怪獣




観てきました~、怪獣映画「パシフィック・リム」

期待以上にそりゃもうすごい怪獣映画で、最初から最後まで戦いっぱなし!
先に観にいったailurusさんの感想が「疲れた」というのもうなずけます。
こういう物語って、最初どういう風に怪獣が現れて…ってはじまるのが普通だと思うんですが
そういうのは冒頭五分で終了w
もうそこから、ど迫力の巨大ロボ発進シーン、怪獣とのガチの殴り合いと
ジェットコースターです。

監督が大の特撮ファンであるので、怪獣も呼称が「KAIJU」でして、おおざっぱな
モンスターって呼び方じゃないし、いちいち怪獣に名前がつけられているのも楽しい(^_^)
(映画自体もレイ・ハリーハウゼンと本多猪四郎に捧げられています)
そして対怪獣用兵器・巨大ロボ「イエーガー」(各国仕様)
これがもう重いの何の!!!まさに鉄の塊。
平成メカゴジラとか、日本のロボ兵器はとりあえず中遠距離からミサイルとかの攻撃ですが
イエーガーはしょっぱなから殴り合い。飛び道具はとどめのみ!という勇ましさ。
まあ、怪獣のほうから突進してくるのでそんな暇がないというのもありますが…

カメラワークと構図が被写体に近い物が主で、日本特撮における
「街中で対峙する怪獣二体」みたいな引いた絵をもう少し観たかったなあとも思いますが
(おかげで怪獣の姿かたちがよくわからない物も多いのだ)
ともかく、絵作りは本当にすごい。
CG以前に、あらゆる物にデザインが施されていていちいちかっこいいです(^_^)

映画そのものとしては、GIジョーとかバトルシップと同じ並びのエンタメ映画ですが
いろんな特撮・アニメの王道お約束展開とかがこれでもかとくるので
日本人のオタクはまず観ねばなるまい!!観ろ!!(^_^)

ちなみに私は吹き替え版で見たんですが、キャスティングもオタク監督ならではの
チョイスでニヤッとします。

興奮しすぎて映画の内容あんまり覚えてないやw
レイトショーで字幕版観に行こう~と。