チケットの作り方

2012年02月08日

素材が無いときでも、アイデアは無限にあります

アイデアしだいでかわいいチケット印象的なチケットを作るコツは『アイデア』。
テニスボールを並べて顔を描いただけで、こんなにかわいいチケットができあがりました。


ganziro at 10:03|Permalink

黒と赤の魔力を借りれば、クールなチケットも簡単デザイン

クールテイストチケット赤と黒の組み合わせほど印象的な色の組み合わせはありません。
その力を借りて、フォントと地紋でサポートすれば、クールなチケットの完成です。


ganziro at 10:02|Permalink

わくわくするクーポン券をデザインしませんか

半券を効果的に使ったチケットチケットデザインで見落としがちなのが半券のデザイン。

クーポン券などは、いつもお財布に入っているチケットですから、半券部分もわくわくするデザインにしたいですね。


ganziro at 09:57|Permalink

文字だけのチケットでも、少しの工夫でこんなに印象的に

和柄チケット能に日舞に文楽。伝統芸能の公演のチケットというと、単純な文字情報だけのチケットが多いのが特徴。
でも、背景に和柄の地紋を敷いて、フォントを少し工夫するだけで、こんなにすてきなデザインのチケットになるんです。


ganziro at 09:56|Permalink

無料素材も、あなたの工夫次第で大変身

イメージ写真でひと工夫チケット無料で使えるイメージ写真でも、加工しだいで印象的な『作品』に変身。

ほら、色合いを変えただけで、こんなに印象的なチケットのできあがりです。


ganziro at 09:55|Permalink

アイコンは、ひと目で何のチケットか説明してくれます

ロゴやアイコンをうまく使ってチケット特徴的なロゴマークや誰でも知っているアイコンは、それだけでチケットを印象づけます。
タイトルとロゴマークだけでも、こんなにわかりやすいチケットが作れるんです。


ganziro at 09:54|Permalink

写真の加工は意外と簡単です

写真を加工するのはわりと簡単チケット写真は、少し加工しただけでの大きく印象が変わります。
今では、ネット上で写真加工ができるサイトもあるので、一度挑戦してみましょう。


ganziro at 09:53|Permalink

写真の位置にもこだわって

定番写真チケット出演者の写真を使うのはチケットデザインの定番ですが、そんなときでもチョッとひと工夫。
写真の位置をチラシと変えてみるだけで、印象の違うチケットにすることができます。


ganziro at 09:52|Permalink

カラーチケットを作ってみよう

標準的チケットサイズテンプレート ダウンロード

145×50mmのミニサイズチケット
155×58mmのお財布サイズチケット
175×65mmのプレゼントサイズチケット
180×75mmの記念サイズチケット
テンプレートは(右クリックで[対象を保存])でダウンロードできます。


料金表はこちら





ganziro at 07:00|Permalink