邪推師GANMAのフレキシブル馬券法〜重賞で勝てる無料競馬予想ブログ〜

かつての競馬好き少年が、社会人になり東京競馬場の近くに住んだことで競馬熱が再燃! 競馬を始めたばかりの方に競馬を好きになってもらいたいという思いからブログを書いております。 メール:amagi_fafnar23@yahoo.co.jp twitter:@GANMA71879454

重賞回顧(2017)

【回顧】ホープフルステークス ~前半が速すぎたので嫌な予感はしていたのだよ・・・~<2017>

【競馬なんか今年を最後にやめよう・・・】

だったらやめましょう!
「当たらない競馬」「儲からない競馬」を!

それを簡単に、今週から、誰でも可能にさせてくれるのがうまコラボです。

他のサイトと比べても
「優秀なデータ」を蓄積+さらに「的中率を上げる為のデータ」を入れた
『最新最高の指数サイト』です

■公式サイト⇒ https://www.collabo-n.com/lp/cheer/?ad_id=3321

12月23日(土)~24日(日)も・・・3連単が当たりまくり!

画像

どうでしょうか。この的中率!回収率!

今までとは異なる結果を週末に体感してもらえるはずです。
■公式サイト⇒ https://www.collabo-n.com/lp/cheer/?ad_id=3321
※メールが届かない場合、迷惑メールを確認してください。
※メールが不要になった場合は、解約フォームからすぐに解約できるので安心です。



<ホープフルステークス 回顧>

ホープフルステークスの私の予想はこちらです。
http://blog.livedoor.jp/ganma1123/archives/52693756.html

本命は◎サンリヴァルでした。結果は4着。
逃げ、先行馬が揃ったため、ある程度はタフな流れになるだろうと思っておりました。
それが1000mの通過タイムを聞いてガッカリ。59.6はさすがに速過ぎましたね。
この時点でかなり嫌な感じはしておりました。
直線を向いて何とか粘り切ろうとしましたが、後方でじっくりと脚を溜めた3頭の追撃をかわすことができずに4着に敗れ去りました。
1角~3角では2番手からという積極的な競馬をしたこの馬には非常に展開面で厳しいものであったと思います。
実際、掲示板に載った馬の3角の位置取りは16番手→9番手→11番手→2番手→14番手となっております。
強い競馬を見せてくれたと思いますが、あと少し足りなかったということでしょう。
ただ皐月賞では再び狙ってみたい馬ですね。
ちょうど今年のダンビュライトを彷彿とさせる走りでした。
やはりルーラーシップ産駒は前につけて粘り込む競馬がベストでしょう。
私はこれを言い続けております。

では追って回顧を行っていきます。

1着のタイムフライヤー
本命馬◎よりも圧倒的に馬券になる私の対抗馬○でした。かなり馬券になるらしいですよ。ぜひ、参考にして欲しいです。私もします(ちくしょー)
ハーツクライ産駒の右回りG1の連敗記録が89で止まりました。これは快挙です。
前走、武豊騎手騎乗のグレイルにやられた競馬を今回、やり返した形となりました。
位置取りはほぼ最後方からという競馬。
早めに外からまくっていった有力馬を見るような形で4角を回り、直線で一気に素晴らしい末脚を見せてくれました。上がり最速の末脚を使ったのはこの馬です。
ハーツクライ×ブライアンズタイムというまさに今回のようなタフな競馬に適した血統も味方したのでしょう。
確かに強い競馬を見せてくれましたが、展開がドンピシャだったことは間違いありません。そこは忘れてはいけないでしょう。
本来は前につける競馬をしてきており、自在に競馬ができるタイプなので取りこぼしはなさそうです。
あとはホープフルステークス特有の勝ち馬に来る突然の不調がなければいいなと思っています。

2着のジャンダルム
データ分析、終了時に私が本命にした馬です。
このデータ分析時の本命はかなり馬券になるとのこと。今後の参考にして欲しいです。
私もします(ちくしょー)
武豊騎手によると距離は問題なかったとのこと。
ただ最後の失速の仕方はかなり気になるところです。
1800mまでと見ていいかもしれませんね。
今回、2着に敗れたとはいえ、賞金を加算できたのは良かったと思います。
クラシック路線を今後は目指していくと思いますが、距離不安は解消されたわけではないとまだ私は疑っております。
ただ強いのは間違いないですね。

3着のステイフーリッシュ
隠し玉として推奨していた馬です。
中京競馬場の新馬戦では非常に強い競馬を見せてくれました。
そしてステイゴールド産駒ということで、今回のコース替わりはプラスと見ました。
3着の敗因はキャリアの差と陣営は判断しております。
確かに直線に入った時の加速に少しだけ鈍さを感じました。
中谷騎手は非常に頑張ったと思います。ナイスライディングでしたね。
気になるのはダメージですね。短い間隔でこのレースに出走してきました。
できれば賞金を加算したかったのではないでしょうか。

5着のナスノシンフォニー
スタートで外に膨らんで最後方からの競馬となりました・・・がこれが功を奏したという見方もできると思います。
あそこまで出遅れると、もう腹を括って脚を溜めるしか方法はありません。
このレースは後方で脚をどれだけ溜めるかが好走のポイントでした。
この馬はレースに参加しておりません。高い評価をできないG1での5着ですね。

6着のルーカス
デムーロ騎手によると折り合いを欠いたところがあったとのことです。
デムーロ騎手は基本的に先頭集団につけることが多いです。
それが最も好走率の高い走りなのでわかるのですが、今回のような後方勢が圧倒的に有利な展開になると脆さを見せているような印象を持ちます。
ルーカスも道中の位置取りが少しだけ前過ぎたというのが最大の敗因でしょう。
兄モーリスも古馬になってから強くなった馬なので、強くなってからこの馬を買えばいいと私は思っています。
しばらく買わない方が良いと思います。

7着のマイハートビート
力はある馬だと思っていました。位置取りもハイペースの影響を受けにくい位置でしたので、この着順になるのは納得がいくところです。
この馬は強い馬なのですが、スタートが致命的に下手くそという弱点があります。
前につける競馬ができるようになれば面白いのですが。

8着のウォーターパルフェ
9着のロードアクシス
前につける積極的な競馬が仇となったという感じでしょうか。
内枠でロスの少ない競馬ができた分だけ、この着順でした。
決して強い馬ではありません。今後の成長に期待です。

10着のシャフトオブライト
後方で脚を溜めていたにも関らずこの着順でした。弱いですね。
今後の成長に期待です。

11着のリュヌルージュ
この舞台で好走できるだけの力がありませんでした。

12着のシャルルマーニュ
直線を向いた時にはもう手ごたえも悪く惨敗。
積極的な競馬をしたことがここまで負けた理由でしょうが、それにしてもあまり強くなかった可能性は否定できませんね。

13着のフラットレー
完全に空気でしたね。全く持っていいところがありませんでした。
しっかりと中団後方で脚を溜めたにもかかわらずこの着順。
鞍上のルメール騎手は陣営を気づかって「まだ柔らかく、これからの馬」というようなコメントをしております。
ただし、これはフランス語では「弱い馬」という意味です。
極端な成長力が見込めない限り、この馬は厳しいでしょうね。
邪推で「ノーザンファーム生産馬の二線級」とこの馬を評しましたが、もし突き抜けて勝ったらどうしようかとハラハラしておりました。

14着のジュンヴァルロ
積極的に前につける競馬でした。
展開が違えばもう少しやれると思います。G1では無理でしょうが。

15着のトーセンクリーガー
16着のワークアンドラブ
この舞台で好走できるだけの力がありませんでした。

競争中止のトライン
左後肢跛行とのことです。ホッとしました。
また復帰して元気な姿を見せて欲しいですね。

以上がホープフルステークスの回顧でした。

新設G1でしたが、非常に面白いレースだったと思います。
スローからのキレ勝負だけではない、タフなレースは派手で良いですね。
サンリヴァルが3着に残ってくれたら、もっと楽しめたレースだったのに・・・。

来年は今年よりもっと当てて楽しめるレースが増えたらいいなと思います。
皆さんに喜んでもらえるような予想をしていきたいですね。
「未来のお話は笑いながらじゃなきゃ、ダメなんですよ。」
ん~!この言葉が好き!
では今年、1年お疲れさまでした!

<今年の2歳馬はレベルが高い!?>
そんな声もチラホラと聞こえてきている昨今。
すでに2018年のクラシック戦線が楽しみですね!

滅多にひとめ惚れをしない私ですが、今年はある2歳馬の走りを見て一気に惚れ込んでしまいました。

こんなトキメキ・・・ミッキークイーンの新馬戦以来です。

騎手に大きな不安がある馬ですが、
皐月賞とダービーのどちらかは取れるのではないかと思っています。

2018年のクラシックでイチオシの馬の名前は競馬ブログランキングにて公開しております。異論はもちろん認めます!笑
ぜひ、ご確認を!

中央競馬ランキングへ
(現在10位前後)
※競馬ブログランキングの見方がわからない方はこちらをご覧ください!
http://blog.livedoor.jp/ganma1123/archives/50063069.html



□◆□◆□◆□◆□◆□◆□◆□
 【 中山金杯・京都金杯(G3)】
新聞の印に惑わされたくない方へ
  【買うべき穴馬はコレ!】
万券ハンターの買い目を大公開!
   ここをクリック!
━━━━━━━━━━━━━━━

「新聞にはまったく印が打たれていない穴馬なのに・・・」
「なんでこんな人気のない馬から買えるのか」


凄腕の万券ハンターと提携している【暴露王】のもとには、こうした反響がよく届きます。

3連単で万馬券を獲ることはそれほど難しくありません。

重要なのは、
作られた『虚構の人気馬』を把握と、
誰にも気づかれない『人気薄=激走馬』を知ることです。

“情報力・執念・視点”の違いをウリとする【暴露王】
どこまで当たるか、その買い目と根拠、結果をみていただければ一目瞭然でしょう。

中山金杯・京都金杯の買い目を入手!

今週ご登録頂いた皆様には、目玉重賞『中山金杯・京都金杯(G3)』を初めとして、万券ハンターだからこそ知っている“ヒミツの話”を【毎週無料】でコッソリ教えます!

買い目もしっかり提供させて頂くので、
週末は【暴露王】からのメールを待つだけで問題なし!

金杯から「本物の情報」で皆様の馬券ライフを180度変えてみせます!

▼詳しくはこちらでどうぞ!▼

本物の【凄穴馬情報】を無料公開
  【買うべき穴馬はコレ!】
完全無料・東西金杯


もし良かったら邪推師とつながりませんか?

ブログの更新通知はもちろん、馬券に役立つようなポイントを見つけた時は即座につぶやきたいと思います。
https://twitter.com/GANMA71879454


【回顧】有馬記念 ~あなたの夢は叶いましたか?~ <2017>

■■PR■■■■■■■■■■■■■■■
    参加者全員の方に
 3連単が3回に1回的中する予想

《《《 1日最大18レース分公開 》》》
    
毎週テレビでも紹介される
この競馬データの実力を試してください。

 ▼無料登録して情報をゲット▼
http://www.collabo-n.com/lp/promise/?ad_id=3321
【バナー】うまコラボ_ホープフルS(03 
■■■■■■■■■■■■■■■PR■■


<有馬記念 回顧>

有馬記念の私の予想はこちらです。
http://klan.jp/r20170605081101?userid=5767#prediction

本命は◎サトノクラウンでした。結果は13着。
鞍上のムーア騎手はペースを敗因にあげておりました。
ペースが遅すぎたとのことです。
この馬はタフな展開でこその馬と思っています。
秋3戦目というローテーションもこの馬には厳しかったかもしれませんね。
期待していただけに残念です。

では追って回顧を行っていきます。

1着のキタサンブラック
今回もこの馬の強さが際立つレースとなりました。
何度も言いますが、この馬の強さは「レースをコントロールできること」です。
今回もきっちりとレースをコントロールできましたね。
パット見た感じではキタサンブラックの楽逃げを許した日本人騎手の情けなさが目立つ内容でしょうか。
何もせずに淡々と逃がした・・・「これは忖度だ!」なんてね。
実はここにキタサンブラックの強さがあるのです。
まず「何もしなかった、楽逃げを許した」と言われているヤマカツエースとシャケトラについて。
もし、キタサンブラックがただの楽逃げならばこの2頭は馬券に絡むか、または掲示板に載ってもいいと思います。
ペースが絶妙すぎるのです。もし、キタサンブラックに早めに突っかかっていったら、早々と潰れてしまうことになります。
それならば直線までキタサンブラックの作り出すペースについていき、そこから直線勝負で何かに期待するという走りしかできないですね。
そしてこれも面白いポイントです。
それはキタサンブラックが作り出すペースは後方勢の馬が全くの用無しになることです。
追込馬が直線一気で差し切れるような前が総崩れになるペースでは逃げません。
だからといって道中で位置を上げられるほどペースが途中で緩みません。もう・・・どうしようもないのです。八方塞がりとはこのことです。
いつも言っていることですが、キタサンブラックと武豊騎手の逃げとは「スタートして最初にハナに立つこと」ではありません。
彼らの逃げは「先行馬のスタミナを奪いながら、追込馬が直線だけの末脚では届かないペースを作り出すこと」です。
そのペースを作り出すことができる騎手とその要望に応えることができる能力とメンタルを持った馬という最高のコンビ。これがキタサンブラックの強さですね。参りました。
この馬のファンのUMAJOさんたち。良かったね!

2着のクイーンズリング
キタサンブラックは抜群のペースで逃げるので、ロスなくこの馬についていった馬が好走するというポイントも持ち合わせています。
過去、何度もそういった穴馬が好走するところを見てきました。
最後はこの馬でしたね。
「クイーンズリングは絶対に抑えた方がいい」というのが私の枠順発表後の見解でした。
この馬も今回で引退ですが、本当に非根幹距離に強い馬でしたね。
今回はエリザベス女王杯で勝利した時と同じ馬番であり、同じようにインを活かす走りをしてきました。好走するタイミングはまさにここだったと言えますね。
ちなみに私がブログで書いていることですが「ルメール騎手が人気薄の牝馬に騎乗した時」はかなり面白いです。覚えておいて損はないでしょう。

3着のシュヴァルグラン
安定感ならNo.1と思っておりました。馬券内に入る確率が1番だと。
中団から末脚を活かす走りで何とか3着を確保。
昨年よりも少しだけ前目の位置で競馬ができたことが好走の要因でしょう。
この馬にとっては決して得意ではないコースです。
ハーツクライ産駒は今回の結果により右回りG1で89連敗となりました。
ただ、天皇賞春でこの馬がその連敗を止めるのではないかと注目しております。

4着のスワーヴリチャード
随分と色々な馬に迷惑をかけましたね・・・。
この馬が4着でシュヴァルグランが3着だったのは完全に枠の差です。
有馬記念において8枠は絶望的。これは周知の事実かもしれませんが、実は7枠も同じように絶望的な枠です。
過去5年間、7枠で馬券になった馬は3頭。実はこの3頭は全てゴールドシップです。
ゴールドシップは他の馬と色々、違います。色々と。
まだ3歳馬です。来年はこの馬とレイデオロが4歳になって競馬を盛り上げてくれるでしょう。

5着のルージュバック
後方からの馬がどれだけ猛追してもキタサンブラックが作り出すペースでは馬券になれません。
後方でジッと脚を溜めきれたことが好走の要因でしょう。
いかに前半を捨ててでも脚を溜められるかが、この馬の好走ポイントです。
勝てる競馬ではなかったですが、この馬の力を十分に引き出すことができる騎乗だったと思います。ナイスライディング!

6着のシャケトラ
「この馬の扱いを悩んでいる」という質問をLINEで多くいただきました。
私は「いらない、即消しで」と答えています。
G2大将でしょう。この馬は。
この馬とミッキーロケット。この2頭は来年も良い脇役で活躍してくれると思いますよ。

7着のサウンズオブアース
8着のレインボーライン
最後の末脚は見事でした。この2頭もルージュバックのように前半で脚を溜める競馬をしておりました。
それが今回の結果につながっただけです。勝つ競馬をすると着順を大きく落とす可能性がありますね。

9着のサトノクロニクル
3歳馬です。来年に期待しましょう。あまり成長しないと思っていますけど。
右回りのG1に出走してもイタズラにハーツクライ産駒の連敗記録を伸ばすだけです。

10着のヤマカツエース
キタサンブラックの真後ろを取った時は面白いかなと思ったのですが、そのキタサンブラックのペースについていくだけのスタミナがありませんでした。

11着のミッキークイーン
もう少しやれるかなと思っていましたが・・・もう限界かもしれませんね。
そろそろ、この馬の子供が見てみたいですね。

12着のブレスジャーニー
スタートで出負けしました。直線で不利もありました。
それがなくても馬券内は無理でしたね。
素質のある馬なのですが、復帰以降、使われ方がメチャクチャなのが気になります。
成長の妨げにならなければいいのですが。

14着のトーセンビクトリー
直線で不利がなければ・・・8着はあったかもしれませんね。よく頑張ったと思います。

15着のカレンミロティック
どれだけ展開が向いたとしても好走は無理だったと思います。
でもフルゲートの競馬が楽しめたのもこの馬のおかげです。

16着のサクラアンプルール
せっかく大外枠にならなかったのに・・・思いっ切り不利を受けました。
脚色を考えると可能性はありましたね。
この悔しさを中山記念で晴らしてほしいと思います。

以上が有馬記念の回顧でした。

今年は「結局、外人だろ?」そう思われ続けてきた1年間だったのではないでしょうか。
今回も2着~4着は外人騎手です。穴馬すらも外人騎手。
そのような中、やはり日本のエースは武豊騎手です。私はそう思っています。
キタサンブラックは強いです。ただ武豊騎手が乗っているから強いというのもあります。
キタサンブラックは歴史的な名馬となりました。
彼の次の仕事は自分の遺伝子を受け継いだ強い子を世に送り出すことです。
サンデー系のようにキタサンブラック系ができるほど、強い産駒を送り出してほしいと思います。
皆さん、今回の有馬記念は満足する結果だったでしょうか。
私は・・・私は・・・疲れました。
少し競馬を離れたいと思っています・・・えっ?ホープフルがある?
スラムダンクで例えると山王戦を終えた湘北高校ぐらいの状態ですが、何とかやり切りたいと思います。

【ホープフルステークスでルーカスは凡走します!】

春のG1でも注目を頂きましたデスブログは秋のG1戦線も健在です!
ここで名前を書かれた馬はなぜか馬券外に飛びます!
以下が私のデスブログによって凡走させられた馬たちです。本当に申し訳ない!

・スプリンターズS⇒ビッグアーサー
・秋華賞⇒アエロリット
・菊花賞⇒サトノアーサー
・エリザベス女王杯⇒ルージュバック
・マイルCS⇒サトノアラジン
・ジャパンカップ⇒サトノクラウン
・阪神JF⇒コーディエライト
・有馬記念⇒サトノクラウン


ご覧のように秋のG1戦線でも多くの馬がデスブログの餌食になっています。

さてホープフルステークスですが上位人気確実のルーカスに該当する最悪なデータを見つけてしまいました。
その最悪なデータに該当した馬は過去3年間で0-0-0-19と非常に厳しい結果となっております。
果たしてルーカスはこの最悪なデータを跳ね除けることができるのでしょうか。

この最悪なデータに関しては競馬ブログランキングにて公開しております。
ルーカスを買うという人はもちろん、買わないという方にも注目して欲しいデータです!

中央競馬ランキングへ
(現在10位前後)
※競馬ブログランキングの見方がわからない方はこちらをご覧ください!
http://blog.livedoor.jp/ganma1123/archives/50063069.html



□■□■□■□■□■□■□■□■□
   第34回 ホープフルS(G1)

  <<先着100名様限定!>>
万馬券を狙う【3連単勝負馬券】
     特別無料公開!

     →ココをクリック!
━━━━━━━━━━━━━━━━━

今年から新たにGIへと昇格したホープフルS。
昨年の勝ち馬・レイデオロが後に日本ダービーを制覇。

高額賞金の懸かるGIとなれば、来年のクラシックに繋がる豪華メンバーへの期待も集まるところだ。

また、ホープフルSは、有馬記念終了後の12月28日(木)の開催。

本来なら、有馬記念翌日の25日は月曜日で全休日扱いとなるが、関係者によると
「月曜日は基本的に馬場を開放する予定はない。ただ、確実に28日に出走を予定している馬や、年末の交流重賞に使う馬だけはコースに入れるような措置を取る予定」とのこと。

有馬記念後に開催が行われる番組編成や、それに伴うトレセンのスケジュール変更には困惑の声も挙がっており、各馬の状態には、普段以上に気を配る必要が生まれる。

データが少ない2歳戦は“情報が命”とも言われるように、競馬関係者から

「ここは使うだけ」
「2歳の内に稼げるだけ稼いでおきたい」
「ウチはこのレースが一番の勝負」


といった表には出回らない本音を入手することが、馬券的中のカギを握ることになる。
無論、その内部情報は、新聞やネット上で一般競馬ファンが入手できるものとは一線を画しており、創業依頼23年、競馬界に様々な人脈を張り巡らせてきた当社シンクタンクだからこそ、皆様にお伝えすることが可能なのだ。

実際に、当社が入手した内部情報より、
阪神JF・朝日杯FSと2歳GIで共に完全的中をお届け。

重賞・メインレースからは、12月17日の開催終了時点で49週連続的中をお届けしている。

今週は、シンクタンクを初めてご利用頂く方に限り、
ホープフルSの【3連単勝負馬券】出走各馬の関係者情報特別無料公開させて頂く。
マスコミとは一味違う”本物の情報力”を是非とも体感して頂きたい。

□■□■□■□■□■□■□■□■□
   第34回 ホープフルS(G1)

  <<先着100名様限定!>>
万馬券を狙う【3連単勝負馬券】
     特別無料公開!

     →ココをクリック!
━━━━━━━━━━━━━━━━━


もし良かったら邪推師とつながりませんか?

ブログの更新通知はもちろん、馬券に役立つようなポイントを見つけた時は即座につぶやきたいと思います。
https://twitter.com/GANMA71879454


【回顧】阪神カップ ~独特なコースだからこそリピーターに注目!~<2017>

■■PR■■■■■■■■■■■■■■■
    参加者全員の方に
 3連単が3回に1回的中する予想

《《《 1日最大18レース分公開 》》》
    
毎週テレビでも紹介される
この競馬データの実力を試してください。

 ▼無料登録して情報をゲット▼
http://www.collabo-n.com/lp/promise/?ad_id=3321
【バナー】うまコラボ_ホープフルS(03 
■■■■■■■■■■■■■■■PR■■


本日も当ブログをご覧頂きましてありがとうございます。
今日は2つの重賞回顧です。

<阪神カップ 回顧>

阪神カップの私の予想はこちらです。
http://klan.jp/r20170905071101?userid=5767#prediction

本命は◎レーヌミノルでした。結果は7着。
勝ち馬のイスラボニータを見るような形でレースを進めておりましたが、直線の勝負どころで失速。大敗してしまいました。
敗因は明確です。
この馬の今回の上がり3ハロンは34秒4です。今回はこの末脚では全く通用しなかったということです。
この馬の過去の上がり最速タイムは34秒2です。京王杯2歳ステークスで使った末脚です。
今回、3着馬との着差は0.4秒でした。もし、この馬が馬券になるとすれば、上がり33秒台の末脚が必要であり、それはこの馬の限界を超えている可能性が高くあります。
適性距離は1200m~1400mと考えておりましたが、思いの外、スピードがないようであれば
適性距離はマイルということになりそうです。
判断が難しい馬ですね。とにかく時計の速い決着、とくには瞬発力勝負には強くなさそうです。

では追って回顧を行っていきます。

1着のイスラボニータ
引退レースできっちりと買ってくるあたりはさすがです。
G1は足りなくても、G2ぐらいならといった感じでしょうか。
フジキセキ産駒にとって最高の「内枠」でした。これも大きかったですね。
少しの馬群の隙間に突っ込んでくる走りは圧巻のプロモーションでした。
種牡馬になると思いますが、ぜひ、いい子を多く出してほしいと思います。
短距離型の馬なのである程度の需要はありそうです。ね。

2着のダンスディレクター
スタートから前目の位置で競馬をしてきました。
これは昨年と同じ走りですね。
一昨年が2着、昨年が4着、そして今年が2着とかつてのサンカルロ先輩を彷彿とさせるほどの好走傾向です。
この阪神カップというレース適性がこの馬に対して非常にフィットするのでしょうね。
1200mよりも1400mという距離適性が高いだけかもしれませんが。
来年、出走してくるかどうかわかりませんが、出走してきた際はとにかく無条件で抑える必要があると思います。

3着のサングレーザー
序盤からペースが速くなり、差し馬にとっては有利な流れとなりましたが、後方から4角で大きく外を回して好走できるほどのコース設定ではありません。
それを成し遂げてしまうのですから強い馬だと思います。
マイルチャンピオンシップ3着という実績は伊達ではないですね。
距離は1400mぐらいがちょうど良いタイプなのでしょう。

4着のモズアスコット
4連勝中の馬でしたが重賞は初挑戦です。
そして阪神1400mも初挑戦とくれば、今回の人気はさすがに過剰人気でした。
イスラボニータとダンスディレクターには大きく離されてしまいましたが、初めての重賞で力を存分に発揮できたと思います。
これからの馬ですね。

5着のビップライブリー
今回も5着には好走し、大崩れしないというこの馬の特徴が出たレースだと思います。
大崩れしないということには理由があります。
それはこの馬の「立ち回りの上手さ」です。
さすがに今回みたいな決め手勝負になると分が悪いです。
本当に強い馬との戦いだと通用しない可能性はありますが、メンバーレベルが低ければ立ち回りの上手さ1つで十分に好走できるのではないかと見ています。

11着のキャンベルジュニア
キレる脚を使えないこの馬が出負けしてしまいました。こうなると厳しいですね。
先行して結果を残してきた馬です。前につけられないと話になりません。

12着のシュウジ
最後方待機から末脚を使うだけのレースでしたが、上がり最速の末脚を繰り出して12着に凡走しております。
いつかは穴を開けることがある馬だと思見ますが、追いかけ続けるのはお金の無駄かもしれませんね。

14着のアポロノシンザン
この馬が前半からガンガンと飛ばしてくれたので締まったレース展開となりました。
この馬は軽斤量というハンデがあって好走してきたところがあります。ここ2戦は特に。
さすがに他馬と同斤量で戦うのは厳しかったのかもしれません。
夏のローカルで全力買いすれば面白い馬だと見ております。
来年の夏に会いましょう!

16着のエポワス
阪神の芝成績が良い馬なので非常に期待していたのですが、残念な結果に終わりました。
何度もレース映像を見ましたが、敗因がわからないですね。
位置取りの悪さからして体調面に問題があった可能性も否定できないと思います。

以上が阪神カップの回顧でした。

G1に近い阪神カップというレースですが、阪神1400mという特殊条件で行われるため、リピーターの多いレースです。
イスラボニータもダンスディレクターも過去にこのレースで好走経験のある馬でした。
そういう意味では来年はサングレーザーは買っておいた方が良いレースと言えますね。

【ホープフルステークスでルーカスは凡走します!】

春のG1でも注目を頂きましたデスブログは秋のG1戦線も健在です!
ここで名前を書かれた馬はなぜか馬券外に飛びます!
以下が私のデスブログによって凡走させられた馬たちです。本当に申し訳ない!

・スプリンターズS⇒ビッグアーサー
・秋華賞⇒アエロリット
・菊花賞⇒サトノアーサー
・エリザベス女王杯⇒ルージュバック
・マイルCS⇒サトノアラジン
・ジャパンカップ⇒サトノクラウン
・阪神JF⇒コーディエライト
・有馬記念⇒サトノクラウン


ご覧のように秋のG1戦線でも多くの馬がデスブログの餌食になっています。

さてホープフルステークスですが上位人気確実のルーカスに該当する最悪なデータを見つけてしまいました。
その最悪なデータに該当した馬は過去3年間で0-0-0-19と非常に厳しい結果となっております。
果たしてルーカスはこの最悪なデータを跳ね除けることができるのでしょうか。

この最悪なデータに関しては競馬ブログランキングにて公開しております。
ルーカスを買うという人はもちろん、買わないという方にも注目して欲しいデータです!

中央競馬ランキングへ
(現在10位前後)
※競馬ブログランキングの見方がわからない方はこちらをご覧ください!
http://blog.livedoor.jp/ganma1123/archives/50063069.html



□■□■□■□■□■□■□■□■□
   第34回 ホープフルS(G1)

  <<先着100名様限定!>>
万馬券を狙う【3連単勝負馬券】
     特別無料公開!

     →ココをクリック!
━━━━━━━━━━━━━━━━━

今年から新たにGIへと昇格したホープフルS。
昨年の勝ち馬・レイデオロが後に日本ダービーを制覇。

高額賞金の懸かるGIとなれば、来年のクラシックに繋がる豪華メンバーへの期待も集まるところだ。

また、ホープフルSは、有馬記念終了後の12月28日(木)の開催。

本来なら、有馬記念翌日の25日は月曜日で全休日扱いとなるが、関係者によると
「月曜日は基本的に馬場を開放する予定はない。ただ、確実に28日に出走を予定している馬や、年末の交流重賞に使う馬だけはコースに入れるような措置を取る予定」とのこと。

有馬記念後に開催が行われる番組編成や、それに伴うトレセンのスケジュール変更には困惑の声も挙がっており、各馬の状態には、普段以上に気を配る必要が生まれる。

データが少ない2歳戦は“情報が命”とも言われるように、競馬関係者から

「ここは使うだけ」
「2歳の内に稼げるだけ稼いでおきたい」
「ウチはこのレースが一番の勝負」


といった表には出回らない本音を入手することが、馬券的中のカギを握ることになる。
無論、その内部情報は、新聞やネット上で一般競馬ファンが入手できるものとは一線を画しており、創業依頼23年、競馬界に様々な人脈を張り巡らせてきた当社シンクタンクだからこそ、皆様にお伝えすることが可能なのだ。

実際に、当社が入手した内部情報より、
阪神JF・朝日杯FSと2歳GIで共に完全的中をお届け。

重賞・メインレースからは、12月17日の開催終了時点で49週連続的中をお届けしている。

今週は、シンクタンクを初めてご利用頂く方に限り、
ホープフルSの【3連単勝負馬券】出走各馬の関係者情報特別無料公開させて頂く。
マスコミとは一味違う”本物の情報力”を是非とも体感して頂きたい。

□■□■□■□■□■□■□■□■□
   第34回 ホープフルS(G1)

  <<先着100名様限定!>>
万馬券を狙う【3連単勝負馬券】
     特別無料公開!

     →ココをクリック!
━━━━━━━━━━━━━━━━━


もし良かったら邪推師とつながりませんか?

ブログの更新通知はもちろん、馬券に役立つようなポイントを見つけた時は即座につぶやきたいと思います。
https://twitter.com/GANMA71879454


【回顧】朝日杯フューチュリティステークス ~皐月賞では?ダービーでは?どこよりも早いクラシックへの見解!~<2017>

普通の主婦やサラリーマンが競馬で稼ぐための情報がココに。

競馬初心者が予想時間1分
3連単的中を量産する競馬データ
   ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
▽登録はメールアドレスだけでOK▽
https://www.collabo-n.com
  
※これが先週の土日の的中率です!※

16日~17日

有馬記念を的中させるための近道!絶対に的中させたい人は必見です!
https://www.collabo-n.com


<朝日杯フューチュリティステークス 回顧>

朝日杯フューチュリティステークスの私の予想はこちらです。
http://klan.jp/r20170905061101?userid=5767#prediction

本命は◎タワーオブロンドンでした。結果は3着。
危なかった・・・本当に危なかった・・・。
率直な感想はこれですね。
道中はやや折り合いを欠いておりました。インで前に馬を置いてもこの有様。
やはり1600mよりは1400m、もしかすると1200mの方が良いタイプではないでしょうか。
何とか3着を確保できたという感じですね。
本命にしておいてあれですが・・・マイルではもう買いません。
今回はルメール騎手が非常に上手く乗ってくれました。
もしかしたら早熟な可能性も否定できないので、今後の成長力には注目していきたいですね。ベースは常に疑い続ける感じでいきたいと思います。

では追って回顧を行っていきます。

1着のダノンプレミアム
強い。強すぎました。
掲示板に載った馬はこの馬以外は4角7番手以下です。
私がずっと言っていたようにやはりこのレースは差し、追込馬に有利なレースとなっています。それを余裕でクリアしてくるのですから、強いとしか言えません。
やや折り合いを欠いているようなところがありました。
外枠に入ると厄介ですね。そこはケアした方が良いような気がします。
距離延長もどうでしょうね。今のところプラスではないでしょう。
中内田先生の腕の見せ所といったところでしょうか。
来年のクラシックはこの馬を中心に進んでいくと思います。
今のところ皐月賞は買って、ダービーは疑うという感じですね。

2着のステルヴィオ
外を回って末脚を十二分に活かす競馬をしてきました。これがこの馬の好走条件です。
上がり3位以内の末脚を繰り出す可能性が最も高い馬として評価しておりました。
ただ上がり最速はこの馬ではありません。この馬は2位です。1位はダノンプレミアムですよ。
現状、鞍上のC.デムーロ騎手の意見としては加速に時間がかかる馬なので、距離は伸びた方がいいとのことです。私もそう思います。
今のところ皐月賞は疑って、ダービーは悩むという感じですね。
ロードカナロア産駒です。どこまで距離が伸びて良いタイプなのでしょうね。研究しがいがあって面白いです。

4着のケイアイノーテック
前日、直前に大口が入っていた馬です。
今回は溜める競馬となりましたが、ディープインパクト産駒らしくしっかりと追い込んできましたね。
前につける競馬もでき、差す競馬もできるのは魅力ですね。
底が見えていないところがあり、評価をしておりましたが、この馬も十分に強い馬だと思います。
クラシックでも展開が向けば馬券になる可能性は秘めておりますね。

5着のダノンスマッシュ
余裕の消しでした。1番人気~3番人気が馬券内を独占する結果になったので、この馬の危険馬推奨は4番人気ではありましたが、正しかったといえますね。
思いっ切り出遅れましたね。そしてペースは流れませんでした。これは痛い。
土曜からロードカナロア産駒を始めとする父ミスプロ系の馬がバシバシと好走していたのでこの馬を危険馬推奨するのは怖かったのですが、無事に飛んでくれて良かったです。
読者の方からも「堅い決着だったが、ダノンスマッシュを消すことができて買い目を減らすことができた」と言って頂けました。お役に立てて光栄です。
出遅れなかったら?という考えもありますが、上述したように前につけた馬で掲示板に載ったのはダノンプレミアムだけです。
普段のように前につける競馬ができたとしても、好走できたかどうかはわかりませんね。
この馬に関して距離適性はマイルまでかなと思っています。

6着のファストアプローチ
先行して粘り通す走りができた時は強いですね。
久々である分を敗因にシュミノー騎手はあげておりました。
この馬に関して高速馬場は怖いですね。
雨が降った皐月賞なら買いたい馬です。

7着のカシアス
期待しておりましたが、完全に距離が長かったですね。
1400mでしょう。間違いなく。

8着のフロンティア
右回りよりは左回りでしょうが、根本的に疑っています。
さほど強くないような気も・・・。新潟2歳ステークスは展開に恵まれまくっての好走でした。クラシックでは用無しのような気もしますが・・・。
ダービーで1枠を取ることができたら買いたいと思います。

9着のダブルシャープ
ちょっと折り合いを欠いているように見えました。
力の要る馬場の方が良いタイプですね。
根性がある馬なので叩き合いになると良いのでしょうが、根本的にG1で好走できるだけの力がないように見えます。
G3ぐらいで人気薄なら狙ってみたい馬ですね。

10着のアサクサゲンキ
距離が長かったようです。武豊騎手がそう話しておりました。
急坂もあまり良くないかもしれませんね。

11着のケイティクレバー
外枠からでしたが、果敢に逃げてくれました。
そのおかげでレースが締まったものになりました。感謝です。
こういう馬の存在って大事だと思います。JRAは500万ぐらい払うべきです。
内回りコースで買いたい馬ですね。前残り馬場で。
この馬は今後も穴を開けるタイプの馬です。できれば小林騎手のままで。
おそらく誰が乗ってもそこまで変わらないような・・・だったら小林騎手でオッズがついた方がこちらにとっては美味しいと思います。

12着のライトオンキュー
13着のムスコローソ
14着のアイアンクロー
15着のヒシコスマ-
16着のイシマツ
G1で好走できるだけの力はありませんでした。
ただこの馬たちが頑張ったことで馬主さん達にG1の空気を味わってもらうことができました。無意味ではありません。えらいですよ。

以上が朝日杯フューチュリティステークスの回顧でした。

ガチガチな結果でつまらないという方もいるでしょうが、明らかに今回の上位5頭は力が抜けていましたね。
2歳G1の軽視、そしてホープフルステークスのG1昇格という流れでは力のある馬とそうではない馬の二極化が進むのも仕方がないことです。
阪神ジュベナイルフィリーズも堅かったですね。
「2歳G1は荒れにくい」という考えを持っていた方がいいのかもしれませんね。

【有馬記念でサトノクラウンは凡走します!】

春のG1でも注目を頂きましたデスブログは秋のG1戦線も健在です!
ここで名前を書かれた馬はなぜか馬券外に飛びます!
以下が私のデスブログによって凡走させられた馬たちです。本当に申し訳ない!

・スプリンターズS⇒ビッグアーサー
・秋華賞⇒アエロリット
・菊花賞⇒サトノアーサー
・エリザベス女王杯⇒ルージュバック
・マイルCS⇒サトノアラジン
・ジャパンカップ⇒サトノクラウン
・阪神JF⇒コーディエライト


ご覧のように秋のG1戦線でも多くの馬がデスブログの餌食になっています。

さて有馬記念ですが上位人気確実のサトノクラウンに該当する最悪なデータを見つけてしまいました。
その最悪なデータに該当した馬は過去5年間で0-1-1-18と非常に厳しい結果となっております。
果たしてサトノクラウンはこの最悪なデータを跳ね除けることができるのでしょうか。

この最悪なデータに関しては競馬ブログランキングにて公開しております。
サトノクラウンを買うという人はもちろん、買わないという方にも注目して欲しいデータです!

中央競馬ランキングへ
(現在10位前後)
※競馬ブログランキングの見方がわからない方はこちらをご覧ください!
http://blog.livedoor.jp/ganma1123/archives/50063069.html



【有馬記念】優勝する馬は血統・適性・スピード・統計データを見ろ!

キタサンブラックが有終の美を飾れるか!
シュヴァルグランがG1を2連勝するのか!
スワーヴリチャードが激走するのか!
この3強をぶち抜く馬がいるのか!?

有馬記念的中に向け、オススメできる指数でこんなデータがあります。

【成績】
過去3年の有馬記念、指数サイトがスタートして3年。
単勝的中率が年々良くなってきているのが目に見えてわかると思います。

ーーーーーーーーーーーーー
2014年 1着:指数5位
2015年 1着:指数3位
2016年 1着:指数1位
ーーーーーーーーーーーーー


【先週コラボ指数を参考に買った単勝】
こんな的中も毎週出まくってます。

うまコラボ

【そのコラボ指数はコチラ】↓ 無料登録
https://www.collabo-n.com

コラボ指数の今年の中山競馬場での的中率は、指数上位6頭で馬券を組み立てると、【単勝約80%、馬連馬単約70%、三連単約50%】と強烈な数字をたたき出してます!

これが今、無料会員登録するとすぐに手に入るんです!

今年の有馬記念の優勝予想馬は、
コラボ指数を形成する4つのデータ「血統・適性・スピード・統計」から見てあの馬です。

昨年の有馬記念を思い出して下さい。人気1,2,3で1,2,3着の結果となり、簡単に当てれたなと思われがちです。
ですが、この3頭で馬券を組み立てるのことが逆に難しかったのではないでしょうか。

サウンズオブアース、ミッキークイーン、穴でヤマカツエースetc。
馬券に絡む馬を選んだらきりがなかったと思います。

しかし、コラボ指数で選んだ3頭は、

コラボ指数1位:サトノダイヤモンド
コラボ指数2位:キタサンブラック
コラボ指数3位:ゴールドアクター


そして、その順位通りに決着。余裕の3連単的中です!

今年あなたが考える有馬記念予想は何ですか?馬券購入の最後の決定打コラボ指数を参考にすることを自信をもっておススメします!的中精度の高さで結果がでているんですからね!

有馬記念の指数を見たいなら、コチラから無料登録
【コラボ指数はコチラ】↓
https://www.collabo-n.com


もし良かったら邪推師とつながりませんか?

ブログの更新通知はもちろん、馬券に役立つようなポイントを見つけた時は即座につぶやきたいと思います。
https://twitter.com/GANMA71879454

【回顧】ターコイズステークス ~関東ベテラン騎手の意地を見た!~<2017>

普通の主婦やサラリーマンが競馬で稼ぐための情報がココに。

競馬初心者が予想時間1分
3連単的中を量産する競馬データ
   ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
▽登録はメールアドレスだけでOK▽
https://www.collabo-n.com
  
※これが先週の土日の的中率です!※

16日~17日

有馬記念を的中させるための近道!絶対に的中させたい人は必見です!
https://www.collabo-n.com


本日も当ブログをご覧頂きましてありがとうございます。
今日は2つの重賞回顧です。

<ターコイズステークス 回顧>

ターコイズステークスの私の予想はこちらです。
http://klan.jp/r20170605051101?userid=5767#prediction

本命は◎ワンブレスアウェイでした。結果は8着。
久しぶりですね。スタートして1秒かからずに自分の馬券がハズレだと悟ったのは。
前につけて結果を残してきた馬だけに出遅れは痛かったですね。
戸崎騎手はレース後に「スタートが悪い馬ではないのですが」とコメントしていますが、前走も出負けしております。まさかこれを知らなかったということはないでしょうね。
これで2戦連続スタートミスをしております。これはクセになっている可能性が高いですね。次走以降、購入する際は気をつけたいところです。
スタート後、無理に位置を上げずに脚を溜める選択を選んだのは良かったと思います。
後方からの競馬となりましたが、それでも詰まりました。これも痛い。
勝ち馬、2着馬は狭いところを抜けての好走でしたが、この馬は後方からのどん詰まり。
最後の最後で力強く伸びており、完全に脚を余した形でしたね。
戸崎騎手は本当に今、厳しい状況におりますね。
趣味のゴルフでもして気分転換でもした方がいいかもしれません

では追って回顧を行っていきます。

1着のミスパンテール
見事でした。今日のこの横山典騎手の騎乗は酒の肴になりますよ。私、お酒飲めないのですけどね。
4角から直線に向けてどの馬の騎手も手綱を動かしている中、この馬はじっくりと追走。
直線を向いてもラスト150mまでは手綱をしごいておりませんでした。
中山1600mというコースで、さらに今日の馬場で外を回す競馬では好走できないと見切っての騎乗でしょう。
スペースがあくまでじっくりと構えており、完全に腹を決めた騎乗でした。
空いてからの馬の伸びも素晴らしかったです。
この馬も横山典騎手の素晴らしい騎乗に応える強い競馬でした。
今後はヴィクトリアマイルを目指すとのこと。
気性面に難のある馬なだけで、能力は高い馬です。リスグラシューを倒したこともある馬。
横山典騎手は私の見立てでは日本で最も折り合いをつけるのが上手い騎手です。
「横山典騎手でダメならタマを取るべき」と思っています。まぁ、この馬はソレないのですがね。

2着のフロンテアクイーン
道中から高い位置で良い競馬ができました。
直線では前が詰まりましたが、空くのをじっくりと待っての好騎乗。
空いてからは素晴らしい切れ味で馬群を抜け出してきましたね。勝った馬の方が切れ味は鋭かったということでしょう。
北村宏騎手もさすがは関東の騎手というところを見せてくれました。
今回も内を上手く活かす競馬でした。
そういった競馬ができるかどうか。それがこの馬の好走条件でしょう。

3着のデンコウアンジュ
左回りのマイル~1800mがこの馬のベスト条件だと思っておりましたが、この馬は今回のレースにおける好走条件にバシバシと該当しておりました。
そして割引条件には該当せず。この馬はデータ上、買うことができた馬です。
ただ過去の戦績からは買いにくいですね。
ローズステークス、福島牝馬ステークスと右回りでも4着に好走したことがある馬です。
ヴィクトリアマイルで2着に入るだけの力がある馬ですので、今回のメンバーでは少し過小評価されていたのかもしれませんね。

4着のラビットラン
強気に外をまくる競馬をしてきましたが、3歳馬が55㎏を背負って好走できるほど甘くはありませんでした。
よくここまで追い込んできているなとは思えるのですが。
秋3戦目でデキ落ちもある程度あったのかもしれません。
小回りよりは末脚を活かせる広い競馬場の方が安定して力を発揮できるタイプかもしれませんね。

5着のエテルナミノル
この馬も強気に外を回っての競馬でした。
最後方から外を回って一気に位置を上げる競馬。さすがに最後は脚色が鈍ってしまいました。重賞ではワンパンチ足りない馬という評価を覆すことが今回もできませんでした。
4番人気で買うべき馬ではなかったかなと思います。

6着のリエノテソーロ
前につけた馬よりも、中団から後方で脚を溜めた馬の方が好走する展開となってしまいました。
逃げという積極的な競馬を今回はしてきましたが、決して悪い競馬ではなかったと思います。この馬も55㎏を背負わされておりますからね。よく頑張ったと思います。
まだ見限れないですね。牝馬限定戦なら。人気落ちした時にまた狙いたいです。

以上がターコイズステークスの回顧でした。

G1は外人騎手に無双されておりますが、中山1600mという特殊舞台においては関東のベテラン騎手がその力を発揮してくれましたね。
横山典、北村宏、蛯名・・・過去の境遇と比べると今は厳しい状態かもしれません。
最近は日本人騎手への風当たりも強いですが、頑張って欲しいですね。


【有馬記念でサトノクラウンは凡走します!】

春のG1でも注目を頂きましたデスブログは秋のG1戦線も健在です!
ここで名前を書かれた馬はなぜか馬券外に飛びます!
以下が私のデスブログによって凡走させられた馬たちです。本当に申し訳ない!

・スプリンターズS⇒ビッグアーサー
・秋華賞⇒アエロリット
・菊花賞⇒サトノアーサー
・エリザベス女王杯⇒ルージュバック
・マイルCS⇒サトノアラジン
・ジャパンカップ⇒サトノクラウン
・阪神JF⇒コーディエライト


ご覧のように秋のG1戦線でも多くの馬がデスブログの餌食になっています。

さて有馬記念ですが上位人気確実のサトノクラウンに該当する最悪なデータを見つけてしまいました。
その最悪なデータに該当した馬は過去5年間で0-1-1-18と非常に厳しい結果となっております。
果たしてサトノクラウンはこの最悪なデータを跳ね除けることができるのでしょうか。

この最悪なデータに関しては競馬ブログランキングにて公開しております。
サトノクラウンを買うという人はもちろん、買わないという方にも注目して欲しいデータです!

中央競馬ランキングへ
(現在10位前後)
※競馬ブログランキングの見方がわからない方はこちらをご覧ください!
http://blog.livedoor.jp/ganma1123/archives/50063069.html



【有馬記念】優勝する馬は血統・適性・スピード・統計データを見ろ!

キタサンブラックが有終の美を飾れるか!
シュヴァルグランがG1を2連勝するのか!
スワーヴリチャードが激走するのか!
この3強をぶち抜く馬がいるのか!?

有馬記念的中に向け、オススメできる指数でこんなデータがあります。

【成績】
過去3年の有馬記念、指数サイトがスタートして3年。
単勝的中率が年々良くなってきているのが目に見えてわかると思います。

ーーーーーーーーーーーーー
2014年 1着:指数5位
2015年 1着:指数3位
2016年 1着:指数1位
ーーーーーーーーーーーーー


【先週コラボ指数を参考に買った単勝】
こんな的中も毎週出まくってます。

うまコラボ

【そのコラボ指数はコチラ】↓ 無料登録
https://www.collabo-n.com

コラボ指数の今年の中山競馬場での的中率は、指数上位6頭で馬券を組み立てると、【単勝約80%、馬連馬単約70%、三連単約50%】と強烈な数字をたたき出してます!

これが今、無料会員登録するとすぐに手に入るんです!

今年の有馬記念の優勝予想馬は、
コラボ指数を形成する4つのデータ「血統・適性・スピード・統計」から見てあの馬です。

昨年の有馬記念を思い出して下さい。人気1,2,3で1,2,3着の結果となり、簡単に当てれたなと思われがちです。
ですが、この3頭で馬券を組み立てるのことが逆に難しかったのではないでしょうか。

サウンズオブアース、ミッキークイーン、穴でヤマカツエースetc。
馬券に絡む馬を選んだらきりがなかったと思います。

しかし、コラボ指数で選んだ3頭は、

コラボ指数1位:サトノダイヤモンド
コラボ指数2位:キタサンブラック
コラボ指数3位:ゴールドアクター


そして、その順位通りに決着。余裕の3連単的中です!

今年あなたが考える有馬記念予想は何ですか?馬券購入の最後の決定打コラボ指数を参考にすることを自信をもっておススメします!的中精度の高さで結果がでているんですからね!

有馬記念の指数を見たいなら、コチラから無料登録
【コラボ指数はコチラ】↓
https://www.collabo-n.com


もし良かったら邪推師とつながりませんか?

ブログの更新通知はもちろん、馬券に役立つようなポイントを見つけた時は即座につぶやきたいと思います。
https://twitter.com/GANMA71879454

アクセスカウンター