【今を見逃すな!今月も50人限定の募集とさせて頂きます!】

エリザベス女王杯は回収率が約1,000%の大的中!
今週のマイルCSもご期待ください!


募集を始めてもすぐに定員いっぱいとなってしまう『OASIS』のご紹介です!


今月も50人限定の募集となっております。ご興味のある方はお早めに!
おそらくこの今週で募集が終わってしまうと思います
無料会員登録ページ

先週の10日(土)~11日(日)には100万円を軽く超えるとんでもない予想も提供されておりました!

1110

1111

このように高配当馬券が毎週のように的中する新サイト『OASIS』のご紹介です。

この情報を「嘘」だと思い込んでしまう方は損をしてしまいますよ・・・。
このサイトの魅力は「シンプル」です。

「とにかく当たること。」 
そもそも、これ以外の魅力って必要ですか?

いつも高配当の3連単や3連複を少点数で的中させることができるのが凄いです!

『OASIS』を参考にされた方は最高の週末となるでしょうね(^^♪

ご興味ある方は以下のリンクから無料登録をしてみてください。
無料会員登録ページ
※メールアドレスを入力するだけで無料登録の完了です!


<武蔵野ステークス 回顧>

本命は◎インカンテーションでした。結果は6着。
期待していただけに残念でした。
芝スタートなので8枠はむしろプラスと思っておりましたが、データ通り厳しかったですね。ポンとスタートを出たのはいいですが、良い位置を取ることができなく、終始、外を回る厳しい展開でした。
あと三浦騎手によると「3コーナーでぶつけられた」ことも敗因にあげておりました。
どのくらいぶつかったのか全周パトロールで見てみましたが、確かにそれなりの影響がありそうな感じでした。
ただそれがなくても厳しかったとは思いますが。
正直に言うと敗因がわからないですね。「年齢」と簡単に括ってしまっても良くないような気がします。そんなことは誰もが思うところなので。
左回りの1600m~1800mがこの馬のストライクゾーンであることに変わりはないと思います。今回は残念な結果に終わりましたが、再度、狙ってみたいと思います。

では追って回顧を行っていきます。

1着のサンライズノヴァ
「目の覚めるような末脚」とはこういうことを言うのでしょう。
圧巻の内容でした。見ていて気持ち良かったですね。
レース終了後、戸崎騎手が重要なことを話してくれました。
「芝スタートだと行き脚がつかない」とのことです。左回りの東京が得意ではありますが、芝スタートが苦手というジレンマを持っている馬です。
脚質が追い込み一辺倒になるので、今回みたいに鮮やかに差し切ることもあれば、差し損ねることも同じくらいある馬だと思います。
左回りの1400m~1600mでは○~△までの印が必要なタイプですね。
◎をつけるのは怖いです。展開をよく見て・・・という感じですね。

2着のクインズサターン
このレースでは4頭にしか印をつけておりません。4番目がこの馬でした。
7番人気という低評価を見てニヤニヤしておりました。
それこそサンライズノヴァの下位互換という感じでしょうか。
重賞でも末脚を伸ばして馬券になってくるタイプです。この馬は左回り限定ではないですが。
G2は少し厳しいとしてもG3ぐらいのレースなら常に紐に入れておくといいことがある馬です。こういうタイプの馬って結構いると思います。
ただし、この馬も追い込みなので展開に大きく左右されるタイプの馬です。
◎をつけるべき馬ではないかなって思っています。

3着のナムラミラクル
ルメール騎手が騎乗すると人気を集めてしまいますね。
重賞実績もなく、ここで2番人気に支持されるほどの馬ではないと思います。
ただルメール騎手は今回のように馬券内に持ってきます。これが凄いところです。
武蔵野ステークスというレースは意外なことに先行馬も好走するレースです。
逃げ馬を見るようにレースを進め、ロスのないレース運びができました。
ただどちらかというと良馬馬の方が良いタイプなのかもしれません。
このあたりは今後も良く見ていった方がいいような気がしております。
今まではOPで勝ち切れない競馬が続いておりましたが、重賞でもルメール騎手が乗れば馬券にはなります。
特に左回りに良績が集中しているところに注目しておきたいですね。

4着のユラノト
馬場が稍重だったのでキングカメハメハ産駒のこの馬に印をつけなくて大丈夫かなと不安になっておりました。
福永騎手のコメントによると今回は「急仕上げ」だったとのことです。
今のところ重賞に入るとワンパンチ足りないかなって感じですね。
まだ4歳なので今後の成長に期待したいところではありますが。

5着のルグランフリソン
ハナに立つとは思っておりませんでした。
今回の様な積極的な競馬は素晴らしかったと思います。
結果的に5着という成績はこの馬では立派でしょう。
さすがに重賞で馬券になることはないと思いますが。

7着のウェスタールンド
危険馬推奨をしておりました。
ダートで底を見せておらず、前走で見せた目の覚めるような末脚、そして今回は外人騎手への乗り替わりということで買える要素は十分にあったと思いますが、買いませんでした。
前走のシリウスステークスでも前半は置いていかれる感じで後方ポツンというレースでした。
そこからの距離短縮でどうなるか不安な部分が私にはありましたね。
今回、オドノヒュー騎手は上手くエスコートして中団につけましたが、これだと脚が溜まりませんでした。
難しい馬だと思います。◎をつけるべき馬ではありませんでしたね。

以上が武蔵野ステークスの回顧でした。

何度も「◎をつけるべき馬ではない」という言葉が出てくるレースでした。
今回、私は4頭にしか印をつけませんでした。
結果は「▲→△→○」という豪快な縦目となってしまいました。
結構、△クインズサターンには自信があり、これが来ているのに外すという愚行をしてしまいました。これは私の中でスランプのきっかけとなる事象です。
野球で例えると「ホームラン性の大ファールを打ってスランプ」になるという感じです。これが私にはよくあります。
日曜日の重賞を2つ当てることができたので、スランプ突入は避けられたようですが、かなり不安視しておりました。いやぁ、良かった。良かった。
もしスランプに入ったら「クインズサターンの呪い」と名前をつけようと思っておりました。


【マイルCSでアエロリットは凡走します!】

私のブログで密かに話題になっているデスブログというコーナーをご存知でしょうか。ここで名前を書かれた馬はなぜか馬券外に飛ぶのです!

今年に入ってもデスブログの力は健在!以下の馬たちにご注目ください!

高松宮記念;ダンスディレクター
大阪杯:シュヴァルグラン
皐月賞:ジャンダルム
NHKマイルC:カツジ
ヴィクトリアM:ミスパンテール
日本ダービー:ブラストワンピース
安田記念:リスグラシュー
宝塚記念:サトノクラウン
スプリンターズS:レッドファルクス
秋華賞:ラッキーライラック
菊花賞:エポカドーロ
天皇賞秋:アルアイン
JBCクラシック:ノンコノユメ
エリザベス女王杯:レッドジェノヴァ

これらの馬が「デスブログ」の餌食になっております。

さてマイルCSですが上位人気確実のアエロリットに該当する最悪な傾向を見つけてしまいました。
その最悪なデータに該当した馬は過去5年間のエリザベス女王杯で0-0-0-12という結果となっております。
果たしてアエロリットはこの最悪なデータを跳ね除けることができるのでしょうか。

このアエロリットに該当する最悪なデータについては競馬ブログランキングにて公開中です!

アエロリットを買う人はもちろん、アエロリットを買わないという人もぜひ、その目でご確認ください!

中央競馬ランキングへ
(現在5位前後)
※競馬ブログランキングの見方がわからない方はこちらをご覧ください!
http://blog.livedoor.jp/ganma1123/archives/50063069.html



「みんなの万馬券」なら当たり前のように競馬で勝てる!】

今週はマイルチャンピオンシップ、東京スポーツ杯2歳ステークスなどの買い目情報を公開!

「競馬情報サイトって怪しいところが多い」これは紛れもない事実です。
しかし、重要なのはどのようなサイトでも「きっちりと予想が当たること」だと思いませんか?

今回、ご紹介する「みんなの万馬券」というサイトの特徴は極めてシンプル。
とにかく当たるのです。面白いほどに。
そもそも競馬サイトにそれ以外の特徴って必要ですか?

このサイトのコンセプトは「すぐ稼げる、すぐ収入アップ」です。
先週の土日で公開された予想をご確認ください!

11101111

ちゃっかり「高配当」として100万円を超える馬券があるのがさすがです。

このサイトは無料予想も充実しております!

みんなの万馬券

この無料情報でこのサイトの実力を確認してみてください!

↓↓ご興味のある方はコチラからご確認ください↓↓
メールアドレスで無料登録をする!


もし良かったら邪推師とつながりませんか?

ブログの更新通知はもちろん、馬券に役立つようなポイントを見つけた時は即座につぶやきたいと思います。
https://twitter.com/GANMA71879454