で勝利しておりますが、国内G1は未勝利の馬です。
安定感はあるのですが、イマイチ爆発力がないのがこの馬の特徴であり、好走はするものの勝利数は少ない、2,3着止まりとなっております。
この原因は福永騎手にあると思いますが、同じようなタイプの戸崎騎手が乗っても好走できないのは当たり前のことでしょう。
どちらかというと剛腕タイプの騎手の方がフィットする馬であり、そういう意味ではテン乗りとはいえ岩田騎手が騎乗するのは非常に魅力的ですね。
気になるのはマイルをこなすことができるのかというところでしょう。
一昨年の安田記念は11着と大敗。折り合いを欠いていたことが敗因でしょう。
若い時のディープインパクト産駒において距離短縮は怖いです。今は大人になったので大丈夫・・・でしょうか。

【不安材料】
岩田騎手は剛腕タイプなので面白いのですが、折り合いをつけることが上手いかと言われると・・・不安が残ります。
もし、展開がスローになってしまうと、また折り合いを欠いてしまいレースにならない可能性はあるでしょう。ある程度、ペースが流れると面白いですね。
さらに怖いのは高速決着です。1分31秒台が出るようなレースになった際、本質的にはマイラーではないこの馬がそこまでの時計を出すことができるのか。ここも気になります。
58kgの耐性を持っているのは評価できるのですが。

【ウエスタンエクスプレス】父Encosta De Lago(クリッパートン)58㎏
【考察】
過去10年間における海外馬の成績は0-1-0-17となっております。
基本的には軽視で良いと思います。
ちょうど10年前の安田記念でアルマダ(5番人気)が2着になっておりますね。
勝ち馬はウォッカでしたが、アルマダの走破タイムは1分33秒3でした。私は1分32秒台の決着になると香港馬の出番はないと見ています。
好走するためには一雨ほしいところですね。今のところ晴れ予想ですが。
この馬の調教師はサイズ氏です。日本への遠征の経験は豊富であり、どういった馬が日本では通用するのかの見立てはできる調教師かもしれません。

【不安材料】
サイズ氏の安田記念の挑戦は10頭目であり、上記のアルマダを含めてこれまでの成績は0-1-0-8となっております。
今回はボウマン騎手が日本にいるため、出走を決めたところがありそうですが、そのボウマン騎手が不運にも騎乗停止となってしまい、鞍上が急遽、クリッパートン騎手に替わりました。クリッパートン騎手は初めての日本競馬とのことであり、不安材料の1つであると言えます。ここは馬券になったら事故として諦めるぐらいの思い切りが必要かなと私自身は思っております。

以上が安田記念の全頭考察②でした!
今回の全頭考察は全部で4部作となっております。
残りの3つも見て頂けたらと思います。


「高速決着」「マイル」の的中を完全に読み解く指数があった!

うまコラボは「高速決着」「マイル」と相性がいい競馬指数提供サイトです。

安田記念に通じるこの↓↓↓短距離レースで
波乱を乗り越え指数1位、2位での的中に成功!


第27回アーリントンカップ 2018年4月14日
阪神 1600m タワーオブロンドン 牡3 1:33.4
指数1位タワーオブロンドン⇒1着タワーオブロンドン



=====================
第49回マイラーズカップ 2018年4月22日
京都 1600m サングレーザー 牡4 1:31.3
指数2位サングレーザー⇒1着サングレーザー



直近うまコラボが提供している『コラボ@指数』。

実は、いずれも安田記念に通じるレースで指数序列6番以内の馬だけで当てています。

しかもこの2レースは
指数1位2位がしっかり1着2着

だからこそ、安田記念の的中へ近づくために、
うまコラボを試す価値は十分にあります。


安田記念は無料での指数データ公開

≫≫お申し込みはこちらから


■うまコラボの無料会員特典

『安田記念予想』
(毎週の注目重賞予想が見れます。)

毎週全競馬場の1R~6Rまでの予想

当てることが競馬情報を提供するサイトの最大の使命。

的中に結びつかない不要な情報は必要ないんです。

高速&波乱展開の安田記念はうまコラボ指数でまず無料で見ませんか?!

≫≫お申し込みはこちらから


もし良かったら邪推師とつながりませんか?

ブログの更新通知はもちろん、馬券に役立つようなポイントを見つけた時は即座につぶやきたいと思います。
https://twitter.com/GANMA71879454

LINE@の登録者も募集中!ぜひ、お気軽に!
Twitterをやっていないという方はこちらからどうぞ!
友だち追加