2010年06月18日

2010.2.20~27 タンザニア・ザンジバル釣行記

タンザニア・ザンジバルに行ってきました。
1






羽田空港から、ANA・カタール航空共同運航便で関西国際空港へ。

2関空から中東カタール・ドーハへ12時間のフライト、さらに飛行機を乗り継ぎ
やっと・・・アフリカ大陸、タンザニア・ダルエスサラームへ到着!
しかし・・・目的地はまだ先・・・国内線を乗り継ぎザンジバルへ!!



やっと・・・ザンジバル国際空港へ到着!!心配していた荷物も無事であった。

3空港から現時ドライバーの運転(めっちゃ飛ばします!!)でようやく宿泊先のリゾート「アマン バンガロー」へ到着!!




日本から約30時間の長旅でした・・・。


リゾート内にある「フィッシング ザンジバル」今回、初のアフリカンGTフィッシング!!
ボート2隻とガイドをチャーターしてある。


4翌朝、いよいよフィッシングスタート!!
オープンデッキの釣りやすそうなボートとクルーザータイプのボート2隻で、いざ!アフリカの海へ!!





まずは「うぶちゃん」がキャッチ!!
5ちょっと小ぶりだが嬉しいアフリカ初GT!!











タイラバ名手「松ちゃん」がジャパニーズフィッシングタックルの威力を披露!!


6








でっかいハギや!
7









カスミアジをラバージグで釣り上げ!!
8
ガイド達から「カルバ(カブラを言い間違えている)マスター」の称号を与えられた。






海から見たリゾートは全景!素敵・・・でしょ!!
9







リゾート中庭にはハイビスカスが咲き誇り・・・10








綺麗なコテージでリラックス!!
11






フィッシング終了後は、海に面したレストランで冷たいビールを頂き・・・
12





アフリカの海に沈むでっかい夕日を眺めながら・・・まったりとすごし・・・。
13







またフィッシングの日々・・・「あっちゃん」幸せそうです!!
14







ランチは海上で!!パスタやサンドウィッチ!!美味です。
15







コテージは清潔!毎日綺麗にベッドメーキングされてます。
16








リゾート内で働く、民族衣装の女性たち!
17とっても恥ずかしがりやで写真も遠目からパチリ!!






リゾート内にはマサイのお土産屋さんも登場!!
18







今回の最大魚は「おすぎ」!!GT修行中!
19近頃、釣果上昇傾向!?修行のたまものか!!






僕もアフリカンGTとファイト!!
20






マングローブスタジオ「泡海(オリカラ)」でキャッチした嬉しい一尾!!
21







ラバージグでGTも釣れました!!
22






現地で編み込みヘアにしてもらってアフリカ満喫中の「ブルさん」!!
23








マングローブスタジオ「海室」は、アフリカの海でも大活躍!!
2425





カスミアジも!!

「おすぎ」がキャッチ!!
26








「カルバマスター」こと「松ちゃん」ついにGTをかけた!!
2728





嬉しい一尾でしたね!!


カルバマスター松本とクレイジーフィッシャーマン!?ガイドのピーターとマルコ
29









ピーターとマルコは陽気なイタリア人!
30間に挟まれ陽気な日本人と化した僕!!







ご一緒した皆さんと!!
31









「始まりがあれば・・・終わりがある。」
32





どんな旅でもそうだが旅の終わりは寂しいものがある。
アフリカ釣行前には、ビザ取得、黄熱病の予防接種、持ち込み荷物の厳選等々、様々な壁があった・・・

振り返れば楽しい思い出となり、後々笑い話として旅友と語り合うのであろう・・・。

そして・・・これからも更なる未開のフィールドへの旅へと!!
今から心騒ぐ自分がいるのであった。

gannet at 17:45│Comments(0) 荻原昌彦 

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔