こんにちは。

今回はシート、アンダーパネルの製作です。

当然シートベルトは付いておりませんので作りました。
C31用のデティールアップパーツなどは使わずに製作しておりますので、自作ですね。

職場でいい感じなビニール製の帯状の布?を見つけたのでこれで代用します。
さすがにバックル等は自作できませんのでタミヤの手持ちエッチングパーツを使いました。


NEC_0152



タカタ製のベルトなんで緑になりますが、ロゴのデカールがないので残念ですがこのままいきました。
ないよりはマシです。雰囲気重視で。
シートベルトのデカールも付けてくれてたらうれしいのになぁ~(-ε-)

NEC_0155




アンダーパネルはスキッドプレートの位置だけ320番の板ヤスリを前から後ろへ直線状にひっかく様にかけて、クレオスのセミグロスブラック塗装→タンで塗装しました。

NEC_0130


その後スキッドプレートにスミ入れ塗料を塗って拭き上げます。


NEC_0132


分かりにくいですがヤスリ傷にスミ入れ塗料が残って少しは木目調っぽくなりました!


今回はここまでです~(・∀・)つ


こんばんは。

MFH MP4/4の続きです。

正月休みの間にできるだけ進めねば…。

仕事始まると、決算4月まで激務が待ってますから中々手が付けられませんので…ヽ(TдT)ノ



最も楽しみな部分!!

エンジン内燃機の製作から始めました!


ここはホント作る人の自己満足のセクションと思いますが、こんなに実物に究極に近い模型と言うロマンがあって素敵すぎる!!!!!!!

技量わきまえず作って行きます。ヒロさんには感謝です!



ピストン製作です。



…ものすげーちっさいです。精密です。オオーw(*゚o゚*)w



MFH MP44 010


圧縮に対してのバルブ逃げや、ピストンリングの溝までありますよ。コレ…。



しょうもない余談ですが…


MFH MP44 011


左から、1/12 MP4/4のピストン~。 真ん中実物50cc原付のピストン! 右2000cc4気筒の内の1つ、(約500ccですか。)のピストン♪

MP4/4自体1500cc6気筒ですから、約1発250cc。…の、1/12サイズのスケールダウン。
あんま意味ない比較ですが、部屋にころがっていたので面白くて撮影してみましたww


ピストンピン打ち込む為の穴をピストン、コンロッドに0.5mmの穴を開けます。

手で持つと不安定なので100均で以前「使えるかも?で」買ったおもちゃみたいなバイスで保持して開けました。


固定だけなので十分役にたちました(´▽`)





MFH MP44 008




6個とも開口、組み付け。




MFH MP44 014


できました。



この辺り、精度高くして組んで行きたいです~!

楽しい♪


もう3日から本業の仕事始めです(;´Д`)



次はいつ更新できるやら(苦)


ではまた!
 


明けましておめでとうございます(´▽`)

新年も早々模型作ってます。
今年も宜しければ自分のテキトーなブログ見てやって下さい('◇'*)




まずは研磨機フル活用です。



パーツ、水、研磨の為のステンレスピン、液体コンパウンド3滴ほど入れて…





MFH MP44 004


回すコト20分。





感動します。ぴっかぴか!!!!

ちょっとステンレスピンの打痕と言うか、ちっさい凹凸はありますね。
でも手で全部磨くと思えば素晴らしすぎます!高いけど買ってよかった♪


MFH MP44 003




楽しくて、ひたすらホワイトメタル研磨してたら…



パワフルなのでちょっと心配してましたが案の定、ポキっといきました…orz




MFH MP44 001


細ーい接合部のあるパーツは単品で研磨して、回転スピード調節、すこしタイマー長めにした方がいいかもです。

…まぁ後で何とでもなりますが('A`)



そしてひたすらひたすらマシンフル稼働!





付きっきりでは無いですが、一日中やってましたw






ちょっと飽きた…





そして研磨したい分はほぼできました♪


MFH MP44 008



後ピックアップしてもっとピカらせたい部分のパーツは、さらに手でペーパー掛けとクレオスの研ぎ出しクロス、
コンパウンドで鏡面に仕上げます。

まだ途中ですがこんな感じで。

左磨き前 右磨き中。

MFH MP44 003



まだまだかかりそうですね~。


でも手で磨くのも楽しいですね( ゚∀゚)



今回はここまでです。







↑このページのトップヘ