北京大好き!デートスポット后海

老北京の代表的なデートスポット”后海”にご案内します。

サイトマップ

このブログのサイトマップです。

■デートスポット后海
北京のデートスポット后海

后海を一周する

后海を一周する 続




■時を告げた鼓楼
后海に近い鼓楼・鐘楼


■歴史の舞台、宋慶齢の旧住居
宋慶齢の旧住居

宋姉妹 かつて中国を支配した華麗なる一族




■おすすめリンク集
おすすめサイト案内

宋姉妹 かつて中国を支配した華麗なる一族


▼「昔、中国に三人の姉妹がいた。

  ひとりは金を愛し、ひとりは権力を愛し、ひとりは中国を愛した……」と

  後生の人々に記憶された三姉妹が宋姉妹です。



▼お金を愛したのは長女「靄齢」、

 権力を愛したのは蒋介石の妻となった三女「美齢」、

 そして、中国を愛したのは二女「慶齢」でした。

 

 その「慶齢」が晩年の1963年~1981年まで暮らしたのが、宋慶齢同志故居です。



■亡くなる1981年に、中国国家名誉主席という地位を与えられました。

宋慶齢故居看板



■エントランスの向こう側に見えるのが、鳩小屋です。

 1965年に中国全土で始まった文化大革命では、

 『鳩を飼うのはブルジョアの生活様式だ』とまで批判されたそうです。

宋慶齢正面玄関



■邸内には大きな池もあります。

宋慶齢故居池

宋慶齢の旧住居


后海の周りは閑静で趣のある何ともいえない風情があり、北京の有名な景勝地となっています。



什刹海の周囲には、かつて、国を支配した王朝の、多くの王府(皇族の邸宅)や庭園もあります。



特に映画ラストエンペラーで有名な、中国清朝第12代最後の皇帝(在位1908~12)で、

のちに満州国皇帝(在位1934~45)となる愛新覚羅溥儀(宣統帝)が誕生した醇親王府があります。



 醇親王府はその後、中国美人三姉妹、宋姉妹の次女宋慶齢が住んだ場所としても有名です。

現在は、『宋慶齢同士故居』として、一般開放されています。



后海と前海を分けている銀錠橋から后海の北側を西に15分ほど歩くと、『宋慶齢同士故居』が見えてきます。



『宋慶齢同士故居』

▼参観時間:9時~17時30分(4/1から10/31、その他は16時30分閉館)

▼参観料:20人民元(約300円)

▼休館日:月曜日

▼住所:西城区后海北沿46号 



■宋慶齢同士故居の入口

宋慶齢旧宅

后海に近い鼓楼・鐘楼

地下鉄2号線の鼓楼大街駅をおりてから、旧鼓楼大街を南に向かい5〜6分位歩くと左手に『鐘楼』と『鼓楼』が見えて来ます。



鼓楼の建物は修復を何回か経ており、現在の建物は、光緒二十年(1894年)に建築されたといわれています。

高さは46.7メートルで、鼓楼内には世界一大きい太鼓が展示されています。

鼓楼の周りは旧住宅が密集している町中(胡同)にあるので、その大きさがひときわ大きく感じられます。

▼参観時間:9時〜17時
▼参観料:20人民元(約300円)
▼休日:無し


■鼓楼の入口です。

鼓楼入口






















■かつて時を告げた『鼓楼』に登ると町が一望出来ます。
旧市街






















■伝統的な胡同の家並み
胡同






















■ふるく伝統的な家家が取り壊されている様子がすぐ分かります。

北京の街はいたるところで新旧の交代が始まっています
取り壊される胡同




livedoor × FLO:Q
楽天市場
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ