【毎週競馬で勝てる快感を存分に味わってみませんか?】
競馬で勝てるようになるサイト!『OASIS』のご紹介です!


このOASISは高配当のレースを当たり前のようにバシバシと的中させております!
無料会員登録ページ

今週は「スプリングS&フラワーカップ他」の予想も公開!

先週の9日(土)~10日(日)にも払戻額がとんでもない予想が提供されておりました!

①

②

このように高配当馬券が毎週のように的中する新サイト『OASIS』のご紹介です。

この情報を「嘘」だと思い込んでしまう方は損をしてしまいますよ・・・。
このサイトの魅力は「シンプル」です。

「とにかく当たること。」 
そもそも、これ以外の魅力って必要ですか?

いつも高配当の3連単や3連複を少点数で的中させることができるのが凄いです!

『OASIS』を参考にされた方は最高の週末となるでしょうね(^^♪

ご興味ある方は以下のリンクから無料登録をしてみてください。
無料会員登録ページ
※メールアドレスを入力するだけで無料登録の完了です!


スプリンステークス 有力馬考察

本日も当ブログをご覧いただきましてありがとうございます。
最近、GANMAはYouTubeに力を入れております。
ご興味のある方はぜひ、以下のリンクからチャンネル登録をお願いします。
チャンネル登録はコチラ
動画がアップされるとすぐに見ることができるメリットがあります!見忘れもなくなります!ぜひ、お気軽に登録して下さい。

それでは今日はスプリングステークスの有力馬考察を書きたいと思います。

【ファンタジスト】父ロードカナロア(武豊)56㎏
【考察】
京王杯2歳ステークスを含む3連勝で迎えた朝日杯FSは4着に敗れました。
敗因は距離と見ていいと思います。この馬にマイルは少しだけ長かったですね。
そんな馬が1800mに出走となります。
この馬にとって重要なのはここではなく皐月賞です。このレースで好走できれば皐月賞、ダメならマイル路線という使われ方も有り得るでしょう。
皐月賞を目指すのですから、さらに200mを克服する必要があります。
そうなると前につける競馬は怖いですね。中団からの競馬を試して来るでしょう。
武騎手はトライアル重賞の時にその馬の使える脚を測るような乗り方をします。
今回もそういった騎乗をしてくる可能性は否定できないでしょう。
そういう競馬をする可能性がある馬に◎はつけられないですよね。

【不安材料】
距離不安があることです。これは誰もがわかっている不安材料ですよね。
それを根拠づける事実がこの馬にはあります。

このファンタジストの不安材料に関しては競馬ブログランキングにて公開中です!ぜひ、ご確認を!

中央競馬 ブログランキングへ
(現在3位前後)
※競馬ブログランキングの見方がわからない方はこちらをご覧ください!
http://blog.livedoor.jp/ganma1123/archives/50063069.html




【クリノガウディー】父スクリーンヒーロー(藤岡佑)56㎏
【考察】
朝日杯FSでは9番人気ながら2着に激走。一気に評価を上げることとなりました。
ただ、東スポ杯に関しては7着に敗れております。
これは道中で折り合いを欠いてしまったことが敗因と見ております。
朝日杯FSはマイルへの距離短縮が功を奏したのでしょう。
そういう意味では今回、休み明けかつ距離延長というのは怖いところです。
また折り合いを欠いてしまう可能性は否定できません。
1枠に入った時に2度好走しているのも折り合い難が影響しているのだと思います。
前に馬を置いて競馬ができれば大丈夫だとは思いますが。
ちなみにこの馬は朝日杯FSで2着に好走しておりますが、賞金的に皐月賞へ出走するためにはここで好走する必要があります。しっかりと仕上げてくると思います。

【不安材料】
外枠で前に馬を置けない展開になると怖いですね。
不安材料はこれぐらいです。

【ロジャーバローズ】父ディープインパクト(川田)56㎏
【考察】
今回のレースでのディープインパクト産駒の総大将はこの馬ですね。
紫菊賞ではホープフルステークス2でも好走したアドマイヤジャスタに次ぐ2着。
しかしながら0.2秒差もつけられているのは残念な感じがします。
ただ前目につけて速い上がりを使って好走しているところに好感が持てます。
安定感が高いタイプの馬ですね。
今回は鞍上が川田騎手になります。陣営の勝負度合いの高さを感じますね。
初重賞の今回でどこまで戦えるかに注目です。

【不安材料】
多頭数の経験が少ないのが気になります。
内枠に入って揉まれる競馬となった時にどうなるかが気になりますね。
あとは1800mに距離短縮となり、今までのように前につける競馬ができるのかどうかですね。

【ヒシイグナス】父ハーツクライ(ミナリク)56㎏
【考察】
新馬戦は京成杯の勝ち馬であるラストドラフトとタイム差なしの2着に敗れておりますが、ほぼ同等の力があると見ていいでしょう。
そこからは逃げて2連勝。逃げに徹するあたり、好感が持てますね。
前につける人気馬の成績が良いのがこのレースの特徴であり、期待が持てるところだと思います。
今回、ノーザンファーム生産馬は3頭おりますが、この馬がノーザンの本命なのかなと思っています。

【不安材料】
なかなか重賞で好走できないミナリク騎手が騎乗するのは気になるところです。
上述したようにラストドラフトが弥生賞で好走してくれていたらいいのですが、惨敗しておりますからね。
そうなるとこの馬の実力にも少しばかり疑問を持ってしまいます。

【シークレットラン】父ダンカーク(内田)56㎏
【考察】
この馬は4角で大きく外を回す競馬しかできないタイプの馬です。
そういう雑な競馬でも好走できるような展開や馬場傾向ならば面白い存在だと思います。
そもそも、そのような雑な走りが重賞でも通用しますかね。気になります。
末脚は確実な馬です。外目の枠が取れれば買いたいですね。

【不安材料】
内枠に入ってしまうと最後方からの競馬となってしまうリスクがあります。
できれば外目の枠が欲しいですね。
重賞ではなかなか結果を残せていない内田騎手というのも気になるところです。

【タガノディアマンテ】父オルフェーヴル(田辺)56㎏
【考察】
前走のきさらぎ賞は後方一気の末脚で2着に好走しました。
前につける競馬をしたり、脚を溜める競馬をしたりと様々ですが、この馬は脚を溜めた方が良いのかもしれません。
この馬の兄弟にタガノエスプレッソがおります。この馬は弥生賞でも好走しているように早い時期なら面白い存在かもしれません。

【不安材料】
このレースは後方からの競馬をする馬には厳しいレースです。
前走の再現のようにはいかないかもしれませんね。
あとは騎手ですか。田辺騎手ですね。今の田辺騎手は呪われているように思えます。

【コスモカレンドゥラ】父ノヴェリスト(丹内)56㎏
【考察】
この馬は穴馬として面白いですね。
前目につけて粘り込む競馬ができれば好走できる確率はあるでしょう。
ホープフルステークスも4着に好走しております。
ノヴェリスト産駒はキレないがバテない末脚を使うイメージがあります。
内枠に入ることができれば面白そうですね。

【不安材料】
丹内騎手は外枠に入ると不安な騎手です。
内枠からスムーズに前につけて粘り込む競馬しかできない騎手です。
あとはスローからの瞬発力勝負になると厳しいでしょうね。

以上がスプリングステークスの有力馬考察でした!
今週は4重賞ということで1つの重賞の全頭考察ではなく、それぞれの有力馬考察を行いたいと思います。

<新企画>
【ヒモ解き】激走馬 発見!



【競馬で勝てる新サイトの実力を実感ください!】
~3月17日(日)スプリングステークスの予想を無料公開!~


①

この「TAZUNA」という新サイトをご存知でしょうか?

競馬の概念を「ギャンブル」から「投資」に変えてくれるサイトとして評判です。
まずは先週の的中実績をご確認ください!

②

③

先週も高額的中の予想が公開されておりました!

このサイトの特徴は「とにかく当たること」です。
というかそれ以外の特徴って必要でしょうかね。

しかも少点数の3連単で的中できる情報をご提供!
これって非常に凄いことだと思いますよ。

今週、このサイトでは「スプリングステークス」の買い目の無料提供があります!
「競馬で勝ちたい」という方はぜひ、ご確認を!
無料登録でスプリングSの予想・買い目が見れる!
(メールアドレスの入力で無料登録が完了となります!お気軽に!)


もし良かったら邪推師とつながりませんか?

ブログの更新通知はもちろん、馬券に役立つようなポイントを見つけた時は即座につぶやきたいと思います。
https://twitter.com/GANMA71879454