【驚異の的中率を誇る「うまコラボ」をご存知ですか?】
先週は48レース中21レースで3連単が的中!

安田記念の予想も無料で公開予定!
無料登録はこちら!

以下の的中画像はその一部にしか過ぎません!!!

2627

先週の土日も抜群の的中率を残しております!

土日

安田記念を当てたい!競馬で勝ちたい!
という方は以下のリンクから無料登録をどうぞ!

無料登録はこちら!
umacollabo_new_banner_yasuda
※メールアドレスを入力するだけで無料登録の完了です!


安田記念 全頭考察④!

本日も当ブログをご覧いただきましてありがとうございます。
最近、You Tubeにシミュレーション動画を載せております。
今週は安田記念です!
先週もたくさんの再生回数がありました。ありがとうございます。
私のシミュレーション動画は他の動画と違います。
詳細な分析から得られたそのレースのデータ、土曜日の馬場傾向、それぞれの馬の適性を加味したシミュレーション動画です。
ぜひ、ご興味のある方は以下のリンクからチャンネル登録をお願いします。
チャンネル登録はコチラ
動画がアップされるとすぐに見ることができるメリットがあります!見忘れもなくなります!先週も100人以上の方にチャンネル登録をして頂きました!

それでは安田記念の全頭考察④を書きたいと思います。

【スワーヴリチャード】父ハーツクライ(デムーロ)58㎏
【考察】
この馬の参戦が安田記念を難しくしております。そう言っても決して過言ではないでしょう。
金鯱賞を使い、大阪杯を勝利しながらも天皇賞春、宝塚記念には出走せず。
そして次走としてこの安田記念を選んできました。
マイルへの挑戦は間違いなく種牡馬価値を高めるためでしょう。正直、天皇賞春や大阪杯と距離が近い宝塚記念を勝利しても種牡馬価値の向上はそこまで見込めません。
「マイルもこなせるスピードがある」と思わせた方が種付け頭数も集まりやすくなるでしょう。
そしてこの馬はどう考えても左回りの方が良いタイプの馬です。
安田記念への出走は適性を加味しての選択でもあります。
もちろん1600mという距離は初めてですが、2歳~3歳時に1800mの経験が東スポ杯と共同通信杯であります。初マイルということをどこまで重要視するかがポイントとなってくるでしょう。
ハーツクライ産駒でマイラーというとジャスタウェイがおります。
この馬はどこまでそのジャスタウェイに近づけるか。ここが予想する上で最も注意すべきポイントですね。

【不安材料】
怖いのは今の東京競馬場の馬場傾向です。
先週までは前につけた馬に有利な傾向がありました。そのままの馬場傾向だとこの馬にとっては厳しいところがあるかもしれません。
本質的にはマイラーではない可能性があり、テンからのスピードについていけないこともあるでしょう。
前走で出遅れているのも気になるところです。
そもそもここまで未知な馬を1番人気で買うこと自体がセオリーではありません。
だからと言って消すことができるかと言われると難しいですね。

しかし、この馬は過去5年間の安田記念において以下の最悪データに該当しているのも気になるところです。
この最悪データに該当した馬の成績は以下のようになっております。

成績:0-0-0-13
勝率:0.0% 複勝率:0.0%
単勝回収値:0 複勝回収値:0


キレイに0が並んでしまいました。怖いですね。これは。
このスワーヴリチャードが該当する最悪データに関しては競馬ブログランキングにて公開中です!ぜひ、ご確認を!

中央競馬 ブログランキングへ
(現在5位前後)
※競馬ブログランキングの見方がわからない方はこちらをご覧ください!
http://blog.livedoor.jp/ganma1123/archives/50063069.html


【ウインガニオン】父ステイゴールド(津村)58㎏
【考察】
ハナを切る可能性のある馬です。
展開を左右する馬であり、そういった意味での注意も払いたい馬ですね。
関屋記念、中京記念といった左回りのマイル重賞で何度も好走できているところは見過ごせないですね。
とにかく休み明けは走らない馬なので、前走の大敗は参考外で良いでしょう。
今の東京競馬場は前につけた馬に有利な傾向があり、高速馬場にもスムーズに対応できるタイプの馬です。むしろステイゴールド産駒のくせに渋った馬場の方がダメというタイプですね。
思ったよりも逃げた馬が馬券になるのがこの安田記念というレースです。
内枠を取った時は要注意かもしれませんね。
この馬の6月~8月の成績は7-1-0-1です。究極の夏馬ですね。

【不安材料】
この馬に58kgへの耐性があると面白いのですが、それがないのが残念です。
好走してきたのがG3までの馬であり、果たしてG1で通用する存在かどうか・・・。
G1で通用する馬としての格は乏しいように思えます。

【ヒーズインラブ】父ハービンジャー(藤岡康)58㎏
【考察】
またハービンジャー産駒ですね。
前走のダービー卿CTはハービンジャー産駒が好走するために重要な要素の詰め合わせのようなレースでした。
上手く馬ごみを抜けてくるための操作性と瞬発力を持っている馬であり、内枠をフルに活かす競馬ができれば面白いかもしれません。

【不安材料】
東京競馬場の重賞レースにおいてハービンジャー産駒は割引が必要です。
前走は重賞で勝利したとはいえ、55kgでの好走でした。ここから3kg増えて好走出来たら驚きです。

【ブラックムーン】父アドマイヤムーン(秋山)58㎏
【考察】
今年はいきなり京都金杯で勝利。
完全に標的を安田記念に定め、前走のマイラーズカップで叩いてここに臨んできました。
後方から競馬をする馬であり、末脚は確実というタイプです。
先行勢が全滅するような展開になればこの馬の出番もあるかもしれませんね。
1分31秒9というレコード勝ちを経験しているように今の東京競馬場のような時計の速い馬場はこの馬にとってもプラス材料と言えるでしょう。

【不安材料】
前残りの傾向が続くようならばこの馬の出番はないかもしれませんね。
外差しが届くようになれば可能性が少しはあると思います。少しですよ。
基本的には能力的に見ても厳しいでしょう。

【モズアスコット】父Frankel(ルメール)58㎏
【考察】
連闘でここに駒を進めてきました。
本来ならば除外対象だったのですが、藤沢厩舎が3頭も回避させたため、出走が可能となりました。
モズアスコットと回避した3頭の馬の共通点は主戦がルメール騎手であるということです。
ルメール騎手が4頭の中からこの馬を選んだための回避であるならば何やらきな臭い感じがします。
ただ回避した3頭の共通点が藤沢厩舎であることぐらいしかありません。
ルメール騎手がモズアスコットを選んだとしても他の3頭すべてを回避させる必要はなかったと思います。3頭回避の真相を知るのは難しいですね。
さて、この馬に関してですが弱い馬ではないですね。
マイラーズカップでは今回の人気の一角であるサングレーザーと僅差の競馬をしております。
そして鞍上が東京競馬場に強いルメール騎手となれば不気味な存在と言えるでしょう。
悩ませてくれる馬ですね。マイルなら先行できるところも怖いです。、

【不安材料】
誰もが心配しているところだと思いますが、使い詰めが気になります。
前走が要りませんでしたね。連闘はプラスとは思えません。
重賞未勝利というのも気になりますね。強いとは思いますが。

以上が安田記念の全頭考察④でした!
今回の全頭考察は全部で4部作となっております。
残りの3つも見て頂けたらと思います。


「高速決着」「マイル」の的中を完全に読み解く指数があった!

うまコラボは「高速決着」「マイル」と相性がいい競馬指数提供サイトです。

安田記念に通じるこの↓↓↓短距離レースで
波乱を乗り越え指数1位、2位での的中に成功!


第27回アーリントンカップ 2018年4月14日
阪神 1600m タワーオブロンドン 牡3 1:33.4
指数1位タワーオブロンドン⇒1着タワーオブロンドン



=====================
第49回マイラーズカップ 2018年4月22日
京都 1600m サングレーザー 牡4 1:31.3
指数2位サングレーザー⇒1着サングレーザー



直近うまコラボが提供している『コラボ@指数』。

実は、いずれも安田記念に通じるレースで指数序列6番以内の馬だけで当てています。

しかもこの2レースは
指数1位2位がしっかり1着2着

だからこそ、安田記念の的中へ近づくために、
うまコラボを試す価値は十分にあります。


安田記念は無料での指数データ公開

≫≫お申し込みはこちらから


■うまコラボの無料会員特典

『安田記念予想』
(毎週の注目重賞予想が見れます。)

毎週全競馬場の1R~6Rまでの予想

当てることが競馬情報を提供するサイトの最大の使命。

的中に結びつかない不要な情報は必要ないんです。

高速&波乱展開の安田記念はうまコラボ指数でまず無料で見ませんか?!

≫≫お申し込みはこちらから


もし良かったら邪推師とつながりませんか?

ブログの更新通知はもちろん、馬券に役立つようなポイントを見つけた時は即座につぶやきたいと思います。
https://twitter.com/GANMA71879454

LINE@の登録者も募集中!ぜひ、お気軽に!
Twitterをやっていないという方はこちらからどうぞ!
友だち追加