【やっと再募集できるようになりました!】
しばらくの間、募集を止めておりました『OASIS』がついに再募集開始!


今月も50人限定の募集となっております。ご興味のある方はお早めに!
先月は4日間で募集を終了させてもらいました・・・。
無料会員登録ページ

先週の29日(土)~30日(日)には36万円、97万円を超えるとんでもない予想が提供されておりました!

929

930

このように高配当馬券が毎週のように的中する新サイト『OASIS』のご紹介です。

この情報を「嘘」だと思い込んでしまう方は損をしてしまいますよ・・・。
このサイトの魅力は「シンプル」です。

「とにかく当たること。」 
そもそも、これ以外の魅力って必要ですか?

いつも高配当の3連単や3連複を少点数で的中させることができるのが凄いです!

『OASIS』を参考にされた方は最高の週末となるでしょうね(^^♪

ご興味ある方は以下のリンクから無料登録をしてみてください。
無料会員登録ページ
※メールアドレスを入力するだけで無料登録の完了です!


<毎日王冠 回顧>

本命は◎サンマルティンでした。結果は10着。
スローからの瞬発力勝負になればこの馬が面白いと感じたので思い切って勝負しました。
例年、毎日王冠というレースは1000mの通過タイムが60秒を超えることも珍しくありません。
しかし、今回の1000mの通過タイムは59秒0と発表され・・・この時点ですでにこの馬では馬券になれないことを悟りました。
現状では地方ローカル重賞レベルの馬かもしれませんね。
さすがにG1馬が多く出てくるような今回のレースでは通用しませんでした。
上述したような「スローからの瞬発力勝負」という展開でなければ歯が立ちません。

ここからは私自身が感じていることです。
穴馬から勝負する時に重要なことは「ハズレることがデフォルト」と思うことです。
今回の結果を変に悔いるような精神構造だとスランプにハマる可能性があります。
また、面白いと思った馬にも関わらず、人気薄であることを理由に軽視して馬券になられるとこれもスランプの原因となります。
そういう意味で今回はこの馬を狙わざるを得なかったでのです。
ずっと競馬を続けているとスランプが必ずきます。そうならないための対処法は個人によって違うと思いますが、しっかりと自己分析を行うことが重要だと思います。

では追って回顧を行っていきます。

1着のアエロリット
誰かこのマジックマンに「毎日王冠というレースは最初から飛ばしてはいけないレース」と教えてあげてください。
ただ完璧なペース配分だったと思います。
私はよくブログに「逃げとはただハナを切ることではない」と書いております。
重要なのは「脚をしっかりと残しながら、後続勢の脚をなし崩しに使わせるペースで走ること」です。
武豊騎手のキタサンペースがそれでしたが、このマジックマンは当たり前のようにこれをしてきました。まだ日本競馬に慣れていないはずなのに。
マジックマンも「覇王色の覇気」が使えたのねって感じがしました。
レース展開としては前有利となっています。これはマジックマンの腕によるところがあります。
もちろん、それに答えられるだけの操作性の高さ、能力が馬にあってこそです。
いや、凄い騎手がまた来年は増えそうですね。楽しみです。
JRA。お願いだから落とさないでください。
アエロリットについて。1800mまでと思っておりましたが、こういうロスのない競馬ができれば2000mもいけるかもしれませんね。
今後のローテーションに注目です。

2着のステルヴィオ
上述した後方勢には厳しいレースにも関わらず、最後は追い込んできました。
今回、最も強い競馬をしたのはこの馬だと思います。
距離は2000mくらいがベストとルメール騎手は話しておりますが、私もそう思います。
1600mだと少し短い気がしますね。
1800m~2000mで強烈な末脚を使えるタイプの馬というラベリングでいいと思います。
「ステファノス系、リアルスティール系」という見方でいい気がします。
G1で馬券になるぐらいの力はあるでしょう。

3着のキセキ
58kgを背負ってよくここまで走ったというのが正直な感想です。
スローからの瞬発力勝負になれば絶対に来ないと思っておりましたが、川田騎手もそれをわかっているため、早め早めに仕掛ける騎乗を見せてくれました。
上手いですね。川田騎手。今、外人騎手を除けば、最も信頼できる騎手と思っていいかもしれません。
一時の不調を乗り越えた印象がありますね。
秋のG1戦線に面白い馬が戻ってました。
ルーラーシップ産駒ですからね。前目前目で粘る競馬がベストでしょう。

4着のステファノス
老兵が頑張りました。
この馬はかつて大阪杯でキタサンブラックの2着に好走したように、キタサンペースで好走するのが強い馬です。
今回のアエロリットがキタサンペースで走ったため、上手く流れに乗れたという感じがします。
もうひと花咲かせることができるかどうか・・・ですね。

5着のケイアイノーテック
NHKマイルカップを勝利した馬ですが、やはり王道のクラシックで戦ってきた馬と比べると一枚見劣るという感じがします。
これからの成長に期待したいところですが、ディープインパクト産駒ということを考えると厳しいかもしれませんね。
あまりこの馬には期待しない方がいい気がしております。

6着のサトノアーサー
出遅れました。残念ながら。
後方からの馬には厳しい展開となったので今回は参考外でいいと思います。
時計も今回はこの馬にとって速すぎた可能性もありますね。
もう少し時計のかかる馬場の方が好走できるかもしれません。
今回の上がり3ハロンのタイムは33秒6でした。これが限界かもしれませんね。

7着のダイワキャグニー
去年、4着に好走しておりますが、ペースが昨年とは違います。これが敗因の1つです。
加えて位置取りですね。もう1列前につけたかったというところでしょうか。
重賞に入ると厳しい結果が続いておりますね。
G3レベルぐらいの馬というラベリングが必要かもしれません。

8着のスズカデヴィアス
そのG3レベルというラベリングをすでにしている馬です。
ベストは尽くしたと思います。後方からの馬には厳しい展開でもありました。

9着のサウンズオブアース
完全に空気でしたね。
後方からの馬には厳しい展開でした。参考外でいいと思います。

以上が毎日王冠の回顧でした。

モレイラ騎手もそういう逃げができることを知りました。
まぁ、一流騎手ですからね。武豊騎手とモレイラ騎手がスムーズにハナを切って逃げる時は要注意です。
後方勢の脚をなし崩し的に使わせ、封じ込めるスキルを発動する可能性があるからです。
しかし、そうなると予想はしやすいです。
ベスポジは逃げ馬の真後ろにつけた馬となります。
今回だとキセキ、ステファノスが該当しますね。ここのポジションを取ることができればキタサンペースだと自然と好走につながるのです。
モレイラ騎手が通年免許を取ったとすれば、このモレイラ騎手を深く知る必要があります。競馬がもっと面白くなると私は思っています。JRA。落とすなよ。


【秋華賞でラッキーライラックは凡走します!】

私のブログで密かに話題になっているデスブログというコーナーをご存知でしょうか。ここで名前を書かれた馬はなぜか馬券外に飛ぶのです!

今年に入ってもデスブログの力は健在!以下の馬たちにご注目ください!

高松宮記念;ダンスディレクター
大阪杯:シュヴァルグラン
皐月賞:ジャンダルム
NHKマイルC:カツジ
ヴィクトリアM:ミスパンテール
日本ダービー:ブラストワンピース
安田記念:リスグラシュー
宝塚記念:サトノクラウン
スプリンターズS:レッドファルクス

これらの馬が「デスブログ」の餌食になっております。

さて秋華賞ですが上位人気確実のラッキーライラックに該当する最悪データを見つけてしまいました。
その最悪なデータに該当した馬は過去5年間で0-1-0-20という非常に厳しい成績となっております。
果たしてラッキーライラックはこの最悪なデータを跳ね除けることができるのでしょうか。

このラッキーライラックに該当する最悪データ競馬ブログランキングにて公開中です!

ラッキーライラックを買う人はもちろん、ラッキーライラックを買わないという人もぜひ、その目でご確認ください!

中央競馬ランキングへ
(現在8位前後)
※競馬ブログランキングの見方がわからない方はこちらをご覧ください!
http://blog.livedoor.jp/ganma1123/archives/50063069.html




「秋華賞2018」コラボ指数データ&最終見解ココで見てから馬券へ




小倉記念/札幌記念/北九州記念/新潟2歳ステークス/キーンランドカップ/新潟記念 
紫苑ステークス/セントウルステークス/スプリンターズステークス→→指数1位1着


秋華賞はじめ、菊花賞、天皇賞秋はもちろん、各会場1~6Rも指数データ毎週土日に無料公開!
当日13:00頃指数データ&重賞の最終見解無料で確認可能!会員登録はーコチラ




もし良かったら邪推師とつながりませんか?

ブログの更新通知はもちろん、馬券に役立つようなポイントを見つけた時は即座につぶやきたいと思います。
https://twitter.com/GANMA71879454