【激走穴馬を見抜いて3連単をきっちり少点数で当てる!!】
~先週も少点数の3連単で高額配当ゲット!!!

JHA

今週は「函館記念」「やまびこステークス」の買い目を無料で公開します!

このサイトの特徴は「少点数で的中に導く」というハイレベルな予想の提供にあります。買い目を見ても6点~12点が基本となっています。

「そんな少ない点数で3連単が当たるの?」

そう思ってしまう方はこのサイトの凄さに驚くでしょう。
実際、先週の2重賞をわずか8点の3連単で的中させております!

七夕賞は100万円を超える高額配当ゲットです!!!

JHA的中

ご覧のように「勝てるレース」を教えてくれます。
ちゃんと勝てる情報を教えてくれます!

しかも少点数の3連単で的中できる情報をご提供!
これってめちゃくちゃ凄いことだと思いませんか!?

今週、このサイトでは「函館記念」「やまびこステークス」の買い目の無料提供があります!
特に「夏競馬で勝ちたい!」という方はぜひ、ご確認を!
函館記念&やまびこステークスの予想・買い目が無料で見たい方はクリック!
(メールアドレスの入力で無料登録が完了となります!お気軽に!)


函館記念 全頭考察②

本日も当ブログをご覧いただきましてありがとうございます。
皆さんは競馬場での現地観戦はお好きでしょうか。
私は好きであり、嫌いでもあります。現地の臨場感は確かに良いと思います。
しかし、私は「騎手の手の動き」や「馬の位置取り」を見るのが好きなのです。
現地観戦だとそれが見れないんですよね。
東京競馬場では馬主席やダービールームに行ったことも有ります。
私の目が原因かもしれませんが、そこからだと「青帽」と「黒帽」の区別がつきません。
やはり競馬はソファーに横になりながらテレビで見るのが1番かな。

さて今日は函館記念の全頭考察②を書きたいと思います。

【レッドローゼス】父ステイゴールド(蛯名)56㎏
【考察】
5歳にして重賞初挑戦です。そして人気になっています。
函館記念という荒れやすいレースにおいてこれはどうでしょうかね。疑いたくなります。
ここのところはゆったりとした流れを先行して、瞬発力を活かすレースで好走しておりましたが、前走は一転して後方で脚を溜める競馬となりました。
展開と馬場が向いての好走にも思えますが、この時に直線で競り倒したのが七夕賞2着のクレッシェンドラヴということを考えれば重賞で戦えるだけの力はあるように思えます。
函館は初めてですが、札幌競馬場での好走経験があり、洋芝も問題ないでしょう。

【不安材料】
内目の枠は少し嫌ですね。中枠から外枠の方がこの馬の力を発揮できるかもしれません。
前走は展開が向いたところがありますが、他にも54kgという斤量面で恵まれたところもありました。
今回は56kgという斤量を背負います。初重賞ですからね。できれば55kgぐらいに留めて欲しかったのですが、見込まれましたね。ここはシンプルに不安材料です。
まだOPクラスで戦えると決まったわけではありません。
さらに他にもこの馬に対する不安材料があります。「そうか、この馬もか」という感じがしますね。人気馬がこの条件に該当しているのですから、荒れる気配がプンプンとしますね。

このレッドローゼスの不安材料に関しては競馬ブログランキングにて公開中です!ぜひ、ご確認を!

中央競馬 ブログランキングへ
(現在4位前後)
※競馬ブログランキングの見方がわからない方はこちらをご覧ください!
http://blog.livedoor.jp/ganma1123/archives/50063069.html


【ブラックバゴ】父バゴ(斎藤)55㎏
【考察】
最後に馬券になったのが2017年の11月です。
そこから8戦して0-0-0-8という成績に終わっております。
すでに7歳であり、衰えを感じてしまうところもありますね。
昨年の函館記念は4番人気に支持されるものの10着に大敗しております。
この時は休み明けということも有り、道中でかかりっぱなしでした。これが敗因でしょう。
しかしながら京都記念では勝ち馬と差のない競馬ができており、こういう惜しい競馬をたまにしてくるだけに判断が難しい馬ですね。
メンバーレベルが低いローカル重賞だと一気に好走してくる可能性はあると思います。
差しの決まりやすい展開で今ぐらいの人気だと買っても面白いかもしれませんね。
斤量も55kgは非常に推せる材料です。55kgで一変する可能性もあると思っています。
内枠は0-0-0-6と結果が出ておらず、できれば外目の枠の方が競馬がしやすいのかなと思います。

【不安材料】
折り合いに難があるため、後ろからの競馬を余儀なくされてしまいます。
前有利の展開や馬場になると厳しいですね。

【ポポカテペトル】父ディープインパクト(岩田)55㎏
【考察】
函館に強い岩田騎手が騎乗するのは面白いですね。
前走の目黒記念では長期休養明けも響いて12着に大敗しました。勝ち馬から5秒以上も離されており、状態面に不安の残る内容でした。
キセキが勝利した菊花賞で3着に好走している馬であり、パワーとスタミナを持ち合わせている馬です。
ディープインパクト産駒らしい持続的な末脚が武器であり、長期休養前の体調にまで戻っていることができれば今回も勝ち負けできる馬だと思います。
何度も書きますが、状態面次第ですね。

【不安材料】
前走は明らかな叩きだったと思いますが、まだまだ復調には時間がかかるのではないでしょうか。
今回の距離である2000mもやや短い印象を持ちます。
ここは厳しいような気もしますが。

【マイスタイル】父ハーツクライ(田中勝)56㎏
【考察】
ここのところは凡走と好走を繰り返しております。今回は好走の順番ですね。
前走の巴賞はプラス16kgからわかるように余裕を残した仕上げだったように思えます。
レースは内で包まれてしまい、全く力を発揮することができずに敗れてしまいました。
前走はまさに「田中勝あるある」ですね。
福島記念、京都金杯、ダービー卿CTと重賞でも好走経験がある馬ですが、斤量は56kgで済みました。これは大きいですよ。
昨年は初めて北海道でレースをしましたが、函館2000mでは非常に強い競馬ができております。洋芝が合うのでしょう。
最近はハナを主張する競馬をしておりませんが、それでも好走しているので問題はなさそうです。
鞍上には信頼できないところがありますが、馬の力は今回のメンバーでも上位クラスと見て問題ないと思います。

【不安材料】
重賞レースで田中勝騎手を買うのは私のセオリーに反するところです。
叩き2走目の成績が0-0-0-3と悪いのも気になるところです。
馬体重は前走で増えているので、ある程度は絞れて出走できていないと不安なところがありますね。

【マイネルサージュ】父ハービンジャー(国分恭)55㎏
【考察】
昨年の七夕賞では2着に好走しておりますが、そこから苦難の日々が続いております。
この馬は上がり3ハロンの時計が非常にかかる展開がベストだと思います。
上がり3ハロン最速馬のタイムが36秒以上かかる馬場状態ならば買うべき馬だと思います。また好走するには差し馬が有利な展開がさらに必要です。
ご覧のようにストライクゾーンは非常に狭い馬ですね。
推せる材料とすれば斤量が55kgということでしょうか。好走した七夕賞以来の55kgです。
あと今年の中山金杯では「おっ」と思える好走がありました。
今回、人気になっているステイフーリッシュとこの時は0.1秒差ですからね。

【不安材料】
近走の成績が悪すぎます。買いづらいですね。
この馬が好走したら凄い配当になりそうですが。

以上が函館記念の全頭考察②でした!
今回の全頭考察は全部で3部作となっております。
残りの2つも見て頂けたらと思います。


【毎週競馬で勝てる快感を存分に味わってみませんか?】
競馬で勝てるようになるサイト!『OASIS』のご紹介です!


このOASISは高配当のレースを当たり前のようにバシバシと的中させております!
無料会員登録ページ

先週の6日(土)~7日(日)にも払い戻しがとてつもない予想が提供されておりました!

①

②

このように高配当馬券が毎週のように的中する新サイト『OASIS』のご紹介です。

この情報を「嘘」だと思い込んでしまう方は損をしてしまいますよ・・・。
このサイトの魅力は「シンプル」です。

「とにかく当たること。」 
そもそも、これ以外の魅力って必要ですか?

いつも高配当の3連単や3連複を少点数で的中させることができるのが凄いです!

『OASIS』を参考にされた方は最高の週末となるでしょうね(^^♪

ご興味ある方は以下のリンクから無料登録をしてみてください。
無料会員登録ページ
※メールアドレスを入力するだけで無料登録の完了です!


もし良かったら邪推師とつながりませんか?

ブログの更新通知はもちろん、馬券に役立つようなポイントを見つけた時は即座につぶやきたいと思います。
https://twitter.com/GANMA71879454