渋谷での待ち合わせ場所といえば、東京に住んでいない人でもハチ公前と答えるほどに、超ド定番の待ち合わせスポットハチ公前。

Qでは問題です。

その渋谷で、ハチ公前の次に待ち合わせ場所としてよく利用されるモヤイ像はどれでしょう?

竹芝桟橋のモヤイ 渋谷のモヤイ 蒲田のモヤイ
A             B           C

A B


このモヤイ像は、東京の伊豆七島にある新島の特産品コーガ石で作られた石造。

あの有名なイースター島のモアイ像ではなく、日本のある土地の方言がもとになっている石造で、東京23区内では3か所に設置されています。

モヤイという言葉は、新島の言葉で「共同して仕事にあたる」という意味だそうで、1980年(昭和55年)に贈られたものだそうです。

モヤイ像が設置されたのは、渋谷とJR蒲田駅の東口(写真C)、そして新島へのフェリーが出港してる港区の竹芝桟橋(写真A)の3か所でした。

竹芝桟橋に設置されたモヤイ像は、バブルのころには渋谷に負けないほどの待ち合わせスポットでした。
これは、新島が観光スポット(ナンパスポット?)として有名だったために、新島行きのフェリーに乗る若者の待ち合わせ場所として利用されていたためで、今では忘れ去られたというのも、バブルと同じですね。
バブルのころには、このモヤイ像のいわれは意外と知られていましたが、今では東京クイズに使えるほどのトリビアになってしまいました。

そうそう、バブルのころは、渋谷のモヤイ像だけでなく、もう一か所のモヤイ像も待ち合わせ場所として有名だったんですよ。

といっても、それを覚えているのは、あの頃に青春していたおじさんたちだけですけどね。