2011年10月04日

2011.8.10~8.17 パプアニューギニア釣行記

数年来、想い続けていた「パプアニューギニア」

01やっと行くことが出来ました!!







パプアニューギニアは、オーストラリアの北、インドネシアの東に位置する南太平洋上の島嶼国家であり、今回、訪れたパプアニューギニアのガルフ地区は、成田より空路で6時間、首都ポートモレスビーより陸路で5時間程走った車で行ける最奥地である。
02







最終目的地の上流キャンプ地までは、アルミボートで半日釣り上がりながらの、かなりウルルンチック!!な旅の末、辿り着く素敵な場所であった。

0304

地元パプアンガールズの漕ぐカヌーとすれちがいざまご挨拶!
さらに上流を目指す!!




キャンプ地が見えてきました!!
04高床式住居、村の人々とのウルルンな生活が始まります。








今回の釣行の目的は、「バラマンディー&パプアンバス」に出会うこと!!


初日、河口域でのバラマンディーは不発に終わったが、
2日目、上流キャンプ地へ向かう途中の有名ポイント、今回の地元コーディネイターJASON氏の名がついた「JASONクリーク」にて待望のバラマンディーに出会えた!!
06
やはり
Lates属はカッコイイ!!









道具にもこだわった!!
07ベイトキャスティングオンリー!!
PE4・6・8号と使い分けた。








今回、日本からコーディネートいただいた「ONEBITE ONEFISH 鵜山氏」3日目早朝、自己最大37ポンド!のパプアンバスをキャッチ!!
でかい!!かっこいい!!(しかし、こんなの河にいていいのか・・・)

08
鵜山さんは、この釣り(他怪魚含む)のスペシャリスト!!
パプアへも通いつめ、足がかりをつけてきた
開拓者であり、今回、我々がこの地を訪れることが出来たのも彼のおかげである。(感謝!!)
















早朝のドラマの後、朝食をすまし、僕らのボートは最上流部を目指した!!

中流域のマッデイな水色から一転して、流れの強いクリアウォーター!!
絶景である。

09

10








菅田くんと大嵩くんチーム!
BlogPaint夏休みの少年のようです。




















地元ローカルJOEは、亀の上陸跡を発見し卵を確保!!

12(帰り際、途中の村のボスに全部奪われてましたが・・・)









この場所でもドラマが・・・
13(水色の違い、解かります?)









この流れ込みから引きずり出したナイスバス!28ポンド!!
渋谷サンスイの鈴木くん!!

14彼とパプア釣行を計画しはじめて、2年ほどの月日が流れた・・・。
釣行時期、金額、メンバー等々
様々な問題をクリアーし、やっと辿り着いたパプアニューギニア!!
この魚に出会うために・・・。
















いや~やってくれますな~このお方、川野さん!!
1516








亀釣ってみたり・・・  落水してみたり・・・(ご本人のせいではありませんでしたが!!)

手堅く魚釣ってみたり・・・
17もう結構長いお付き合いですが・・・流石です!!
もってる男は違うね~








キャンプ地、高床式住居の我々のベットルーム!?

窓(当然ガラスはありませんが・・・)の向こうには河!

1819








ベットルームには小さいながらサソリもおりまして・・・

まさにワイルドライフ!!



数年来、想い続けていた「パプアニューギニア」

01やっと行くことが出来ました!!







パプアニューギニアは、オーストラリアの北、インドネシアの東に位置する南太平洋上の島嶼国家であり、今回、訪れたパプアニューギニアのガルフ地区は、成田より空路で6時間、首都ポートモレスビーより陸路で5時間程走った車で行ける最奥地である。
02







最終目的地の上流キャンプ地までは、アルミボートで半日釣り上がりながらの、かなりウルルンチック!!な旅の末、辿り着く素敵な場所であった。

0304

地元パプアンガールズの漕ぐカヌーとすれちがいざまご挨拶!
さらに上流を目指す!!




キャンプ地が見えてきました!!
04高床式住居、村の人々とのウルルンな生活が始まります。








今回の釣行の目的は、「バラマンディー&パプアンバス」に出会うこと!!


初日、河口域でのバラマンディーは不発に終わったが、
2日目、上流キャンプ地へ向かう途中の有名ポイント、今回の地元コーディネイターJASON氏の名がついた「JASONクリーク」にて待望のバラマンディーに出会えた!!
06
やはり
Lates属はカッコイイ!!









道具にもこだわった!!
07ベイトキャスティングオンリー!!
PE4・6・8号と使い分けた。








今回、日本からコーディネートいただいた「ONEBITE ONEFISH 鵜山氏」3日目早朝、自己最大37ポンド!のパプアンバスをキャッチ!!
でかい!!かっこいい!!(しかし、こんなの河にいていいのか・・・)

08
鵜山さんは、この釣り(他怪魚含む)のスペシャリスト!!
パプアへも通いつめ、足がかりをつけてきた
開拓者であり、今回、我々がこの地を訪れることが出来たのも彼のおかげである。(感謝!!)
















早朝のドラマの後、朝食をすまし、僕らのボートは最上流部を目指した!!

中流域のマッデイな水色から一転して、流れの強いクリアウォーター!!
絶景である。

09

10








菅田くんと大嵩くんチーム!
BlogPaint夏休みの少年のようです。




















地元ローカルJOEは、亀の上陸跡を発見し卵を確保!!

12(帰り際、途中の村のボスに全部奪われてましたが・・・)









この場所でもドラマが・・・
13(水色の違い、解かります?)









この流れ込みから引きずり出したナイスバス!28ポンド!!
渋谷サンスイの鈴木くん!!

14彼とパプア釣行を計画しはじめて、2年ほどの月日が流れた・・・。
釣行時期、金額、メンバー等々
様々な問題をクリアーし、やっと辿り着いたパプアニューギニア!!
この魚に出会うために・・・。
















いや~やってくれますな~このお方、川野さん!!
1516








亀釣ってみたり・・・  落水してみたり・・・(ご本人のせいではありませんでしたが!!)

手堅く魚釣ってみたり・・・
17もう結構長いお付き合いですが・・・流石です!!
もってる男は違うね~








キャンプ地、高床式住居の我々のベットルーム!?

窓(当然ガラスはありませんが・・・)の向こうには河!

1819








ベットルームには小さいながらサソリもおりまして・・・

まさにワイルドライフ!!




そんな楽しいキャンプ生活!!
我々ゲストを快適にすごさせようと持ち込んだ発電機のおかげで、地元
村人はテレビが見られるんですね~
20当然放送はありませんから
DVDですが・・・
古い戦争映画でした・・・。

だめでしょ~子供も見るんだから!!(ポルノじゃなかったからまだ良いけど・・・)


つぎに訪れるときは、子供が喜ぶ、アニメやファンタジー系のDVDをお土産に持参しようと心に誓ったのであった。



旅も5日目、キャンプを去る前にと、上流域最大の村に案内してもらった。

21村の人々は穏やかで、大人も子供もフレンドリーだ。学校もあり大変綺麗な村だった。








そんな素敵な村を、村人の計らいで地元カヌーで去り・・・。

2223





無事、船着場へ到着するはずが・・・
僕らの乗っていた地元カヌーがまさかの「沈!!!!」


この旅、最大級のアトラクションが何のまえぶれもなく訪れたのであった・・・。






そんな洗礼にあったかせいか・・・
その後、僕にもドラマが!!

24河口のロッジに向かい、釣り下りながらあるコーナーの深みにルアーを打ち込むと・・・
出ました
BIGバス!!





慎重にやりとりし、ランディング成功!!
32ポンドの厳ついパプアンバス!!

雄叫びをあげたのは言うまでも無い・・・。
パプアニューギニアに感謝!!


流石!淡水最強パプアンバス!!
25ラパラ
Xラップが破壊されておりました・・・。











そして鵜山さんにまたしてもドラマが・・・

26
自己記録更新の
BIGバラマンディー40ポンド!!

鱗のでかさからも、容易に大きさが判断できます!!

Lates
属最高!!カッコイイです!!!






大嵩君もやりました!!

27
マッチョな彼がもつと軽々見えますが
30ポンドですから!!
デカイです!!

あまり銀化していない黒々とした厳ついパプアンバス!!
カッコイイです!!






奇跡はまだまだおこります!!
あまり釣れないといわれているパプアンバス!
BlogPaint同じポイントでトリプル
ヒット!!!
菅田くんも
22ポンドをキャッチ!!


















この方、川野さんも25ポンドキャッチ!!
29最後まで見せてくれます!!!










鈴木くんの19ポンドも追加して、鵜山さんに「あり得ん!?」と言わしめた、スーパースリーショット!!!

30たしかにこんな写真見たことありませんから・・・出来すぎです!!







バラマンディーは少々不発!?でしたが、出来すぎのパプアンバス釣果!!
全員で
40本!!!

31まさに「あり得ん!?」大爆釣であった。(もってる男達は違う!?)









まさに楽園!!「パプアニューギニア」

32次も同じ釣果が得られるとは思っていないが・・・。

また訪れなくてはいけない場所がひとつ増えてしまった・・・。

 







同行いただきました皆様、現地コーディネイター、現地スタッフの皆様に心より感謝申し上げます。
2011.9 荻原 昌彦



gannet at 16:10│Comments(0)TrackBack(0) 荻原昌彦 

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔