2015年04月

2015年04月23日

これからの医療と医科学


web 授業です続きを読む

gann619 at 00:39|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 大学院(修士)でのこと 

2015年04月20日

医療サービス知識科学の現状と展望

飛行機の到着が遅れているらしく30分ほど自習。

「医療」「メタ」「・・・」がご専門らしい
メタ・・・って何だ


■形而上学  wikipediaより
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%BD%A2%E8%80%8C%E4%B8%8A%E5%AD%A6

感覚ないし経験を超え出でた世界を真実在とし、その世界の普遍的な原理について理性的な思惟によって認識しようとする学問ないし哲学の一分野である[1][2][3]世界の根本的な成り立ちの理由(世界の根本原因)や、物や人間の存在の理由や意味など、見たり確かめたりできないものについて考える[4]



メタ認知メタにんち)とは認知を認知すること。人間が自分自身を認識する場合において、自分の思考行動そのものを対象として客観的に把握し認識すること。それをおこなう能力をメタ認知能力という。

■メタ

狭義のメタ:

ある対象を記述したものがあり、さらにそれを対象として記述するものを、メタな○○、あるいは単にメタ○○と呼ぶ。



メタ発言

http://dic.pixiv.net/a/%E3%83%A1%E3%82%BF%E7%99%BA%E8%A8%80

あ、、これおもしろい
メタ発言しているアニメとか漫画がいくつかあげられていて、


「銀魂の皆さん(主に作者の連載に関する裏話や楽屋ネタなど。アニメ版はさらにひどい)」
とあった。

確かに、メタ発言だらけだなと


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
授業開始!

サービスサイエンスの草分けは亀岡先生
その後を追ったのが、小坂先生
で、文科省の助成をうけて、池田先生が引き継いだ



大学医学部ともくんで、このような授業を行おうとしている



■■■

イノベーションを起こすためにどうしたらいいのか?

勉強したからってできるわけではない



■■■
なぜ医療系の授業をとるのか

わたし:
病院やクリニックをお客様とするビジネスがたくさんあって、
院長は「経営者」としての手腕も問われる

でも拡大しすぎてつぶれていく病院とかもあって、じゃあ事務が強い病院は、、というとそれはそれで苦戦している


どう適正運営できるんだろうか
そんなところの勉強がしたい

先生:
大学も一緒!そう!!

学長は経営のプロじゃないけど、経営の視点が求められる
一応教員を代表していることになるけど、全員を代表はできないよね

事務の方が強くなると、、「1週間○時間の講義をしてください」とかいうけど
そんなんしてたら、自分の研究の時間が取れないから、、ねえ

いかに予算があって、研究に没頭できるか
そんな視点で次々に転職先を求めるものですね

大学も医療も似てて
いや「サービス業」ってのが似てて、
「在庫が持てない」「今、ここでサービスが提供され消費される」
これがすごい難しさなんですよね


面と向かったときに、サービス提供者がどこまで心を配れるか
その質の担保は難しい

モノとして存在しなくて、時間とともに移ろいゆく価値観とともに成り立っているのがサービス・・・
------------------------------------------------------------------------------

看護師の紹介とか派遣やってた勇士で、会社立ち上げた方が参加している
肩書きは、研修講師、採用コンサルになるらしい。


訪問看護の立ち上げ、採用支援、採用した方の定着・能力向上に向けた仕事をしている

採用はうまくいくけど、医療サービスの質の向上とか定着はなかなかうまくいってない


へえ
--------------------------------------------------------------------------------

医療とか、教育とか考えたとき

そのサービス提供者が「こうあらねばならない」というのがなかなか実現できず
不満だらけになっている気がする

サービス提供者のサービスの線引きも大切ではないでしょうか



先生:

あくまで一般論ですけどね、、
日本では、大学教師が、本人が就職決まったといかいうと
出席足りないし、レポートも出していないけど、単位あげちゃったりする傾向がある

大学にもよるんですけど、、、
社会人大学院だと、学びたい人が多いから授業ができてすごくいいのですが

学生にとってのいい先生が
「簡単に単位くれる人」ってなっていたりするとつらい


でも、欧米ではそこは厳しい
就活関係ない。本人の努力不足があればそれで「落とす」

本人の人生を左右することになる
欧米の教師が苦しむところであり、日本の教師があまりわからない苦しみがある


教育もグローバル化する中で
さて、どうなるんでしょうね

卒業認定の仕方



たとえば、がんばってない学生にも単位をあげてしまうと、
大学の、その講義の質を下げてしまう

ブランドが下がる




■どこかの池田町
たぶんここ↓
http://www.zck.or.jp/forum/forum/2784/2784.htm

高齢化しているけど、農業で高収入の町

年をとっても現役で、社会に貢献

健康寿命がやたらと長い

行政はお金ないからそんな何もない


一方、金沢市。

まあまあお金があるから、いろんなことやってて
業者任せで、いろいろ手をかけようとする

ただ、それは受益者の本当の幸福になっているのか


→→→以前何かで読んだ記事に、

「隣の町に出稼ぎに出て、うちのある地域の公共サービスには文句か無関心だけで
自分たちの住む町を他人の手に委ねて、いざというとき制度が使えないと不満を言う」

それじゃ地方公共はダメになる一方だ

-----------------------------------------------------------------------------------


へえ



医療サービスを改善するための電子カルテと、
より効率よく経営をするための電子カルテとがあって、

最初のときは、患者さんのありのままの言葉を入れる設計だったけど
現在のカルテは、レセプトを逃さないためになっていて

難しいね






















続きを読む

gann619 at 20:12|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 大学院(修士)でのこと 

2015年04月19日

『組織行動のマネジメント』を読む


【新版】組織行動のマネジメント―入門から実践へ
スティーブン P.ロビンス
ダイヤモンド社
2009-12-11


第15章

人材管理の考え方と方法


「規範テスト」が人気って話が合って、
とある方が、適性試験って意外と侮れないって話

採用の時、アセスメントチェックを行い、「危険」って出た方は、
それでも人柄良さそうだしスキルあるし、と思って採用すると

たいてい何かが起きたのだそう




研修の話

「倫理研修」ってやっているって話で

海外の人と働くときの「価値観」って難しいねと





対人コミュニケーションの研修って有効か、みたいな話


新卒で、コミュ障の人が3人いて

3年目になると、会社からも期待があって

で、自分がコミュ障であることで少し鬱っぽくなったり
孤立していく傾向がある

何とかしてやりたいなあと思うんだけど



「このままじゃつぶれる」って危機意識をもって
現場から変わろうとすることが大切


上が変わって「組織変革だ!」っていうけど、
利益率と利益最大化して、

それお土産にもって本社に戻りたいだけでは?

社員の待遇が上がるとは思えない
って空気が、

前向きさを阻害するのではないだろうか





















続きを読む

gann619 at 14:23|PermalinkComments(0)TrackBack(0) ふらっと立読み 今日読んだ記事・本