2010年04月

2010年04月29日

本気でぶつかれ!今しかないだろ!毎日が勝負だろ

久しぶりの中学生日記

コンビニ・teacher・・・非常勤の先生が青いなりに奮闘


「自分は教師向いてないのかあ」

に、師匠役の先生曰く
「バカやろ。諦めは一番最初に生徒に伝わる。

おまえは非常勤で、1年後はここにいないんだろ
本気でぶつかれ!

今しかないんだろう?毎日が勝負だ」


////////////////////////////////

正解なんてないし、無駄と打ちのめされても

そう言ってる相手が、言いながら違うこと考えてることもあるし


青い非常勤講師なりの励ましと、その後の言葉

「いやなこともたくさんあるだろうけど、
14歳なんて、今しかないんだぞ。

嫌なことは大人に任せて、
いっぱい勉強しろ、いっぱい遊べばいい、子どもでいていいんだ

だから、学校に来い」


・・・泣けるやんけ・・・



出来る最善を尽くす

言うほど簡単じゃないけど、ぶつからなきゃだね



gann619 at 12:25|PermalinkComments(0)TrackBack(0) ふらっと立読み 今日読んだ記事・本 

携帯をしまって1~2駅歩くこと・・・できるだけ裏通りを

つい最近まで、寝る以外仕事!ってくらいはまり込んで
意図しない二日酔いが、解消役を担っていたものの


最近、仕事のコツは、
「自分のモチベーションを自分で上げて
期待される役割をきっちり果たすこと」

その安定感、使命感、当事者意識・・・

って、当然過ぎることにやっと気づいたので
「休憩」もうまく取れるようなってきた(苦笑。


大事な商談前にエネルギーためて、集中したら
次のアポへは気分の向くまま、電車でもバスでも徒歩でも

お気に入りは、下町orB系のごちゃごちゃした大阪の裏通りをスタスタ歩くこと。

とくにスーツが違和感な町で歩いてると、外国にいるような
地に足つかない感覚がとても「自由」を感じさせる。


大阪で丸っと6年、梅田・本町中心に営業して
まあ年間200人ちょっとながら出会って

でも、どれだけ大阪をウロウロしても
駅くらいでしか知り合いに会わないのが不思議でたまらない


それだけ多くの人がいるんだなあ


もし遠くのお客さんを担当して
車運転していけたら

それはそれで楽しいだろうな〜


gann619 at 09:39|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 共通テーマから 

2010年04月28日

※通信系と人材系の営業経験は評価しません

『営業経験者募集』


こう不況だと「数字を作れる」人材の募集が増える
でも不況だから、廻ったくらいじゃ数字は取れない

だから、目標を達成できている人は独立を目論み
目標を達成できない人はやめてしまう

ってことで、「営業経験者大歓迎」の広告は常に出回る

「法人営業」「海外営業」「フォロー営業」が
求人広告に出ることはまれだ・・・
そもそも本当に信頼できるメンバーを抜擢するもの


そんな少ない求人・・・そのメーカー/商社営業に

まことしとやかに※通信系と人材系の経験は経験としない
そんな本音が含まれているものらしい。

広く「求人広告営業」も含まれるらしい


コツコツと廻れば取れる、販売に似た仕事。
少々強引な「元気さ」根底の営業スタイルは合わないんだとか

「確かに」と思うことも多数。

だた「愛嬌」「根気」「丁寧さ」「商品知識」「段取り」「コミュニケーション」

アピール次第では
十分応用できる要素もある


結局、仕事してたときの創意工夫と面接でのアピール次第では


負けるな、営業マン★


gann619 at 01:09|PermalinkComments(0)TrackBack(0) C案⇒相乗効果・・・6 

明日頑張ったら、1日休み!!

叱責の後は、フォローもされる
マルチタスク・プレーヤーの我がboss

ひとしきり東京のメンバーに指摘したboss
その内線の後に、ちょっと会話


「おまえが相手だったら、もっときつく言ってる

なんでそんなレベルで安心しとんねん???
って

期待が高いから、ちょっと言い過ぎてしまうことがある

多分、しんどいだろうけど
でも、おまえならできると思うから言ってるんだけどな」



・・・あら、、
昨日、今朝と仰るとおりの指摘をいただき
申し訳なさ満面だったのに

あげてくるなあ(汗;


今月の数字がすごく厳しくて
胃が痛いけど

マネージャーが頑張ってるから、さあ、明日も張り切っていこう!!!!


gann619 at 01:05|PermalinkComments(0)TrackBack(0) ふと思っただけ 

2010年04月26日

「で、何をしたいの?」

煮詰まった。


何もかも上手くいかないし、
それは全て自分のせいだと感じるし

というか、仕事に身が入らないのに
どう会社ですごしたらよいのか

もんもんと営業して、もんもんと帰って来た



マネージャーから小一時間、指南


「おまえは考え方が間違っている。

行動はいっぱいいっぱいで、でも組織での生き方がわかってない。

普通は逆。与えられた役割のために
常に何が出来るか気を張って考えておき

行動に遊びをもたせるもの


おまえは完全に逆。

余裕があるときはやれるけど、すぐグラグラするんはそのせい。

月末の焦りから、今は『行動してる』ってだけで
数字も産まないし、次月にもつながらない

そもそもの考え方が問題なのはわかるか?

・・・そこまで知らないって顔だな

だが、常に平常心で与えられた役割を果たすのが
上の責任であり、あるレベルからの社員の役目

今のお前じゃいつまでたっても使われる人間で終わるぞ
どこにいったとしても。

それが勉強の道でもな

勉強しても、そもそも根本がズレている
資格取得しても、活かせないマニアでしかない


思考が問題なんだ


言ってる意味がわかるか?」



えぐられる・・・



で、友人に電話

「ああ、そう、で愚痴を聞かせたかったわけ?

おまえの『流されやすさ』が問題だな、
毎回言うことが違うし、過去いったこと忘れてるし

同情されると持ったら勘違いだぞ。


で、

そもそも自分は何をしたいの?」


「はあ、何その表現・・・

いちいち、いらない事言わんでいい。
メンドクサイ。

評価は周りがしてくれるから、
まずは自分の思うままを明確に決めて

しっかり進んでみろ」



・・・おお

親や上の人に言われるのも、もちろん
同年代ながら1こ先輩のコトバが刺さる


しっかりしなきゃだなあ


gann619 at 22:08|PermalinkComments(0)TrackBack(0) ふと思っただけ 

2010年04月25日

コトバより、目に見える行動

今日の『情熱大陸』

宇宙飛行士 山崎直子さん


旦那さんが語る、支える存在としての自分への疑問
「僕にも数年前に、活躍できる時期があったのに
それを犠牲にして、、、何やってるんだろうって半分抵抗です

やりたいことしっかりやった上なら、支え返すのもいいんだろうけど」



奥さんは、黙って聞く

「自分も子育て2年間ずっとやっていた期間がある」
そういう反論を抑えて、というナレーション

////////////////////

この役割が、男女逆なら???

こんなことを行ったが最後、女性は離婚されるだろうし
されなければDVだろう、、「恥ずかしいまねをするな」と。


宇宙飛行士に選ばれて11年、訓練を続け
ほんの数日間だけ宇宙を旅する

///////////////////////

「悔いのないよう頑張って」
とは、出発前日の旦那さんのコトバ

なんて遠い響きなんだろう

でも、アメリカにもついてきてくれて
子育てや家事をして応援してくれている

///////////////////////

映画のように、美談ってだけでもないんだなあ

でも、この夫婦応援したいと思う




gann619 at 23:28|PermalinkComments(0)TrackBack(0) ふらっと立読み 今日読んだ記事・本 

毛沢東が手を振れば

文革について、最近の若者はあまり学んでいないって事実
そんな事態に驚き、娘を伴って文革のドキュメンタリー映画の上映会に行く父親。

NHKスペシャル「上海 百年の物語 激動を生き抜く」
上海万博を記念した特集。

上海の3家族を追いながら、この百年の歴史を振り返る
軸は「旧・わい豊銀行」の建物の利用のされ方。

中国の若者は言う
「過去の苦しさなんて知らない
今の幸せは自分のもの」

苦労の時代を生き抜き、今の繁栄をもたらした世代は言う
「そんな考えじゃいけない」


最底辺から這い上がった祖父たちのことをいかに受け継いでいくのか
それを伝えていくのが後衛兵だった陳さんの役目

改革・開放が進む中で
多くの孫たちが、アメリカやオーストラリアで働いている
でも、今こそ祖国に、上海に貢献するとき


100年を生き抜いた上海がこれから進む道は???



・・・・・・日本人とも一緒な感じがした。

歴史と政治にさまざまな思いを抱きながらも故国を思う気持ち
そして歴史を忘れた若者の刹那主義に対する危機感




歴史をもっと学ぼう
ああ、大学生の頃、なんだあんなに遊んでたんだろう・・・反省です


gann619 at 21:54|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

その馬鹿馬鹿しさをわらうけれど、同じような馬鹿馬鹿しいことをしている

堕落論 (角川文庫)堕落論 (角川文庫)
著者:坂口 安吾
販売元:角川書店
発売日:2007-06
おすすめ度:5.0
クチコミを見る

持ってるものは「角川文庫」の堕落論
平成3年6月10日 改版五十八版

(P95)
要するに天皇制というものも武士道と同種のもので、女心は変りやすいから「節婦は二夫にまみえず」という、禁止自体は非人間的、半人性的であるけれども、洞察の心理において人間的であることと同様に、天皇制自体は真理ではなく、また自然でもないが、そこに至る歴史的な発見や洞察において軽々しく否定しがたい深刻な意味を含んでおり、ただ表面的な真理や自然法則だけでは割り切れない


人は堕落するから、ルールを作成する

美しく生きるために建前を大切にする


なんとも、いや

その建前に沿って、いやその裏の欲望すら全うできないので
「自分は社会的ではない」と疲れているのに・・・・



こうなると、何でもありだなあ
「声の大きい人」「空気の読める人」が勝つのか




友人が、以前家で作ってくれた牛肉とほうれん草の炒めものをつくってみた。

誰かが目の前で実践してくれたこと、自分に与えられたこと
そういうことだけが現実を感じさせてくれる気がする


毎日ふわふわしてて、生きてるって感じない。苦労が足りないのかな



gann619 at 21:34|PermalinkComments(0)TrackBack(0) ふらっと立読み 今日読んだ記事・本 

2010年04月24日

くすぶれ!モテない系!!

呻け!モテない系呻け!モテない系
著者:能町 みね子
販売元:ブックマン社
発売日:2009-03-27
おすすめ度:5.0
クチコミを見る


会社に行く予定を変更。
カーテンをしっかり閉めて引きこもり。

部屋片付けながら、いろんな本を斜め読み


おお。。。これ、えぐられる(笑。


私モテない系なんだな〜


※モテない系:世間が重んじる「モテ」というものを少々気にしつつも、過剰な自意識のせいで、モテるために何かするということにはすごく抵抗のある人たち

下は中学生から投稿している内容が、ストイックなのか
バカバカしいのか、、、面白い。


前書きより
「私たちはどうせこうだよ、女らしくふるまえねーよ、男子との距離がつかめねーよ、・・・でも、自分は変えられないし、正直こんな自分はちょっと好き・・・。」



ま、なるようにしかならないでしょ。

ダメもとで楽しもう〜






gann619 at 18:42|PermalinkComments(0)TrackBack(0) ふらっと立読み 今日読んだ記事・本 

しみじみ

暇で窒息しそな日からまだ数日
すごく非日常で楽しい出会い。面白すぎ。楽しかったです★



東梅田girls bar

かわいいけどお酒にど素人のあやちゃんを放って
面白いおっちゃんと空見上げながらいろんな話。

4人のお子さんがいて、地元大坂に大きなうち作って
今整体師の資格取得勉強しながら、店を出す計画

社長であり営業。

月収も稼ぐけど、内部留保に、スタッフの誕生会に
モチベーションアップのため親分風ふかせて自由なお金は少ない

で、求人広告扱っている話から、採用・教育の話

出来る人に来て欲しいのは確かだけど、、、
「育てる」ことこそ必要だし、たとえ出来ない奴でも
営業先かえると、、、化けたりするからわからないよな

会社のメンバーの話と、将来の起業の話
息子さんとの会話の話
自分は小学生の頃野球ですごかったのに、やめてしまったこと

人生リセットできたらいいのにな



おっちゃんは毎年ハワイにいって、朝5時からサーフィンやってて
日本ではいかないけど週3でジムに行き、泳いでるらしい

筋肉ムキムキ・・・寒いのに中Tシャツだし、なんか腕ピチピチだし
スーツが似合わないから嫌いって言ってたけど、
Tシャツをカッコよく着れるのもすごいことというと、満面の笑み(笑。

「ああオレ36歳だよ、おっさんだよなあ」


努力家で、現実派で実力主義の職人肌の男性ながら
気持ちは純粋で小学生みたいだった

「うちの奴が帰ってくるなっていうから帰らない」
子どものけんかですなあ・・・

最後、部下の方が迎えに来られ一件落着。

一杯ご一緒するにすごく好青年、、、接客して6年伊達じゃない〜



おっちゃんはきっといい人生を歩むと思います。
周りからすごく愛されて。。でも、欲しいものがいっぱいあるんだろうな

生きるって大変だなあ


gann619 at 14:50|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 幸福について―目的をもって始める2 | バランスのとれた自己再新再生7

最近の旬は「吉野家」。軽盛+コールスロー+味噌汁+割引券で370円

会社の近くに、松屋と吉野家

通勤途中、うちの近くならなか卯とすき家も。すべて揃う


なか卯の親子丼にはまっていたのは大学4年生。一番リッチ

すき家の中華丼、角煮丼が好きといえば好きながら
コストパフォーマンスと近さもあって

松屋のトマトカレー290円、夏は1日2回いただくことも。
なくなって残念。復活すればいいなあ

この冬は、豚丼+トン汁セット510円
1週間に4回以上お世話に。

吉野家は、入ると失敗したと思うことが多かったものの
110周年記念から、また吉野家に

お初天神ヨコの吉野家が一番いい。
店内のつくりや、客層もいいが

何より店員が本当にマニュアル通りで「仕組み」の凄さを感じる

2009年夏ごろは、接客に慣れないおじさん店員も増えていたものの
最近はまた若い日本人や中国人、そして高速回転する凄腕おばちゃん

梅田で見るに、吉野家が一番、仕事人を配してる気がする
常に体動かしていて、大きな声出して、、

松屋は、サークル的というか、ソツないものの見えるところで談笑してる

すき家は人が少ない。いっぱいいっぱいに一生懸命接客してる気がする
店長か、厨房の男性が大抵の店ですごく愛嬌があり声だしている。

なか卯も人が少ない。ただここは穏やか
すごい笑顔も、吠えるような挨拶もなく、食券で買ったものを
大げさでない接客で対応。牛丼屋なのに、落ち着くあたり変な店だ


いや、牛丼屋ばかりだ。。。

海外行ったら、どんな食生活になるのか
楽しみだな



gann619 at 12:10|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

資本主義も大変だ

ルポ 貧困大国アメリカ (岩波新書)ルポ 貧困大国アメリカ (岩波新書)
著者:堤 未果
販売元:岩波書店
発売日:2008-01
おすすめ度:4.5
クチコミを見る
立ち読みながら、衝撃だった。


コミック貧困大国アメリカコミック貧困大国アメリカ
著者:堤 未果
販売元:PHP研究所
発売日:2010-01-21
おすすめ度:4.5
クチコミを見る


アメリカ人の主要死亡理由が「医療過誤」という。
また家族の誰かが病気になると「破産」に。

医療が「民営化」されることで、すべて「効率主義」に。

医者も看護師も患者もストレスフル。

陥ってはじめておかしいことに気づくが、もう「貧民」になってのことだから
声は届かない。『他人は他人』の社会の怖さ


また、民営化された戦争を担う
「経済徴兵制、落ちこぼれ0政策、軍隊リクルーター制・・・」
「戦場の民間スタッフ:派遣社員」

自己責任という名の、アリ地獄。
全体で見ると、とても効率的ながら、、、個人の幸せには遠い感じ。

一部の成功者が簡単に救い美話になるくらい
弱者がゴロゴロいて、ちょっとの援助も喜ぶくらいギリギリ。


知るほどに日本はすごいしっかりしている。
日本のよさを潰してはならない。

その上で、もっとよくしていくべし

命をお金に変換してはいけないと感じる
健康を効率ではかり、弱者を仕方ないにしてはいけない


そんな気がする


gann619 at 00:16|PermalinkComments(0)TrackBack(0) ふらっと立読み 今日読んだ記事・本 

2010年04月23日

昨日は素通りでも、今日は話し聞いてしまうのが人間ってものか


前方から、困った顔した男性。
よけようとするもふらふら接近してくる。

いつもなら、目もあわせず素通りなのに

遠い目をしたまま、イヤホンしたまま、つぶやくように
「十三大橋はどこでしょうか?」

―「・・・・・・。
  十三ならわかりますよ、あっちのほう」


「え、、あ、、(ちょっと笑顔)十三でも。
いやもう疲れてて、、

谷6で自転車を撤去されて、お金なくて
ここまできて・・・」


「上新庄・・・、いや本当なんです」


―「上新庄?なら阪急駅そこなんで線路沿って歩けば」


「いや、、、そうなんですが、本当に疲れていて、
 今までの話、本当なんです。」


―「。ああ財布もないので電車賃を、ですか。
 300円でいいですか?」


「え、、本当に自転車撤去されて
ここまで歩いてきたけど疲れてて、、、

ああ女神だ。あの・・・」

(財布出して)
―「ああ、でもそれ以上ムリですよ。
 電車賃270円だから300円で足りるでしょ」

「いえ、警察行くのも面倒で、それくらいなら
誰かに声かけようと思ってましたって・・・」

(300円渡しながら)
―「なら、警察行ってください。
 だいたい誰かに声かけるほうが勇気いるし」


「いえ、あの、あわよくばナンパもと思って」


・・・・・・。

再度人のよさそうな顔を見上げて
会話終了〜〜〜〜〜。



ま、ついてくるわけでもなく、、、
やはり本当に困ってたんだろうな。

なんか面白い




今日は、給料日!
(昇給分が入ってなかったなあ)

『本気で貯金したいなら、半額入れていけ』
というある方のアドバイスをどう実行するのか、、、

カードで結構使ったものの、一括で払いたい。

1日千円使って大丈夫かと思案しながら、
今日ランチ・喫茶店・交通費含め2100円分買い物していることにため息ついた午後10時半。


そんな、こんな日。

なのに、聞いてないことまでしゃべってしまうよく似た性格
そういう青年に300円という1日の予算の3割。。。


でも、損というより、
やはり楽しかった。


私も苦労が多くなって、少し世界が広がったかな


世の中、ご縁でありタイミングであり
助け合いであり、

でもすべてが上手くいくわけじゃないなあ(笑。



無事、上新庄に帰れていますように★


gann619 at 23:20|PermalinkComments(0)TrackBack(0) ふと思っただけ 

『転落 ―ホームレス100人の証言』

転落―ホームレス100人の証言転落―ホームレス100人の証言
著者:神戸 幸夫
販売元:アストラ
発売日:2010-02
クチコミを見る


ホームレスになった原因を大まかに分類して
一人ひとりがホームレスになった経緯を2Pにまとめる

・家族がバラバラだった
・女にお金持ち逃げされた
・学歴がなくて
・引っ込み思案の性格で
・・・・

・あの時もっと努力すえばよかったんだろうけど
お決まりのコースに転落して、体も悪くしたから今さら働けない

・兄弟でやっていた会社を38で追い出され、今さら
他社で頑張るなんてできなくて、、

・山で父親と細々仕事してたけど、母親が将来を心配して
東京の仕事を斡旋。でもうまくコミュニケーション取れず、
貯金を社長に騙し取られ、年取ってリストラされて。。。

・働くなんて出来ない。20の頃からずっとメンドクサイ


ヒト的に小難しく、努力や忍耐が少なく、刹那主義とも感じる一方で
ただ人がよくて、公的な制度などの知識がなく、
またそういった制度を利用して自分の権利を守ろうという

そういう意識も少ないと感じる。

ホームレス自らを語るホームレス自らを語る
著者:神戸 幸夫
販売元:アストラ
発売日:1999-12
おすすめ度:5.0
クチコミを見る

人を押しのけるより、譲ってしまう性格
ないものを欲しがりながら、実際の行動はしない

淡々とした表現ながら、同情を誘われる。


労働を考えるなんかの特集で、

士農工商は、あれは役割分担。それで社会が回り、人生が保障された
資本主義社会では、自由だが、食い物にされ踏み台になる人が必要

ステレオタイプの成功は幸せの確率論を上げるけど
はまりきれない人をも、自主的に、その道に向かわす仕組み
ある意味「目に見えない奴隷制」

という主張をふと思い出した


gann619 at 11:39|PermalinkComments(0)TrackBack(0) ふらっと立読み 今日読んだ記事・本 

2010年04月22日

「嫌い」だから縁を切るなんてできないでしょ

実録 パパは多重債務者(サイマー)!実録 パパは多重債務者(サイマー)!
著者:桂 みなみ
販売元:合同出版
発売日:2010-03
おすすめ度:5.0
クチコミを見る

借金を繰り返す父親にお金を貸してしまう娘の懺悔・・・
と思いきや、「お涙頂戴物語」で印税稼ごうって訳ではなく

そんな父親を捨てられない自分

母の病気により変った父親を受け入れ
自分もイネーブラーだったのかと冷静に省みる姿勢

※イネーブラ:enable+er 依存を可能にする人

劇画化されていない、等身大の本音に
悲劇のヒロインぶらない著者の精神の健全さを感じた。


こんなしっかりした人もいるのか・・・


でも、こういうしっかりしすぎた人に引け目を感じ
依存症を発症してしまう心弱き身近な面々

相互依存、相互共栄、、、



何かの本で、本当の共存とは
「自分ひとりでも生きていけるけど、
あなたがいればもっと幸せ」
って、自立の上での相手への信頼という


すごく共感したものの、私はその境地にいけるだろうか

一人で生きなければと思うほどに、携帯を持ち歩かなくなった。
でも、だんだんと他人に話しかけるのが苦しくなってきた気がする。



gann619 at 23:57|PermalinkComments(0)TrackBack(0) ふらっと立読み 今日読んだ記事・本