「オークス」無料情報
オークスはG1で4回も的中しているここの無料情報をご確認ください!
━━━━━━━━━━━━━━

━━━━━━━━━━━━━━
G1・無料情報
◎NHKマイルC
馬連5,000円→7,200円

◎天皇賞春
馬連5,000円→8,560円

◎桜花賞
馬連5,000円→12,400円
◎大阪杯
馬連5,000円→38,600円
━━━━━━━━━━━━━━
昨年末から集計していますが
ここの無料情報は31万円のプラス収支です!
オークスも上手く回収するでしょう。
→オークス無料情報
↑からLINE友だち追加して買い目を毎週チェックしてください。


<京王杯スプリングカップ 回顧>

<総評>
前半3ハロンが34秒8、後半3ハロンが33秒9というスローペースのレースとなりました。
そこまで道中での位置取りは関係なく、その馬自身が最も得意とする位置でレースを進め、直線での末脚勝負になるという例年通りのレースとなりました。
ペースが速くならないレースなので外枠の先行馬でも積極的に前につける競馬ができればロスは大きくありませんでしたね。
また勝ち馬は高松宮記念組であり、人気薄の馬は関西騎手が騎乗。GANMA’sスカウターは正常に働いておりました。

では1頭ずつ見ていきましょう。

1着のウインマーベル
ウインの馬なのでもちろん内枠が良かったのですが、外枠からでも積極的に先行する形ができれば大丈夫だろうとは思っておりました。初角を4番手というレース運びができております。松山騎手は上手くエスコートしてくれました。
直線では2着馬に交わされる勢いでしたが、よく粘り切りましたね。
先行しての「逃げ粘り」はウインの馬が多く持つ特殊アビリティです。見事でしたね。
この馬の有力馬考察でずっと繰り返し述べていることですが、古馬になってからは1200mだと短くなっております。
今は1400mがベストですね。むしろマイルへの延長はどうなのかなとすら思えてきております。安田記念を目指して欲しいですが、秋に向けて休養するという話も出ております。
スプリンターズステークスを目指してくると思いますが、この馬の狙い時は阪神カップでしょうね。

2着のレッドモンレーヴ
スタートは悪くなかったのですが、テンの脚が遅いことで後方からの競馬となってしまいました。ただ、これがデフォルトという馬ではあります。
上がり2位はダノンスコーピオンの33秒1です。このタイムも凄いと思うのですが、この馬は上がり最速となる32秒2の末脚を使っております。1頭だけ異次元の末脚を使っていますね。凄いと思います。
東京1400mがこの馬にとってのベストの条件と言えるでしょう。またこのレースはロードカナロア産駒の好走率が高い傾向にあります。そういった部分も追い風になったのでしょう。
さて次走は安田記念でしょうか。昨年は6着と結果を残してはおります。ややマイルは長いような気がしますが、展開が向けば侮れない1頭になるかもしれませんね。

3着のスズハローム
関西馬ですが、神経質なところがある馬とのことです。輸送を避けるため、今回は美浦滞在をしておりましたが、それが功を奏しましたね。
スタートは上々、道中で外を回り続ける競馬となりましたが、それはこのレースではあまり問題となりません。そのまま直線を迎えてジリジリと伸びてきました。
レースセンスの高さを感じる走りですね。ただ爆発力を感じません。このあたりがサトノダイヤモンド産駒っぽいなとは思いました。
1400mに距離を短縮してから好走が続いております。この距離ならば重賞でも通用するということでしょうか。
サトノダイヤモンド産駒は種付け頭数が激減しております。ここが正念場ですね。
1頭でも多く強い馬が出てくることに期待したいですね。

4着のダノンスコーピオン
古馬になってから5レース全てで2桁着順に敗れていた馬でした。
しかし、5歳初戦の今回は4着と復調傾向を見せてくれましたね。きっかけは福永厩舎への転厩にあるのでしょうか。それが真実ならば凄いですね。福永厩舎。
1400mはやや忙しい印象を持ちました。マイルに戻してみたら面白いかもしれませんね。
ただ忘れてはいけない点があります。今回はロードカナロア産駒に有利なレース&コースでした。それがあっての好走という可能性もあります。
次走はもっと人気になるでしょう。その時、冷静になって考えたい馬だなとは思います。

5着のリュミエールノワル
川田騎手のレース後のコメントは以下の通りです。

「初めての重賞挑戦でしたが、枠も良くとてもスムーズな競馬をしてくれて、最後までしっかり頑張って5着まで来てくれました。」

ここに全てが詰まっていると思います。前走はハンデ戦の3勝クラスでした。そこから2kgも斤量が増えて、メンバーレベルも一気に上がっています。いきなりの好走は難しかったかもしれませんね。今後の成長に期待したいと思います。
ただすでに5歳馬であり、このレースに対する適性が高いロードカナロア産駒でもあります。これ以上の成長があるのか。そこに注目したいですね。

6着のトウシンマカオ
菅原騎手のコメントは以下の通りです。

「早めに動きたいタイプで、この枠は少しキツかったです。あと右回りと違って、左回りは外に張ったりしてバランスが取り切れない感じでした。右回りの1200がベストだと思います」

外枠に入った時の右回り1200mがベストですね。
そしてビッグアーサー産駒はやはり1200mまでです。古馬になってから1400mは厳しいですね。

7着のソーヴァリアント
良い感じで前目でレースを進め、直線を迎えましたが伸びませんでした。
脚が溜まっていませんでしたね。距離が短いことが敗因だと思います。
オルフェーヴル産駒の牡馬は1400m以下の重賞で0-0-0-5と苦戦しておりました。いくらモレイラ騎手が騎乗していたとしても無理なものは無理ということでしょうね。

以上が京王杯スプリングカップの回顧でした。

1400mに対する適性が高い馬が上位に来ましたね。1400mのG1を作ったらどうなるのかという素朴な感想を持ってしまいますよね。
なぜ、マイル以下だけ非根幹距離のG1がないのでしょうか。1400mで開催するとすればどこがいいでしょうね。阪神はダメでしょう。東京だと東京マイルとの違いがそうありません。京都外回りの1400mもマイルチャンピオンシップと重なってしまいますね。
京都内回り・・・重賞どころか特別戦が行われないようなコースですからね。無理でしょう。中京1400mも高松宮記念と重なってしまうところがあります。
ということで新潟1400mでやりましょう。ダリア賞の勝ち馬が好走するかもしれませんね。


【オークスの「穴の狙い目」はこの馬!】

オークスですが現時点で狙ってみたい穴馬がおります。

それはアドマイヤベルです。
前走のフローラステークスでの勝ち方を高く評価したい馬です。
フローラステークスを内枠、逃げ&先行で好走した馬は厳しいですが、この馬のような走りで好走してきた馬は好走に期待が持てます。
まだ1度も馬券外に敗れたことがない馬でありローテーションにもゆとりが感じられますね。中枠が欲しいですね。


オークスもダービーもここの無料情報!

京都新聞杯&スイートピーS

トライアル競走をワイド・三連単で当てました(*^^*)

━━━━━━━━━━━━PR

無料情報の実績

・京都新聞杯

ワイド10点→3,420円

[回収率]342%

単勝5-8番人気を的中!

・スイートピーS

三連単24点→15,430円

[回収率]643%

単勝6番人気を一列目に配置!

━━━━━━━━━━━━━━





━━━━━━━━━━━━━━

平安Sの買い目公開はあるか?

土曜重賞から注目の無料情報です!

→LINEで友だち追加

↑からLINEで友だち追加して無料情報をご覧ください。


もし良かったら邪推師とつながりませんか?
ブログの更新通知はもちろん、馬券に役立つようなポイントを見つけた時は即座につぶやきたいと思います。
https://twitter.com/GANMA71879454