眼科の名医がいる病院の選び方

銀座眼科のレーシックの危険性

医師がすすめる最高の名医+治る病院決定版

注目を集める時期から、広く普及する時期へと移行しているレーシックですが、眼科によっては危険な適用を行っていることが、銀座眼科の一件で明らかになりました。

眼科の名医がいる病院は限られていますが、それ以前のレベルの眼科があることが明らかになったわけで、氷山の一角と考えるのが妥当でしょう。他の病院の中にも、銀座眼科ほど多くの患者さんに問題が生じてはいなくても、大なり小なりの問題点を抱えているところがあることは容易に予想されます。

近視矯正するレーシック 19歳女性、失明も 銀座眼科、手術後67人感染症
2月26日8時4分配信 産経新聞

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090226-00000091-san-soci
 東京都中央区保健所は25日、銀座眼科(同区、溝口朝雄院長)で、レーザー光線を使って近視を矯正するレーシック手術を受けた患者639人のうち、18歳から66歳の男女67人が、感染性角膜炎や結膜炎を発症したと発表した。2人が入院し、19歳の女性は家族によると、失明の恐れがある重症という。ほかの患者の容体は調査中で、溝口院長は「今後、角膜移植が必要な患者が出る可能性もある」としている。

 保健所や溝口院長によると、最初の感染が見つかったのは昨年10月。以降も感染報告が相次いだが溝口院長は治療を続け、今年2月までに67人が感染。同眼科が1月20日ごろ、治療機器を消毒する機器を入れ替えたところ感染がなくなったという。保健所は消毒機器の衛生管理や、医師の手洗いが不適切だったことなどが原因とみて調べている。

 溝口院長によると、同眼科は平成18年8月に別の眼科を引き継いで開院。消毒機器もその際に引き継ぎ、消毒やメンテナンスは一度も行っていないという。患者からの通報を受けた保健所が2月に立ち入り調査を行うまで同眼科から報告していなかった。溝口院長は「深くおわびします」と謝罪。報告が遅れたことについては、「試行錯誤すればよくなると思った。不徳の致すところ」と語った。感染者に対しては治療費を支払うなどして対応するという。

 レーシック手術については、日本眼科学会がガイドラインで、講習会を受けた眼科の専門医を術者の条件としているが、溝口院長は講習会などを受けてはいないという。

                   ◇

 ■松坂・ウッズも 10年で10倍に

 プロゴルフのタイガー・ウッズ選手や米大リーグの松坂大輔投手が受けたことで広く知られるようになったレーシック手術。「10年間で10倍以上になった」ともいわれるほど手術を受ける患者が増えている。

 聖路加国際病院の山口達夫眼科部長(62)によると、手術件数は数年前に年間5万件ほどだったが、現在は35万件前後に増加しているとみられる。また、日本眼内レンズ屈折手術学会は年間40万〜45万件と推定。手術可能な医療施設は国内で200弱に上るという。自由診療のため価格競争が激化し、手術料が安くなったことなどが手術数の増加の背景とされる。

 山口部長によると、患者は20〜40代が中心。「ドライアイなのでコンタクトが合わない」「眼鏡から解放されたい」などが動機で、手術を受けた約85%が長期の観察でも1・0以上の視力を保っているという。

 安全性について山口部長は、「適切な処置がされず、術後に感染症や不正乱視になる場合があるが、術中のトラブルはほとんどない」と話す。術後に重度の視力障害となった患者は10万人に数人程度で、国内で失明例は報告されていないという。

 手術に際しては、(1)手術に適した角膜か術前に検査(2)器具や目の消毒(3)術後の感染症防止−などに注意が必要で、山口部長は「医師に十分な説明を求め、術後も手術を受けた施設でしっかりケアしてもらってほしい」と話している。

医師がすすめる最高の名医+治る病院決定版

眼科の名医の見分け方

医師がすすめる最高の名医+治る病院決定版

眼科名医を見つけるためには、的確な情報を得ることが鍵となります。インターネットの普及も手伝って、病院ランキングなどの格付け情報も広まっていますが、実際のところ、十分に病院選びができていない方が多いのではないでしょうか。

 

その理由としては、眼科の名医を必要とする経験などめったにしないうえ、ごくまれに必要になった時には、あまりにも急な出来事でそこまで気が回らないということが挙げられると考えられます。緑内障や白内障のように、失明の危険を伴う眼病にかかることなど、普段は想像もしていないことです。

 

病院に行って検査を受けたら、その眼科に名医がいるかどうかなど考慮せず、言われるがままに治療を受けてしまうというケースが圧倒的には多いのではないでしょうか。もちろん、治療が成功すれば問題はありません。通常は訪れやすい病院で検査を受けるわけですから、そこで治療を受けるのが最も手軽な方法でしょう。

 

問題なのは、高度な技術を要する場合や最新治療などを用いる場合です。例えば、白内障のプレチョップ法という手術の方法は、全国でも一部の病院でしか行っていません。こうした事態に対応できる眼科の名医となると、数も限られてきます。

 

また、これまでの治療実績から考えて、信頼できるかどうかを判断する必要もあります。これまでに網膜はく離の治療で実績を残していない眼科の専門医が網膜はく離の名医と呼ばれないのは当然のことで、網膜はく離の方の主治医としてはあまり的確ではないでしょう。

 

目というデリケートな器官に関わるだけに、責任も重大です。失明という事態がどれだけ深刻であるかを想像してください。すべての眼科に名医がいればよいのですが、それは絵に描いた餅でしかありません。現実は専門医のレベルなど玉石混合なのです。

 

信頼できる専門医や病院を見つけるのは、患者さんの仕事になります。国は最低限の医療水準を保つために国家試験を行ってはいますが、試験に合格しただけで眼科の名医と肩を並べるだけの技術を身につけられるわけがありません。どれだけの実績を積み重ねてきたか、評判はどうかといった事情は、患者さん自身で確認するしかないのです。

眼科の名医がいる病院を検索するなら
いくら相手が目の専門家とはいっても、治療するのは患者さんの目です。臆することなく、不明な点や曖昧なところは質問しましょう。しつこいくらいでもかまいません。大切な目の健康のためですから、当たり前のことです。白内障の名医にとっても、事前に十分な理解を求めることによって、患者さんとの信頼関係を構築しておくことは重要なことです。

眼科名医のいる病院
もちろん、頻繁に長期間通院しなくてはならないのであれば、あまりにも遠いのは考え物です。いくら眼科の名医がいる病院に行くためとはいえ、時間的にも経済的にも大きな負担になります。働いている方なら、仕事との兼ね合いの問題もあるでしょう。

網膜剥離の名医がいる眼科 
ネットを活用する方法もあります。ネット上にも網膜剥離の名医に関する情報はありますので、そこから入手するのです。この場合、情報の質がまちまちであることは忘れないで下さい。裏づけがない情報は、基本的に信頼しない方がよいでしょう。

白内障名医の手術
現実には、標準的な力量を備えた眼科医だけではなく、いい加減な検査や治療を行うヤブ医者もいるのですから、注意が必要です。白内障の名医なら手術で簡単に治すことができる症状であるにも関わらず、ヤブ医者にかかることで症状がいつまでたっても改善しないこともあります。

緑内障検査はお早めに

それを忘れてしまうと、視野さえ保てれば人生は順風満帆だと言わんばかりに、他のことを犠牲にするようなことになりかねません。人によって優先順位は異なりますが、家族や友人、仕事に趣味と多くの物事から人生は構成されています。その一つ一つが豊かに生きていくためには不可欠なものであり、できる限り犠牲は抑えたいものなのです。

白内障は名医のいる眼科で手術する
眼科の名医が白内障について説明する言葉は、難解な内容を平易に伝えようとするものであるはずです。お前には分からなくていいと言わんばかりの姿勢を見せるような医師は、その時点で願い下げです。今後、相談したいことがあっても、とても耳を傾けてくれるようには思えません。

日本の名医がいる病院
自分の症状を改善するためには、どのような領域で強みを持った眼科の名医が最適化ということをはっきりさせておきましょう。そのためにも、視界に問題が生じているのであれば、何が原因でそのようなことになっているかを明確にしなくてはいけません。

日本の名医の治療を受けられる病院
もしかしたら、失敗して失明してしまうのではないかと恐怖を感じる方も大勢いらっしゃるはずです。だからこそ、手術は緑内障の名医から受けるべきなのです。これまでにも多くの症例を担当し、実績を残してきた専門医であれば、安心して任せることができるでしょう。

医師がすすめる最高の名医+治る病院決定版