すい臓がんの名医と完治のための基礎知識

医師がすすめる最高の名医+治る病院決定版

すい臓がん名医であっても、末期に近づくことで完治を目指すことが難しくなる難治がんに分類されます。そのため、初期症状のうちに早期発見を果たし、名医がいる病院で治療を受けることが望まれます。

検査の精度は高まっていますが、まずは検査を訪れないことには始まりません。症状が発見できなくてはすい臓がんの名医を探すという行動を起こすこともできませんので、基本的な症状について知っておくようにしましょう。

症状として多いのは、腹痛や黄疸で、他に食欲不振、腰背部痛、倦怠感、体重減少、腹水などです。ただし、これらはすい臓がんの初期症状としてではなく、悪化してから見られることが多い症状です。これには初期の内には自覚がなく、進行が早いというすい臓がんの特徴が関わっています。

したがって、初期症状のうちにすい臓がんを発見するためには、自覚がある場合に病院で検査を受けるだけではなく、定期的な検診が重要となります。気付いた時にはすでに末期に至り、転移も進んでいるという事態は回避しなくてはなりません。そうなってしまえば、名医を見つけても完治できるかどうか、あやしくなってきます。

検診の方法としては、血液検査、画像検査、内視鏡検査、組織検査があります。血液検査では腫瘍マーカーなどを調べます。すい臓がんの腫瘍マーカーとしてはCEA、CA19-9、DUPAN-2などが用いられており、これらの値が異常値を示していないかを調べます。また、画像検査では腹部エコーやCT検査、MRI、PETなどを用います。内視鏡検査では、内視鏡的逆行性胆管膵管造影法(ERCP)や超音波内視鏡を使います。組織検査は針生検や内視鏡を使って膵管から組織を採取するものがあり、癌細胞の有無を顕微鏡で観察します。

治療方法としては、すい臓がんの手術や放射線治療、抗がん剤による化学療法があります。効果的な方法は手術なのですが、症状が発見された時には転移が進んでいるなど、手術が適用できなくなっていることも多く、完治を目指して手術を行えるケースは限られています。

そのため、手術が適用できない場合には抗がん剤や放射線治療を用いることになります。すい臓がんの抗がん剤として一般的なものはジェムシタビンというものになります。抗がん剤が全身療法なのに対して、放射線治療は手術と同じく局所療法になります。抗がん剤や放射線治療には副作用がありますので、事前に予想される効果と副作用についての説明を求めておきましょう。

名医であれば、現実を見据えた上で、それぞれの治療法の長所や短所について説明してくれるはずです。質の高い医療を求めるためにも、優秀なすい臓がんの名医がいる病院を早い段階で見つけることをお勧めします。

すい臓がん完治に向けて知るべきこと
末期すい臓がんであっても、助かる見込みがないわけではありませんし、完治が難しいケースであっても、余命の延長を目指せることもあります。また、最近ではQOL(生活の質)の向上を図るという考え方も定着していますので、末期症状であっても、治療を投げ出さず、現在の医療技術で何ができるのか、名医と相談していきましょう。

すい臓がん名医のいる病院で手術や治療を受ける効果
小売店としては、あまり病気の影などは取り入れることなく、健康的な雰囲気をかもしだしたいのでしょう。店を出た後に振り返ったとき、店外に漏れ出す照明の光を眺めてそんな気分になりました。遠くから見ると、すい臓がん名医や手術とは無縁な世界に浮かんでいるように見えて、まるで別の世界のようです。

膵臓癌の余命を伸ばすために
残りわずかな余命をいかにして充実したものにするかという考え方も、とても大切なことです。しかし、膵臓癌で余命がいくばくもない状態に納得できない感情もあるでしょう。1度しかない人生を、病気によって台無しにされたのではたまりません。

すい臓がん名医のいる病院を闘病記で見つける
当然ながら、自分の症状がすい臓がん名医の手術によって驚異的な回復を見せたとなれば、闘病記にもそのことを書きたくなります。自分の主治医がいかに素晴らしい腕を持っているかということについて、自然と自慢したい気持ちになるでしょう。

すい臓がん名医のいる病院
すい臓がん闘病記を活用することで名医を見つける手がかりとすることができます。闘病記の中には、症状の変化や治療の方法など、様々な情報が載っています。その中には、専門医についての情報についても、当然のことながら記載されています。

すい臓がんの名医がいる病院の検索
進行度(ステージ)は腫瘍の大きさや、周辺の臓器への浸潤、転移の有無によって決められ、ステージIからIVbに分類されます。手術が可能な状態であれば、手術を行いますので、十分な執刀の経験があるすい臓がんの名医に担当してもらうことが理想的です。

この病気にこの名医