【やっと再募集できるようになりました!】
しばらくの間、募集を止めておりました『OASIS』がついに再募集開始!


今月も50人限定の募集となっております。ご興味のある方はお早めに!
先月は4日間で募集を終了させてもらいました・・・。
無料会員登録ページ

先週の29日(土)~30日(日)には36万円、97万円を超えるとんでもない予想が提供されておりました!

929

930

このように高配当馬券が毎週のように的中する新サイト『OASIS』のご紹介です。

この情報を「嘘」だと思い込んでしまう方は損をしてしまいますよ・・・。
このサイトの魅力は「シンプル」です。

「とにかく当たること。」 
そもそも、これ以外の魅力って必要ですか?

いつも高配当の3連単や3連複を少点数で的中させることができるのが凄いです!

『OASIS』を参考にされた方は最高の週末となるでしょうね(^^♪

ご興味ある方は以下のリンクから無料登録をしてみてください。
無料会員登録ページ
※メールアドレスを入力するだけで無料登録の完了です!


<京都大賞典 回顧>

本命は◎シュヴァルグランでした。結果は4着。
福永騎手がやってしまいましたね。
予想記事のサブタイトルは「きっちりと送りバントを決めました」だったのですが、まさかの「送りバント失敗」という結果に終わってしまいました。
次のジャパンカップに向けてきっちりと状態を整えるのが仕事だったのに・・・まさかの着外とは驚きです。
このレースまでの京都競馬場での成績は2-3-3-1であり、着外となったのは久しぶりですね。
このレースまでの2400m以上の成績は6-4-4-1でで着外となったのも久しぶりです。
ほぼ絶対的に有り得ないことをしてしまいました。
私はスプリンターズSの動画で馬のピークはだいたい2年と言いました。
この馬がG1で初めて馬券になったのは2016年の春の天皇賞です。
まぁ、確かに衰えはあると思います。
去年の京都大賞典も3着です。どんどんと休み明けでの成績が悪くなっているところを忘れてはいけなかったですね。
あとはシュヴァルグランも賢いなと思いました。
一度、味わった外国人の凄さが忘れられないのでしょう(下ネタではありません)。
もう日本人の男では満足できない身体になっていると思います(下ネタではありません)。
次走はジャパンカップですね。こちらも豪華メンバーが揃いそうで楽しみです。
この馬の人気は今回の結果で落ちるでしょう。
これに私はニヤニヤしております。
現時点ではグリグリの・・・対抗評価です。
「衰えた。この馬はもう終わった。闘争心がない」と思われるなら大歓迎です。
外国人を上に載せたらこの馬は頑張りますよ!(下ネタです)。

では追って回顧を行っていきます。

1着のサトノダイヤモンド
強い競馬でした。これはもう復活と見ていいのでしょうか。
気になるのは2着の馬が対して強くないということでしょうか。
ジャパンカップでは人気になるでしょうね。
この馬の判断は引き続き難しいものとなりそうです。
まぁ、あまり疑わない方がいいかなという感じがしておりますが。
人気になるのでね。消せたら楽ですよね。

2着のレッドジェノヴァ
この馬は買えないですね。私には絶対。
シンボリクリスエス産駒の牝馬が芝重賞で馬券になった回数をご存知でしょうか。
今回で4回目(3頭目)なのです。このレースまでの成績は0-2-1-66でした。
今まで馬券になった3回はいずれも3歳時のものであり、古馬のシンボリクリスエス産駒の牝馬が重賞で馬券になったのは初めてです。
来る感じはしたのですが・・・このデータが頭をよぎってしまいましたね。
今回、重賞だと普段はこないような馬がきたということです。
これを言い変えれば重賞級のレースではなかったという見方もできると思います。
つまり、サトノダイヤモンドはあまり強くないという結論になります。
あ~、サトノダイヤモンドをどうしましょうかね。困りました。

3着のアルバート
さすがはマジックマンです。
1000mはベスト距離から足りない馬にも関わらず、馬券内に持ってきました。
他の騎手だったら無理だったと思います。
ちなみにこの馬も外人だと頑張る馬です。今まではムーアが彼氏でしたが、今回は元カレのモレイラとのコンビでしたが、きっちりとアクションに応えた形となりました。

なお、この馬を直前大口で推奨しました。私は単勝4番人気以下の馬を推奨しているのですが、そこからオッズが下がり、3番人気になってしまいました。
こういうの良くあるんですよね。私の影響力が少しだけあるのかなと思い調子に乗っております。

5着のブレスジャーニー
出負けが痛かったですね。ここがスムーズならという感じはしました。
左回りこその馬ですが、こういう惜しい競馬をしてくるから怖いです。
でも右回りだといらないかな・・・もう買うのやめようかなと悩んでいます。

6着のウインテンダネス
毎日王冠の回顧で書きましたが、「逃げとは、ただハナを切るだけではない」のです。
以下は今回の騎手のコメントです。

「決め手勝負では厳しいと見ていたので、マイペースで離す競馬をしようと思っていました。坂の下りでもう少し離したかったのですが、あとでモニターを見ると意外と離していませんでした」

この「意外と離していませんでした」にクスっときてしまいました。
「外人騎手が増えると若手が育たない」という意見をお持ちの方へ。
あなたが馬主だったら「若手騎手の成長のため」に自分の馬に乗せますか?
私だったら「外人騎手でお願いします」と頭を下げると思いますよ。

さて馬についてですが、おそらく狙いはアルゼンチン共和杯からのジャパンカップでしょう。この馬は左回りに強い馬なのでそっちの方が期待できると思います。
もちろん、騎手は変えての参戦となりますが。

8着のスマートレイアー
折り合いを欠いていたため、我慢できずに早めに仕掛けたのでしょうか。
この馬には基本的に2400mは長いと思っています。
今回から早い段階で脚を使ったらガス欠を起こすのは当たり前です。
「折り合いがつかないから、行かせちゃう」って・・・おい!ってなりますよね。

11着のプラチナムバレット
「大きく逃げた馬から離れた2番手」という最高の位置取りで競馬ができました。
それにも関わらずこの結果です。
私、この馬は精神面に問題を抱えていると思っています。
こうなるともう厳しいでしょうね。
あとはマンハッタンカフェ産駒なので非根幹距離で買うべき馬かなと思っています。
この馬の成績をよく見るとそういう感じが強くしますよね。

以上が京都大賞典の回顧でした。

福永騎手は責められる結果となりましたね。可哀想に。
福永騎手も被害者だと思いますよ。
今回のシュヴァルグランは「今彼のボウマン」が乗らないともうダメなのでしょう。
いや、ボウマンでも休み明けでは厳しいかもしれません。
ただ上述しましたが、今回の結果で人気を落とすようならばジャパンカップは買うべきでしょう。これは美味しいですよ。


【秋華賞でラッキーライラックは凡走します!】

私のブログで密かに話題になっているデスブログというコーナーをご存知でしょうか。ここで名前を書かれた馬はなぜか馬券外に飛ぶのです!

今年に入ってもデスブログの力は健在!以下の馬たちにご注目ください!

高松宮記念;ダンスディレクター
大阪杯:シュヴァルグラン
皐月賞:ジャンダルム
NHKマイルC:カツジ
ヴィクトリアM:ミスパンテール
日本ダービー:ブラストワンピース
安田記念:リスグラシュー
宝塚記念:サトノクラウン
スプリンターズS:レッドファルクス

これらの馬が「デスブログ」の餌食になっております。

さて秋華賞ですが上位人気確実のラッキーライラックに該当する最悪データを見つけてしまいました。
その最悪なデータに該当した馬は過去5年間で0-1-0-20という非常に厳しい成績となっております。
果たしてラッキーライラックはこの最悪なデータを跳ね除けることができるのでしょうか。

このラッキーライラックに該当する最悪データ競馬ブログランキングにて公開中です!

ラッキーライラックを買う人はもちろん、ラッキーライラックを買わないという人もぜひ、その目でご確認ください!

中央競馬ランキングへ
(現在8位前後)
※競馬ブログランキングの見方がわからない方はこちらをご覧ください!
http://blog.livedoor.jp/ganma1123/archives/50063069.html




「秋華賞2018」コラボ指数データ&最終見解ココで見てから馬券へ




小倉記念/札幌記念/北九州記念/新潟2歳ステークス/キーンランドカップ/新潟記念 
紫苑ステークス/セントウルステークス/スプリンターズステークス→→指数1位1着


秋華賞はじめ、菊花賞、天皇賞秋はもちろん、各会場1~6Rも指数データ毎週土日に無料公開!
当日13:00頃指数データ&重賞の最終見解無料で確認可能!会員登録はーコチラ




もし良かったら邪推師とつながりませんか?

ブログの更新通知はもちろん、馬券に役立つようなポイントを見つけた時は即座につぶやきたいと思います。
https://twitter.com/GANMA71879454