第3回 伊藤先生の個別面談 メモ山上俊彦先生の講義 開始☆

2016年02月22日

求められる個人の側の4つの能力







ー分の職業人生を設計する「キャリアプランニング能力」

・自分のキャリアアンカー(個人をキャリアにつなぎ止めるいかり)を明確に
 何をしたいの,どんな能力があるの,どんなことに生きがいを感じるの

・自己のキャリアアンカーの種類をしり,あった働き方を知る

・キャリアビジョンを明確に

・労働市場をみながら,ビジョンを修正する
 併せて,能力開発を行う


▲┘鵐廛蹈ぅ▲咼螢謄としての専門的職業能力

最低限の職業能力+専門性の開発が大切


自分の仕事と生活の「自己管理能力」


は働生活の諸権利を守る「政治的能力」

権利侵害・不当労働行為には一人でも抵抗できる「政治的能力」が不可欠


→同時に「社会生活のインフラ整備」が求められる

多様な個人が,「善き社会人,地域人,家庭人」とあれるよう
例えば労働時間の短縮とか,個人が自己開発する援助とかが大切


---------------------------------------------

すなわち,紹介会社の役割って,
そんな,自立した個人と,それを受け入れる労働市場の形成のお手伝いってことになるのかな






gann619 at 21:40│Comments(0)TrackBack(0) すべては自分次第―自己責任1 | ふらっと立読み 今日読んだ記事・本

トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
第3回 伊藤先生の個別面談 メモ山上俊彦先生の講義 開始☆